グリコ Caplicoのあたま いちご味

カプリコいちご味といえば、何故かたまに無性に食べたくなるもののひとつですが、そのカプリコのあたまの部分だけが商品化されたと聞いてさっそく買ってきました。

カプリコのあたま

商品名はそのまま、Caplicoのあたま。分かりやすい。

ジャイアントカプリコいちご味

こちらはおなじみジャイアントカプリコいちご味。このあたまの部分だけを楽しめるなんて、楽しみすぎるではありませんか。

ところでジャイアントカプリコにはちゃんと開け口が付いていて、そこから開くと上の写真のように開封できるのですが、なぜか上の十字になった部分を開くクセが直らない。どうでもいいんですけど、毎回上を開けてから「あ」ってなる。

カプリコの頭中身

さて、カプリコのあたまを開封すると、かわいいハート型のような桜型のような、ピンクの小さなカプリコのあたまがプラケースに並んで出てきます。

かぷりこの頭

30g12個入り。なんか、勝手な想像ではもっと大きくて数少なめだったので、小さい!かわいい!と思いました。

カプリコのあたま大きさ

一粒の大きさ。おおよそ2cm×1.5cm×2cmくらい?形状が形状だけに大きさをはかるのは難しゅうございます。

かぷりこのあたま横

横から見たところ。ジャイアントカプリコのように中にミルクチョコ部分があるのではなく、2層になっている感じ。

ジャイアントカプリコ断面図

ちなみにこちらがジャイアントカプリコの断面図。

カプリコのあたま断面図

カプリコのあたま断面図。

口に入れると、いちごの風味とミルクチョコレートの風味が広がり、まぎれもなくジャイアントカプリコのあたまの味です。

でも。ジャイアントカプリコと同じくエアインタイプではあるものの、ジャイアントカプリコに比べてかなり気泡が小さくてなめらかなので、あの荒いエアイン感とはちょっと違います。

なんだろう、おいしいし、たしかにカプリコのあたまの味なんだけれども、あくまでもカプリコのあたまを模したもの、というか、似て非なるもの、という感じ。

ジャイアントカプリコのあのゴツゴツザクザクしたエアイン感も魅力のひとつだったのか、と逆に気付かされました。

多分私は今後も普通のジャイアントカプリコを買ってしまうと思うなー。完全に好みの問題ですが。

でも、あのあたまの部分だけ商品化しちゃおう、というコンセプトは大好きだ。お口の小さい子どもちゃんとかには大ウケしそう。今後他の味も発売されるのか気になるところです。

 

【商品情報】
公式サイト>>glico カプリコのあたま
ここで買いました>>スーパーお菓子売り場

 

 

WITTAMER(ヴィタメール)オランジェット

ベルギーの歴史あるお菓子屋さん、WITTAMER(ヴィタメール)。最近はデパ地下とかで手に入りやすくなって、身近でもありながら、ちょっとオシャレでおいしいものが買えるという素敵メゾンです。

ヴィタメールオランジェット

そんなヴィタメールのオランジェットは、光沢のある黒い箱に鮮やかなピンクのアクセントがオトナっぽいパッケージで、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそう。・・・これもらったら、私は喜びますね。笑

箱のサイズはだいたい9cm×7cm×5.3cmくらい。

ヴィタメールショコラ

箱を開けると、ビニール包装にブランドマークの入ったシールが貼ってあります。ふたの裏側はピンク、底の内側はゴールドと、これまたオシャレではありませんか。

オレンジショコラ

わりと細め&短めのオランジェットです。100g入り。だいたい二十数本入ってます。何て適当な数え方なんだ。

1本の長さは個体差がありますが、7cmくらい。短いのだと、4.5cmくらいのも入ってます。

オランジェット断面図

断面図。チョコがけは厚くもなく薄くもなく。

細めだから、というのもあるかもしれませんが、全体的にアッサリしたオランジェットです。オレンジの苦味も少なめ。カカオのガツンとした感じもひかえめ。

個人的にはどちらかというと、もっとカカオがキリッとしていて、オレンジも華やかで苦味と甘みが強くて・・・というのが好みなんだけど、これはこれで万人受けしそうなやさしい品のあるお味だと思いました。

モリモリ食べられる系のオランジェット。いや、そんなにお安いものでもないので、あんまりモリモリ食べるのもどうかと思うけども。

万人ウケしそうだからこそ、贈り物にはよさげ。ちょっとしたお礼とかプレゼントに使いたいです。

 

【商品情報】
公式サイト>>WITTAMER
ここで買いました>>デパ地下ヴィタメール店舗

ここでも買えます>>WITTAMER公式オンラインショップ

 

 

Vosges Haut Chocolat (ヴォージュ オー ショコラ)PETIT CHOCOLATS

チョコレートが好き好きと常日頃からうるさいせいか、いろんな人がおみやげにチョコレートを買ってきてくれます。ありがたや。みなさまのおかげでおいしいチョコレートや普段食べられない珍しいチョコレートが食べられます。

Aちゃんがアメリカのおみやげに素敵なチョコレートをくれました。

vosges

もうパッケージからしてめっちゃオシャレ。Vosgesはいまシカゴで人気のチョコレートショップだそうで、お店の中もすっごいオシャレな空間だったそうです。

Vosges Haut Chocolat、なんて読むのか分からなかったんですけど、どうやら「ヴォージュ オー ショコラ」と読むみたい。・・・ヴォスゲスじゃなかった・・・。

Vosgesはこ

箱を上から撮ってみる。円筒形に銀の箔の文字とトレードマーク、繊細な文様のエンボス加工的な装飾、オシャレすぎる。サイズは直径約7.5cm、高さ13cmくらい。

vosgespetitchocolate

ふたを開けると、個包装になったチョコレートが出てきます。箱の内側はポップなピンク!いやー、これでもかという懲ったパッケージ。これはちょっとキュンとします!

Vosges12個入り

4種類各3個ずつで、計12個入りです。個包装もオサレ。

PETITCHOCOLAT種類

左上 Blood Orange Caramel
左下 Smoke & Stout Caramel
右上 Black Salt Caramel
右下 Pink Himalayan Crystal Salt Caramel

チョコレート×キャラメルのフレーバー違いなんですねー。

vosgesチョコレート中身

中身は同じ大きさで、お花?植物?のような模様が。柄はバラバラです。

一粒の大きさ

一粒の大きさ。約2.5cm×2.5cm×1.5cmくらい。

vosgesキャラメルチョコレート

断面図。キャラメルはキャラメルでも、超トロトロなキャラメルが入ってました!全種類の断面図を撮っておきたかったけど、めっちゃトロトロなのでこれはムリだ・・・と諦めてしまった・・・。

キリッとしたカカオの風味豊かなダークチョコレートと、4つのフレーバーのキャラメルが楽しめてものすごーく満足度高い&美味です!

オレンジ風味、2種類の塩キャラメル(塩キャラメルには違いないんだけど、全然雰囲気がちがってビックリ!)、そして何だろう?と思っていたSmoke & Stout Caramelは、スモーク塩とチョコレートスタウトビールのフレーバーみたい。斬新。

Vosgesのお店は日本にはないようなので、いつかアメリカに行く機会があったらお店に寄ってみたいなぁと思いました。

Aちゃん、ありがとう!ごちそうさまでした(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>Vosges Haut Chocolate
いただきものです

おもっちーずしょこら わらく堂スイートオーケストラ

仕事で北海道に行ったとき買ってきました、おもっちーずしょこら。

おもっちーずは、テレビでもよく取り上げられている北海道の人気スイーツです。「おもち」と「チーズ」を合わせて「おもっちーず」。その名前のとおり、お餅のように伸びる不思議なチーズケーキなんです。

そのおもっちーずにショコラ味があると聞いては、食べないわけにはいかないじゃないですか。

おもっちーずしょこら

札幌駅や新千歳空港で、冷凍で売っています。保冷バッグと保冷材で持って帰ってくるので、帰宅したら解凍されている状態でした。再冷凍は品質保持できないと思うのでしないほうがいいはず。

パッケージのサイズはだいたい4cm×23cm×3.2cmくらい。

おもっちーずショコラ中身

プラスチックの箱に、こんな製氷皿のようなプラケースに6個入っています。

おもっちーず弾力

フォークで刺してみたところ。このむにょん、としたやわらかさが伝わるでしょうか。

omotti-zu

持ち上げてみた。やわらかい。不思議。

おもっちーずしょこら断面図

断面図。これ、切るの大変でした。笑

中は白くて、外にココアがまぶしてある感じです。

伸びるチーズケーキ

どれぐらい伸びるかというと、こんなふうににょーーーんと伸びるんですよ!!!なんだこれ!!!

口に入れると、ココアの風味がたっぷり広がった後にクリームチーズの味わいがきて、ココアパウダーの苦みとチーズケーキの甘みと酸味が複雑に入り交じるんですけど、それよりもこの食感。もっちもっちしたチーズケーキ。不思議すぎる。

ほんとにお餅みたいな食感なのに、チーズケーキ。チーズケーキなのに、お餅みたい。そんでもってココア風味。複雑。

いやでもこれ、おいしいしおもしろいし、話題になるのは分かる気がするー。北海道銘菓はおいしいものがいろいろありますが、これおみやげにもらったらインパクトありますもん。笑

持って帰ってくるとどうしても溶けちゃうので、おみやげで配る場合は配送してもらった方がベターかもしれません。通販で買う場合は、冷凍便で届けてくれるみたいです。チーズケーキ好きさんはぜひ。

 

【商品情報】
公式サイト>>わらく堂スイートオーケストラ
ここで買いました>>札幌駅キオスク

ここでも買えます>>スイートオーケストラ 北海道わらく堂オンラインショップ

 

 

Chocolat MADAGASCAR ショコラマダガスカル ホワイトチョコレート34% ブルボンバニラ

ときどきなぜか強烈に食べたくなるホワイトチョコレート。なんかムラムラしたときに買ったものの、ふとそのムラムラが冷めてしまい、しばらく冷蔵庫に眠らせていたのを、食べることにしました。

ショコラマダガスカルホワイトチョコレート

外国モノ豊富なスーパーでたまたま見つけて買った、ショコラマダガスカルのホワイトチョコレートです。

ショコラマダガスカル原材料

ショコラマダガスカルという名前のとおり、マダガスカル産のチョコレートです。初めてだ!レシチンが大豆レシチンじゃなくて、ひまわりレシチンていうのも珍しい。

バニラホワイトチョコレート

パッケージを開くと、紙と一緒に銀紙も開くタイプの形状。ホワイトチョコレートとバニラの香りがぶわっっっ!!!と広がります。

しかも、このバニラの粒の量!!!めっちゃ粒が見えます!!

マダガスカルホワイトチョコレート

大きさはだいたい7.5cm×15.5cm×0.8cmと、普通?サイズです。1枚85g。うーん、表面にもバニラのツブツブがたっぷり。

マダガスカルバニラチョコ断面

断面図。ちょっと青みがかって写っちゃってますけど、クリーム色で、すごく香りがいいホワイトチョコレートです。うーん、たまらん。

バニラチョコひとかけら

ひとかけらの大きさ。アップで見ると、バニラのツブツブ感、すごいでしょ。

クリーミーでなめらかなホワイトチョコレートに、ものすごく濃厚なバニラの香りがぴったりで、もうねー、これねー、すごいわ。こんなのはじめて。

だって、口の中で溶かしたあと、バニラの粒がジャリっと残るくらいなんですよ。

マダガスカルといえば、バニラの産地だし、フランス領だった期間も長いしで、こんな贅沢なチョコレートが生まれたのかなぁ・・・。

これ、買い置きしておきたいです。でも、たまたまふらっと入った外国モノ強いスーパーで買ったんで、どこだったか正確に思い出せないんだッ( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )いざとなったら通販でもいい・・・( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

とてもおいしいです。ホワイトチョコ好きさんはぜひ。

 

【商品情報】
公式サイト>>ショコラマダガスカル
ここで買いました>>外国モノ豊富なスーパーのチョコレート売り場

ここでも買えます>>ショコラマダガスカル ホワイトチョコレート 34% ブルボンバニラ

 

 

 

rawmioローミオ 発芽アーモンド・発芽ヘーゼルナッツ・ドライチェリーチョコレート

ローフード(高熱を加えない食品)が一部で流行っていましたが、個人的にはあまり興味がありませんでした。

でも、いつも個人輸入で利用しているi-harbという通販ショップで、美味しそうなものを見つけてしまったので、買ってみました。

rawmioチョコレート

Rawmioの

  • Chocolate coverd sprouted Almonds
  • Chocolate coverd sprouted Hazelnuts
  • Chocolate coverd sweet cherrys

の3種類です。要はアーモンドとヘーゼルナッツとスイートチェリーのローチョコレートコーティングしたもの、ですね。

ローチョコレートというのは、普通のチョコレートがカカオを焙煎して作られるのに対して、カカオをローストせずに作ることによってカカオの栄養素や効能を失わずに作られているとのこと。  ローチョコアーモンドチェリーヘーゼル

左から、アーモンド、チェリー、ヘーゼルナッツです。アーモンドとヘーゼルナッツはsprouted=スプラウテッド、つまり発芽した状態かつ生。発芽玄米ならぬ発芽ナッツです。それぞれ一袋57g入り。

ローアーモンドチョコ

アーモンド断面図。発芽アーモンドもRawつまり生ですので、色がローストされてない白っぽい色ですね。

以前、ローフードが流行り始めたころに生アーモンド食べたことがあったんですけど、個人的にはおいしくなーい!と思いました。でも、これ食べてみたら全然普通に食べられる。おいしい。

大きさはかなりまちまちで、チョココーティングは薄めです。だいたい35個くらい入り。

ダークチェリーローチョコ

こちらスイートチェリー断面図。ドライスイートチェリーの酸味とチョコレートの相性はぴったり。これまた大きさはめっちゃ大小アリです。28個入ってました。

rawヘーゼルナッツチョコ

そしてヘーゼルナッツ。これも生っぽい色ですよね。でも、ローストした香ばしさはないものの、なんだかおいしく食べられちゃう。ローフードがどれくらい体にいいかは知りませんけど、これ、おやつとして普通においしいんですが。約26粒入り。

USDAのオーガニックマーク入り、フェアトレード、ビーガンと、幅広い志向の人が喜びそうです。そして普通においしい。

でもね、これ残念ながら、9月いっぱいまでの夏季は出荷停止なんですよねー。アメリカから送られてくる間に溶けちゃいそうなので、購入OKだったとしてもちょっと躊躇はしますが、買えないとなると欲しくなるのはなぜだろう。

秋になったらまたリピートしたいです。健康志向の人へのちょっとしたプレゼントにもぜひ。

 

【商品情報】
公式サイト>>http://rawmio.com/
ここで買えます>>iHerb Rawmio(アメリカのサイトですが、日本語対応で簡単に購入できます)

 

 

パレドオール 獺祭生チョコレート

獺祭(だっさい)といえば、なかなか手に入らない日本酒として有名ですが、その獺祭2割3分を使った生チョコがパレドオールから発売されたと聞いて、仕事帰りに入手してきました!

獺祭生チョコレート

藤色の箱に銀色の帯。どこか和の高貴な雰囲気のあるパッケージです。箱の大きさはだいたい9cm×10.3cm×2.3cmくらい。

パレドオール獺祭生チョコ

箱を開けたところ。もうね、箱を開けたときからずっといい香りが漂ってくるんですよ(*´ω`*)

獺祭生チョコ

水色のピックもちゃんと付いてます。9粒入り。一粒の大きさはだいたい2cm×2cm×1cm。

獺祭生チョコ断面図

断面図。意外にも、そんなに茶色くないんです。普段なら生チョコでも少しだけ常温に出しておいてから食べるんだけど、冷蔵庫から出したてで美味しく味わえるように作ってあるとのことだったので、冷蔵庫から出してすぐに食べてみました。

ミルキーで口溶けのなめらかな生チョコに、ぶわっと香る日本酒。ワタクシ残念ながら体質的にアルコールがダメなんですが、お酒の味わいはとても好きです。獺祭はあいにく飲んだことないんですけど。

しっかり日本酒なのに、しっかりチョコレート。日本酒とカカオがこんなに相性いいなんて知らなかったなぁ・・・芳醇な香りが入り混じった、とてもオトナの味わいです。

アルコール感は思ったより高くありませんが、いっきに5粒食べたらちょっとフワッときました。

これ、また食べたい・・・限定販売だそうなので、なるべく早めにまたお店に行かねばです。

 

【製品情報】公式サイト>> CHOCOLATIER PALET D’OR
ここで買いました>>ショコラティエ パレ ド オール大阪店

ここでも買えます>>パレ ド オール オンラインストア

 

ベキニョール そばの実チョコレート Chocolat graines de sarrasin

フランス ぺリゴール地方のDomaine de Béquignol 。以前クルミチョコにはまったことがあるのですが、ちょっと変わった「そばの実チョコレート」というのを見つけたので買ってみました。

ベキニョールそばの実チョコレート

そういえば、フランスではそば粉のガレットとかもありますよね。意外とフランス人にとっても蕎麦って身近な食材なのかも。

ソバの実チョコ

ナチュラルなパッケージと赤いアクセントがかわいい。箱の大きさはだいたい7.5cm×5cm×15cmくらい。

そばの実チョコパッケージ

箱を開けると、透明の袋に入ったそばの実チョコレートが出てきます。

ベキニョールチョコ

ころころゴツゴツしたそばの実チョコレート。一箱100g入りで、数えてみたら18粒入ってました。

そばの実チョコレート

一粒の大きさは、多少の差異はあるもののだいたい直径2cmくらい。一口でぱくっと食べられるサイズです。

そばの実チョコ断面図

断面図。ミルクチョコレートにダークチョコをコーティングしたもののまわりに、ローストしたそばの実がギッシリとまぶされています。

この真ん中のミルクチョコレート、ただのシンプルなミルクチョコではなくて、レーズンペーストとぺリゴール名産のくるみが練りこんであるそうです。たしかに、とってもレーズンの香りがするー(*´ω`*)

で、そばの実はカリカリサクサクと香ばしく、全体的におもしろい味になっています。炒ったそばの実といえば、そば茶みたいな香りなんですね。これは日本人だからそう感じるんでしょうけども。笑

でも決してチョコと合わないわけではなくて、むしろおいしいんですよ。不思議。ちょっとクセになる感じ。

でもこれ、通年売っているわけではなさそうで、まったく見かけなくなってしまいました。うーん、たまに無性に食べたくなる系なんだけどなあ。

どこかで見かけたら、ぜひ教えてください。

 

【商品情報】
公式サイト>>Domaine de Béquignol
ここで買いました>>フェリシモ幸福のチョコレート

 

 

PHILIPPE BEL(フィリップベル)オランジェット

2016年サロンデュショコラで買った、PHILLIPPE BEL(フィリップベル)のオランジェットをついに開封するときがきました。

フィリップベルオランジェット

フィリップベルはフランスのショコラティエです。シンプルでシックなパッケージがカッコいい。直径約4.5cm、高さ約12.5cm。

フィリップベルパッケージ

フタをはずすと、オランジェットがニョッと出てきます。アーモンドのつぶつぶが付いてるタイプは久々かもー。

オランジェット

つややかなダークチョコレートが美しいです。そして何より、チョコレートとオレンジのいい香り(*´ω`*)たまらん。65g入り。9本入ってたけど、長さとか厚みによって本数は左右されるかも。

オランジェット長さ

1本の長さ。フィリップベルのオランジェットは手作業でオレンジの皮をむいて仕込まれるそうで、長さも太さもおおよそはそろっているもののまちまちです。短いのだと8cmくらい、長いのだと10cm以上のものも。

オランジェット断面図

断面図。厚みもまちまちで個体差アリです。

自家製オレンジのコンフィのさわやかな香りと味わいを、ビターチョコレートがキュッとひきしめつつ包み込み、細かなアーモンドの食感が楽しく、いろんな余韻をのこして消えていきます。んー贅沢な味わい。

個人的には、どちらかというともう少しチョコレートが厚ぼったいオランジェットが好みなんだけど、これはこれで素晴らしい・・・(*´ω`*)

フィリップベルは日本に出店されてないメゾンなので、フランスに行くか、来年のサロンデュショコラに出店されるのを祈るかしかないのがツライところです。
このオランジェットもまた食べたいし、フィリップベルのほかのショコラも食べてみたいー!

 

【商品情報】
公式サイト>>PHILIPPE BEL
ここで買いました>>サロンデュショコラ2016

 

 

meiji京抹茶チョコレート&アーモンドチョコレート京抹茶仕立て

周期的に抹茶系のチョコが食べたくなるものの、市販の抹茶フレーバーのチョコレートって全然抹茶っぽくなくてガッカリさせられることが多いのが困りモノです。

でも、meijiのこれはすぐ手に入りやすい中ではかなりイケてる気がする!

京抹茶アーモンドチョコ

meiji 京抹茶チョコレートと、その京抹茶チョコレート仕立てのアーモンドチョコレートです。

京抹茶

HAREL(ハレル)とかと同系のパッケージ。そういえばHAREL最近見なくなったけどもうなくなってしまったのでしょうか。

1枚ずつ個包装になって、60g、12枚入り。

meiji京抹茶チョコ

お茶の葉と花をあしらったと思われる和柄の文様が美しいです。緑色も濃くて素敵。

100点!とまではいわないけど、市販の抹茶チョコの中ではかなりいい線行ってると思うな。個人的な好みもあるけど、もう少し甘さ控えめで抹茶の苦味が引き立ってるとなおよろし。

でも、抹茶のチョコを食べた!という満足感は得られるので、今すぐお茶屋さんの抹茶チョコを買いに行くのは無理(´;ω;`)というときにはホント嬉しい存在です。

アーモンドボール京抹茶

そしてその京抹茶を使ったアーモンドチョコレート。箱を開けるとアルミフィルムの袋が入っています。

抹茶アーモンドチョコレート

こちらは50g入り。10粒・・・もうちょっと入っててくれてもいいのに( ꒪ω꒪)
パッと見、なんだかオリーブみたいですね。

一粒の大きさ

一粒の大きさ。一般的なアーモンドチョコレートと同じくらいです。

抹茶アーモンドチョコ断面図

断面図。アーモンドに薄く普通のチョコレートでコーティングしてあって、周りに京抹茶のチョコで包んであります。

アーモンドの香ばしさと、抹茶チョコレートの風味が意外と相性良くて、満足感高いです。これ、もう何回かリピート買いした( *´艸`)

これは季節モノなのかなー?定番化してくれると嬉しいです!!

 

【商品情報】
公式サイト>>株式会社明治 チョコレートラインナップ
ここで買えます>>全国スーパーお菓子売り場