テンパリングなしで作れる手作りチョコ アマンドショコラの作り方【キャラメリゼまで】

手作りチョコレートの失敗の多くはテンパリングにある!というわけで
バレンタインには手作りチョコを作りたいけどあんまり自信ない・・・という人には
テンパリング不要のチョコレート菓子がオススメです。

というわけで、今日はテンパリングなしで作るアマンドショコラの作り方をば。

アマンドキャラメリゼショコラ

まずざっくり3行で作り方を説明すると、

1)アーモンドをキャラメリゼする
2)溶かしたチョコレートをアーモンドに絡める
3)ココアをまぶす

はい、これだけ。わー、簡単!!!
では行ってみませう。

まず、皮付きのホールアーモンドを素焼きしておきます。
今回は50gくらいの生アーモンドを買って、170℃で15分くらい火を入れました。
アーモンドの粒の大きさやオーブンのクセによって温度や時間は変わってくるので、
様子を見ながら適当なところで止めること。
見た目の色で判断できればよいのですが、分からなければ
少し冷ましてから食べてみるのがよいです。
面倒くさかったら素焼きしてあるアーモンドを買えばよろし。

シロップを作る

大さじ1の水と、大さじ1ちょいの砂糖を鍋に入れて火にかけます。
これっぽっちの量だと、火が強すぎるとすぐに焦げるので注意。
ちなみに、上の写真でシロップがすでに茶色っぽいのは
キャラメル化しているからではなくて、グラニュー糖がなかったので代わりに
きび砂糖を使用しているためであります。

アーモンド投入

沸騰して、泡が大きくやや粘りのある感じになってきたら、
焼いて冷ましておいたアーモンドを投入。

そのまま火にかけながら、よく混ぜていると じきにシャってきます。

シャってきた状態

シャってきたところ。
こうして結晶化することを「しゃる」というのですが、
これが製菓用語なのか、それとも方言なのか分からんです・・・。
カタカナにしてみたけど、どんな字をあてるのかもよう分からん・・・。

この後も、よく混ぜながら火を入れていきます。
結晶化した砂糖がもう一度溶けて、だんだん焦げてくるので
ほどよいところで火からおろして、オーブンシート等にアーモンドを移すべし。
ここはタイミング勝負なポイントなので、とても写真を撮っている余裕はなかったっス。

アマンドキャラメリゼ

こんな感じになればOK。
レシピによっては、ここで無塩バターを少量投入するものもあります。
バターを入れることで、温度を止める・一粒一粒離れやすくする・風味付け
などになりますが、今回はバターなしで。

単に家にバターがなかっただけなんですけど、ナシでも別に大丈夫です。

熱いうちにバラバラに

そのままにしておくと、冷めてきて表面が固まって
アーモンド同士がくっついたままになってしまうので、
できるだけ熱いうちに粒をバラバラにしておきます。
やけど注意!
しばらく涼しいところに置いて、表面のアメを固める&しっかり冷まします。

チョコがけしなくても、もうこの時点でとってもおいしいです。
試しにひとつ味見しようと思っても、ひとつでは済みませんです。

 

長くなるので、チョコがけ編に続きますー。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です