テンパリングなしで作れる手作りチョコ アマンドショコラの作り方【チョコがけ~仕上げまで】

こちらの記事の続きです。
ここからの工程をざっくり3行で説明しますと

1)チョコを溶かす
2)チョコをアーモンドに絡める
3)ココアパウダーをまぶす

と、とっても簡単な内容です。では行ってみましょー。

チョコレート湯せん

今回使ったのは、meijiの普通の板チョコ、ミルクチョコレート1枚です。
適当にパキパキ割って、湯せんにかけます。
湯せんと言っても、沸騰したアツアツのお湯でなく
40度ちょっとくらいのお湯でじゅうぶんです。
かなり熱めのお風呂のお湯くらいの温度です。

溶かしたチョコ

溶け残りがないよう、なめらかな状態にします。
そうこうしているうちに、キャラメリゼしたアーモンドが冷めてきます。
アーモンドが冷めていない状態でチョコがけの工程に入ってしまうと
なかなかチョコが固まらなくて面倒臭いので、きちんと冷めていることを
確認してから進むべし。

小さいボウルにアーモンドを入れて、
溶かしたチョコを大さじ1~2杯分入れてよく混ぜます。

アーモンドにチョコ投入

ボウルにチョコがこびりついてしまいがちなので、
底からゴムベラでこそげ取りながら アーモンドにチョコをからませます。
投入してすぐは、こんな風( ↑ )にネチネチとした感じだったチョコレートが
だんだん固まってきてこんなふう( ↓ )になってきます。

チョコが固まってきたところ

こうなったら、次のチョコを投入してアーモンドに絡める、というのを繰り返して
チョコがけしていきます。

ここで大切なのが、チョコレートの温度。

あんまりチョコが熱すぎると、せっかくアーモンドの周りで固まったチョコが
再度溶けてしまって収集の付かない状態になってしまうので、
チョコレートは「熱すぎず、固まらず」の温度を保つように気をつけます。

溶かしチョコがだんだんボウルのふちから固まってきたなぁ・・・と思ったら
湯せんに2~3秒当ててすぐお湯から外しよく混ぜる、を数回繰り返せばOK。
「お湯につけっぱなし」は避けた方がよいです。

湯せんから外したら、ボウルの外側の水分をきちっと拭き取ることを忘れぬこと。

チョコ投入完了

チョコがけを何度か繰り返すとこんな感じに。

個人的にはチョコレートたっぷりのアマンドショコラが好きなので、
もっと多めにチョコを用意すればよかったです。
このへんはお好みで。

ココアをまぶす

あとは、ココアパウダーをまぶすだけ。
アマンドショコラの完成です。
カップに入れたり、箱に入れたり、缶に入れたり、袋に入れたり、
お好みのラッピングをすればステキなプレゼントに(*´ω`*)

アマンドキャラメリゼショコラ

ボウルにこびりついたチョコレートも、ココアパウダーをまぶす前に
数秒湯せんをかけてアーモンドの方に付くようにしてあげるとよいです。
が、ここで失敗してせっかく固まったチョコまで溶かしてしまったら元も子もないので、
アマンドショコラを取り出した後、
ホットミルクを注いで ボウルにこびりついたチョコレートを溶かし
ホットチョコレートとして おいしく飲んでしまいましょう。
これで後片付けもラクチン。

これなら、アーモンドのキャラメリゼとチョコを熱くしすぎないことだけ気をつければ
わりと簡単にできるので、たくさん配る「友チョコ」なんかにも良いかもです♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です