CACAO MARKET(カカオマーケット)バークチョコレートホワイトストロベリー

ニューヨークの人気ショコラティエ「マリベル」のカジュアルブランドにあたるのかな、「カカオマーケット」の美味しそうなチョコを入手しました!

バークチョコレートホワイトストロベリーです。

カカオマーケット

普段自分ではなかなか手に取らないくらい乙女なパッケージです。天使飛んでますやん。

カッチリとした缶でできていて、とても美しいです。また捨てられないやつだわこれ。

バークチョコレートホワイトストロベリー

中には、大小さまざまな大きさに砕かれたチョコが入っております。180g入り。

マリベルカカオマーケット

ホワイトチョコとフリーズドライのいちご、ピスタチオ。なんとも乙女な組み合わせです。白と赤と緑の色のコントラストがかわいくて美しいです。

しかもこの組み合わせ、美味しいに決まってます。

バークチョコレートいちご&ピスタチオ

1.5cmくらいの分厚いチョコをハンマーで叩くように砕いてあります。このカタチは男前。

優しい甘さのホワイトチョコレート、甘酸っぱいイチゴ、コリコリとした食感が楽しいピスタチオ。はぁ、おいしい。イチゴもピスタチオも惜しげもなくゴロゴロと入っていて、食べ応えアリです。文句なくおいしい。

マリベルのチョコは品質や味はもちろんのこと、世界観やパッケージがすごい女子ウケすると思うので、プレゼントにも最適だと思います。・・・あいにく私の周りには乙女よりオッサン女子の方が多いので、ちょっと誰なら喜んでくれるかすぐに思い浮かばないんですけどもね。

 

【商品情報】
公式サイト>> CACAO MARKET by MARIEBELLE
ここで買いました>> 婦人画報のおかいもの

 

 

Vosges Haut Chocolat (ヴォージュ オー ショコラ)PETIT CHOCOLATS

チョコレートが好き好きと常日頃からうるさいせいか、いろんな人がおみやげにチョコレートを買ってきてくれます。ありがたや。みなさまのおかげでおいしいチョコレートや普段食べられない珍しいチョコレートが食べられます。

Aちゃんがアメリカのおみやげに素敵なチョコレートをくれました。

vosges

もうパッケージからしてめっちゃオシャレ。Vosgesはいまシカゴで人気のチョコレートショップだそうで、お店の中もすっごいオシャレな空間だったそうです。

Vosges Haut Chocolat、なんて読むのか分からなかったんですけど、どうやら「ヴォージュ オー ショコラ」と読むみたい。・・・ヴォスゲスじゃなかった・・・。

Vosgesはこ

箱を上から撮ってみる。円筒形に銀の箔の文字とトレードマーク、繊細な文様のエンボス加工的な装飾、オシャレすぎる。サイズは直径約7.5cm、高さ13cmくらい。

vosgespetitchocolate

ふたを開けると、個包装になったチョコレートが出てきます。箱の内側はポップなピンク!いやー、これでもかという懲ったパッケージ。これはちょっとキュンとします!

Vosges12個入り

4種類各3個ずつで、計12個入りです。個包装もオサレ。

PETITCHOCOLAT種類

左上 Blood Orange Caramel
左下 Smoke & Stout Caramel
右上 Black Salt Caramel
右下 Pink Himalayan Crystal Salt Caramel

チョコレート×キャラメルのフレーバー違いなんですねー。

vosgesチョコレート中身

中身は同じ大きさで、お花?植物?のような模様が。柄はバラバラです。

一粒の大きさ

一粒の大きさ。約2.5cm×2.5cm×1.5cmくらい。

vosgesキャラメルチョコレート

断面図。キャラメルはキャラメルでも、超トロトロなキャラメルが入ってました!全種類の断面図を撮っておきたかったけど、めっちゃトロトロなのでこれはムリだ・・・と諦めてしまった・・・。

キリッとしたカカオの風味豊かなダークチョコレートと、4つのフレーバーのキャラメルが楽しめてものすごーく満足度高い&美味です!

オレンジ風味、2種類の塩キャラメル(塩キャラメルには違いないんだけど、全然雰囲気がちがってビックリ!)、そして何だろう?と思っていたSmoke & Stout Caramelは、スモーク塩とチョコレートスタウトビールのフレーバーみたい。斬新。

Vosgesのお店は日本にはないようなので、いつかアメリカに行く機会があったらお店に寄ってみたいなぁと思いました。

Aちゃん、ありがとう!ごちそうさまでした(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>Vosges Haut Chocolate
いただきものです

rawmioローミオ 発芽アーモンド・発芽ヘーゼルナッツ・ドライチェリーチョコレート

ローフード(高熱を加えない食品)が一部で流行っていましたが、個人的にはあまり興味がありませんでした。

でも、いつも個人輸入で利用しているi-harbという通販ショップで、美味しそうなものを見つけてしまったので、買ってみました。

rawmioチョコレート

Rawmioの

  • Chocolate coverd sprouted Almonds
  • Chocolate coverd sprouted Hazelnuts
  • Chocolate coverd sweet cherrys

の3種類です。要はアーモンドとヘーゼルナッツとスイートチェリーのローチョコレートコーティングしたもの、ですね。

ローチョコレートというのは、普通のチョコレートがカカオを焙煎して作られるのに対して、カカオをローストせずに作ることによってカカオの栄養素や効能を失わずに作られているとのこと。  ローチョコアーモンドチェリーヘーゼル

左から、アーモンド、チェリー、ヘーゼルナッツです。アーモンドとヘーゼルナッツはsprouted=スプラウテッド、つまり発芽した状態かつ生。発芽玄米ならぬ発芽ナッツです。それぞれ一袋57g入り。

ローアーモンドチョコ

アーモンド断面図。発芽アーモンドもRawつまり生ですので、色がローストされてない白っぽい色ですね。

以前、ローフードが流行り始めたころに生アーモンド食べたことがあったんですけど、個人的にはおいしくなーい!と思いました。でも、これ食べてみたら全然普通に食べられる。おいしい。

大きさはかなりまちまちで、チョココーティングは薄めです。だいたい35個くらい入り。

ダークチェリーローチョコ

こちらスイートチェリー断面図。ドライスイートチェリーの酸味とチョコレートの相性はぴったり。これまた大きさはめっちゃ大小アリです。28個入ってました。

rawヘーゼルナッツチョコ

そしてヘーゼルナッツ。これも生っぽい色ですよね。でも、ローストした香ばしさはないものの、なんだかおいしく食べられちゃう。ローフードがどれくらい体にいいかは知りませんけど、これ、おやつとして普通においしいんですが。約26粒入り。

USDAのオーガニックマーク入り、フェアトレード、ビーガンと、幅広い志向の人が喜びそうです。そして普通においしい。

でもね、これ残念ながら、9月いっぱいまでの夏季は出荷停止なんですよねー。アメリカから送られてくる間に溶けちゃいそうなので、購入OKだったとしてもちょっと躊躇はしますが、買えないとなると欲しくなるのはなぜだろう。

秋になったらまたリピートしたいです。健康志向の人へのちょっとしたプレゼントにもぜひ。

 

【商品情報】
公式サイト>>http://rawmio.com/
ここで買えます>>iHerb Rawmio(アメリカのサイトですが、日本語対応で簡単に購入できます)

 

 

FRAN’S(フラン)ダイジェスト

アメリカのチョコ続きですが、フランのダイジェストアソートBOXを。フランのチョコレートを食べたのは去年が初めてですが、アメリカのチョコの存在を見直すきっかけにもなってくれた存在です。

フランダイジェスト

オバマ大統領もお気に入りというフランのチョコレートは、1982年シアトルの小さなお店から始まり、いまやホワイトハウス御用達となっているそうです。

少し光沢のあるこげ茶色の箱に、サテンのピンクのリボン。THE GIFTという感じで素敵。

Frans Chocorate

10種類14個入り。真ん中のは2段重ねになってます。

フランボンボンショコラ

10種類、ではあるものの、四角いほうはプレーンキャラメルと塩キャラメルなので、大きな味の変化はないかも。

一粒の大きさ

一粒の大きさ。アメリカのチョコというとごろりと大きいイメージだったんですが、フランスのボンボンのように小ぶりです。もういい加減アメリカ=巨大でひたすら甘いというイメージは捨て去ったほうがいいのかもしれない・・・。

市販のお菓子に関しては、これまでのイメージどおりだとは思いますが。

ソルトキャラメル

ソルトキャラメル断面図。包丁で切ったらあまりにもスパッと切れてしまって、中身のキャラメルが固そうに見えちゃいますが、冷蔵庫から出したてでも余裕で噛めるくらいやわらかです。

このソルトキャラメルはフランの代表作だそうですよー。

キャラメルショコラ

美しくはないけどちょっとやわらかさがわかるかな?という写真。ネットリと口の中に広がるキャラメルと薄くかけられたチョコレートの風味が絶妙で美味。

あ、でもキャラメルソルトでこれまでいちばんおいしいと思ったのはアンリルルーかな。いや、ファブリスジロットのもおいしかったな。

アーモンドショコラ

こちらはオレゴン州産のアーモンドを三つ寄せたチョコレート。ナッツ+チョコの組み合わせはホントにおいしいんですけど、このアーモンド、多分すごくいいアーモンドだと思う~(*´ω`*)香りも歯ごたえもいい感じ。ダークとミルク、2種類楽しめます。

フランのチョコは少々お高いけど、来年も何がしか食べたいな~。いつか本場のお店にもお邪魔してみたいです!

 

【商品情報】
公式サイト>>FRAN’S Chocolates
ここで買いました>>フェリシモ 幸福のチョコレート2016

 

 

EH Chocolatier チェリーダークチョコレート

アメリカのチョコレートって以前はほんとに興味が持てなかったんですけど、最近は甘いだけじゃないおいしいチョコがいろいろあることを知りました。

今回は、アメリカボストンで女性二人の共同オーナーがチョコレートを作っているEH Chocolatierのチェリーチョコレートをいただきました(*´ω`*)

EHchocolatier

シンプルな白い箱。ちょっと下が狭まった台形なところがオシャレです。箱の大きさはざっくり11cm×7cm×5cm。

EHチョコレートチェリーダーク

箱をあけたところ。ショップカードが入ってました。

チェリー&カカオニブチョコレート

ちょっと色飛んじゃってておいしそうに見えませんが( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )ごろごろとしたロッシェ型のチョコレートが14~5粒入ってます。90g入り。

チェリーたっぷりチョコレート

ロッシェといえばだいたいナッツ系(アーモンドが多いかな?)をこんなふうにゴツゴツとした形に寄せてあるものが多いと思うんですけど、このチョコレートはドライチェリーとキャラメリゼしたカカオニブを固めてあります。

たっぷり惜しげもなく使ってあるドライチェリーの酸味と、ほろ苦くてカリカリしたカカオニブ、カカオニブの飴掛けの甘さ、そしてそれらをまとめ上げるどっしりしたダークチョコレートのカカオの風味。酸味と甘みと香りと食感、どれもバランスが素晴らしい(*´ω`*)

アメリカのお菓子は甘いだけ、という認識は本当に過去のものなんだなぁ・・・と思わされます。まあ、このチェリーの贅沢な使いっぷりとかの大胆さはちょっとアメリカンちっくで素敵なんですけども。

今後もアメリカのチョコレートを開拓していきたいと思います。

 

【商品情報】
公式サイト>> EH Chocolatier
ここで買いました>>フェリシモ 幸福のチョコレート

 

MARIEBELLE(マリベル)チョコレートバー ダークストロベリー

アメリカチョコレートをあんまり知らないちょこがアメリカのタブレットを食べます!こんにちは!

MarieBelle(マリベル)はニューヨークの有名女性ショコラティエであります。特に有名なのはかわいくてカラフルなプリントを施されたボンボンショコラ(Signature Art Ganacheシリーズ)ですが、すみません、高級すぎて手が出ませんでしたッ!!でもいつかは食べてみたい!!

マリベルタブレット

今回入手してみたのは、ダークチョコレート×フリーズドライストロベリーのタブレットです。Chocolate Barと書いてあります。アメリカではタブレットって呼ぶよりバーのほうが一般的なのかしらん。

さて、パッケージからしてかわいらしく乙女感が漂うマリベル。これは「シャトードショコラ」シリーズというそうです。楕円形の魔法の鏡のような小窓から中のチョコレートがちょっと覗いているのがニクイ。

マリベルダークストロベリーチョコレート

箱から出すと、透明のフィルムに包まれたタブレットがするりと出てきます。もっと・・・ふんだんに・・・ドライストロベリーを散りばめてくれてもいいんですよ・・・とも思うのですが・・・

MarieBelleストロベリー

よく見ると、チョコレートの表面がツブツブざらざらしてるでしょ。表面はチョイ少なめだけど、中にはかなりたっぷり入れてあるなこれ、とワクワクします。

あと、袋を開けた瞬間のカカオの香りが!!「いいチョコレート」の香りします!!

マリベル板チョコ表

表面というか、多分この場合は裏面なんだろうなあ・・・モールド(型)の柄はとってもシンプルです。1枚の大きさは約7cm×15mm×0.7cmくらい。

ダークストロベリー断面図

パキパキ割ってみた断面図。かなりいっぱいフリーズドライストロベリー入ってますヽ(≧∀≦)ノ

ひとかけらの大きさマリベル

口に入れるとまず、あーこれおいしいカカオだー(*´ω`*)という幸福感が広がり、それからいちごの甘酸っぱさが現れ、カカオの酸味とほろ苦さとドライストロベリーの甘酸っぱさが一体となってジワッと幸福感が訪れます。

ダークチョコ×フリーズドライストロベリーはもはや定番のひとつですが、これはパッケージ的にも味的にもぜひオトナ女子に食べてもらいたいー。

シンプルだからこそ奥深く、風味豊かで、かつ乙女心をそそるマリベルのダークストロベリーチョコレート。これはまた食べたいです。あ、でもシリーズで他のフレーバーもあるのでまずはそっちを先に・・・!

でも1枚1500円超え(税込で1,782 円)なんですよねえ( ꒪ω꒪)なかなか気軽に買えるお値段ではありませんが、じっくり攻略していきたいです。

 

【商品情報】
公式サイト>> MARIE BELLE(マリベル)
ここで買えます>> マリベル公式オンラインショップ

 

 

Chocolove(チョコラブ)コーヒークランチ、ラズベリー

アメリカのchocoloveタブレット続きです。

チョコラブタブレット

オレンジピール、チェリー&アーモンドはこちら
アーモンド&シーソルトはこちら

chocoloveコーヒー&ラズベリー

今回はコーヒークランチとラズベリーの2種類を食べてみました。

チョコラブタブレットうら

前回と同じく、うっすらとブルームが・・・(´;ω;`)
手前のツブツブがコーヒークランチ、奥のゴツゴツした感じのがラズベリーです。どちらもカカオ55%なので色は同じです。

コーヒークランチインダークチョコレート

コーヒークランチの粒はあいにくパッと見た感じではわかりません。でもひとかけら口に入れると芳しいコーヒーの香りがブワッと広がります。コーヒー×チョコレートが合わないわけがない。噛むとけっこうボリボリとしたコーヒー豆の食感があります。

コーヒーのほろ苦さとチョコレートの甘さ、カカオとコーヒーの香りが入り混じる感じ。好きだあああああーーーーー!!!

ラズベリーインダークチョコレート

続いてラズベリー。鮮やかな赤色がけっこう存在感アリです。フリーズドライのラズベリーがたっぷり入ってます。

これまたラズベリーの甘酸っぱさってばカカオと合うよね。合う。チョコラブのチョコレートはけっこうとんがってないバランスの取れたチョコなんですけど、ラズベリーの酸味に引っ張られてカカオのもつ苦味や酸味も感じられるかのよう。

コーヒークランチもラズベリーも、おいしくないわけない組み合わせで期待通りでした。普段モリモリ食べたい系です。

問題は個人輸入で買うと保存状態がどうしてもよろしくないところ。割れるのはともかくとして、家に届くまでの間にブルーム出ちゃうんですよねえ(´ω` ; )冬なら問題ないと思うんだけど。来シーズンまで買いだめはおあずけです。

 

【商品情報】
公式サイト>>Chocolove
ここで買いました>>iHerb.com(個人輸入)

ここでも買えます>>Chocolove(チョコラブ)/米国サプリ直販アーウェル楽天市場店

 

 

Chocolove(チョコラブ)オレンジピール、チェリー&アーモンド

以前チョコラブのアーモンド&シーソルトのタブレットを食べておいしかったので、チョコラブまとめ買いしましたヾ(´∇`)ノ

日本で買うと500円超(多分600円くらい)だけど、アメリカの個人輸入で買えば300円台でした。( *´艸`)個人輸入というとハードル高そうだけど、日本語も半分対応してるサイトなので普通にお買い物できます。でも季節的にそろそろ取り寄せが難しくなるのが難点。

チョコラブタブレット

今回買ったのは、オレンジピール、ラズベリー、コーヒークランチ、アーモンド&チェリーの4つ。一気に全部開けるのはキツイので、ゴールデンウィーク中に食べた2枚のレポートなど。

オレンジピールとアーモンド&チェリーの2種類です。

チョコラブ板チョコ中身

タブレットの形状は前のアーモンド&シーソルトと同じ。ぽこぽことしたなだらかな曲線にハートのマークがかわいいです。1枚90g。

オレンジピール&チェリーアーモンド裏

裏面。部分的にちょっとだけブルーム出かかってる:;(∩´﹏`∩);:

奥のツブツブした感じのがオレンジピール、下のがアーモンド&チェリーです。

チョコラブオレンジピール

こちらはオレンジピール。かなり細かい粒状のオレンジピールがいっぱい入っています。しかも、それがシャリシャリしてるの。噛むと香りがぶわっと立ちのぼってダークチョコレートと溶け合って素晴らしい。

なんでこんなオレンジピールがしゃりしゃりなんだろう?と思ったら、フリーズドライのオレンジピールが入ってるみたいです。なるほど。

チョコラブチェリーアーモンド

こちらはチェリー&アーモンド。アーモンドはスライスまで行かずほどほどの厚みがあって食感がしっかりしてます。チェリーは細かく刻んであって、セミドライっぽい感じ。

アーモンドが香ばしく、チェリーが甘酸っぱく、カカオと相性が良く、イケテル。

このシリーズ、全制覇したいです(`・ω・´)

 

【商品情報】
公式サイト>>Chocolove
ここで買いました>>iHerb.com(個人輸入)

ここでも買えます>>Chocolove(チョコラブ)/米国サプリ直販アーウェル楽天市場店

 

FRAN’S(フラン)インペリアル【フェリシモ幸福のチョコレート2015】

フェリシモの幸福のチョコレートで毎年気にはなっていながらも、なかなか手が出せなかったフラン。

金額うんぬんではなくて、アメリカのチョコレートっておいしいの?ほんとに?という「アメリカ食」に対する私の稚拙なイメージが邪魔をしてのことであります。アメリカのチョコレート=ハーシーズ(なんか微妙な味でおいしくはないんだけど、ハマると無性に食べたくなる感じ)なイメージしかなかったもので。

フランインペリアル

フランは1982年シアトルで創業、その後オバマ大統領のお気に入りチョコレートとしてホワイトハウス御用達になった名店だそうです。日本では今のところ出店されておらず、手に入るのはフェリシモだけらしいですよー。

FRAN'S

箱を開けるとまあるいトリュフが6個。光沢がキレイだー。

フラントリュフ

想像以上にきれいな顔立ちをしているので、思わずウットリ。

フラン1粒の大きさ

1粒の大きさは直径約2.5cmくらい。

インペリアル底

底は平らになってます。

フランインペリアル断面図

断面図。ダークチョコレートの中に、ダークなガナッシュ入り。表面のつぶつぶは細かいカカオニブです。

パリッとしたコーティングの中に、やわらかな口どけのガナッシュが入ってます。とてもシンプル。でもだからこそ、これはスゴイ。ダーク系だけど適度に甘く、でも後味はスッとしていてカカオのキリッとした香りが残ります。

これはバレンタインの本命チョコにしたいレベル。シンプルだからこそ男性ウケも良さそうだし、パッケージも鮮やかなピンクの箱にサテンのリボンの組み合わせが素敵。

今までアメリカチョコを敬遠しててごめんなさいー(´;ω;`)おいしかったです。来年は誰かにこのチョコレートを差し上げられるようにがんばりますw

 

【商品情報】
公式サイト>>FRAN’S Chocolates
ここで買いました>>FELISSIMO フェリシモ(幸福のチョコレート)

 

 

Chocolove(チョコラブ) アーモンド&シーソルト ダークチョコレート

お友達のオーガニック女子はなちゃんにもらったChocoloveのチョコレート。
過去にチョコラブのチョコは食べたことがあるけど、こんなでかいサイズを見たのは初めてのことです。これまで見たことがあるのは3分の1くらいのサイズのミニバーだけ。
ありがとうはなちゃんー♡

chocoloveアーモンド&シーソルト

Chocoloveはアメリカで人気のタブレットです。使われているのはベルギー産のクーベルチュールとのこと。

チョコラブ開封

包みを開くと中の銀紙、もとい金紙も一緒にはがれてくるタイプ。チョコの裏面のゴツゴツ加減が、ナッツたっぷり入ってまっせーと主張しています。

チョコラブタブレット

タブレット表面。つややかなダークチョコレートとぼこぼこと区切られた一角ごとに♡のマークが。約7cm×14.5cm×1cmくらい。90g。

アーモンド&シーソルト断面

向きを変えようとしたら割れた。汗
アーモンド、入ってますねぇー。期待。

1ブロックの大きさ

ひとかけらはほんとに一口サイズなので、ブロックに割ってお口にぽいっと入れられる大きさです。

アーモンドたっぷり

中にはけっこうアーモンドがギッシリ。カカオ55%だそうですが、けっこうシッカリとしたカカオ感が楽しめます。そしてアーモンドがざくざく香ばしく、たまに塩の結晶に当たって甘みがキュッと引き締められ、気付いたらあっという間になくなってしまいました。おそろしい甘みと塩気のバランス。

おいしかった。また食べたい(*´ω`*)他のフレーバーも食べたいです。近くにずらっと揃えて扱ってるところがないのがさみしい。

 

【商品情報】
公式サイト>>Chocolove
いただきものです

ここでも買えます>>iHerb.com(個人輸入)Chocolove(チョコラブ)/米国サプリ直販アーウェル楽天市場店