Lindt(リンツ)ソフトクリームショコラ

リンツのショップの前を通りがかったので、前から食べたかったアレを食べることにしました。

雨の日にもかかわらず、店頭も2階のイートインスペースも人がいっぱい!みんなリンツ大好きだよねえ(*’ω’*)

食べたかったのはこちら、リンツのソフトクリームショコラです。
コーン/カップ、ダーク/ミルク/ミックスから選べます。

今回のチョイスはこれー!カップでミックスです。

写真だとちょっと分かりにくいけども、ダークとミルクのふたつの味がひとつで楽しめるミックスなのだよ。ふふふ。

リンツの名前入りチョコレートタブレットと、クルスティヤンが刺さっています。

こっちのほうが2色感がわかるかも?スプーンの先のほうの色が濃いところがダーク、薄めの色のところがミルクのソフトクリームです。

すごくチョコレート感が高くて文句なくおいしいダーク、あっさりしつつも絶妙なミルク感とチョコレート感と甘さのバランスのミルク、両方味わうことができる幸せ(n*´ω`*n)

チョコレートの模様は、容器のプリントではなくて本物のチョコレートで、スプーンでこそげ落とせる程度のかたさなので、ソフトクリームと一緒に味わうことができます。

さらに底にも、砕いたクルスティヤンが入っていて食感が楽しい!これは上に刺さってたものとはちょっと違うものだと思うんだけど、「おいしい」ということ以外の詳細はよく分かりませんでした。

ちょっとしたパフェを食べたくらいの満足感~!
期間限定のキャラメルシーソルトソフトクリームなんてのもあるので、ぜひまた食べたいです。

あと、普段からソフトクリームはカップで頼むことが多いので、今日も何気なくカップを選んだのだけれども、リンツのソフトクリームのコーンはオリジナルのチョコレートワッフルコーンなんだとか。

しかもコーンの中にはチョコレートソースが忍ばせてあるとのこと。

カップもおいしかったけど、次に食べるときはこっちのコーンを食べてみたいです!

 

【商品情報】
公式サイト>>リンツ ショコラカフェ
ここで食べました>>リンツ表参道店
その他店舗はこちら

 

 

 

People Tree(ピープルツリー)ベジチョコシリーズ

今年もピープルツリーの乳化剤無添加チョコの季節がやってまいりました。溶けやすいため冬季限定でしか販売されていないので、ここぞとばかりに買い込みましたよヽ(•̀ω•́ )ゝ

ピープルツリー2016

相変わらず、定番ミルクチョコの牛の絵はカワイイ。

今年は「ベジチョコ」シリーズ4種類が新登場です。ベジチョコの「ベジ」は野菜や果実など、植物から作られている、という意味が込められていて、牛乳等を使わず作られています。

ピープルツリーチョコこだわり

ここでピープルツリーのチョコのおさらい。フェアトレードにこだわり、乳化剤を使わず時間をかけてコンチングを行い、それ故にデリケートで溶けやすいため秋冬限定販売。

この解説にも牛くんが使われていて大満足。

ピープルツリーチョコうし

ベジチョコシリーズのパッケージを開いたところにも、牛くん登場。好き(*´Д`)

ベジチョコシリーズ

さて、ベジチョコ4種類ですが、

  • オーガニック・ビター
  • ビター・レモンピール
  • ビター・ザクロ
  • ココナッツミルク

で、ビター系メインなので見た目はほぼ変わりません。ココナッツミルク以外。いちばん上の明るい色のがココナッツミルクです。

ベジチョコひとかけら

1枚50gで、重さ、サイズ、タブレットの形状はこれまでと同じ。

ベジチョコレモンピール&ざくろ

オーガニックビターとココナッツミルクは何も入ってないプレーンなタイプですが、ビターレモンピールは粒状のレモンピールが、ビターザクロには小さなザクロゼリーが入っています。

シンプルだけどキリッとカカオの味わいが楽しめるオーガニックビター、甘みとほろ苦さのあるレモンピールの食感がおいしいビターレモンピール、リンツのタブレットのカシスと同じく甘酸っぱいザクロゼリーの粒がアクセントになったビターザクロ、ココナッツシュガーにココナッツミルクパウダーたっぷりでいわゆるミルクチョコとも劣らないまろやかさのココナッツミルク。

どれも、おいしいぃーーー(n*´ω`*n)

個人的にはザクロとココナッツミルクが特に好きかなー。特にココナッツミルクは、これまでの定番を含めてもかなり上位に食い込むくらいかも。(ココナッツ大好き)

でも、どれもリピートしたいクオリティです。ベジチョコシリーズは、パッケージもカラフルでカワイイので、ちょっとした差し入れとかにも使いたいです。冬季限定だけどね!
 

【商品情報】
公式サイト>>People Tree(ピープルツリー)
ここでも買えます>>PeopleTree (ピープルツリー)楽天店 フェアトレード チョコレート

 

ラプンツェル ココスクリームチョコレート

せっかくのチョコレートがおいしい季節だというのに、体調が悪くてなかなかチョコが食べられません!!!なんというもったいない。私は悲しい!!!

久しぶりに食べたのがこれ。RAPUNZEL(ラプンツェル)のCOCOS-CREME(ココスクリーム)タブレットです。

ラプンツェルココクレーム

ラプンツェルはスイスのBIO(オーガニック)&フェアトレードチョコレートブランドとして有名です。

いろんなフレーバーのチョコレートがあるけど、チョコ×ココナッツは私の大好きな組み合わせ。もうね、おいしくないわけがないよね。

ラプンツェルタブレット

毎度おなじみ、スイスのチョコレートはなぜか白いフィルム包装。大きさはだいたい15cm×8cm×0.7cmくらい。

Rapnzelチョコレート

タブレットの表面には、カカオの絵柄とRAPUNZELのブランド名がかかれています。

ココナッツクリームチョコレート

断面図。ミルクチョコレートの中に、白いココナッツクリームがたっぷり。

ラプンツエルココクレーム断面図

なめらかでミルク感たっぷりのミルクチョコレートに、ココナッツの風味がギュッと詰まったホワイトチョコクリームがたまらんです。最後にココナッツのこまかな粒が残って、あの独特のキュイッとした噛み応えが楽しめます。

久しぶりのチョコレート、おいしかった・・・( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

1月2月は体調を整えて、もうちょっとペース上げてチョコレートを食べたいです!

 

【商品情報】
公式サイト>>RAPUNZEL
ここで買いました>>輸入食材系スーパー

ここでも買えます>>RAPUNZEL COCOS-CREME

 

 

 

CAMILLE BLOCH RagusaNoir(カミーユブロッホ ラグーサノワール)

とある高級系スーパーで目に付いた、ヘーゼルナッツの絵付きのタブレット。しかもスイス国旗模様入り。ノアゼット+スイスでおいしくないわけがない(ФωФ)!!と迷うことなく手にとって購入しました。

カミーユブロッホラグーサノワール

CAMILLE BLOCH(カミーユブロッホ)の Ragusa (ラグーサ)シリーズのNoir(ノワール)です。スイスではけっこう歴史のあるメーカーらしき。

カミーユブロッホパッケージ

箱から出てきたのは普通の銀紙に包まれたもの。

ラグーサノワール

開封。私、何を思ったか1枚のタブレットと信じて疑ってなかったので、ちょっとビックリしましたね。まさか2本のバー状になっていたとはー!!パッケージ見たら確かにそうなってるんだけど、勝手に脳内変換されてたー!!

1本の大きさ

こんなカタチで2本いりです。1本の大きさは約11cm×3cm×1cm。100g入りなので、1本あたり50gということですな。

レグーサ側面

しかもよく見ると、やわらかめのプラリネ系チョコレートに薄くチョココーティングしてあるような感じ。よく見たら「準チョコレート菓子」の表記になってて、つまりカカオ以外の成分の多いチョコレートってことなんですよね。

つまりジャンドゥーヤ系。思いがけずすごい好みのチョコに遭遇した(*゚∀゚)=3

カミーユブロッホノアゼット裏面

ウラを見ると、おーい、もうちょっとゴロゴロとノアゼット入れてくれてもいいんでないのーーー!という感じは否めません。が、4つのブロックに分かれたとき、ヘーゼルナッツ率0%っていうのだけはなかったのでまぁ許そう。(偉そう)

ラグーサノワール60%

1本を4つのブロックで割ってみたところ。断面のヘーゼルナッツがグッときますなあ。

RagusaNoir断面図

折った側の断面を見ると、普通のチョコレートじゃなくてやわらかい感じが伝わるのではないかと。

プラリネ+ごろごろヘーゼルナッツ+カカオ分高め(60%)+スイス製。
これでおいしくなかったらおかしいでしょ、という組み合わせです。実際、久しぶりにヘーゼルナッツチョコで大満足できた感じ!!

(こないだ某大手スーパーで買ったフランスのノアゼットタブレットがなんとなく残念な味だっただけに・・・)

手に取ったときに思っていた形状やタイプとは違ったけど、それ以上に満足でした(*´ω`*)また食べたいー♪

 

【商品情報】
公式サイト>>Ragusa Bloch
ここで買いました>>大阪市内某高級系スーパー

ここでも買えます>>カミーユ ブロッホ ラグーサ ノワール
・・・まさか、時々日用品を買ってるケンコーコムでも売ってるとは思わなかった(笑)今度また何かと一緒に買います!

 

 

トブラローネ ミルク&ホワイト ハロウィンバージョン

友達のMさんにもらったトブラローネ。パッケージがハロウィン仕様になっててかわいいーーー!!

ハロウィン仕様トブラローネ

トブラローネといえば、最近はちょっと大きめのスーパーなんかだとどこでも買える感じだけど、昔は高級スーパーとか輸入食品扱ってるお店とかオシャレ雑貨屋さんとかでしか売ってなかった気がします。いい時代になったなぁ。

トブラローネの歴史は古く、1908年からあるそうです。

トブラローネパッケージ

このハロウィンパッケージ、三角の筒状になっていて、するりとはずせばいつものトブラローネパッケージが出てきます。うまいなこれ。この1枚あるだけでなんとなく買っちゃう気がするし、ハロウィン時期終わったら終わったで外せばいつものトブラローネとして売れる。うまい。

トブラローネ2色

おなじみの三角が連なったカタチです。トブラローネ、身近で特徴的でおいしいからたまに食べるし、過去にも書いたつもりでいたけど、記事にしてなかったんだなー。

あ、でもいつも食べるのは黄色いパッケージのミルクのほうばかりです。ホワイトは初めてかも(*´ω`*)ホワイトは「冬のマッターホルンをかたどったハニー&アーモンドキャンディー入りホワイトチョコレート」とのこと。

トブラローネミルク

いつものミルク。キャンディーというか、ヌガティンの白くて固めのやつ(トロンチーニみたいなの)が入ってます。サクサクというかボリボリしておいしいのです。かなり甘いけど。

トブラローネホワイト

ホワイトのほうはかなりミルキーな感じのホワイトチョコの中にそのヌガティン的なものが入ってます。甘い。しかしクセになりそう。

おいしくいただきました!Mさんおおきに~(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>TOBLERONE
輸入元サイト>>巴商事 トブラローネ

 

Lindt(リンツ)エクセレンスタブレット ココナッツ、カシス

買いだめしたリンツもあと残りタブレット2枚となってしまいましたー。

リンツタブレットカシス&ココナッツ

リンツ エクセレンスシリーズのココナッツとカシスです。エクセレンスシリーズはどれを食べてもおいしいので好きだー゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

リンツココナッツタブレット

まずはココナッツ。おなじみの銀紙に包まれております。よく見ると表面からもココナッツのツブツブ感が見えるのが分かります?

ココナッツたっぷり

見てーーー!すっごくいっぱいココナッツフレークが入ってるんですよ!!!ココナッツ好きにはたまらんっ!

ココナッツフレークにアメ掛けしてあるとのことで、全体的にはけっこう甘めですが、ダークチョコレートのキリッとした感じとココナッツの甘い香りのバランスがよくてモリモリ食べられます。ココナッツのサクサク、キュイッとした食感も素敵。

カシスタブレット

そしてこちらはカシス。パッケージのおもて面にはBLACK CURRANTと書かれています。カシス、ブラックカラント、和名では黒すぐりまたは黒ふさすぐりですが、生のカシスにお目にかかれる機会は滅多にございません。

カシスタブレット断面図

このカシスのタブレット、正確には「カシスアーモンド」なんです。白く見えてるのがアーモンドスライス。

で、このカシスのタブレットの変わってるところが、ドライカシスやフリーズドライカシスが入っているんじゃなくって、カシスをパートドフリュイ(ゼリーやグミのようなものと思ってください)みたいな感じにしたものが入ってるのです。たまにくにゃっとした食感に当たります。広がるカシスの香り、アーモンドスライスのパリ尾パリした食感、濃厚なダークチョコ。

リンツ様ありがとうございます、おいしいです(*´ω`*)

やっぱりリンツのチョコは常に何がしか冷蔵庫に入れておきたい定番安心おいしいチョコだと思います。うん、在庫なくなった、次どれにするかな・・・( ̄∀ ̄)

 

【商品情報】
公式サイト>>Lindt(リンツ)
ここで買いました>>リンツ 公式オンラインショップ

 
 

Lindt(リンツ)スペシャル ピスタチオタブレット

こないだごそっとまとめ買いしたリンツのチョコレート(*´ω`*)

リンツチョコレートいろいろ

今日は真ん中のピスタチオのタブレットを食べてみました。この時期のチョコレートは冷蔵庫の野菜室にしまってあるのですが、ちょうどいい温度に戻すのがなかなか難しいです。

冷たいままパキッと食べてもいいんだけど、常温に近づけて口どけを楽しむのもいいし。でもウッカリすると溶けすぎてしまうという。ぐぬぬ。

リンツピスタチオタブレット

さて、みんな大好きスイスのリンツ。このピスタチオのタブレット食べるのは始めてです。ピスタチオ入りのチョコレート自体けっこう珍しいのでうれしいーヽ(≧∀≦)ノ

Lindtピスタチオ

リンツのタブレットでこういうフィリング系のは初めてかも。このカタチ見るの初めてな気がするから。1枚の大きさは約15.5cm×7.5cm×1.0cm。100g。

ピスタチオ板チョコ

ひとかけらの大きさ。

ピスタチオチョコ断面図

ちょっとやわらかくなりすぎた感が否めない状態になってきてます。汗
外はミルクチョコレート、中はアーモンド風味のホワイトフィリング、そしてピスタチオがまるごと一粒。

アーモンド風味のホワイトフィリングがとってもミルキー&なめらかクリーミーで美味です。そしてその中にカリッとしたピスタチオが。食感が楽しく、鮮やかな緑色も美しく、すてきなアクセントになっています。

んーこれはいいなー(*´ω`*)万人ウケしやすいと思います。さすがリンツ。ちょっと本借りたとかのお礼にこれが付いてきたら「おぬし、できるヤツやな!」と思うに違いない。

 

【商品情報】
公式サイト>>リンツ・チョコレート
ここで買いました>>リンツ・チョコレート オンラインショップ

 

リンツ リンドール新フレーバー3種(シーソルト・バニラ・ラズベリー)

リンツのタブレット、エクセレンスシリーズのココナッツなくなっちゃったー!ココナッツ復活希望ー!!と言っていたら、きよめさんが「復活してますよ^^」と教えてくださったので、(その他のものも含め)購入しました!!きよめさん、ありがとうございますヽ(≧∀≦)ノ

リンツチョコレートいろいろ

タブレットが5枚と新フレーバーのリンドールを少々・・・(*´ω`*)

ヘーゼルナッツタブレット

リンツでお買い物をするとき、絶対外せないのがこれ。タブレットグランデシリーズのヘーゼルナッツです。これまで食べたことがあるヘーゼルナッツの板チョコの中で、もっともヘーゼルナッツぎっしり。

リンドールポーチ

さて、今リンツではリンドールを持ち歩くのに便利な保冷ポーチプレゼントが行われてます。ちょっと条件は違うみたいだけど、店頭でもオンラインショップでも。

普段プレゼントとかノベルティとかあんまり興味ないんだけど、これ嬉しい(*´ω`*)カワイイ(*´ω`*)

リンツオリジナルポーチ

リンドールを7粒くらい入れることができます。ふたの部分にメッシュのポケットが付いていて、そこに保冷剤を入れられるようになっています。(保冷剤は付いてないので、家にある小さめのを使うべし)

キャンペーンは6/24まで(ポーチがなくなり次第終了)だそうなので、コレ欲しい!という人はお早めにリンツのお店orオンラインショップへどうぞ∩(´∀`)∩♪

リンドール夏季限定フレーバー

さて、今日はタブレットは置いといて、リンドールの新フレーバーの味見など。この夏の新しいフレーバーは青→シーソルト、ピンク→ラズベリー、紫→バニラの3種類です。

リンドール3種

シーソルトはミルク、バニラはホワイト、ラズベリーはダーク。

リンドールシーソルト

では順番に行ってみましょうー。こちらのシーソルトは、ミルクチョコレートのシェルにミルクチョコレートのセンター。ほのかな塩味とミルクチョコレートのバランスが素敵。夏っぽい。

リンドールラズベリー

ラズベリーはダークチョコレートにちょっとミルク感もあるセンター。すっごくラズベリーの香り。だけど、ちょっと後味に人工香料っぽさが残っちゃうので個人的にはちょい苦手(∩´﹏`∩)

リンドールバニラ

そしてバニラ。今回の3種類の中ではこれが一番好きかも!ホワイトチョコのシェルの中にホワイトチョコクリーム。しかし、バニラの名前のとおりクリーミー+バニラ感がすごい!

バニラの粒

シェルにも、中にも、バニラの粒がたくさん見えるくらい入ってます。とてもリッチな気持ちになれます。疲れたときにこの一粒。たまらん。

季節限定フレーバーなので、今だけっぽいです。バニラは定番に入れてほしいなー(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>リンツ・チョコレート
ここで買いました>>リンツ・チョコレート オンラインショップ

 

 

Stettler(ステットラー)トリュフパヴェ

リンツをはじめ、スイスのチョコは日本人の味覚に合うと思うのですが、このステットラーもなかなかイイと思うのです。

ステットラートリュフパヴェ

スイスチョコレートといえば、ミルクチョコレートが代表的。 スイスったらアルプスを見渡す広大な放牧地にジャージー牛がのどかに草を食んでいるイメージじゃない?(※あくまでも個人のイメージです)

こちらのStettler(ステットラー)はスイスジュネーブで1947年に創業、1日に何個のチョコレートを作り上げることができるかではなく、1粒1粒にどれだけのまごころと技術を込められるか」という信念をもってチョコレートを生み出し続けているブランドだそうです。

ステットラーチョコレート

金色の箱を開けると、まぁるいトリュフが3つ。模様の感じが手作り感あふれてて素敵だ(*´ω`*)

スイスミルクチョコトリュフ

箱から出してみたところ。このチョコが厚ぼったかったり下に溜まってたりするあたり、一所懸命手作りしてるの!という感じがひしひしと伝わってきます。

トリュフ大きさ

1粒の大きさは直径約2.5cmくらい。だけどけっこうボリューミーに見えるのはこのもったりとコーティングされたミルクチョコレートのおかげだと思うのです。

ステットラー断面図

断面図。表面も、中身のガナッシュもミルク。とってもシンプルですが濃厚なミルク感となめらかな口どけで、ミルクチョコ好きさんにはたまらないミルキーな感じです。これは嫌いな人少ないと思うなー、万人ウケしやすいタイプ。

国内でいつでも売ってるわけではないようです。一部公式サイトから購入できるようですが、基本的にはバレンタインのときのみかな?見かけたら食べてみてください。

 

【商品情報】
公式サイト>>Stettler(スイス)
公式サイト(日本代理店)>>Stettler(ステットラー)

 

 

ピープルツリー フェアトレードチョコ デザートバー5種

毎年の秋冬のおたのしみ、牛の絵がたまらないピープルツリーのチョコレート。この秋冬は通常のタブレットに新フレーバー2種(ホワイトジンジャー&レモンとカラメルクリスプ)が出ただけでなく、新たなカタチの「チョコデザートバー」が発売されました!

ピープルツリーチョコレート

タブレットと同時にもちろん5種買いですよ。(`・ω・´)

ピープルツリーチョコバー

左から、
ココナッツ&マンゴー シリアルクリスプ
レモンミルク
ミルキー
ストロベリーミルク シリアルクリスプ
カフェモカ
の5種類です。どれかひとつ選べとか言われても無理なので躊躇なく全種買いです。

チョコバー中身

袋を開けるとミルクチョコレートに包まれたチョコバーがにゅっと出てきます。特に飾り気もなくとてもシンプル。大きさは約10cm×2.3cm×1.3cmくらい。

チョコバー断面図

中身はホワイトチョコベースでそれぞれのフレーバーになっております。この写真はレモンミルク。

レモンミルク&ミルキー断面図

レモンとミルクだなんて、一緒にしたら分離しそうな組み合わせですが、味わい的にはさっぱりさわやかなレモンとまったり濃厚なミルクが好相性。けっこう酸味利いてます。レモンパウダー!な味わい。あ、でももちろんピープルツリーですから、ヘンな人工的な嫌な味はしません。

私の大好きな牛の絵が並んだミルキーは、その名のとおりミルク感たっぷり。疲れたときにガツンと1本。

カフェモカ&ココナッツマンゴーシリアルクリスプ断面

チョコレートとコーヒーってどうしてこんなに相性が良いのでせうね。コーヒーを飲むときに食べるチョコレートも最高だけど、コーヒーフレーバーのチョコレートもうまし。フィリングタイプのタブレットのカプチーノみたいな感じ。

ココナッツ&マンゴー シリアルクリスプは、最初ものっすごくココナッツ!!でザクザクの食感が楽しい。でもそれだけでは終わらず、あとからじわっとマンゴーの甘酸っぱさ登場です。なにこれめっちゃ好み。

ストロベリーミルク断面

けっこう鮮やかな色のストロベリーミルク・シリアルクリスピー。これは見た目にもクリスプ感分かりやすいですねー。フルーツ系チョコレートは合成香料臭で一口でムリ…となってしまう、もはや鬼門と言ってもいいくらいの存在ですが、さすがピープルツリー。全然平気。おいしい。おいしいよー。

個人的にベストはやっぱりココナッツ&マンゴー・シリアルクリスプかと。いや、でもこれはココナッツ大好きなのになかなかココナッツ使われてる手ごろなチョコって少ない、という点からも大きくポイントアップしてるかもです。どれも全体的にハズレなし。今期はもうそろそろお別れの時期ですが、また来年も買っちゃうと思います(*´ω`*)

 

【製品情報】
公式サイト>>People Tree(ピープルツリー)
ここで買いました>>ピープルツリー公式楽天市場店