ルワンジュ東京 エクレアートショコラ

最近東京ですごく人気のあるスイーツがある、と聞いても、地方モノとしてはピンとこなかったりするのですが、これはちょっと興味がわいてGETしてみました。

六本木にある洋菓子店「LOUANGE TOKYO(ルワンジュ トーキョー)」のエクレアートショコラというお菓子です。

テレビや雑誌でも取り上げられる機会が増えているんだとか。

ルワンジュ東京 エクレアートショコラ

ECLAIR-ART CHOCOLAT・・・エクレアートショコラは、そのルアンジュトーキョーの中でもイチオシのお菓子だそうです。

エクレアとアート、そしてショコラを組み合わせた造語なのかな?エクレアートショコラ。

マックスフェルクリン社のクーベルチュールチョコレートを贅沢に使用した生チョコレートと美しいデコレーションが特長的な新感覚のエクレアです。

エクレアートショコラ6個入り

カッチリとしたシックな箱を開けると、カラフルで繊細な飾りつけのエクレアがずらり!これは美しいー(*´ω`*)

ルワンジュエクレアート

反対の角度から。左から順番に、

  • ストロベリー
  • チョコレートトリュフ
  • コーヒーキャラメル
  • ピスタチオ
  • ラムレーズン
  • プラリネ

の6種類です。 いろんな味が楽しめるのも素敵。

エクレアートショコラ大きさ

1本の大きさは約8cm×1.5cm×2~3cm。手作りらしく、幅や高さは多少違っています。
単に生チョコクリームがサンドしてあるだけでなく、星口金でしぼってあるところも美しいー。

これ、食べ方は2通りあって、半解凍状態でシューアイス(エクレアアイス?)のようにも楽しめるし、全解凍でなめらかな生チョコ感を楽しむのもOKという、ひとつで2通りの味わい方ができるそうです。

あっ、あとね、上の写真にちらっと見えてるんですけど、紺色の箱のふたの裏側は真っ赤なのもオシャレだった。

エクレアートストロベリー

こちらはストロベリーの断面図。華やかな苺の風味とチョコレートの相性がgoodです!

ショコラトリュフ

チョコレートトリュフ。なんとトリュフオイルが使われているらしい!けど、私のバカな舌では正直よく分からなかったです。でもチョコレートらしい感じでおいしかった(*´ω`*)

コーヒーキャラメル

コーヒーキャラメル。コーヒー風味のガナッシュと、キャラメル風味のグラサージュ、カリカリしたキャラメリゼナッツ、これ大好き!

ピスタチオ

あまりに美しいので1本で写真を撮ったピスタチオ。(のわりにピンがブレブレで泣ける)上にピスタチオと薔薇の花びらが乗ってて、サンドしてあるチョコもホワイトチョコにピスタチオペーストを混ぜてあって、すごい凝ってるのです。

ピスタチオ断面図

断面図。日本ではピスタチオってなかなか主役になれずにどうも脇役になりがちなんだけど、これはちゃんと主役張ってます!!

ラムレーズン

ラムレーズン。真っ白なフォンダンに、レーズンとオレンジピール。黄色がかったガナッシュはオレンジ風味です。ガナッシュが2層になってるのかと思いきや、下にチョコを塗ってラムレーズンを挟み、その上にオレンジガナッシュが乗っけてある感じ。

ラムレーズン断面図

ラムレーズンたっぷりでオトナの味です。

プラリネ

そしてプラリネ。ガナッシュはノアゼットの風味たっぷり!!ナッツ感すごくて満足度高いです♪

エクレア生チョコ

これだけ見た目のインパクトがあるので、プレゼント(女性向けにも男性向けにも!)や手土産にも絶対喜ばれるし、ちょっと特別な夕食のあとのデザートにも素敵だと思うなー(*´ω`*)もちろんバレンタインにも!

半解凍でも全解凍でもどちらでもおいしく食べられるとのことだったので、半解凍状態で食べ初めて、写真撮りながら食べてたら最終的には全解凍状態になっていたという・・・。たしかに、どちらの食べ方もそれぞれイイです。うん。

正直、東京の流行りモノねー、ふーん・・・くらいに思ってたんだけど、これは見た目も味もかなりイケてます。ナメてました、ごめんなさい。おいしかったです!

 

【商品情報】
公式サイト>>【LOUANGE TOKYO】ルワンジュトーキョー
ここで買えます>>エクレアートショコラ 6本入り

 

 

 

牧家(Bocca ボッカ)のチョコレートアイスクリーム

地元のちょい高級系スーパーで見かけて、牛の絵に一目惚れして思わず買ってしまったアイスクリーム。

BOCCAアイスクリーム

特に記録するつもりもなくそのまま食べる気まんまんで、一応写真だけ撮っとくか かわいいし・・・と思ったら、これあの白いプリンで有名な牧家(ぼっか)のアイスクリームなんですね!牛しか見てなかった!そしてアルファベットのBoccaが牧家と脳内で繋がってなかった!

うん、いや、牧家の白いミルクプリン、売ってるとこは見たことあるけど食べたことはないんだけどね!

牧家の牛

こういうテイストのイラスト大好きだ・・・このフタは捨てていいものか迷うレベル。

牧家チョコレートアイス

牛のフタをあけると、透明のフィルムで封がしてあります。

チョコレートアイスクリーム

こんもりとまあるく詰められたチョコレートアイスクリーム。(そしてしつこく牛の絵)

種類別アイスクリーム

アイスの種類別は乳脂肪分と乳固形分の割合によってアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスに分けられるのですけど、アイスクリームはそのうちもっとも乳脂肪分・乳固形分が高いことを示しています。

つまり、牧家のこだわりミルクがたっぷり使われていますよーという証。むふふ。

BOCCAチョコアイス

普段あんまりチョコレートのアイスを食べないので、他と比較してどうこうというのはよく分からないのですけど、これはミルク感が濃厚なのにしつこさがなく軽やかで、チョコの味を上手に引き立ててる感じでかなーり満足感高いです(*´ω`*)

エクアドル産のカカオが使われているそうです。うまし。

BOCCAバニラ(ミルク)

ミルクのおいしさがダイレクトに味わえるのはやっぱりバニラのほう。すごい濃厚なのにしつこくないおいしい牛乳だーーー!

でもね、ひとつだけ残念なのが、最近増粘多糖類(安定剤)とかの添加物使ってないアイスクリームばかり食べてたせいで、この独特の口どけがなんか微妙に感じてしまったのですよ。

いや、大抵の市販のアイスクリームは増粘多糖類や乳化剤使ってるし、それは多分ゼラチンだったり寒天だったりカラギーナンだったり別にそんなに害のあるもんじゃないと思うんですけど、増粘多糖類入ってないアイスってスーーーッと口の中で溶けていくのに対して、入ってるのはネットリというか、ちょっとなんか違う溶け方なんです。

(ちなみにハーゲンダッツのバニラと抹茶(←これぐらいしか普段食べない)は無添加優良アイスクリームであります。季節モノはあんまりチェックしないので知らない~)

これは好みと慣れの問題だと思うけど、ミルクの風味が素晴らしかっただけに、口どけも私好みだったら最高だったのに!!!とちょっとだけ残念に思ってしまったのでした。

でもおいしかった、また買うかも。
ていうか、牧家のカチョカバロとか食べてみたいので、いろいろ含めてお取り寄せしちゃうかもー(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>牧家(Bocca)
ここで買えます>>Bocca-shop(楽天公式通販サイト)

 

GODIVA(ゴディバ)タルトグラッセ 抹茶&ホワイトチョコレート

ゴディバタルトグラッセ

前回に引き続き、GODIVA(ゴディバ)のアイスケーキ、タルトグラッセです。今日は抹茶&ホワイトチョコレートの方をいただきます。

抹茶&ホワイトチョコ

箱を開くと、前回のラズベリー&ダークチョコレートと同じくカップに入った状態で抹茶&ホワイトチョコレートのタルトグラッセが入っております。

タルトグラッセ中身ケース

前回カップ状態のところを撮ってなかったので、一応載せときます。けっこうカッチリしたプラカップに入ってますよ。特に下側のカップは固い。

抹茶ゴディバ

濃い緑色が鮮やかな抹茶&ホワイトチョコレート。早速断面を見てみましょう。

タルトグラッセ抹茶断面図

ゴディバタルトグラッセ 抹茶&ホワイトチョコレート断面図。
売場で「抹茶&ホワイトチョコレート」としか見なかったので、上段が抹茶味、下がホワイトチョコレート味なんだろうなーと思っていたら、栞をよく見たら違ってました。

ホワイトチョコレートと宇治抹茶のアイスクリームと、ミルクオレンジレモンアイス、間にはミルクチョコレートをうっすらサンド、だそうです。

タルトグラッセ抹茶

抹茶のほろ苦さとホワイトチョコの甘さ、ミルクチョコのパリパリ感、ミルクオレンジレモンアイス、ほろほろのタルト生地という非常に複雑に入り交じった味わいです。

おいしい。んだけど、なんかピンとこない。おいしいけど、全体的にボンヤリしているというかなんというか。

なんかものっすごい偉そうな言い方ですけど、ゴディバだったらもっとできるでしょ!って感じ。自分のためにはもう買わないかな。でも、人様のお宅に訪問するときにお土産に持っていったりするにはこれからの季節喜ばれそうなので、そういう使い方はするかもしれませんです。4種類の味があって、食べ比べながらどう?ってキャッキャするのも楽しいしね。

と思ったけど、人様のお宅を訪問する機会なんて滅多にない引きこもりの私にそんなチャンスはあるのだろうか。

 

【商品情報】
公式サイト>>GODIVA
ここで買えます>>ゴディバ各店、【送料込】ゴディバ(GODIVA)タルトグラッセ6個(オンラインショップではバラ売りなし)

 

 

GODIVA(ゴディバ)タルトグラッセ ラズベリー&ダークチョコレート

godivaタルトグラッセ

GODIVA(ゴディバ)のアイスケーキ、タルトグラッセ。アイスケーキと呼ぶにはなんかちょっと申し訳ない気もするのですが、4種類のうち2種類をGETしてきました。
ラズベリー&ダークチョコレートと抹茶&ホワイトチョコレートの2種類です。

今日はまずラズベリー&ダークチョコレートのほうを。同封されていた栞によると

ダークチョコレートのほろ苦さと、ラズベリーの甘酸っぱさが上品な味わい。タルト生地にしきつめたアイスクリームとシャーベットの間にダークチョコレートをはさみました。

となっています。

箱を開けたところ

箱を開けると、かっちりしたプラケースにしっかり収められています。

タルトグラッセダークチョコレート&ラズベリー

プラケースから出したところ。
紙ケースも邪魔なので外しちゃいましょう。

ゴディバアイスケーキ

上にかかったチョコレートグレーズの光沢がなんとも美しくて素敵(*´ω`*)

ゴディバアイスケーキ断面図

あまり美しくないですが断面図。
とろりとしたチョコレートグレーズと、ダークチョコレートのグラス(アイスクリーム)、薄くサンドされたダークチョコレートとラズベリーのソルベ、そしてほろほろのタルト生地。

ゴディバタルトグラッセ

ダークチョコレートというわりにはカカオ感より甘みも強くて、でも甘酸っぱいラズベリーとの相性は大変よろしくてよい感じです。でも、ダークチョコレートのほうがすごく溶けやすくて、下のラズベリーのソルベの方はかなり溶けにくくてシャリシャリしておりまして(ソルベというよりピュレを固めたような感じ)、いそいで食べなきゃいかんような、でももうちょっとラズベリーが柔らかくなるのを待ちたいような、微妙な感じでした。

とろとろのチョコレートアイスとシャリシャリのラズベリーソルベ、その間に挟まれた薄いダークチョコレートのパリパリ感の食感の違いを楽しむものだと言われたら、うーんそういうものかな、とも思わなくもないんですけどね。

抹茶&ホワイトチョコレートにも期待(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>GODIVA
ここで買えます>>ゴディバ各店、【送料込】ゴディバ(GODIVA)タルトグラッセ6個(オンラインショップではバラ売りなし)

 

 

シャトレーゼ デザートショコラボール チョコ 20個入

毎日暑いですね~。アイスの美味しい季節です。

アイスをたくさん食べるとすぐにお腹を壊してしまうので、
ちょっとずつ食べられる一口サイズのアイスの存在がありがたいです。

シャトレーゼデザートボール

一口アイスの代表と言えば「ピノ」ですが、ピノのアソートパックってバニラとチョコはいいんだけど、もう1つのアーモンド味があんまり好きじゃないので、買ってもアーモンド味だけが残ってしまうのです。
シャトレーゼのデザートショコラボールはバニラとチョコに2種類があるので、これを買ったほうが私としては満足度が高い。

デザートショコラボール

ひとつずつ個包装になっています。
一袋357円、20個入りです。

ほんとはチョコ味とバニラ味を両方買って交互に食べるのが好きなんだけど、あいにく冷凍庫がほかの物でいっぱいなので今回はチョコだけ買ってきました。

デザートショコラボールチョコ

見た目は某ピノとそっくりです。
見比べたわけじゃないけど、多分大きさとかもほぼ変わらないんじゃないかな。

断面図

断面図。
ベルギー産クーベルチュールを使用したミルクチョコレートアイスをミルクチョコで包んであります。外のチョコがパリッとして、中のチョコアイスも味わい深くてなかなか美味です。
暑いときにひょいっとひとつ食べるだけで幸せ~(*´ω`*)

シャトレーゼのアイスクリームは、なるべく合成の食品添加物を使わないで作られているところも好感度高し。

 

【商品情報】
公式サイト>> シャトレーゼ デザートショコラボール チョコ
ここで買えます>>全国シャトレーゼ店舗