LADUREE(ラデュレ)ラング・ド・シャ ノワール・エ・レ

いわゆる乙女的なお店はまぶしすぎて普段なかなか近寄れないのですけども、何を思ったのかフラリとラデュレのお店に寄ってみました。

ラデュレといえばマカロンが有名ですが、バレンタイン期だからなのか、それとも普段からあるのか、チョコレートもありました。

ボンボンショコラにしようか、オランジェットにしようか、と見ていて、ふと目に留まったのがこれ。

ラング・ド・シャ ノワール・エ・レです。
ラングドシャとチョコレートの組み合わせ、おいしくないわけないじゃないですか。

淡い水色にエンボス加工の黒猫さんが舌を出している乙女ちっくな箱の大きさは、だいたい13.5cm×9.5cm×3.3㎝くらい。

このラング・ド・シャ ノワール・エ・レは、普段からある定番商品だそうですが、通常はリボンが斜め掛けしてあって、Lのチャームが付いているのはバレンタイン限定とのこと。

箱をあけたところ。

チョコがけしたラングドシャがぎっしりと詰まっています。148g入り。

写真だと分かりづらいんですけど、ノワール、レ、ノワール、レと交互に入っていて、1枚だけレが多く入ってました。

左がノワール、右がレ。17枚入り。

1枚の大きさ。だいたい9cm×2.5cm×0.5cmくらい。

断面図。

サックサクのラングドシャが、ノワール(ダーク)、レ(ミルク)それぞれのチョコレートでコーティングされています。
想像以上にサックサクで、ショートニングとか使ってるのかな?と思うくらい。でも原材料を見ると使われてなくて、バターの風味もたっぷりなんですよねえ。

ちなみにラデュレはフランスのメゾンなので、フランスで作られて空輸されているか現地レシピで国内生産かと思ったら、原産国はスイスになっていました。

ラングドシャとチョコレート、この組み合わせでおいしくないわけないし、2種類の味が楽しめるので飽きない~(n*´ω`*n)
ついもう1枚・・・と手が出てしまいます。

これは味的にも見た目的にも、素敵女子へのプレゼントにかなり使えそう・・・。
ラデュレのお店に立ち入るのは個人的にはちょっと勇気が必要ですが、今後はちょいちょいお世話になるかもしれません。

ショーケースのケーキも超絶かわいかった・・・。

 

【商品情報】
公式サイト>>LADUREE(ラデュレ)公式サイト
ここで買いました>>ラデュレ 新宿店

 

 

angers(アンジェ) 不思議食感 ホワイトいちごチョコ&チョコバナナ

angers(アンジェ)というわりと有名な雑貨のウェブショップがあるんですけども、そこにちょっとめずらしいホワイトいちごチョコがあるんですよ。

ホワイトいちごチョコといえば、フリーズドライのいちごをホワイトチョコでコーティングしたアレが一般的ですけども、チョコレートを含浸してある、つまり、しみチョコ状態なんです。

何年も前に食べたきりなんだけど、アンジェ以外ではまだ見かけたことがなくて、今も売ってるのかなぁ・・・と友人のプレゼントを探しつつサイトをのぞいてみたら、ありました!

しかも、進化してバナナチョコもできてた!!

アンジェいちご&バナナチョコ

ので、両方買ってみました。
(ФωФ)グフフ・・・

白いBOX入り。箱のサイズはだいたい9.7cm×9.7cm×9.2cmくらい。

いちごチョコ&バナナチョコ

箱をあけたところ。

左がいちごチョコ、右がバナナチョコのパッケージです。

パッケージ

各2袋入り。どちらも75g×2袋となっています。

いちごバナナ

中身。
ね、思ってるいちごのホワイトチョコと違うでしょ。

いちごは10個、バナナは8個入ってました。
大きさによって入っている個数は変わりそうです。

フリーズドライいちごチョコ

一粒の大きさ。

ものすごくざっくりですが、2.5cm×2cm×3cmくらい。
多少の大きさのばらつきはあるものの、まるっと1個そのままの形で、かわいいです。 バナナチョコ

バナナ1粒の大きさ。

いちごよりバナナのほうが大きさにばらつきがあるかも。
大きいのだと直径3.5㎝、小さいのだと直径2.5㎝くらい。

断面図

断面図。
いちごも、バナナも、中までチョコがしみてます。

コーン系のお菓子だったり、クッキー的なお菓子(ガルボとか?)だったりの「しみチョコ」は今や珍しくないけど、フリーズドライのフルーツにチョコをしみこませてあるのは、あんまりないような気がします。

フリーズドライのいちごって、普通そのまま食べるとサクッ、キュイッとした食感なんですけど、 これは、なんていったらいいんだろう・・・サクッまでいかないモクッ とした食感とでもいうのか・・・ガルボとかの食感に似ています。

で、最初にいちごの甘酸っぱさがくるんですけど、次の瞬間ホワイトチョコの香りと甘味がぶわっと広がります。
うーん、本当に不思議。

チョコバナナも食感は同じく。
ものすごいバナナの香りそしてチョコ、ぐわっともどってくるバナナ感・・・これまた不思議な味わい。

しみチョコ系によくある、ぬるっとした植物油脂っぽい後味は残るものの、この全体のインパクトは、見た目や物珍しさも含め価値があるのではないかとー。

買うとき、何も考えずにそれぞれ1箱買ったんだけど、いちごとバナナ1袋ずつを1箱にまとめたアソートboxがあったり、ハーフサイズ(箱なし、1袋)があったりするので、プレゼントや味見用、友チョコみたいに何人かに配る用にも使い勝手がよさそうです。

あと、買うとき見逃してたけど、ラム酒風味のホワイトいちごチョコもあるらしいー!
しまった・・・またいつか試してみねばなるまい・・・(´・ω・`)

 

【商品情報】
ここで買いました>>アンジェ ホワイトいちごチョコ/チョコバナナ

 

 

ドトール ブラウニー(ガナッシュ、ベリーベリー)

去年の秋ごろかな?発売されたころから気にはなっていたものの、なかなか食べられなかったドトールのブラウニーを食べてみました!

ブラウニーガナッシュトベリーベリー

ドトールのブラウニーは4種類あるのですが、私が選んだのは「ガナッシュ」と「ベリーベリー」のふたつです。

ドトール ブラウニー
公式サイトより

どれもおいしそうだから迷っちゃうよね(*´ω`*)
1個の大きさは4cm四方×2cm高さくらい?なので、つい2つ頼んじゃいました。

ブラウニー

店内で食べるときは、こんなふうにハンバーガーの袋みたいなのに入れてくれて、ガブッとかじりつく感じです。

ドトールブラウニー断面図

断面図。 さすがにかじりついた状態の写真はどうかと思ったので、飲み物に付いてきたスプーンでガシガシと切っております。

ガナッシュはブラウニーの上になめらかなガナッシュの層をのっけてチョコレートでコーティング、ベリーベリーはいちごとフランボワーズ(ラズベリー)のゼリーの層をのっけたブラウニーがチョコでコーティングされています。

このブラウニーの食感がね、なんと言ったらいいんでしょう、むっちり?モッチリ?
むしろネットリというか、ソフトキャンディみたいで、いわゆるアメリカの焼き菓子である一般的なブラウニーとは全然違って、おもしろいんですよ。

その不思議食感のおかげか、口の中でネットリと濃厚に味わえて、コーヒーによく合うー!(今日はカフェラテと一緒に食べたけども)

ドトールでお茶するときのお供にピッタリだし、4個入り、5個入り、6個入りと箱に入れてくれるらしいので、手土産にもよさげ。

まだ食べてない2種類も食べてみたいなーと思います(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>ドトールコーヒーショップ

 

 

SOURIRE D’ANGE(スーリールダンジュ)AIGUILLETTE(エギュイット)オランジェット

奈良県のスーリールダンジュのオランジェットをいただきましたー∩(´∀`)∩♪

ロゴと店名を見て、「おおっ!スーリールダンジュ!」と言ったら「なんで知ってるん!?」と驚かれたのですが、自分でも何で知ってるのか分からない・・・。

お店に行ったことがないのは確かですし、学生のころ関西圏のケーキ屋さんの名前はいっぱい調べて食べ歩いたし、もしかして就職課とかで求人見てる可能性もあるし、高校生のころバイトしてたケーキ屋さんとどことなく名前の響きが似ているからかもしれないし、SOURIRE D’ANGE(天使のほほえみ)という名前が印象的だったのか、とにかく何故だか分からないけど行ったことはないのに昔から名前だけ知っているお店です。

sourire d'ange エギュイット

真っ赤なカッチリした箱に太めのリボンでオトナっぽいラッピング。箱の大きさは約9.5cm×5.5×3.5cmくらいです。

スーリールダンジュオランジェット

オランジェットと聞いて渡されていたので、いつもどおりのあの細長いモノが出てくるイメージしかなかったのですが、まさかの三角形、しかもレとノワールの2種類のチョコがけが混在しているといううれしいイメージ外れヽ(≧∀≦)ノ

すでに柑橘とチョコの香りがぷんぷんしてます。

スーリールダンジュエギュイット

ミルクとダークが半々くらいで入っています。あー、全部の個数数えるの忘れたけど70g入りです。

グレープフルーツの皮チョコがけ

美しい三角形。長さ6~7cm、底辺は2cmほど、厚みはいちばんぶ厚いところで1cm以上あります。

エギュイット大きさ

大きさの違いはまちまちです。ノワールのほうがちょっと小さめ。

食べてみて初めて分かったのですが、ノワールのほうはオレンジの皮の砂糖漬けのチョコレートがけ、レのほうはグレープフルーツの皮のチョコレートがけだったんですよ!!一箱でふたつの味わいが楽しめちゃう。お得感(*´ω`*)

オランジェット

こちらがオレンジ、ノワールのほう。とってもやわらかで華やかな香りのオレンジピールに、薄くチョコがけしてあります。

個人的な好みでいうとチョコはもっと分厚くかかっている方が好きなんですが、これはピールがすごくおいしいからピールをより美味しく味わうためにちょっとチョコを添えてある、というイメージです。

いわゆるオランジェット(オレンジピールの砂糖漬けにチョコレートコーティングしたもの)って、オレンジピールの砂糖漬けからお店で手作りのものと、製菓材料としてすでに砂糖漬けになったピールをカットしてお店でチョコがけしました、というものがありますけど(さらに言うなら自店のレシピを工場に外注で作ってもらったり、すでにチョコがけまでした製品状態のものをパッケージだけオリジナ・・・rdfaghjlk:]l;]:・・うわなにをするやめろ)、ここはピールの砂糖漬けからじっくり手作りしてるんじゃないかしら。 ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”

GFチョコがけ

レとグレープフルーツ(パンプルムース)の皮の組み合わせ。グレープフルーツの皮ってオレンジ以上に苦味がありそうだけど、苦味は押さえられていて香りの華やかさと果肉(皮肉?かわにくと書こうとしたら皮肉(ひにく)になってしまって戸惑い中( ꒪ω꒪))が特徴的です。

これまたチョコは薄め、この皮の味わいを楽しめー!というメッセージが伝わってきます。

ちなみにこの2種類入りの商品名はAIGUILLETTE(エギュイット)となってまして、なんだろ?と思いGoogle翻訳で調べてみたところ「先金具」となっておりました。
そうか、この三角形が何かの先の金具のようだからそういう名前を付けたのねきっと。

こんなふうに、皮がこうだからチョコは薄めにしたんだろうなーわざと・・・、とか、こういう形だからこういう名前にしたの?とか、勝手に作り手さんと対話できるチョコに出会えると幸せです。

おいしかった!ごちそうさまでした(*´ω`*)

 

【製品情報】
公式サイト>>SOURIRE D’ANGE
いただきものです

 

 

ルワンジュ東京 エクレアートショコラ

最近東京ですごく人気のあるスイーツがある、と聞いても、地方モノとしてはピンとこなかったりするのですが、これはちょっと興味がわいてGETしてみました。

六本木にある洋菓子店「LOUANGE TOKYO(ルワンジュ トーキョー)」のエクレアートショコラというお菓子です。

テレビや雑誌でも取り上げられる機会が増えているんだとか。

ルワンジュ東京 エクレアートショコラ

ECLAIR-ART CHOCOLAT・・・エクレアートショコラは、そのルアンジュトーキョーの中でもイチオシのお菓子だそうです。

エクレアとアート、そしてショコラを組み合わせた造語なのかな?エクレアートショコラ。

マックスフェルクリン社のクーベルチュールチョコレートを贅沢に使用した生チョコレートと美しいデコレーションが特長的な新感覚のエクレアです。

エクレアートショコラ6個入り

カッチリとしたシックな箱を開けると、カラフルで繊細な飾りつけのエクレアがずらり!これは美しいー(*´ω`*)

ルワンジュエクレアート

反対の角度から。左から順番に、

  • ストロベリー
  • チョコレートトリュフ
  • コーヒーキャラメル
  • ピスタチオ
  • ラムレーズン
  • プラリネ

の6種類です。 いろんな味が楽しめるのも素敵。

エクレアートショコラ大きさ

1本の大きさは約8cm×1.5cm×2~3cm。手作りらしく、幅や高さは多少違っています。
単に生チョコクリームがサンドしてあるだけでなく、星口金でしぼってあるところも美しいー。

これ、食べ方は2通りあって、半解凍状態でシューアイス(エクレアアイス?)のようにも楽しめるし、全解凍でなめらかな生チョコ感を楽しむのもOKという、ひとつで2通りの味わい方ができるそうです。

あっ、あとね、上の写真にちらっと見えてるんですけど、紺色の箱のふたの裏側は真っ赤なのもオシャレだった。

エクレアートストロベリー

こちらはストロベリーの断面図。華やかな苺の風味とチョコレートの相性がgoodです!

ショコラトリュフ

チョコレートトリュフ。なんとトリュフオイルが使われているらしい!けど、私のバカな舌では正直よく分からなかったです。でもチョコレートらしい感じでおいしかった(*´ω`*)

コーヒーキャラメル

コーヒーキャラメル。コーヒー風味のガナッシュと、キャラメル風味のグラサージュ、カリカリしたキャラメリゼナッツ、これ大好き!

ピスタチオ

あまりに美しいので1本で写真を撮ったピスタチオ。(のわりにピンがブレブレで泣ける)上にピスタチオと薔薇の花びらが乗ってて、サンドしてあるチョコもホワイトチョコにピスタチオペーストを混ぜてあって、すごい凝ってるのです。

ピスタチオ断面図

断面図。日本ではピスタチオってなかなか主役になれずにどうも脇役になりがちなんだけど、これはちゃんと主役張ってます!!

ラムレーズン

ラムレーズン。真っ白なフォンダンに、レーズンとオレンジピール。黄色がかったガナッシュはオレンジ風味です。ガナッシュが2層になってるのかと思いきや、下にチョコを塗ってラムレーズンを挟み、その上にオレンジガナッシュが乗っけてある感じ。

ラムレーズン断面図

ラムレーズンたっぷりでオトナの味です。

プラリネ

そしてプラリネ。ガナッシュはノアゼットの風味たっぷり!!ナッツ感すごくて満足度高いです♪

エクレア生チョコ

これだけ見た目のインパクトがあるので、プレゼント(女性向けにも男性向けにも!)や手土産にも絶対喜ばれるし、ちょっと特別な夕食のあとのデザートにも素敵だと思うなー(*´ω`*)もちろんバレンタインにも!

半解凍でも全解凍でもどちらでもおいしく食べられるとのことだったので、半解凍状態で食べ初めて、写真撮りながら食べてたら最終的には全解凍状態になっていたという・・・。たしかに、どちらの食べ方もそれぞれイイです。うん。

正直、東京の流行りモノねー、ふーん・・・くらいに思ってたんだけど、これは見た目も味もかなりイケてます。ナメてました、ごめんなさい。おいしかったです!

 

【商品情報】
公式サイト>>【LOUANGE TOKYO】ルワンジュトーキョー
ここで買えます>>エクレアートショコラ 6本入り

 

 

 

ヴィタメールWITTAMER ショコラマカダミア(ダーク)

ベルギーのお菓子屋さん、ヴィタメール。
チョコレートから生菓子まで扱うWITTAMERは、パッケージもおしゃれですし、デパ地下でも人気のメゾンですよね(n*´ω`*n)

今日はヴィタメールのチョコがけクッキー、ショコラマカダミア(ダーク)を食べました!

ヴィタメールマカダミアショコラ

かわいいバッグ型のパッケージに入っている5枚入り。
ヴィタメールのショコラマカダミアはチョコがけのチョコレートがダークとミルクの2種類があって、こちらはダークのほうです。

WITTAMER CHOCOLAT AVEC MACADAAMIA

そのまま人様に差し上げてもかわいい見た目なので、ちょっとしたお礼やプレゼントにも良さそうです。バッグの大きさは約13cm×7cm×14cmくらい。

ミルクのほうはバッグの色がホワイト系だったような気がします。もしかしたらシーズンごとに変わるかもしれないので要チェックです。

ショコラマカダミア5枚入り

バッグを開くと、5枚のショコラマカダミアがお行儀よく並んでいます。

ショコラアベックマカダミア個包装

個包装はこんな感じ~。これは5個入りだけど、かなりたくさん入っている箱入りもあるので、仕事でご挨拶のお土産に持っていくのにも重宝しそう。小分けになってるものって配ってもらいやすいしね。

ショコラマカダミアダーク

袋を開けると、ナッツの香ばしい香りとチョコレートの甘い香りが!
表面のゴツゴツ感がナッツの食感を想像させてくれます(*´ω`*)

ショコラマカダミア断面図

断面図。けっこうホロッと崩れやすいです。そのぶん、口当たりはサックサク!ショートニング使ってる系のサクサク具合です。

そんなサクサクのサブレの上に、マカダミアナッツとアーモンドが散らされ、ダークチョコレートでコーティングされています。サクサクこりこり、そしてコーティング用じゃないちゃんとしたクーベルチュールチョコレート!おいしいーヽ(*^ω^*)ノ

ミルクのほうは食べていないので分かりませんけど、これは比較的万人受けしやすいお菓子なのではないかと。大人も子供も喜びそうです。子供ちゃんにはダークよりミルクのほうがいいかな?

 

【商品情報】
公式サイト>>WITTAMER(ヴィタメール)
ここで買えます>>全国ヴィタメール店舗、公式オンラインショップ

 

 

DEMEL(デメル)ハーゼルショコラーデ 季節限定

デメルのショーケースはデパ地下で見かけるたびにザッハトルテをはじめとした生菓子にうっとりしながら通り過ぎるのですが、見慣れないアイテムに目がとまって思わず立ち止まってしまいました。

季節限定販売のハーゼルショコラーデ。これは買うしかないでしょうヽ(≧∀≦)ノ

DEMELヘーゼルショコラーデ

定番デメルのリボンに、墨色に銀の箔をふんだんにほどこした美しい箱です。

デメル箱

私のカメラ(と腕前)では、約7.5cm×7.5cm×4cmの、この箱の美しさがお届けできないことが悔しすぎる。

デメルハーゼルショコラーデ

さっそく開けちゃいます。その他デメル製品と同じラッピングに安心感を覚えつつ・・・

箱をあけたところ

さらに開くと白いグラシン紙に包まれた丸いものが。

ハーゼルショコラーデ中身

ハーゼルショコラーデのお目見えです。紙をほどいたときから、ヘーゼルナッツの香りが立ち込めております。たまらんです。

大きさは直径約6cm、高さ約3cm。

ヘーゼルショコラーデ断面図

まず半分に切ってみました。切った瞬間に思った、これは、カタチは違えどもいわゆるアレだ、サラメ&ソーシソン オ ショコラ系の亜種だ。

参考→ソーシソン オ ショコラ

デメルヘーゼルショコラーデ

一口大に切っていただきます。

ヘーゼルナッツペーストがたっぷりと練りこまれたジャンドゥーヤチョコレートに、ヘーゼルナッツとピスタチオ、そしてウエハース。チョコレートが柔らかくなめらかなだけに、ナッツ類のコリコリ感やウエハースのシャリシャリ感といったおもしろい食感が引き立ちます。

ソーシソン オ ショコラというと、無骨で脳天を突き抜けるような甘さを思い出すのですが、そこはやはりデメル、上品な甘さに抑えています。といっても、かなり甘いと思うよ、これ。

ヘーゼルナッツたっぷりのジャンドゥーヤに刻んだヘーゼルナッツ入りという、ノアゼット好きにはたまらない味わいでした。切るのメンドイけど、チョコ好きさんのちょっとしたお呼ばれのお土産なんかにしたら喜ばれそうです。

 

【製品情報】
公式サイト>>DEMEL(デメル)
ここで買えます>>デメル各店舗、デメルオンラインショップ

 

 

チョコマロン:ホワイトチョコレートの聖地「六花亭」に行ってきました

生まれて初めて北海道に行ってきました。仕事で。

札幌赤レンガ庁舎

赤レンガ庁舎(旧道庁)とかちらっと見ることができたり。

六花亭札幌本店

何より、ホワイトチョコレートの聖地、六花亭の札幌本店に行くことができて、とても幸せでしたヽ(≧∀≦)ノ

子供のころ、ホワイトチョコレートは好きじゃなかったのですが、あれ何歳くらいのときかなぁ・・・六花亭定番の、あのホワイトチョコの板チョコを食べて初めてホワイトチョコレートのおいしさに目覚めたのです。本店入り口

入り口。あのね、なぜか写真がここまでしかないのよ。店内の写真がないのよ。興奮しすぎて撮るの忘れたのよ。

六花亭

というわけで、今いっぱい六花亭のチョコレート&チョコレート菓子が手元にあります!!(歓喜)

六花亭といえば!

六花亭ストロベリーチョコレート

ストロベリーチョコレート!フリーズドライのいちごをホワイトチョコやミルクチョコでくるんだアレです。ホワイトのほうは過去にレポートを書いたはず。

板チョコ詰め合わせ六花亭

それから、板チョコ!かつて北海道土産の定番だった、あのお花の絵の包みの、ふきのとうって書いてあった、懐かしいホワイトチョコレートの板チョコは今はもうないそうです・・・。

それに変わって、いまは小ぶりのホワイトチョコレート、ミルクチョコレート、ビタースィートチョコレート、抹茶ホワイトチョコレート、モカホワイトチョコレートのミニサイズの詰め合わせがありました!ホワイトチョコだけ5枚入ったパックもあるよ。

マルセイバターサンド

そして、チョコレートじゃないけどやっぱりこれ。マルセイバターサンド。

こういうのも、普段なら物産展とかで何個入りっていうのを買うしかないんだけど、店頭では1個から購入できてしまうのであります!!ほかのもほとんど1個から買えるという贅沢・・・(*´ω`*)

マルセイといえばバターサンドだけかと思っていたけど、キャラメルやビスケットもありました。

ひろびろ六花亭

あと、チョコ系だとこれが目立つ位置に並べられてました。「畑の大地ひろびろ」と「花の大地ひろびろ」。

六花亭チョコマロン

見た目はそんなにパッとしないけど個人的に気になったのがこれ。チョコマロン。ちょうどカラダが栗を欲する時期ですし。

そういうわけで今日はチョコマロンを食べます!

チョコマロン個包装

1パック4個入り。個包装になってるので、おみやげでバラで配るのにも便利。

チョコマロン大きさ

直径約5.5cm、高さが約2.5cm。タイヤみたいだね。

チョコマロン断面図

断面図。しっとりした焼き菓子に、栗餡がたっぷり挟まれています。

この栗餡が!ラム酒の香りたっぷりで!ココア風味のしっとりしたケーキと、周りにコーティングされたミルクチョコレートと相性がバッチリなんですよ!!!

栗餡は白餡に栗ペーストを混ぜ込んだ感じで、どこか和の雰囲気も漂わせつつ、なのにとてもハイカラな仕上がりになっております。これは買ってよかった。むしろもっと買うべきだった。(でもあんまり日持ちがしない系だったのよ・・・)

 

六花亭で買ったものは順番にレポートしていきたいと思ってはおりますが、もしかしたらそのまま食べちゃったり誰かに差し上げちゃったりする可能性もアリです。ちなみにマルセイバターサンドはもう食べましたŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

北海道は初めてだったけど、今度はもっとゆっくりじっくり滞在したいです!

 

【商品情報】
公式サイト>>六花亭
ここで買いました>>六花亭 札幌本店

ここでも買えます>>六花亭 チョコマロン4個入り

 

Theobroma(ミュゼドショコラ テオブロマ)マロンショコラ

仕事で東京に行ったとき、新宿小田急の地下にテオブロマのショップが入っていることを発見。バレンタイン期には必ず見かけますし、ネット通販もあるのですが、ショップで購入できるのはやっぱり嬉しいものです(*´ω`*)

テオブロママロンオショコラ

ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマは日本でまだチョコレート専門店が珍しかったころから第一線でショコラトゥリとして活躍しているお店です。

あれもこれも・・・!!という気持ちをグッと抑えて、Marron au chocolar(マロンショコラ)の2つ入りを購入してきました。秋だからなんとなく栗が食べたくなったのよー。といっても、これは季節限定アイテムというわけではなく、テオブロマの定番アイテムだそうです。

テオブロマ2個入りボックス

箱を開けたところ。カッチリした箱にシックな包みなので、ボンボンショコラを数個チョイスしてプレゼントとかにしても絶対喜ばれると思われます。

マロンショコラ

箱に2つ収まってる状態の写真も撮ったはずなのにどっか行った・・・( ꒪ω꒪)

ごろん、と大きくて重量感のあるショコラです。

テオブロママロンショコラ断面

それもそのはず、こんなギッシリ栗です!!イタリア産の大粒のマロンを使っているそうです。これまるっと一粒というより、一粒プラスさらにギュッと寄せてあるように見えます。だってすごく大きいですもん。

マロンショコラ大きさ

一粒の大きさは約4cm×3cm×2.5cmくらい。ズッシリ。

Theobromaマロンショコラ

断面図ふたたび。

甘くやわらかく煮た栗の味わいと、多分ラム酒(ブ、ブランデーかも・・・?ちょっと今日風邪気味で鼻がっ・・・自信ないっ・・・)の風味、そして薄くコーティングされたビターチョコレート。もうね、ほとんど栗です。マロンマロンしてます。

だけど、この薄いチョコレートの香りと苦味がその栗のおいしさをとっても素敵に引き出してくれてるんだなあ。

めちゃくちゃ満足度高いです。オトナの味です。栗がお好きな方への贈り物にぜひ。

 

【商品情報】
公式サイト>>THEOBROMA(テオブロマ)
ここで買いました>>テオブロマ 新宿小田急店

公式オンラインショップ>>テオブロマ オンラインショップ
(マロンショコラはオンラインショップでは4個入り、8個入りがあります)

 

 

E.Wedel(ヴェーデル)RARYTAS ソーシソンオショコラ(サラメディチョコラート)

友達のはなちゃんがポーランド旅行のおみやげにチョコレートをくれました。ポーランドのチョコレートなんて初めてだーーーヽ(≧∀≦)ノ

E.Wedelサラメディチョコラート

E.Wedel(ヴェデルまたはヴェーデル)はポーランドの有名高級菓子会社だそうです。1851年創業と歴史も古く、現地では国民的菓子ブランドとして愛されているとのこと。今は日本のロッテが出資してるらしい。何だどういう繋がりだ。

E.Wedelソーシソンオショコラ

さて、この形状・見た目自体は日本ではそんなに見かけないけどヨーロッパではよく見られるチョコレートです。フランスだとSaucisson au chocolat(ソーシソン(またはソーシッソン) オ ショコラ)、イタリアだとSalame di cioccolato(サラメ ディ チョコラート)と呼ばれています。

けっこう大きくて重さもどっしり。ちゃんとはかるの忘れたけど、長さ18~20cmくらい、250g。まんまるに近い部分、どう見ても楕円な部分と手作り感溢れる感じなので正確な直径は分からないのですが、だいたい4~5cmくらい。

チョコレートにドライフルーツやナッツを混ぜて太いソーセージのような形状にしてあって、スライスして食べます。中に入っているものはメーカーによって違うので、それが面白かったりします。

ポーランド語

いかんせん表示がポーランド語なおかげで、なにがなんだかサッパリ分かりませぬ。分かるのはCzekoladyがチョコレートかな?程度だわこれ・・・( ꒪ω꒪)

ポーランドチョコレート

透明のフィルムにねじねじっと包んであるのを開けてみました。粉糖がまぶしてあるので飛び散らないように注意注意。

ソーシソンオショコラ断面

ナッツがごろんごろん入ってるし、そこそこ固いので切るのもなかなか大変であります。うわー久しぶりだなーソーシソン!!!最後に食べたのは多分フランスのおみやげでもらったやつ。

スライスにと言っても、あんまり薄くは切れません。薄く削ごうとすると全体的に砕け散るので、1cmくらいずつに切り分けます。

ヴェーデルソーシソン

いろんなものがギュッと入っていて、しかも表示が読めないので情報の正確さは保証しかねますが、アーモンドとヘーゼルナッツ、レーズン、オレンジピール、ウェファースを粉々にしたようなものなどが入ってます。

海外のお菓子を食べて「うわなんじゃこれクッソ甘い!!!」・・・いや失礼、「うわー日本では考えられないくらい甘い!!!」と思ったことがある方は多いのではないでしょうか。

このヴェーデルのソーシソンも例に洩れることなくクッソ甘・・・いえ、非常に甘いです。脳天を突き抜けるような甘さです。

だけどその中に、ナッツの香ばしさとコリコリした食感、レーズンの食感と香りと甘酸っぱさ、オレンジピールのほろ苦さ、ウェハースだかフィヤンティーヌだか分からないけどショリショリとした食感、そしてそれらをぐっと抱き合わせているミルクチョコレート。

その甘さに口に入れた瞬間はもうこの一口だけで充分・・・と思いつつも、味わっていくとじわっと複雑に広がるいろいろな香りと味にもう少し食べたいと思わされます。で も 私 を も っ て し て も 2 切 れ が 限 界 だ。

数日かけて、じっくり楽しみたいです(*´ω`*)はなちゃん、ありがとう♡ごちそうさまでした!!

 

【商品情報】
公式サイト>> E.Wedelwedelpijalnie(Wedelで調べると2種類サイトが出てくるんだけどどっちなんだろう・・・どちらも同じE.Wedelのトレードマークがあるのでどちらも公式だとは思うのですけども・・・)