FABRICE GILOTTE(ファブリスジロット)Pure ピュア

前から気になっていたファブリスジロットの缶入りのチョコレート。ついに入手しちゃったぜしちゃったぜ。

ファブリスジロットPure

約16cm×4.5cm×4cmのスッキリとした缶に、黒いゴムがぐるぐるっと巻いてあるシンプルなパッケージ。オトナっぽくておしゃれです。

スライド式缶

スライド式の蓋を開けると、中には円形の薄いチョコレートが。

ダーク&ミルク

ダークとミルクと2種類入っているのですよー∩(´∀`)∩♪各15枚入り。しかも、しかもだ。このダークとミルク、それぞれの中にそれぞれのフィリングが入っているのですよ!

ファブリスジロットピュア

とてもシンプルだけど端整なお顔立ち。うむ。美しい。

ピュア大きさ

1枚の大きさは直径約3.5cmくらい。で、厚みが真ん中らへんで3~4ミリという薄さなのです。

ピュアダーク

こっちがダーク。薄いダークチョコレートの中に入っているのは濃くておいしいヘーゼルナッツペースト。なにこの組み合わせ。最高じゃないですかっ!!

ピュアミルク

こちらがミルク。中からはクリーミーな塩キャラメルがとろり。くっっっ・・・この組み合わせも、素晴らしい・・・。

ダークとミルク、どちらの組み合わせも本当にバランスがよくて素敵なんですが、常温でとろーりと食べるのもおいしいんですが!

さらにちょっと冷蔵庫入れておいてチョコをパリッとさせてから食べるとこれまたっ!薄いチョコレートがパリッ、中からクリームがとろっ、な感じでとろけます。私が。

好きな味の組み合わせ、それぞれを引き立たせながらどれもがキリッと主張してくる感じ、薄くて繊細なつくり・・・どこをとっても好きだッ!!!

オサレでカッコイイので、バレンタインはもちろん殿方へのプレゼントにもぜひ。

 

【製品情報】
公式サイト>>FABRICE GILLOTTE
ここで買いました>>FGあべのハルカス店

 

 

ファブリスジロット マンディアン ダーク&ミルク

ファブリスジロットで、以前オランジェットを買ったときに試食させてもらったキャラメルサレが入ったボンボンショコラ(ジャンドゥイオットみたいな形の)を買おうヾ(´∇`)ノと思って出かけたのですが、あいにく欠品中でした。季節モノとか限定品ではなく、いちおう定番アイテムではあるらしいのでまた次回。

ファブリスジロットマンディアン

というわけで、代わりに選んだのがこれ。マンディアン ダークとミルクです。

マンディアンは薄く丸いチョコレートの上にナッツとドライフルーツを乗せたアルザス地方に伝わるトラディショナルなショコラです。と久しぶりに元菓子屋っぽいことを言ってみる。

4つの修道会の服装の色にちなんで、アーモンド、皮をむいたヘーゼルナッツ、ドライフィグ、レーズンを乗せるのが一般的なんだけど、最近では「マンディアン=ナッツとドライフルーツを乗せたもの」という扱いになっていて、けっこう乗ってるものは自由だったりします。干しあんずとかオレンジピール、くるみ、ピスタチオとか乗せてるとこも。

チョコ+ナッツ+ドライフルーツだなんて、私がキライなわけがない(*´ω`*)

ファブリスジロット

ファブリスジロットのマンディアンはさらにカタチからして四角く、乗せてるものもちょっとひねってます(*´ω`*)トッピングが楽しい一口タブレット的な感じ。

ファブリスジロットマンディアンダーク

こちらはダーク。6個入り。ダークチョコレートに皮をむいたノアゼット、ピスタチオ、糖衣がけしたアーモンド、サルタナレーズンが乗ってます。

ファブリスジロットマンディアンレ

ミルク(レ)の上には長方形のダークチョコレートがどーん!と乗せてあって、横にはドライアップル。自由。自由だ。ダークチョコレートのでっぱりが大きい分なのか?5個入り。

マンディアンダーク

裏?にはGのマークが。大きさは約3.2cm×3.2cm×0.5cm(チョコレート部分)。

華やかな酸味のあるダークチョコレートに香ばしいナッツと甘酸っぱいレーズンがバランスよく乗っていて、どこから食べるかでいろんな味わいが楽しめて美味です。ニクイのがアーモンド。キャラメリゼまでいかないで糖衣にしてあるのが素敵。

FGマンディアンミルク

マンディアン ミルクのほうはとても独創的な感じ。甘いけれどキリッとしたキレのあるミルクチョコレートの上にドライアップルとバニラが効いたキャラメルフィリングの入ったダークチョコレートが乗ってます。

マンディアンミルクのトッピング

ミルクチョコレートとダークチョコレートが混じりあい、さらにそこへとろりとしたキャラメルのほろにが甘さとドライアップルの甘みとほんのりとした酸味が加わるという、なんとも贅沢な味わい。

いやー、欲しかったボンボンショコラなくてガッカリだったけど、代わりにイイもの食べられてすごい満足ー(*´ω`*)高いけどまた買っちゃう。多分。

 

【商品情報】
公式サイト>>Fabrice Gillotte(ファブリスジロット)
ここで買えます>> ファブリスジロット各店舗

 

 

JEAN MICHEL MORTREAU(ジャン・ミッシェル・モルトロー)セレクション

板チョコではけっこう増えてきた、オーガニックや乳化剤不使用のチョコレート。おいしくて、しかもカラダにも環境にも良さそうなので見かけるとつい買ってしまいます。

今年のバレンタイン会場で、はじめてオーガニックのボンボンショコラに出会いました。フランスのオーガニックに特化したショコラティエ、JEAN MICHEL MORTREAU(ジャン・ミッシェル・モルトロー)氏のショコラです。

JeanMichelMortreau

赤と黒のコントラストがくっきりと美しいパッケージ。ボンボンショコラにもビオの波がやってきたよー!

ジャン=ミッシェル・モルトロー氏は2代に渡るオーガニック農家という「オーガニック」であることが当たり前な環境で育ったことから、こういうチョコレートが生まれたそうです。

「世界でいちばんやさしいショコラを。」「私はショコラティエである前に、オーガニックを愛する一人です」そんなモルトロー氏が作るショコラ。うっとり。

ジャンミッシェルモルトロー

4つの味が楽しめるアソートボックスです。
3種類のノワールと1種類のレ。

オーガニックボンボンショコラ

とても何気ない作りではありますが、端整な、そしてどこか柔らかな雰囲気をかもし出しています。美しい。

1粒のおおきさ

1粒の大きさは約2cm×2cm×1cm。

断面図

断面図。左から、プラリネノワゼット、ガナッシュフルールドセル、プラリネピスタチオミルク、キャラメルフルールドセル。

もうね、いちいち感想書くの面倒になるくらい、じっくり味わって楽しみたいチョコレートです。

塩キャラメル入り

特にこのキャラメル・フルールドセルの塩キャラメルのとろとろ感とダークチョコレートのキリッとしたバランスは素晴らしい。私がとろとろになるっちゅうねん。

こんなチョコレート作ってる人がいるんだーと嬉しくなってしまうチョコでした。

日本にはまだ店舗がなく、バレンタイン時期のみ販売されていた模様。うう、希少。今現在は下記オーガニックショップでタブレットのみ販売されています。

 

【製品情報】
公式サイト>>JEAN MICHEL MORTREAU(ジャン・ミッシェル・モルトロー)
ここで買えます>>Biocle(ビオクル)100%オーガニック宅配便

 

 

ROY(ロワ)トラディショナル フレンチチョコ【フェリシモ幸福のチョコレート】

今年のバレンタインで一番高価なお買い物だったのがこちら。フェリシモ幸福のバレンタインで「ロワ様」と呼ばれている有名ショコラトゥリのボンボンショコラアソルティモンでございます。

ROY(ロワ)

ことチョコレートに関しては金銭感覚が異常になってしまう私でも、さすがにここまでは出せないわー・・・と思いつつ数年。ついに買ってしまった。

だってね、1粒300円台、ギリ400円までならまだ分かるんですよ。材料にこだわり手間もかけ、しかも海を渡ってきたりすりゃそこまでは。
でもそれ以上となると、いまひとつ出す気になれないというか、分不相応というか、そこまで出しておいしくないわけがないからそのレベルよりちょっと下でお値段以上のものに出逢う喜びを味わいたいというか。

でも今年は。今年の私はやっちまいました。怖いね、「自分にご褒美」という魔法の、いや呪いの言葉って。怖いものナシになったときの「キヨブタ(清水の舞台から飛び降りる)」のハードルの低さって。

ロワ箱を開けたところ

1948年創業、パリ16区内で地元のマダムたちから愛され続けてきたお店だそうです。もうね、フランスに旅行に行ったつもりくらいの気持ちで開けますよ。

フランス的ボンボンショコラ

うぉおおおおおおおおお、お美しいいいいいーーーーーー!!!!!!!!

この比較的小ぶりなチョコレートがギッシリ並べられてキュッと収まった感じ、チョコレートの光沢感、何よりひとつひとつのチョコレートの表情が半端ないオーラを放っています!

The フランスのボンボンショコラ!!!って感じ。ホンモノ。

6種類入りアソート

全部で16個入り。

箱のサイズはだいたい14.5cm×8.5cm×2cmくらい。片手サイズですよ。それでお値段が税込9000円超とか、普段だったら絶対買ってない。怖い。脳内麻薬怖い。

16個入りですが、種類は6種類入りとなっております。

種類別

ね。6種類。

いやしかし、端整な顔立ちしてるなーーーこれは。

ロワ1粒

1粒の大きさはこれぐらい。だいたい2cm×2cm×1cmくらいでしょうか。

ベルギーとかのボンボンショコラに比べると、ひとまわり、いやふたまわりくらい小ぶりでしょうか。そして四角い。モールド(型)系のチョコじゃない。そんで、形がそれぞれ違ってもみちっと箱に収まってる。すごくフランスの、まさにトラディショナル フレンチチョコ。

小心者なので、いちばん数が多く入っているものから。ちなみに、これが何風味的な案内や栞は入っていなかったので、もしかしたら味の詳細の表現は間違ってるかもしれません。自分の舌にそこまで自信ない。

フィヤンティーヌ・ノワール

ダーク系のプラリネにフィヤンティーヌ入りのガナッシュを、濃い目のダークチョコレートでコーティングしてあります。カカオ感と、ナッツの香ばしさと、フィヤンティーヌのショリショリ感がたまらん。

カフェ

これも4個入ってる。表面の光沢の美しさが写真ではきちんと写ってないとこがつらいです。コーヒー風味のガナッシュをダークチョコレートでトランペ。これだけ薄く、艶やかに、金箔を中央に、チョコがけしてあるとかすごい。

フィヤンティーヌ・レ

ノワールがふたつ続いたので、レに行ってみました。1個目のフィヤンティーヌプラリネのミルク版です。こっちも美味。美味。

ダークガナッシュ

表面のゴツゴツが美しいノワールのボンボンショコラ。これは非常にシンプルなガナッシュだと思うんですけど、お酒ちょっと入ってる?でも何か特定できない。

レ・ガナッシュ

こちらのシンプルな顔立ちのレも、シンプルなガナッシュにお酒。何酒だ。何酒なんだろう。分からなくてくやしい。でもおいしいことは間違いない。何味なのか考えるのに集中すると、味わってほわーーーんってなれなくなるのでそれももったいなくて途中で追求するのを止めました。

ジャンドゥーヤ&フィヤンティーヌ

そして、箱の中央に鎮座していたひし形のこれ。やっぱ凝っていたか。2層になってます。上は甘めのジャンドゥーヤ、下は濃いめのガナッシュ(多分プラリネ、一番最初のと同じ感じ)フィヤンティーヌ入り。

・・・ロワ「様」と呼ばれているのが分かった気がします。このチョコレートは大切に扱われて然るべきだし、このショコラトゥリは尊敬を集めて当然です。

金額だけ考えると、チョコレートに対してあり得ない金額を払ったと思うけれど、これを食べて私はフランスのショコラトゥリを訪れて本気の職人の技を見たような気持ちになったので、対価としては決して高くはないと思います。・・・もう2度と買えないかもしれんが。

思い切って買ったテンションのおかしかった自分に、ちょっとだけ感謝。笑
今日はバレンタインデーです。皆様、素敵なチョコレートライフを♡

 

【製品情報】
公式サイト>>ROY
ここで買いました>>FELISSIMO フェリシモ(幸福のチョコレート)

 

 

 

ネギュス ヌガティン

年末からちょっと体調不良&引越が重なって、なかなかゆっくりチョコレートを楽しむ余裕がありませんでした。いや、meijiの板チョコとか食べてたけど。やっぱ市販のそのへんで買える 板チョコの中ではmeijiのミルクチョコレートはかなりイケてると思います。

さて、では久しぶりの更新はフランスのチョコレート菓子、ネギュスのヌガティンを。

ネギュスヌガティン

缶入りのこちら、フェリシモのお取り寄せで買いました。ネギュスといえばフェリシモでは緑缶が毎年大人気だそうですが、なんせお高いのでこれまで手を出したことはありません。

でも今回、初登場のオレンジ缶、しかも大好きなヌガティンとあっては、食べてみたいという衝動を抑え切れませんでした(´ω` ; )

ネギュス缶大きさ

缶の大きさ、分かりますでしょうか。直径約11cm、高さ約3cm。これで6千円越えとか、普通の神経では買えません(´;ω;`)チョコに関してはホント私金銭感覚おかしい。

ヌガティン

ふたを開けると、つややかでコロンとまあるいヌガティンのチョコレートがけがギッシリ詰まっています。フランスはNEVERS(ヌヴェア、ヌヴェール)という街の名物的伝統菓子だそうです。

ヌガティン一粒

一粒の大きさ。直径約2cm、厚さ約1.5cm。けっこうおっきい。

ヌガティーン断面図

断面図。細かく砕かれたアーモンドが飴でギュッと固められたヌガティンにミルクチョコレートコーティングした、シンプルだけど手がかかってるお菓子です。

アーモンドの香り高いヌガティンはサクサクというかゴリゴリというか、噛み応えあるけどもっしゃもっしゃ食べられる食感。そしてコーティングのミルクチョコレートと相まって、なんともいえないおいしさです。

いまどきこんなの売れるのか!?と思うくらいトラディッショナルな感じ。仕立てのいいスーツを着た品のいい好青年(よりもっと年齢層上かも)のようなイメージ。

一粒がかなり甘いので、2つも食べたらかなり満足なのに、んーでもあと一粒・・・と思っちゃうおいしさです。でもこれ、ガツガツ食べちゃうのはMOTTAIMAI。ちびちびと残りを楽しみたいです。

 

【商品情報】
公式サイト>>捜索中 なかなか見つかりません
ここで買いました>>FELISSIMO フェリシモサイト内検索で「ネギュス」

 

 

VALRHONA(ヴァローナ)ノワールカライブ タブレット

ヴァローナといえば、フランスの有名チョコレートメーカー。世界中の多くのパティスリーやショコラトゥリーで、ボンボンショコラやチョコレートケーキの原材料として使われているクーベルチュールチョコレートを作っている会社です。

ちなみにフランスの、いや世界の最高峰ともいえるパティシエのコンクール「クープ・デュ・モンド」は、ヴァローナ社とM.O.F.のガブリエル・パイアソン氏によって設立されたコンクールです。

つまり、製菓業界ではすごい会社ってことであります。

ヴァローナノアールカライブ

そんなヴァローナのチョコレート、ときどき製菓材料として売っているのは見かけるものの、タブレットで売っているのは初めて見ました。大阪のイカリスーパー恐ろしい。

ヴァローナのチョコレートにはカカオ分や配合などでそれぞれ名前が付いています。カライブ、グアナラ、カラクなどなど。今回買ったのは、カライブのタブレットです。

ヴァローナ

箱の中には金色の銀紙に包まれたチョコレート。ヴァローナのカライブといえばカカオ分66%の比較的ダークなチョコレートです。ていうか、なにこの美しいタブレット。ただのマス目になってないところが憎い。

VALRHONAの文字が輝いております。

カライブ

割るのがもったいないけど割ってみた。全体の大きさは約16cm×7cm×0.8cm。

カライブひとかけら

まず最初に来るのはカカオの苦味。そして甘さがやってきて、やわらかな酸味が鼻に抜けていきます。あああああ、1かけら食べただけで、「チョコレート食べた!!!!」と脳が喜びます!!

いつもだったら、タブレットだとわりと気軽においしいー♡とモリモリ食べちゃう私も、これはチビチビ食べてしまう。濃いです。おいしいです。本物です。こんなん身近に売ってたらヤバイ。

オンラインショップで一部購入できるようですので、興味のある方はぜひ。


【商品情報】

公式サイト>>VALRHONA(ヴァローナ)
ここで買いました>>大阪 イカリスーパー

ここでも買えます>>ヴァローナ オンラインブティック

 

 

Fabrice Gillotte(ファブリスジロット)オランジェット

新宿伊勢丹でウロウロしていて見つけた(Fabrice Gillotte)ファブリスジロット。初めて見たショコラトゥリですが、全体的な雰囲気がただものではない感じがして、思わず惹きこまれました。

ファブリスジロットオランジェット

全体的にお値段設定はお高め。あれもこれも食べてみたいものだらけでしたが、比較的お手ごろ価格でしかもメーカーの色が出やすいオランジェットを買ってみました。

オランジェット大きさ

パッケージからして大変オシャレ。手のひらサイズの円筒形の箱に入っています。

オランジェット中身

小さな箱にオランジェットがぎゅうぎゅうと入っています。9本入り。

FGオランジェ

わりと長さも太さもまちまちで、ときどきこんな曲がってるのもあったり。自然な感じです。

FG1本の大きさ

1本の太さ&大きさ。モノによるので一概には言えませんが、4cm~6cmくらい。短いのはちょっと太めだったりします。

ファブリスジロット

ファブリスジロットのオランジェット断面図。

これね…これまで食べたことのあるオランジェットの中でもかなり上位に食い込むくらいのおいしさです。ほんとにビックリ。

オレンジピールがとってもフレッシュな感じ!香りも華やかでオレンジの苦味のバランスも良い。少し酸味のあるビターなチョコレートとあいまって濃厚な喜びがぐわっと広がります。後味はスッキリめだけど満足感高し。幸せな余韻も長続きします。(でもモリモリ食べたくなるくらいおいしい)

これはすごく好き。店舗数が少ない上に今現在オンラインショップもないようなので、簡単に入手できないところが憎い。近くにあったらこのオランジェットはかなり買っちゃうと思います。

ちなみに会計をして待っているときいただいた試食のショコラがこれまた!とろんとした塩バターキャラメルが入ったダークチョコレートで、思わず自分がとろんとするくらい美味しかったです。ああ、あれ単品買いしてこればよかった・・・。

次いつ行けるか分かりませんが、ぜひ他のものも食べてみたいです(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>Fabrice Gillotte(ファブリスジロット)

 

 

JEAN-PAUL HEVIN(ジャンポールエヴァン)新宿伊勢丹のバー(カフェ)のケーキ

東京出張の際、新宿伊勢丹B1Fにあるジャンポールエヴァンのカフェに行ってきました!すごく混んでいてすぐには入れない状態でしたが、せっかくの機会なので少し待ってでも入りたい!と並ぶことに。

待っている間にメニューを見せてもらえてじっくり選ぶ時間があったのに、どれもおいしそうで選べない!いろんな種類のChocolat Chaud (ショコラ ショー/チョコレートドリンク)があり、さらにチョコレートケーキが何種類もあり、はたまた期間限定メニューがあり、もうどうしたらいいの!?という状態でした。

ジャンポールエヴァンケーキ01

悩んで悩んで選んだのは、定番のショコラフランボワーズのケーキと紅茶です。

季節限定モノも捨てがたかったけどチョコとフランボワーズの組み合わせが好きすぎるし、初めてのジャンポールエヴァンのケーキなので「定番」の味を味わってみたいという気持ちもあり・・・。

いや、しかし他のもめっちゃおいしそうだった・・・(*´ω`*)

ジャンポールエヴァンケーキ02

東京の地理がまったく分からない私を新宿伊勢丹まで連れて行ってくれたお友達は、こちらの「ピラミッド」をオーダーしていました。うん、これもめっちゃおいしそうで私も候補にしてたひとつ。

ピスタチオ入りのショコラ生地とコニャック風味のガナッシュの組み合わせもどう考えてもおいしそうだもの。

フランボワーズショコラ

私が食べたショコラフランボワーズは、濃厚なカカオの風味のダークチョコレートとフランボワーズの甘酸っぱさのバランスが素敵でした(*´ω`*)この組み合わせ、定番だからこそおいしくなかったらガッカリだけど、期待を裏切らない感じでよかったです。

シンプル&定番ながらも、ビスキュイの中に細かいアーモンドダイスが入っていたり、側面がごく薄くチョコレートがけされていたりと手がかかっているなーという印象。口に入れた瞬間は華やかで濃厚な味わいがぶわっと広がるのに、後味はスッとしていてくどすぎず、なのに余韻にうっとりできる感じ。

ざっくり目視での大きさですが、6~7cm×3~4cm×5cmくらい。

ジャンポールエヴァン氏が自らチョコレートに合うようにブレンドしたという紅茶も、香りがよくてスッキリとしていて確かにチョコレートケーキと相性がよかったです。いつもならチョコレートにはコーヒーを選ぶのですけど、今回は紅茶を選んで正解だった気がします。

バーだけでなくカーヴ(ブティック)も大人気で、スタッフさんが入り口で入店を制限しながらお客さんを案内していました。カーヴ内では製品をゆっくり見て選べるように、4~5組しか入れないようにしているみたいでした。

なかなかにおいしかったので是非にまた行って、つぎは別のケーキを食べてみたいです。いや、でもショコラショーも捨てがたい。フォンダンショコラも食べてみたいし、マカロンとのセットも素敵。ああ、何回行けば満足できるんだろう( ´ω` *).。oO

 

【お店情報】
公式サイト>>ジャン=ポール・エヴァン

 

 

ベキニョールクルミチョコ(プティペリゴール) フェリシモ幸福のチョコレート2014

フェリシモ幸福のチョコレート2014で購入したチョコレート、最後のひとつです。
ベキニョールのクルミチョコレート。

プチペリゴール

金色の箱がまぶしい~!
これ、以前食べたことのあるプティペリゴール ゴールドの大入り版のようです。

プチペリゴール中身

箱を開けたところ。
個包装もゴールド、ゴールド!!23個入ってます。

くるみチョコ

中身。
フランス産の大粒のクルミをキャラメリゼして、ダークチョコで包んだものにココアパウダーがまぶしてあります。

フェリシモの販売ページによると

クルミってなぜかフランスの人たちにとって、すごいこだわりのあるものみたいなんです。クルミとマロングラッセの「カケ」が許せないみたいです。「ひとつのカケもないうんぬんかんぬん。」って言う説明の言葉をよく耳にします。
このベキニョールはまさにクルミにこだわったメーカーです。たいへん小さな村で工場はこのベキニョールしかなく、みんなでベキニョールのクルミチョコを作ってるそうです。クルミ命って感じです。

となっていました。何もそこまで・・・別に多少欠けてたって構わないのに・・・と思ったけど、ふと考えてみると日本でも欠けや破れのない明太子やからすみ、かずのこは重用されていることを考えると同じなのか。

くるみチョコ大きさ

ひと粒の大きさ。こうしてみるとけっこう立派なくるみですよね。

くるみチョコ断面

チョコレートコーティングは厚すぎず、薄すぎず。
ほろ苦いココアパウダーとダークチョコレートとくるみの風味、キャラメリゼの甘さが絶妙なバランスです。おいしいー(*´ω`*)次々食べたくなっちゃう。

ナッツ系は大抵すきだけど、ノアゼットと並ぶくらいくるみも好きかも。
なかなか売ってないところもまた憎いです。

 

【商品情報】
公式ページ>>http://www.bequignol.fr/
ここで買いました>>FELISSIMO フェリシモ幸福のチョコレート

ここで買えます>>プチ ペリゴール ゴールド (←楽天)

 

 

LA MAISON DU CHOCOLAT(ラ メゾン デュ ショコラ)ボンボンショコラ

昨日 某勉強会で、ごん君がマカオ土産に買ってきてくれたLA MAISON DU CHOCOLAT(ラ メゾン デュ ショコラ)のチョコレートをみんなでいただきました。

メンバーみんな、私がチョコブログをやってることを知っている集まりだったので、食べる前に「写真撮りなよー」と勧めてくれてありがたく撮らせてもらってきました。みんな優しすぎる(´;ω;`)

メゾンドショコラ箱

ガッチリとした、重厚な感じの箱。

ショコラ箱ひきだし型

ひきだし式!ひきだし式ですよ!!

LaMaisonDuChocolat

中から出てきたのは、端整なたたずまいの美しいボンボンショコラ。

パンフレット

マカオなので、パンフレットも英語&中国語になっていてオリエンタルな雰囲気です。
でもチョコレートはProduct of Franceでフランスからやってきている模様。

メゾンドショコラ

メゾンデュショコラ

シンプルながらも美しい、ショコラの数々。

メゾンドショコラボンボン

一粒の大きさ。2粒ほどいただきましたが、どれも味わい深く美味。
プレーンなのとかフルーティーなの(フランボワーズのガナッシュか何か)とかいろんな味があって素敵でした(*´ω`*)

メゾンショコラ小箱

さらに、ごん君がコッソリくれたおみやげ。
(ここに書いた時点で全然コッソリどころか世界に向けて発信してしまったが)

4個入り

キュッと4粒詰まった、素敵なアソートボックスです。やばい。もったいない。

ボンボンショコラ

フランスのボンボンショコラは、見た目すごくシンプルでやや小ぶりなんだけど、食べるとうわーーーお(゜∀゜)って感じなものが多いですが、メゾン デュ ショコラのチョコレートもそんな感じです。

断面図4

各断面図。
左上、ダークなチョコの中にカリカリッとしたものが入ってます。カカオニブかな?
右上、ミルクチョコ&プラリネにパフが入ってて食感が楽しい!
左下、ミルクプラリネにショリショリとしたフィヤンティーヌのようなものが入ってる♪
右下、ゴツゴツとした見た目の正体はアーモンド。ビターな外のチョコと中の甘みのバランスが絶妙(*´ω`*)

とっっっってもおいしくいただきました。
ごん君、ごちそうさまでした♪

 

【商品情報】
公式サイト>>LA MAISON DU CHOCOLAT