AUDREY(オードリー)ストロベリーシャンパントリュフ

横浜と日本橋の高島屋でしか買えないAUDREY(オードリー)というイチゴのお菓子専門店がありまして。

そのオードリーが大阪なんばタカシマヤに催事で来ていたので、これは!と思ってGETしました。ちなみにオードリーの人気商品である「グレイシア」というお菓子は売り切れだったほどの人気ぶり。

真っ赤な箱にキュートなお花と青い鳥の模様がカワイイ。
箱のサイズはだいたい6cm×24.5cm×2.8cmくらい。

箱の!裏蓋も!!かわいい!!!

フリーズドライのいちごがたっぷりまぶされたトリュフが5個ずらりと並んでいます。

上の写真よりこちらのほうが色味が正確かも。こんな感じ。

一粒の大きさ。直径3cm弱くらい。

断面図。

上に少しだけベリーのソースが入っているのがお分かりいただけるでしょうか。

口に入れるとまずフリーズドライのイチゴの甘酸っぱさ、そしてけっこうシッカリめのシャンパンの味わいのするガナッシュ、甘酸っぱいベリーのソースが混ざり合って、これはとろける…(私が)

見た目もカワイイし、お味も上品でとても素敵。
オトナの女性へのプレゼントにもピッタリです。

がんばってオトナの女性になるので誰か横浜高島屋か日本橋高島屋で買ってきてください。

 

【商品情報】
公式サイト>>なし

ここで買いました>>なんば高島屋催事

DAVID CAPY(ダヴィドカピィ)ショコラアソート フレーズ苺

前回のサロンデュショコラで、どうしても欲しかったのに売り切れで買えなかったチョコレートを今年は入手することができました。

DAVID CAPY(ダヴィドカピィ)ショコラアソート フレーズ苺です。

箱からしてもう可愛すぎる。けしからん。

箱のサイズはだいたい12.5cm×12.5cm×4cmくらい。

箱を開けると、7つのいちごちゃんがキュートに収まっています。

一粒の大きさ。

意外と大きくて、3cm×2cmくらい。

断面図。
デュルセイ(ブロンド)のガナッシュをイチゴのチョコレートでコーティングしています。

手間がかかってるなぁこれは…。

しかもですね、写真で見ても分かると思うんですけど、シェル(コーティング)の部分がめちゃくちゃ薄いんですよ。
この部分って、大切な味わいの部分であることはもちろんなんだけど、中のガナッシュをコートして形状をカッチリ固めるためのものでもあるんですよね。

それをここまでうすくして、でも酸味やイチゴの香りはハッキリと主張していて、そのバランスと技術がすごいなぁ、と思うわけです。

じつはダヴィドカピィのチョコレートは初めて食べたのだけど、大好きになってしまいました。
というかこのイチゴチョコをまた食べたい(*’ω’*)

来年も入手できるかしらん。
競争率は高そうですが、また会えることを信じて待ちたいと思います!

 

【商品情報】
公式サイト>>DAVID CAPY(Facebook)

ここで買いました>>サロンデュショコラ2019

ヤンクーヴァー きつねチョコ【フェリシモ幸福のチョコレート】

昨年のフェリシモ幸福のチョコレートから気になっていた、ヤンクーヴァーのきつねチョコ。
今年は手に入れることができました。

淡い水色の箱は、だいたい22.5cm×3cm×2cmくらい。

きつねの絵がめちゃくちゃかわいいのです。

箱を開けると、中からそろりと出てくるキツネたち。

カワイイ!

5個入り、もとい、5匹入りです。

一粒(一匹)はけっこう大きくて、だいたいですが4.5cm×3.5cm×2cmくらい。

断面図。

きつねの形のダークチョコの中にはショリショリ感のあるヘーゼルナッツのプラリネがはいっています。

めっちゃヘーゼルナッツの香りが強くて、塩味が効いてて、単にかわいいだけじゃなく、味わいも本格派。

かわいいので食べるのがもったいないと思いつつ、ぺろりと食べてしまいました。

友チョコにも向いてそうな素敵なチョコでした!

 

【商品情報】
公式サイト>>Yann Couvreur

ここで買いました>> フェリシモ 幸福のチョコレート

 

Hill St.(ヒルストリート)ラズベリーハート

フェリシモの幸福のチョコレート2019の表紙を飾ったチョコレート。
Hill St.(ヒルストリート)ラズベリーハートです。

イギリス ケンブリッジ近郊の小さな町にあるショコラトゥリだそうですよー。

かわいらしいピンクの箱は、だいたい10cm×10cm×2.5cm。
バレンタインのこの時期、赤や濃いめのピンクのパッケージが多い中で、この淡いピンクはなかなか落ち着いていてステキ。

箱を開けると、9つのピンクのハートが並んでいます♡♡♡

一粒の大きさはだいたい2.5cm×2cm×1.5cmくらい。

3層になったコーティングの中にはとろりんとしたラズベリーソースが入っています。

チョコレートの甘さとラズベリーソースの酸味が合う合う!!

そして箱の色もだけど、中のハートの色もどぎつくないピンクなのが何とも言えずカワイイです(*’ω’*)

これは完全に本命チョコですわ(自分で食べといて何ですけども)

来年もあるかなー、きっと人気定番チョコになるんじゃないかしらという逸品でした♡

 

 

【商品情報】
公式サイト>> Hill St.

ここで買いました>> フェリシモ 幸福のチョコレート

LE CHOCOLAT DE H(ル ショコラ ドゥ アッシュ)C.C.C. CHOCOLAT RENAISSANCE

LE CHOCOLAT DE H(ル ショコラ ドゥ アッシュ)のボンボンショコラをいただきました(n*´ω`*n)わーーーい

モンサンクレールをはじめ、さまざまなブランドを手掛ける辻口シェフのショコラトゥリ、LE CHOCOLAT DE H(ル ショコラ ドゥ アッシュ)は、フランスのチョコレート品評会でも毎年高い評価を受けているのですぞ。

クロコの型押しのようなカッチリした白いボックスに、銀の箔押しのロゴマークがカッコいい。

サイズはだいたい6cm×15.5cm×2.7cmくらい。

4種類のボンボンショコラが端正なたたずまいで箱に収まっています。
カドがきれいだねえ・・・(ため息)

一粒の大きさ。
カタチによって大小さまざまだけど、この正方形のタイプでだいたい2.5cm×2.5cm×1cmくらい。

ひとつひとつのショコラの丁寧な解説が入っています。

断面図。上から順番に

  1. Hommage au Perou(ペルーへのオマージュ)
  2. Mojito<<wa>>(和のモヒート)
  3. Praline cafe et caramel sale a la vanille(プラリネカフェと塩バニラキャラメル)
  4. Roses de Damas(ダマスクローズ)

と名付けられています。

どれもおいしかったのだけど、私は特にNo.4のバラのショコラがものすごく優雅な気分にひたれて良かったです(n*´ω`*n)

あと、どれも口溶けがすばらしくて、香りと味わいがたっぷりと余韻を残しながらもスッと喉を通っていくのは、すごいクオリティだと思いました。

もともとあまり冒険しないタイプなので、どちらかというとシンプルで定番な味わいのものを自分では選びがちですけど、こうして目新しい組み合わせのものをいただくとハッとさせられるものがあったりして幸せ。

ごちそうさまでした!!

 

【商品情報】
公式サイト>>LE CHOCOLAT DE H(ル ショコラ ドゥ アッシュ)
いただきものです

 

YVAN VALENTIN(イヴァン ヴァレンティン)トリュフ

あのYVAN VALENTIN(イヴァン・ヴァレンティン)のトリュフをいただきました(*’ω’*)!!

バレンタイン期しか手に入らない超レアチョコレートなのです!!

すっきりとした白いボックスを開けると・・・

4種類のトリュフがずらり。

ゴツゴツとした無骨な一口サイズのトリュフです。

プラリネ(左)とダーク(右)。

プラリネは優しいミルクチョコレートのコーティングの中に香ばしいヘーゼルナッツのプラリーヌガナッシュが入っています。

ダークはきりっとしたダークチョコレートのシンプルなトリュフ。
数種類のカカオをブレンドしているとのこと。

ホワイト(左)と、カプチーノ(右)。

ホワイトはコアントロー(オレンジのリキュール)の風味がスッキリとしていて、まろやかながらも後味さっぱり系。

カプチーノはコーヒーの風味たっぷりのオトナ味。

全体的にコーティングのチョコが厚めで、中は口どけなめらかなガナッシュで、そのバランスがとっても最高でした(n*´ω`*n)
どれもおいしかったけど、特にホワイトが珍しさもあってまた食べたい!と思いました。

ずっと食べてみたいと思いつつも、なかなか買えないチョコのひとつだったので、初めて食べられてめっちゃ嬉しかったです。ごちそうさまでした♡

 

【商品情報】
公式サイト>>YVAN VALENTIN
いただきものです

 

 

CACAO SAMPAKA(カカオサンパカ)トリュフ デ ロンサカパ4個入り

カカオサンパカといえば、スペイン王室御用達のブランド=おいしい。

カカオサンパカのチョコレート+最高級のラム酒=めっちゃおいしい。

はい、そういうわけで、カカオサンパカのトリュフ デ ロンサカパ4個入りです。

ロンサカパというのは最高級のラム酒の銘柄。

チョコレート×ラム酒は間違いなくおいしいのに、最高級のラム酒と合わせちゃうなんてもうね、ありがとうございますとしか言いようがない。

4ケ入りは袋にギュッと詰められて箱に入っていました。
ほかには11個入りBOXもあるよ。

中身。

ころんとまぁるいトリュフです。見た目はふつう。
しかしよい香りがすでにぷんぷん漂っています。

断面図。

最高級のラム酒「ロンサカパ」を練り込んだダークチョコレートガナッシュを、ダークチョコレートでコーティングし、カカオパウダーで仕上げてあります。

おいしいチョコレートと最高級ラム酒が合わないわけないでしょう。

もうね、口の中でパリッとコーティングが割れた瞬間の、脳を溶かすような豊かな香りの広がりを想像してみてほしい。

そしてついウッカリ2個連続でモッシャァァア!!と口にほうりこんでしまった私を責めないで欲しい。

いやもうほんと、それくらいおいしかったです。
見た目は地味だけど、とんでもないやつだ。

これは大切な人、お酒好きな人のプレゼントに使いたいと思います。
自分もぜひまた食べたい。食べたい。

 

【商品情報】
公式サイト>> CACAO SAMPAKA
ここで買いました>> カカオサンパカ 丸ノ内本店

 

 

 

資生堂パーラー マキアージュショコラ

銀座の資生堂パーラーへ行ってきました!
私なぜか資生堂の化粧品とは相性がよろしくないのですが、資生堂パーラーは大好きです(*’ω’*)

資生堂パーラー銀座本店でしか売っていないという、チョコレート。
今回はこれを買ってみたかったのです!!

10色のカラフルなボンボンショコラ。
マキアージュショコラっていうんですけど、マキアージュってフランス語で「化粧」のことなんだそうな。さすが資生堂・・・。

資生堂のトレードマーク「花椿」の形がかわいい!!

こちらは10種類全部が入ったアソートボックス。
箱の大きさはだいたい5.5cm×14.5cm×2cmくらい。

もちろんバラ(単品)で購入もできます。
3個とかだと、こうして袋に入れてくれました。

美しい・・・(n*´ω`*n)
うつくしいよねえ・・・

中には、種類の案内メモがはいっていて親切です。

いやーほんとにかわいくてかわいくて仕方ない。

見た目だけじゃなくて、マキアージュショコラに使われているチョコレートは、フランスヴァローナ社製なのだそうです。

一粒の大きさ。けっこう小ぶりです。
だいたい2cm×2cm×1.3cmくらい。

それぞれの裏には「SHISEIDO PARLOUR」のプリントが。
あーーーもう、いちいちかわいいんじゃーーーーーー!!!

断面図。
それぞれ、ホワイトチョココーティングにダークガナッシュだったり、ダーク×ダークだったり、ホワイト×ホワイトだったりと、さまざまです。

スーパーざっくりだけど感想いきますねー!
左から順に

  • マンゴー
    オレンジ色が鮮やか!ちゃんとマンゴーの味わい
  • バナナ
    ダークガナッシュの中にバナナの風味。
    普段バナナ系は合成の香りがキツくて苦手なのに、これはおいしい
  • シャンパン
    オトナの女性に食べてほしい味!
  • ライム
    しっかり酸味があってしっかりライム。
  • バニラ
    オーソドックスなダークチョコのボンボンショコラ
    それだけにガナッシュの滑らかさとかが際立ってて美味。

  • カフェ
    キリっとしたコーヒー風味。オトナのコーヒーチョコレート
  • チェリー
    お酒きいてるのでお子さまはたべないでね~
  • スウィートベリーティー
    やさしいベリーと紅茶の風味
  • カシス
    はっきりとしたカシスの酸味。いちばん好きかも!
  • フランボワーズ
    ダークチョコとフランボワーズが合わないわけないというおいしさ

どれも、すごく繊細なつくりと味わいで、非常に優雅な気持ちになれます。
コーティングがホワイトチョコだったりダークチョコだったり、ガナッシュもホワイトだったりダークだったり、それぞれのフレーバーの特長を生かす組み合わせが考え抜かれている感じ。

花椿形のマキアージュショコラに目が釘付けだったのですが、お隣のバリエテ ド ショコラも限定商品だそうです。

マンディアンやアマンドショコラなどがセットになっててこれまたおいしそう!
次回はこちらを食べてみたいですー!

 

【商品情報】
公式サイト>>資生堂パーラー
ここで買いました>>資生堂パーラー銀座本店

 

 

INTUITIONS by Jérôme De Oliveira(アンテュイション バイ ジェローム ドゥ オリヴェラ)ショコラアソート ガナッシュ

2018年、サロンデュショコラのカタログでひときわ目立ち、ananのチョコレート特集ほかさまざまなメディアで取り上げられていたのがこちら。

INTUITIONS by Jérôme De Oliveira(アンテュイション バイ ジェローム ドゥ オリヴェラ)です。

ピーコックグリーンとミントグリーンのしずくがいっぱいのデザイン。
サロンデュショコラの公式サイトで見たときから、今年は絶対これを買う!!!と思っていました(*’ω’*)

8個入りのこのサイズは、ガナッシュ、プラリネ、キャラメルの3つのシリーズがあります。
うおおおおぉ全種類食べたい!と思ったのですが各4,968円というお値段をお財布が許してはくれなかったので、泣く泣くガナッシュを選びました。

24個入りのBOXなら全部入ってます。11,880円…( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )高ぇ…

はぁあぁぁぁ、美しいね(n*´ω`*n)
4種類のボンボンショコラがすっきりと収まっていて、見るだけでウットリ。

きれいなので真上から撮ったところ。

ガナッシュのボックスには、

  • プレーン(無印)
  • ティー(赤)
  • ジンジャー(黄色)
  • カフェ(ミルクチョコにビターチョコ)

の4種類のフレーバーが入っています。

一粒の大きさはだいたい4㎝×2.5㎝×1.6㎝くらい。

このしずく型、特注で型を作って意匠登録したオリジナルデザインとのこと。

断面図。ガナッシュをダーク、ミルクのチョコレートでコーティングしています。

この繊細な形なのに、意外とコーティングのチョコが薄め。
先っぽが折れたり欠けたりしないよう、大切に扱われてるんだろうなあ・・・。

パリッとしたコーティングの中には、それぞれコーヒー、紅茶、ジンジャー、プレーンの風味のすっごいなめらかなガナッシュが入っていて、口の中でとろりと溶けます。

どれも強すぎないのにでもしっかりとそれぞれの味わいが楽しめてとても美味(n*´ω`*n)しかもガナッシュほんとなめらかで素晴らしい。

味の好みとかって体調や年齢によって変化するものだと思うけど、以前大好きだった「え、こんな組み合わせ初めて!斬新~!」系のチョコがここのところあんまり楽しめなくなってきててですね。

最近の私は、あんまり奇抜な組み合わせのマリアージュや何種類もの味を組み合わせた複雑な味わいよりも、比較的シンプルな、肩の力を抜いてもじっくりと味わえるようなものが好きなので、そういう意味でも非常に好きなタイプでした。

これは!ほかのも食べたいし!!もっと食べたいやつ!!!

でも日本未出店なので、そう簡単には食べられないのです( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
来年もまたサロンデュショコラで会えるといいなぁと思います。

 

【商品情報】
公式サイト>>INTUITIONS by Jérôme De Oliveira
ここで買いました>>サロンデュショコラ2018東京会場

 

 

Chocolat BEL AMER(ベルアメール)2017秋冬新作発表会に行ってきた!

パレオショコラでおなじみのBEL AMER(ベルアメール)の新作発表会にお邪魔してきました!

友達がベルアメールの中の人とお友達で、発表会あるけど行く?と声かけてくれたのです(n*´ω`*n)そりゃ行きますとも!

ベルアメールといえば、このパレショコラ!
これ、種類がたくさんあって、デザインもそれぞれ違ってかわいくて、自分用に買うのもあれこれ迷えて楽しいし、人様に差し上げるのにも「あの人はこういうイメージだから・・・」とか選ぶことができるのが大好きです。

新作もかわいいのがズラリ。

個人的には、チャイ、フレーズノワール、フルーツヨーグルトあたりが気になりました。
青い鳥とクローバーのとかはプレゼントにしたい(*´ω`*)

ベルアメールは「日本に合うショコラ」を作っているブランドなのですが、さらに日本の食材やモチーフを大切にした、京都だけで買える「もうひとつのベルアメール」があるのをご存じでしょうか。

新作発表会には、その「ベルアメール 京都別邸」のチョコレートも並んでおりました!

アイスバーみたいな形がかわいい「スティックショコラ」。
これもカラフルでいろんなフレーバーがあって、かわいい!

この美しくかわいらしいタブレットをぜひ見てくれ。

5cm角くらいの大きさに和のモチーフが描かれていて、パッケージには色とりどりの和紙(千代紙?)が使われていて、京都を訪れる外国人観光客にも喜ばれそう。

外国人じゃなくても、「京都行ってきたよー!はい、おみやげ!」ってこれもらったら嬉しい。

暦に合わせて12個12種類のプリントのボンボンショコラもかわいいー。

これ!すごく美しくないですか!!!
私の写真では実物の美しさが半減してるところが残念すぎるのですけども!!!

チョコレートの枡にさまざまなフレーバーを組み合わせた「瑞穂のしずく」というシリーズなのですが、めっちゃキラキラしてるんですよ!!!

そんな美しいショコラ、なんとたっぷりと試食もできました(*´ω`*)

ベルアメールの方は何度か食べたことあるんですけど、京都別邸のチョコは初めてです。

美しい透明なジュレは日本酒のフレーバー。
京都で栽培された酒米を使って作られたお酒を使っているそうです。美味。

こちらはミルクチョコレートの枡に、半分ガナッシュ半分ジュレ。
ほうじ茶の風味がミルクチョコレートと合う・・・。

短冊柄のこれ、中が濃厚抹茶ガナッシュで超好みだった!!!
他のも、柿や甘酒や胡麻を使っていたり日本酒と紅茶を合わせていたりと、日本の食材をチョコレートにとり入れていて、身近なのに新鮮でした。

全部をちゃんとレポートできればよかったのですが、途中から「おいしい!これも!おいしい!!!」とすっかり語彙を失ってしまいました。
おいしかったです。

京都に行ったら、ベルアメール京都別邸にも行かねば・・・。
京都には行ってみたいチョコレートのお店がいくつかあるな・・・。京都チョコレート旅行・・・。

こちらはベルアメールの試食(n*´ω`*n)

ボンボンショコラももちろんおいしかったのですが(特に上にノアゼットが乗っている丸いの!大好き)、写真奥の焼き菓子!!!
チョココーティングしたキャラメルをほろっとしたサブレでサンドしてあるのと、濃厚なガトーショコラの中に和栗をこれでもか!と入れてあるの、どちらもすごくよかった!

このふたつは今後、私の手土産リスト入り決定ですね、ええ。

ハロウィン用のもすごくかわいかったー!

特にこれ。
パレオショコラのミニサイズ!

いろいろ味わえて、しかもカワイイ。
オバチャンにはあまり関係ないですが、インスタ映えしそう。

そしてクリスマスも!
いやークリスマスの色使いってなんかワクワクするよね!

クリスマスモチーフのパレショコラ、これは欲しい・・・。

でもこっちも捨てがたい、ブーツ型のチョコレート。
かわいい・・・(*´ω`*)

たくさんの美しくかわいらしいチョコレートを見て、たくさん試食もして、さらにおみやげもいただいて、大満足で帰りました!

なんとおみやげに京都別邸のスティックショコラが入ってるじゃないかーーーー!!!!

牡丹?芍薬?のような大振りのお花のプリント。
カスタードバニラと名前がついているとおり、ミルク感たっぷりのカスタード風味のホワイトチョコが美味でした。

中にはアーモンドの粒とかビスケット?とかが入ってて、食感も楽しい!
スティックショコラもいろんなフレーバーとデザインがあるので、他のも食べてみたくなりました。

写真撮り忘れたけど、フィナンシェも濃厚でしっとり感高くて、しかもカカオニブが入ってるのが特徴的で、おいしかった(n*´ω`*n)

ベルアメールの秋冬新作は、間もなく発売になるもの、ハロウィンやクリスマスなどイベントに合わせて発売になるものがあるそうです。
試食したもの以外にも食べてみたいのがたくさんあるので、定期的に覗きにいかねば・・・。

 

【公式サイト&店舗情報】
ベルアメール公式サイト>>Chocolat BEL AMER

ベルアメール京都別邸公式>>Chocolat BEL AMER 京都別邸