ROYCE’(ロイズ)プラフィーユショコラ抹茶

こないだの栗ショコラと同時に買ったROYCE’のプラフィーユショコラというチョコレート。抹茶味は新商品らしいです。

ROYCEプラフィーユショコラ抹茶

お茶の葉の絵かな?に、グリーン系でまとめられた包装紙。

プラフィーユショコラ箱

包装紙を外して中の箱も同じデザインでした。箱の大きさはだいたい11cm×20.5cm×2.5cmくらい。

roycemattya

箱を開けると、個包装になったチョコレートがずらり。30枚入り。

プラフィーユショコラ個包装

個包装のデザイン。葉っぱの模様。お茶の葉にしてはちょっと平たくて薄い気もしないでもないけど。新芽ということにしておこう。

ROYCE'maccya

中身。ちょっと写真は明るくなりすぎた感がありますが、ほんとはもうちょっと深みのあるしっかりしたお抹茶色です。

プラフィーユショコラ中身

ROYCE’の文字がちょっとオシャレ。1枚の大きさは約2.5cm×2.5cm×0.4cmくらい。

プラフィーユショコラ抹茶断面図

かなり薄いのに、これ、写真で分かります?とろりとした抹茶ソースが中に入ってるんですよ!!

抹茶チョコって当たり外れが大きいけど、さすがロイズ、ちゃんとお抹茶の味わいが楽しめます。しかも抹茶ソースが閉じ込められてるものだから、口の中ですごく香りも味も広がるー!うまし。うまし。

一箱に30枚と、たくさん入ってるのも満足感高いです。でもおいしいからついもっしゃもっしゃと食べてしまうんだけど。

このソースを閉じ込めたプラフィーユショコラは、抹茶以外にもいくつか種類があるみたいです。気になる・・・(*’ω’*)

 

【商品情報】
公式サイト>>ROYCE’ プラフィーユショコラ抹茶
ここで買いました>>ROYCE’ 公式オンラインショップ

 

 

ROYCE’(ロイズ)栗のショコラ 季節限定

先日、きなこちょこ様からコメントにて「ロイズのブルターニュフェア」を教えていただき、うわー素敵おいしそう(*’ω’*)これ絶対今度買おう!と思っていたところ、ふと見たら終わってた・・・ブルターニュフェア終わってた・・・_:(´ཀ`」 ∠):_

フェアとか季節限定モノとかは、見つけたらその場で買わないとダメですね・・・(´;ω;`)教訓。

ブルターニュフェアが終わっていた代わりに、秋らしいマロン特集が始まっておりまして、思わずこちらをポチりました。

ロイズ栗のショコラ

ROYCE’ 栗のショコラ。どストレートなネーミングです。箱の大きさはだいたい9.5cm×14cm×2.3cmくらい。

写真はちょっと赤っぽく写っちゃったけど、ほんとはもっとシックな焦げ茶色です。

栗ショコラ

つるん、と まぁるいショコラが6つ入っています。思ってたより一粒がでかい。

ROYCE 栗ショコラ

めっちゃいい香りが漂います。ふあぁぁ。

栗のショコラ大きさ

一粒の大きさ。直径約3.5cmくらい、高さ2cmくらい?

栗のショコラ断面図

断面図。ダークチョコでコーティングされたガナッシュの中に、砕いたマロングラッセがごろんごろんと入っています。

コーティングのダークチョコとあまーいマロングラッセのバランスがよくて、とっても美味です!マロングラッセもたっぷり入っていてお得感ある(*’ω’*)

しかも、ガナッシュにも栗が練りこんであるっぽいんですよー。めっちゃ栗感たっぷり。秋がきたなーって感じさせてくれます。コーヒーとも紅茶とも相性よさげ。

ふんわりお酒が香るので、子どもちゃんには向かないかもしれません。

ロイズといえば、生チョコやポテトチップチョコが有名すぎますけど、こういう期間限定モノもけっこう力入れてるんですねー。ときどきチェックしよ・・・。

 

【商品情報】
公式サイト>> ROYCE’ 栗のショコラ
ここで買いました>> ロイズ オンラインショップ

 

 

 

Vosges Haut Chocolat (ヴォージュ オー ショコラ)PETIT CHOCOLATS

チョコレートが好き好きと常日頃からうるさいせいか、いろんな人がおみやげにチョコレートを買ってきてくれます。ありがたや。みなさまのおかげでおいしいチョコレートや普段食べられない珍しいチョコレートが食べられます。

Aちゃんがアメリカのおみやげに素敵なチョコレートをくれました。

vosges

もうパッケージからしてめっちゃオシャレ。Vosgesはいまシカゴで人気のチョコレートショップだそうで、お店の中もすっごいオシャレな空間だったそうです。

Vosges Haut Chocolat、なんて読むのか分からなかったんですけど、どうやら「ヴォージュ オー ショコラ」と読むみたい。・・・ヴォスゲスじゃなかった・・・。

Vosgesはこ

箱を上から撮ってみる。円筒形に銀の箔の文字とトレードマーク、繊細な文様のエンボス加工的な装飾、オシャレすぎる。サイズは直径約7.5cm、高さ13cmくらい。

vosgespetitchocolate

ふたを開けると、個包装になったチョコレートが出てきます。箱の内側はポップなピンク!いやー、これでもかという懲ったパッケージ。これはちょっとキュンとします!

Vosges12個入り

4種類各3個ずつで、計12個入りです。個包装もオサレ。

PETITCHOCOLAT種類

左上 Blood Orange Caramel
左下 Smoke & Stout Caramel
右上 Black Salt Caramel
右下 Pink Himalayan Crystal Salt Caramel

チョコレート×キャラメルのフレーバー違いなんですねー。

vosgesチョコレート中身

中身は同じ大きさで、お花?植物?のような模様が。柄はバラバラです。

一粒の大きさ

一粒の大きさ。約2.5cm×2.5cm×1.5cmくらい。

vosgesキャラメルチョコレート

断面図。キャラメルはキャラメルでも、超トロトロなキャラメルが入ってました!全種類の断面図を撮っておきたかったけど、めっちゃトロトロなのでこれはムリだ・・・と諦めてしまった・・・。

キリッとしたカカオの風味豊かなダークチョコレートと、4つのフレーバーのキャラメルが楽しめてものすごーく満足度高い&美味です!

オレンジ風味、2種類の塩キャラメル(塩キャラメルには違いないんだけど、全然雰囲気がちがってビックリ!)、そして何だろう?と思っていたSmoke & Stout Caramelは、スモーク塩とチョコレートスタウトビールのフレーバーみたい。斬新。

Vosgesのお店は日本にはないようなので、いつかアメリカに行く機会があったらお店に寄ってみたいなぁと思いました。

Aちゃん、ありがとう!ごちそうさまでした(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>Vosges Haut Chocolate
いただきものです

おもっちーずしょこら わらく堂スイートオーケストラ

仕事で北海道に行ったとき買ってきました、おもっちーずしょこら。

おもっちーずは、テレビでもよく取り上げられている北海道の人気スイーツです。「おもち」と「チーズ」を合わせて「おもっちーず」。その名前のとおり、お餅のように伸びる不思議なチーズケーキなんです。

そのおもっちーずにショコラ味があると聞いては、食べないわけにはいかないじゃないですか。

おもっちーずしょこら

札幌駅や新千歳空港で、冷凍で売っています。保冷バッグと保冷材で持って帰ってくるので、帰宅したら解凍されている状態でした。再冷凍は品質保持できないと思うのでしないほうがいいはず。

パッケージのサイズはだいたい4cm×23cm×3.2cmくらい。

おもっちーずショコラ中身

プラスチックの箱に、こんな製氷皿のようなプラケースに6個入っています。

おもっちーず弾力

フォークで刺してみたところ。このむにょん、としたやわらかさが伝わるでしょうか。

omotti-zu

持ち上げてみた。やわらかい。不思議。

おもっちーずしょこら断面図

断面図。これ、切るの大変でした。笑

中は白くて、外にココアがまぶしてある感じです。

伸びるチーズケーキ

どれぐらい伸びるかというと、こんなふうににょーーーんと伸びるんですよ!!!なんだこれ!!!

口に入れると、ココアの風味がたっぷり広がった後にクリームチーズの味わいがきて、ココアパウダーの苦みとチーズケーキの甘みと酸味が複雑に入り交じるんですけど、それよりもこの食感。もっちもっちしたチーズケーキ。不思議すぎる。

ほんとにお餅みたいな食感なのに、チーズケーキ。チーズケーキなのに、お餅みたい。そんでもってココア風味。複雑。

いやでもこれ、おいしいしおもしろいし、話題になるのは分かる気がするー。北海道銘菓はおいしいものがいろいろありますが、これおみやげにもらったらインパクトありますもん。笑

持って帰ってくるとどうしても溶けちゃうので、おみやげで配る場合は配送してもらった方がベターかもしれません。通販で買う場合は、冷凍便で届けてくれるみたいです。チーズケーキ好きさんはぜひ。

 

【商品情報】
公式サイト>>わらく堂スイートオーケストラ
ここで買いました>>札幌駅キオスク

ここでも買えます>>スイートオーケストラ 北海道わらく堂オンラインショップ

 

 

rawmioローミオ 発芽アーモンド・発芽ヘーゼルナッツ・ドライチェリーチョコレート

ローフード(高熱を加えない食品)が一部で流行っていましたが、個人的にはあまり興味がありませんでした。

でも、いつも個人輸入で利用しているi-harbという通販ショップで、美味しそうなものを見つけてしまったので、買ってみました。

rawmioチョコレート

Rawmioの

  • Chocolate coverd sprouted Almonds
  • Chocolate coverd sprouted Hazelnuts
  • Chocolate coverd sweet cherrys

の3種類です。要はアーモンドとヘーゼルナッツとスイートチェリーのローチョコレートコーティングしたもの、ですね。

ローチョコレートというのは、普通のチョコレートがカカオを焙煎して作られるのに対して、カカオをローストせずに作ることによってカカオの栄養素や効能を失わずに作られているとのこと。  ローチョコアーモンドチェリーヘーゼル

左から、アーモンド、チェリー、ヘーゼルナッツです。アーモンドとヘーゼルナッツはsprouted=スプラウテッド、つまり発芽した状態かつ生。発芽玄米ならぬ発芽ナッツです。それぞれ一袋57g入り。

ローアーモンドチョコ

アーモンド断面図。発芽アーモンドもRawつまり生ですので、色がローストされてない白っぽい色ですね。

以前、ローフードが流行り始めたころに生アーモンド食べたことがあったんですけど、個人的にはおいしくなーい!と思いました。でも、これ食べてみたら全然普通に食べられる。おいしい。

大きさはかなりまちまちで、チョココーティングは薄めです。だいたい35個くらい入り。

ダークチェリーローチョコ

こちらスイートチェリー断面図。ドライスイートチェリーの酸味とチョコレートの相性はぴったり。これまた大きさはめっちゃ大小アリです。28個入ってました。

rawヘーゼルナッツチョコ

そしてヘーゼルナッツ。これも生っぽい色ですよね。でも、ローストした香ばしさはないものの、なんだかおいしく食べられちゃう。ローフードがどれくらい体にいいかは知りませんけど、これ、おやつとして普通においしいんですが。約26粒入り。

USDAのオーガニックマーク入り、フェアトレード、ビーガンと、幅広い志向の人が喜びそうです。そして普通においしい。

でもね、これ残念ながら、9月いっぱいまでの夏季は出荷停止なんですよねー。アメリカから送られてくる間に溶けちゃいそうなので、購入OKだったとしてもちょっと躊躇はしますが、買えないとなると欲しくなるのはなぜだろう。

秋になったらまたリピートしたいです。健康志向の人へのちょっとしたプレゼントにもぜひ。

 

【商品情報】
公式サイト>>http://rawmio.com/
ここで買えます>>iHerb Rawmio(アメリカのサイトですが、日本語対応で簡単に購入できます)

 

 

ベキニョール そばの実チョコレート Chocolat graines de sarrasin

フランス ぺリゴール地方のDomaine de Béquignol 。以前クルミチョコにはまったことがあるのですが、ちょっと変わった「そばの実チョコレート」というのを見つけたので買ってみました。

ベキニョールそばの実チョコレート

そういえば、フランスではそば粉のガレットとかもありますよね。意外とフランス人にとっても蕎麦って身近な食材なのかも。

ソバの実チョコ

ナチュラルなパッケージと赤いアクセントがかわいい。箱の大きさはだいたい7.5cm×5cm×15cmくらい。

そばの実チョコパッケージ

箱を開けると、透明の袋に入ったそばの実チョコレートが出てきます。

ベキニョールチョコ

ころころゴツゴツしたそばの実チョコレート。一箱100g入りで、数えてみたら18粒入ってました。

そばの実チョコレート

一粒の大きさは、多少の差異はあるもののだいたい直径2cmくらい。一口でぱくっと食べられるサイズです。

そばの実チョコ断面図

断面図。ミルクチョコレートにダークチョコをコーティングしたもののまわりに、ローストしたそばの実がギッシリとまぶされています。

この真ん中のミルクチョコレート、ただのシンプルなミルクチョコではなくて、レーズンペーストとぺリゴール名産のくるみが練りこんであるそうです。たしかに、とってもレーズンの香りがするー(*´ω`*)

で、そばの実はカリカリサクサクと香ばしく、全体的におもしろい味になっています。炒ったそばの実といえば、そば茶みたいな香りなんですね。これは日本人だからそう感じるんでしょうけども。笑

でも決してチョコと合わないわけではなくて、むしろおいしいんですよ。不思議。ちょっとクセになる感じ。

でもこれ、通年売っているわけではなさそうで、まったく見かけなくなってしまいました。うーん、たまに無性に食べたくなる系なんだけどなあ。

どこかで見かけたら、ぜひ教えてください。

 

【商品情報】
公式サイト>>Domaine de Béquignol
ここで買いました>>フェリシモ幸福のチョコレート

 

 

meiji京抹茶チョコレート&アーモンドチョコレート京抹茶仕立て

周期的に抹茶系のチョコが食べたくなるものの、市販の抹茶フレーバーのチョコレートって全然抹茶っぽくなくてガッカリさせられることが多いのが困りモノです。

でも、meijiのこれはすぐ手に入りやすい中ではかなりイケてる気がする!

京抹茶アーモンドチョコ

meiji 京抹茶チョコレートと、その京抹茶チョコレート仕立てのアーモンドチョコレートです。

京抹茶

HAREL(ハレル)とかと同系のパッケージ。そういえばHAREL最近見なくなったけどもうなくなってしまったのでしょうか。

1枚ずつ個包装になって、60g、12枚入り。

meiji京抹茶チョコ

お茶の葉と花をあしらったと思われる和柄の文様が美しいです。緑色も濃くて素敵。

100点!とまではいわないけど、市販の抹茶チョコの中ではかなりいい線行ってると思うな。個人的な好みもあるけど、もう少し甘さ控えめで抹茶の苦味が引き立ってるとなおよろし。

でも、抹茶のチョコを食べた!という満足感は得られるので、今すぐお茶屋さんの抹茶チョコを買いに行くのは無理(´;ω;`)というときにはホント嬉しい存在です。

アーモンドボール京抹茶

そしてその京抹茶を使ったアーモンドチョコレート。箱を開けるとアルミフィルムの袋が入っています。

抹茶アーモンドチョコレート

こちらは50g入り。10粒・・・もうちょっと入っててくれてもいいのに( ꒪ω꒪)
パッと見、なんだかオリーブみたいですね。

一粒の大きさ

一粒の大きさ。一般的なアーモンドチョコレートと同じくらいです。

抹茶アーモンドチョコ断面図

断面図。アーモンドに薄く普通のチョコレートでコーティングしてあって、周りに京抹茶のチョコで包んであります。

アーモンドの香ばしさと、抹茶チョコレートの風味が意外と相性良くて、満足感高いです。これ、もう何回かリピート買いした( *´艸`)

これは季節モノなのかなー?定番化してくれると嬉しいです!!

 

【商品情報】
公式サイト>>株式会社明治 チョコレートラインナップ
ここで買えます>>全国スーパーお菓子売り場

 

EH Chocolatier チェリーダークチョコレート

アメリカのチョコレートって以前はほんとに興味が持てなかったんですけど、最近は甘いだけじゃないおいしいチョコがいろいろあることを知りました。

今回は、アメリカボストンで女性二人の共同オーナーがチョコレートを作っているEH Chocolatierのチェリーチョコレートをいただきました(*´ω`*)

EHchocolatier

シンプルな白い箱。ちょっと下が狭まった台形なところがオシャレです。箱の大きさはざっくり11cm×7cm×5cm。

EHチョコレートチェリーダーク

箱をあけたところ。ショップカードが入ってました。

チェリー&カカオニブチョコレート

ちょっと色飛んじゃってておいしそうに見えませんが( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )ごろごろとしたロッシェ型のチョコレートが14~5粒入ってます。90g入り。

チェリーたっぷりチョコレート

ロッシェといえばだいたいナッツ系(アーモンドが多いかな?)をこんなふうにゴツゴツとした形に寄せてあるものが多いと思うんですけど、このチョコレートはドライチェリーとキャラメリゼしたカカオニブを固めてあります。

たっぷり惜しげもなく使ってあるドライチェリーの酸味と、ほろ苦くてカリカリしたカカオニブ、カカオニブの飴掛けの甘さ、そしてそれらをまとめ上げるどっしりしたダークチョコレートのカカオの風味。酸味と甘みと香りと食感、どれもバランスが素晴らしい(*´ω`*)

アメリカのお菓子は甘いだけ、という認識は本当に過去のものなんだなぁ・・・と思わされます。まあ、このチェリーの贅沢な使いっぷりとかの大胆さはちょっとアメリカンちっくで素敵なんですけども。

今後もアメリカのチョコレートを開拓していきたいと思います。

 

【商品情報】
公式サイト>> EH Chocolatier
ここで買いました>>フェリシモ 幸福のチョコレート

 

DEMEL(デメル)ショコラーデターラー アプリコーゼ&ヒンビアーソース

DEMELといえばチョコバンブーとザッハトルテばかり買いたくなってしまうのですが、「今季の新作ですよ」の声に負けて買ってみたのがこちら。

デメル ショコラーデターラー アプリコーゼ&ヒンピアーソースです。

デメルのショコラーデターラーというと、ホワイトとイチゴの2種類が入っていたものがあったのですが、今回のショコラーデターラーはフィリング入りというのがちょっと面白いかも。

ちなみにショコラーデがチョコレート、ターラーというのは昔ヨーロッパで使われていた「ターラー」という銀貨のことだそうです。

DEMELショコラーデターラー

白地に銀色の箔押しが美しいボックス。箱の大きさはだいたい8.5cm×8.5cm×2.5cmくらいです。

デメル箱

レース模様のような、ボタニカルモチーフのような、レトロっぽいのに新しい素敵なデザイン(*´ω`*)

ショコラーデターラー

箱を開けると4つに区切られていて、ダークチョコレートとミルクチョコレートのメダイヨンが並んでおります。一段に3つ入ってるので、全部で12個入り。

demelフルーツジャム入りチョコレート

植物のモチーフとDemelの文字が何気ないけど美しいです。

メダイヨン大きさ

一粒の大きさ。直径約3cm×0.4cmくらい。

ヒンピアー

ダークチョコの中にはヒンビアーソース。ヒンビアー(Himbeere)というのはドイツ語で木苺(フランボワーズ)のことだそうです。ウィーン(オーストリア)の公用語ってドイツ語なんですねえ。といっても、独特の言い回しや訛りがあるそうです。ウィーン行ってみたいなー(n*´ω`*n)

ダークチョコレートと木苺の相性のよさは言うまでもなく、キリッとしたカカオ感のあるダークチョコにとろりとした木苺のソースの甘酸っぱさがぴったりです。

アプリコーゼ

ミルクチョコレートの中に入っているのはアプリコーゼのソース。アプリコーゼは分かりやすいですね、Aprikose=杏(アプリコット)です。

やさしい甘さのミルクチョコレートからとろりと出てくる甘酸っぱいアプリコットソース。木苺も甘酸っぱいのですが、それとはまた違う甘酸っぱさがミルクチョコレートとよく合ってて素敵です。

これはついダーク、ミルク、ダーク、ミルク、と代わる代わる食べて止まらなくなるパターンのやつや:;(∩´﹏`∩);:実際あっという間になくなりました。

パッケージといい、味の組み合わせや見た目といい、どちらかというと女性好みかも。ちょっとしたお礼やプレゼントにも喜ばれそうです。

 

【商品情報】
公式サイト>>DEMEL(デメル)
ここで買えます>>全国デメル店舗、DEMELオンラインショップ

ここでも買えます>>デメル ショコラーデターラー アプリコーゼ/ヒンビアーソース

 

SOURIRE D’ANGE(スーリールダンジュ)AIGUILLETTE(エギュイット)オランジェット

奈良県のスーリールダンジュのオランジェットをいただきましたー∩(´∀`)∩♪

ロゴと店名を見て、「おおっ!スーリールダンジュ!」と言ったら「なんで知ってるん!?」と驚かれたのですが、自分でも何で知ってるのか分からない・・・。

お店に行ったことがないのは確かですし、学生のころ関西圏のケーキ屋さんの名前はいっぱい調べて食べ歩いたし、もしかして就職課とかで求人見てる可能性もあるし、高校生のころバイトしてたケーキ屋さんとどことなく名前の響きが似ているからかもしれないし、SOURIRE D’ANGE(天使のほほえみ)という名前が印象的だったのか、とにかく何故だか分からないけど行ったことはないのに昔から名前だけ知っているお店です。

sourire d'ange エギュイット

真っ赤なカッチリした箱に太めのリボンでオトナっぽいラッピング。箱の大きさは約9.5cm×5.5×3.5cmくらいです。

スーリールダンジュオランジェット

オランジェットと聞いて渡されていたので、いつもどおりのあの細長いモノが出てくるイメージしかなかったのですが、まさかの三角形、しかもレとノワールの2種類のチョコがけが混在しているといううれしいイメージ外れヽ(≧∀≦)ノ

すでに柑橘とチョコの香りがぷんぷんしてます。

スーリールダンジュエギュイット

ミルクとダークが半々くらいで入っています。あー、全部の個数数えるの忘れたけど70g入りです。

グレープフルーツの皮チョコがけ

美しい三角形。長さ6~7cm、底辺は2cmほど、厚みはいちばんぶ厚いところで1cm以上あります。

エギュイット大きさ

大きさの違いはまちまちです。ノワールのほうがちょっと小さめ。

食べてみて初めて分かったのですが、ノワールのほうはオレンジの皮の砂糖漬けのチョコレートがけ、レのほうはグレープフルーツの皮のチョコレートがけだったんですよ!!一箱でふたつの味わいが楽しめちゃう。お得感(*´ω`*)

オランジェット

こちらがオレンジ、ノワールのほう。とってもやわらかで華やかな香りのオレンジピールに、薄くチョコがけしてあります。

個人的な好みでいうとチョコはもっと分厚くかかっている方が好きなんですが、これはピールがすごくおいしいからピールをより美味しく味わうためにちょっとチョコを添えてある、というイメージです。

いわゆるオランジェット(オレンジピールの砂糖漬けにチョコレートコーティングしたもの)って、オレンジピールの砂糖漬けからお店で手作りのものと、製菓材料としてすでに砂糖漬けになったピールをカットしてお店でチョコがけしました、というものがありますけど(さらに言うなら自店のレシピを工場に外注で作ってもらったり、すでにチョコがけまでした製品状態のものをパッケージだけオリジナ・・・rdfaghjlk:]l;]:・・うわなにをするやめろ)、ここはピールの砂糖漬けからじっくり手作りしてるんじゃないかしら。 ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”

GFチョコがけ

レとグレープフルーツ(パンプルムース)の皮の組み合わせ。グレープフルーツの皮ってオレンジ以上に苦味がありそうだけど、苦味は押さえられていて香りの華やかさと果肉(皮肉?かわにくと書こうとしたら皮肉(ひにく)になってしまって戸惑い中( ꒪ω꒪))が特徴的です。

これまたチョコは薄め、この皮の味わいを楽しめー!というメッセージが伝わってきます。

ちなみにこの2種類入りの商品名はAIGUILLETTE(エギュイット)となってまして、なんだろ?と思いGoogle翻訳で調べてみたところ「先金具」となっておりました。
そうか、この三角形が何かの先の金具のようだからそういう名前を付けたのねきっと。

こんなふうに、皮がこうだからチョコは薄めにしたんだろうなーわざと・・・、とか、こういう形だからこういう名前にしたの?とか、勝手に作り手さんと対話できるチョコに出会えると幸せです。

おいしかった!ごちそうさまでした(*´ω`*)

 

【製品情報】
公式サイト>>SOURIRE D’ANGE
いただきものです