Minimal(ミニマル)銀座店 プレミアムアイスクリームNUTTY

先日食べたテイスティングセットがおいしかったMinimal(ミニマル)。

お店に行ってみたいなーと思っていたところ、銀座にも店舗があるということで行ってまいりました(*’ω’*)

お店は松屋からちょっと歩いたらすぐのところにありました。

ここの模様、ミニマルのタブレットと同じ模様になってるーカワイイ。

中に入ると、カウンターにタブレットがずらり。

味見用のチョコが準備されていて、その場であれこれおためしできます。

お皿に出ているのは定番の3種類のみでしたが、次々にタッパーから出してくれて結局全部味見させてもらってしまった・・・(*’ω’*)

セットになってるのもあるので、プレゼントなどにも。

ホットチョコレートやアイスクリームなど、その場で食べられるものも数種類あったので、NUTTYのアイスクリームをカップでいただきました!(コーンタイプもあるよ)

ちゃんとしたイートインスペースはないのですが、かわいい木のベンチが店内に用意してあり、そこで食べてOKになっています。

とてもシンプルな原材料。

アイスの種類は定番タブレットのNUTTY、FRUITY、SAVORYの3種類があった中、いちばん「いわゆるチョコレート」らしいNUTTYを選びました。

カカオのつぶつぶ感がミニマルのチョコレートの特長ですが、アイスクリームも見てからにつぶつぶ感たっぷりです。

プラスチックのスプーンでさっくりすくえる程度のかたさ。

これねー、今まで食べたことあるどんなチョコレートアイスクリームとも違って、あまりのおいしさに「やばい」「おいしい」しか出てこなくなりました。

圧倒的なカカオの味わいと香り、そしてつぶつぶ感がありながら、後味は氷菓みたいにサッとさっぱりしています。

チョコレートアイスってちょっと重ためなので真夏は敬遠しがちですが、これなら暑いときでもモリモリ食べられそう。
かといって、さっぱりしてるから薄いかというと相当濃厚なのでチョコレートやカカオ大好きな人の満足感も高いはず。

最高に満足しつつ、試食でいちばん気に入ったベイクドチョコレートを買って帰りました。また行きたい~( *´꒳`* )

 

【商品情報】
公式サイト>>Mimimal
ここでも買えます>> プレミアムアイスクリーム(6個入り)

 

 

Minimal(ミニマル)Web限定セット(テイスティングセット)

ミニマルのチョコレートがおいしいと聞いて、食べてみたいなーと思いつつお店がちょっと遠いので躊躇していたところ、Web限定で食べ比べセットがあるではないですか。

さっそく買ってみました( *´꒳`* )

かっちりとした箱に入っています。
箱のサイズはだいたい9.5cm×20cm×2cmくらい。

3種類のチョコが各3袋ずつ入っています。

テイスティングのしかたが書いてあるしおりも入ってます。

ひとつのサイズ感。ちょっとお薬みたい?笑
約8cm×6cm。

いろんな舌ざわりを楽しめるデザイン。

ミニマルのチョコレートは独自製法で、カカオの香りや味わいを最大限引き出すため、あらびきのカカオがザクザクと残っているところが特長らしいです。

原料もほら、カカオ豆、砂糖、以上。

中身。香りが強いです!
3種類の雰囲気が少しずつ違うのだけど、写真で伝えるの難しい!

並べると色の違いが少しは伝わるでしょうか。

断面図。こんなふうにあらびきのカカオニブが入っています。
なので、舌触りがとろけるなめらか~系ではないのだけれど、ワイルドにカカオを味わえる感じ。

NUTTYは香ばしく、コクと深みがある味わい。
FRUITYは酸味があって華やかな香り。
SAVORYはハーブのようなスパイスのような、複雑だけどクセになりそうな風味。

全然違うタイプの3種類が味わえるので、カカオって産地や品種でこんなに違う味が楽しめるんだよなあ、と改めて感じました。

これはやっぱりお店に行っていろいろ手に取って見てみたい!!!
というわけで今度行ってみたいと思います。

 

【商品情報】
公式サイト>>Mimimal
ここで買いました>> Web限定トライアルセット

 

 

 

メサージュ・ド・ローズ ペタルロゼ

メサージュ・ド・ローズ(バラのメッセージ)という美しい名前のチョコレートブランドがあるんですけどね。

そこの美しいバラのチョコをぜひ見てくれ。

白い丸箱にブランドネームのプリント。
ピンクのサテンリボン。

シンプルでオシャレでプレゼントらしさ満載で素晴らしい。

箱のサイズはだいたい直径9.5cm高さ3cmくらい。

見て・・・!

箱を開けるとピンク色の一輪のバラ。
美しすぎません?

きれいなのでもう少しアップで。

9枚の花びらと中心のパーツでバラの形を作り上げられていて、よくこんな繊細な作りのものを商品化したなぁ・・・と変な感心をしてしまうほど。

しかも、淡い薔薇色に染められたホワイトチョコレートは薔薇のフレーバーで、これはバラの形のチョコレートというよりももはや食べる薔薇。

繊細な乙女または優雅なマダムのような気持ちになれます。
これプレゼントでもらったら超ロマンチックでしょう!!!

メサージュ・ド・ローズのチョコレートは、これ以外のものもとても美しいので機会があればぜひ。

バレンタイン期になると比較的いろんなところで手に入りやすくなります。

 

【商品情報】
公式サイト>>メサージュ・ド・ローズ
ここで買いました>>メサージュ・ド・ローズ松屋銀座店

 

ななや TEA CHOCOLATE PREMIUM MATCHA7(ティーチョコレートプレミアム 抹茶7)

抹茶チョコレートが大好きなんですけどね。
たまに、もっと濃かったらおいしいのに!!と思うものに遭遇することがあります。

濃厚な抹茶チョコレートが食べたい。
なんならあれこれ食べ比べたい。

そんな私の願いをかなえてくれるものを発見しました。

ななや ティーチョコレートプレミアム MATCHA7です。

抹茶配合の濃度が7段階+ほうじ茶チョコがひと箱で楽しめるという超贅沢な静岡のお茶屋さんのチョコレート!

箱のサイズはだいたい20cm×11cm×2.5cmくらい。

箱を開けたところ。
生チョコとかの包装っぽいです。

市松模様の透かしの入った袋が和風っぽい。

中身。一口サイズの抹茶チョコ&ほうじ茶チョコがずらり。

原材料を見ると、潔すぎるくらいシンプルです。
乳化剤(レシチン)も使わず丁寧に時間をかけて作られています。

8種類並べたところ。
この色のグラデーション、伝わるでしょうか。

左から、抹茶1.2%、1.9%、3.1%、5.1%、8.2%、13.3%、29.1%、そしてほうじ茶。

各色4粒ずつ入っています。

一粒の大きさはだいたい2.5cm×1cm×0.8cm(タテヨコは上辺)くらい。

いちばん配合量の少ない1.2%でもちゃんと抹茶の香りと味がするけど、もうちょっと濃いといいなぁという感じ。

ひとつ飛んで3.1%にもなると、一般的な市販の抹茶チョコのけっこう濃厚なほうの味わい。

またひとつ飛んで8.2%では、こんなに濃厚なの初めて///くらい濃いです。

13.3%ではもはや苦味のほうが強いし、29.1%ともなるともはやこれはチョコレートというよりも抹茶。でも美味。

抹茶チョコレートとして考えると、4番目の5.1%くらいが甘みと苦みのバランスがよくて好みかな~(*’ω’*)

ほうじ茶チョコもちゃんとほうじ茶で美味でした!(←語彙力)

大好きな抹茶チョコをこんな風に食べ比べできるのは幸せ・・・( *´꒳`* )
ごちそうさまでした!

 

【商品情報】
公式サイト>>静岡抹茶スイーツファクトリー ななや
ここで買いました>>ななやオンラインショップ

 

MAMANO CHOCOLATE(ママノ チョコレート)チョコレートかき氷スノーマウンテン

東京赤坂に、水を一切使わないチョコレートのかき氷があるという。
それは行ってみるしかないじゃろーーーー!!!というわけで、行ってきました。

MAMANOというお店で、ボンボンショコラもものすごくかわいいし、チョコレートのパートドフリュイなんて珍しいものも置いている小さなチョコ専門店です。

限定のオレンジ風味のチョコレートスノーマウンテンにも惹かれたのですが、初めてはやっぱりプレーンで!とプレーンのチョコレートスノーマウンテンを注文しました。

お店で注文して、受け取るのは裏にある小さなキッチン。
ここでもお金が払えるようだったので、お店で注文しなくてもよかったのかも。

裏の工房でレシートを渡してしばらく待つと、ふわっふわのチョコレートのかき氷が出てきました!!!
これはおいしそうーーーー(n*´ω`*n)

道路側の店舗内に、少しだけれどもイートインスペースがあります。
幸い座ることができたので、ゆっくり食べることができました!

チョコレートを削ったかのような見た目、だけど口に入れるとスッと溶けちゃうかき氷・・・これはおいしい!!

しかも、甘すぎずほんのりビターなのでモリモリ食べられちゃいます。

伝われこのフワフワ感・・・!!

かき氷なのにお水を使ってなくて、すっごくチョコレートで、ネットリなのにアッサリ、なにコレこんなの初めて・・・としか言いようのないおいしさでした。

食べてみたくなった人は赤坂へ・・・赤坂へ行くのです・・・。

(次回はボンボンショコラを買ってみたい・・・すごくかわいいんだよ・・・)

【商品情報】
公式サイト>>https://mamano-chocolate.com/

 

資生堂パーラー マキアージュショコラ

銀座の資生堂パーラーへ行ってきました!
私なぜか資生堂の化粧品とは相性がよろしくないのですが、資生堂パーラーは大好きです(*’ω’*)

資生堂パーラー銀座本店でしか売っていないという、チョコレート。
今回はこれを買ってみたかったのです!!

10色のカラフルなボンボンショコラ。
マキアージュショコラっていうんですけど、マキアージュってフランス語で「化粧」のことなんだそうな。さすが資生堂・・・。

資生堂のトレードマーク「花椿」の形がかわいい!!

こちらは10種類全部が入ったアソートボックス。
箱の大きさはだいたい5.5cm×14.5cm×2cmくらい。

もちろんバラ(単品)で購入もできます。
3個とかだと、こうして袋に入れてくれました。

美しい・・・(n*´ω`*n)
うつくしいよねえ・・・

中には、種類の案内メモがはいっていて親切です。

いやーほんとにかわいくてかわいくて仕方ない。

見た目だけじゃなくて、マキアージュショコラに使われているチョコレートは、フランスヴァローナ社製なのだそうです。

一粒の大きさ。けっこう小ぶりです。
だいたい2cm×2cm×1.3cmくらい。

それぞれの裏には「SHISEIDO PARLOUR」のプリントが。
あーーーもう、いちいちかわいいんじゃーーーーーー!!!

断面図。
それぞれ、ホワイトチョココーティングにダークガナッシュだったり、ダーク×ダークだったり、ホワイト×ホワイトだったりと、さまざまです。

スーパーざっくりだけど感想いきますねー!
左から順に

  • マンゴー
    オレンジ色が鮮やか!ちゃんとマンゴーの味わい
  • バナナ
    ダークガナッシュの中にバナナの風味。
    普段バナナ系は合成の香りがキツくて苦手なのに、これはおいしい
  • シャンパン
    オトナの女性に食べてほしい味!
  • ライム
    しっかり酸味があってしっかりライム。
  • バニラ
    オーソドックスなダークチョコのボンボンショコラ
    それだけにガナッシュの滑らかさとかが際立ってて美味。

  • カフェ
    キリっとしたコーヒー風味。オトナのコーヒーチョコレート
  • チェリー
    お酒きいてるのでお子さまはたべないでね~
  • スウィートベリーティー
    やさしいベリーと紅茶の風味
  • カシス
    はっきりとしたカシスの酸味。いちばん好きかも!
  • フランボワーズ
    ダークチョコとフランボワーズが合わないわけないというおいしさ

どれも、すごく繊細なつくりと味わいで、非常に優雅な気持ちになれます。
コーティングがホワイトチョコだったりダークチョコだったり、ガナッシュもホワイトだったりダークだったり、それぞれのフレーバーの特長を生かす組み合わせが考え抜かれている感じ。

花椿形のマキアージュショコラに目が釘付けだったのですが、お隣のバリエテ ド ショコラも限定商品だそうです。

マンディアンやアマンドショコラなどがセットになっててこれまたおいしそう!
次回はこちらを食べてみたいですー!

 

【商品情報】
公式サイト>>資生堂パーラー
ここで買いました>>資生堂パーラー銀座本店

 

 

アトリエうかい プレミアムショコラ小箱(ラングドシャ)

缶入りクッキーが大人気のアトリエうかい。
そのアトリエうかいのチョコレートクッキーを入手してきました。

話題のクッキーもかわいいけど、これも素敵なデザイン(*’ω’*)
紙箱です。だいたい7.5㎝×16㎝×4.5㎝。

2種類入ってます。
左がラング・ド・シャ ノワゼット、右がショコラフランボワーズです。

ラングドシャのほうが一回り大きいのですけども、ショコラフランボワーズのほうは厚みがあります。

ラング・ド・シャ ノワゼット。直径5㎝くらい。

ヘーゼルナッツの風味たっぷりで美味。

断面を見ると、なんと薄いラングドシャが中央にも入っていて、3層になっているのです。
そのおかげで、サックサク感がすごい。

ショコラ フランボワーズはだいたい直径3.5㎝。
厚みが1㎝くらいあります。

(けっこう気温が高くて、コーティングのチョコがてらっとしてきている・・・)

断面図。

サクほろっとしたココアクッキーに甘酸っぱいフランボワーズのジャム?かジュレ?が乗っていて、チョコでコーティングしてあります。

ラングドシャのほうもだけど、手間がかかってる・・・。
そしておいしい・・・。

インスタ映え系のお店だと思っててすみませんでした。
ほんとにおいしかったです。
缶クッキーがやたら有名だけど、もともとちゃんとしたレストランだものねえ。

6個入りでサイズも小さめなので、ちょっとしたお礼とかプレゼントにも喜ばれそうです。
もらったら嬉しいやつ(*’ω’*)

ただし、チョコがデリケートなので夏場の長時間持ち歩きはおすすめできない。

 

【商品情報】
公式サイト>> アトリエうかい
ここで買いました>> JR品川駅エキュート内売店

 

 

美実PLUSハイカカオくるみ&きなこチョコくるみ

普段あまり寄らないナチュラルローソンに立ち寄ったときに見つけたクルミチョコが結構好みだったので記録。

ナッツ+チョコはだいたいおいしいに決まってるのですけど、アーモンドやピーナッツやマカダミアナッツに比べて、くるみやノアゼットのチョコは売ってることが少ないので、見かけるとすぐ手に取ってしまいますなあ。

美実PLUS(びみプラス)ハイカカオくるみときなこチョコくるみ。

袋の大きさは、だいたい15.5cm×12㎝くらい。
よく売ってる飴ちゃんの袋と同じくらい或いはちょっと小さいくらいです。

粒の大きさは不ぞろいで、大きいのから小さいものまで。
一袋40g入りで、それぞれ13~14粒くらい入ってました。

一粒の大きさの目安。
これはくるみの形がほぼそのままなので、中でも大きめのサイズです。

断面図。チョコはそんなにボッテリと厚くもなく、かといって薄すぎず。

でもねえ、このハイカカオのほう、カカオ分70%というだけあって、かなりチョコ感が高いので、くるみの味のクセに全然負けてなくてめっちゃ満足感あるのです(*’ω’*)めっちゃ気に入ったー!

こういうのってココアがまぶしてあるのが多いけど、それがないのでモフっとならないのも良い♡

きなこチョコくるみのほうは、
お、きなこ味だー!→ くるみ・・・すごくくるみ・・・→あ、後味はきなこだ・・・
と口に入れた瞬間から飲み込むまで印象が移り変わりました。

小さめの粒のだとバランスよく「きなこくるみチョコ」になるのですけど、粒が大きいのはくるみが勝ってる感じです。
いや、くるみ大好きなのでおいしいけど。

何気なく買ったのに、おいしくて好きになりました。
これを買うためにナチュラルローソンまで行ってもいいレベル。(ほかのとこでも売ってるかもですが)

また買う。

 

【商品情報】
公式サイト>>福楽得 美実PLUS
ここで買いました>>ナチュラルローソン

 

 

DariK(ダリケー)カカオが香るチョコレートトリュフ&ジューシーオランジェット

チョコレートのベストシーズンだというのに、体調を崩してほとんどチョコレート食べてません( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
チョコイベントにもほぼ行けてないぞ(´;ω;`)

唯一出かけたサロンデュショコラ(雪の日)で買ってきた大好きなダリケーのチョコレートを今日は2種類食べました。

左の縦長の箱がジューシーオランジェット、右の箱がカカオが香るチョコレートトリュフです。

トリュフからまいりましょう。

ちょっとてっぺんがハゲちゃってました( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )保管が悪かったか・・・

6種類のトリュフが入ったこちら、昨年はトリュフ型ではなくパヴェ型(8個入り)だったものだと思われます。
形は変わったけど、箱を開けた時の香り高さは今年もすばらしいー!!

左上から

  • スラウェシ・プレーン
  • 抹茶
  • 初摘みプレーン
  • ほうじ茶
  • オレンジ
  • ラムレーズン

の6つのフレーバー入りです。

一粒はだいたい直径3㎝弱。
大きめのごろんとしたサイズです。

オレンジとラムレーズンの断面図。
どちらも去年もあったフレーバーですが、うんんんまい( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

すごく細かくしたオレンジの皮やラムレーズンが練りこまれています。

スラウェシプレーンと初摘みプレーンを食べ比べてみると、スラウェシのほうは酸味がありながらもとってもクリーミーなのに対し、初摘みのほうはすごく華やかな酸味とフルーティーな味わいがあって、同じプレーンでもこんなに味わいが違うのかー!とウットリ。

プレーン2タイプはなぜか写真がないー!

こちらはほうじ茶&抹茶。
惜しげもなくちゃんとたっぷりお茶の風味がギュッと詰まってる!

ダリKのチョコはここ数年続けて買ってるのですが、いま一番好きなブランドのひとつです。

チョコを褒めたたえるのに、香りとかくちどけとか濃厚とかフレーバーのマリアージュとかいろいろな言葉があると思うのですけど、ダリKの何がすごいってのど越し。
濃厚なのにスルッとのどを通っていって、サラッとしているのに強烈な余韻を味わえます。

ダリKよりもオシャレなチョコも高価なチョコもたくさんあるけど、ダリケーのチョコののど越しは他とは全然違うのです。

生チョコ系だから、というよりは、ものすごくよいカカオをものすごくよい状態で体内に取り入れているから、という感じ。

今年は初めて、オランジェットも買ってみたヾ(´∇`)ノ

わりと大きさ太さがそろったのが8本入ってます。
だいたい6.5㎝ちょい。

オレンジは細め、チョコはうすめ。
個人的なオランジェットの好みとしては、オレンジは太くチョコは厚めが好きなので、好みのタイプとは正反対ではあるのですが、ダリケーのオランジェット、すごくおいしいです!

なんというか、オレンジがすごくやわらかくてフンワリしているので、チョコは薄めだけどベストバランスな感じ。
強すぎないので何本でも食べられそうなくらいです。

ダリケーのだから絶対おいしいだろうと思ってはいたけども、本当においしかったしなんなら倍量入っててほしい・・・。

ごちそうさまでした!

 

【商品情報】
公式サイト>>DARI K
ここで買いました>>サロンデュショコラ 東京会場

ここでも買えます>>DARI K 公式オンラインショップ

 

 

ピープルツリー 抹茶チョコレート&チョコデザートバー抹茶

すっかり秋らしくなってきて、秋冬限定のチョコレート解禁の時期になりました。
ラミーとかバッカスとかメルティキッスとかね。

私が毎年楽しみにしているのは、ピープルツリーのフェアトレードチョコレートです。

この牛の絵が大好きすぎて、食べたあと包み紙でしおりを作ってしまうくらいなのですが、ピープルツリーのチョコレートはパケがかわいいだけでなく中身もほんとおいしいのです。

ピープルツリーはフェアトレード製品(衣類・雑貨・食品など)を扱っているブランドで、チョコレートもカカオをはじめ有機&フェアトレード原材料にこだわって作られています。

フェアトレードとかオーガニックとかを置いといても、「乳化剤・代替油脂不使用のスイス産」ていうだけでもおいしそうでしょ(n*´ω`*n)
※デザートバーはヒマワリ油使用です

ただし、フレーバーによっては黒糖を使っているものもあるので、初めて食べる人はちょっとクセがある風味だと感じるかもです。

で、今年の新作がこれ。
抹茶フレーバーのタブレットとデザートバーが出たのでさっそく買いましたとも!

まずはピープルツリーフェアトレードチョコレート「抹茶ホワイト・ライスキノアパフ」から。

着色料を使っていないのに、けっこうしっかりと抹茶色をしています。

裏を見ると、つぶつぶのパフが見えます。
米粉とキノア(キヌア)のパウダーでできているとのこと。

口に入れたときは抹茶の風味が比較的軽やかで、あ、これはさっぱり系の抹茶チョコかな、と思いきや、最後のほうにしっかりと抹茶の苦みが感じられて、抹茶チョコ好きとしてもかなり満足感高いです。

サクサクとしてライスキノアパフの食感も楽しい。

フェアトレードチョコデザートバー「抹茶ミルク」。
外はミルクチョコレートがかかっています。

断面図。タブレットよりちょっと濃い抹茶色をしています。

抹茶部分はちょっとフンワリとしていて口溶けがよく、しっかりと抹茶味。
これめっちゃ好みだわーーーーー(*’ω’*)!!

もともと抹茶チョコに目がないというのもありますが、2種類とも大満足でした。
これは見かけたら必ず買ってしまうやつや・・・。

ピープルツリーのチョコはオーガニック食品屋さんや雑貨屋さんでよく売ってるのでぜひ。

パッケージがかわいいので、バレンタインの友チョコにも喜ばれます\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

【商品情報】
公式サイト>>People Tree(ピープルツリー)
ここでも買えます>>ピープルツリー楽天店 フェアトレード チョコレート