BERNACHON(ベルナシオン)アマンダノワール タブレット

今年のサロン デュ ショコラでいちばん最初に並んだのがこちら。

フランスはリヨンにお店があるBERNACHON(ベルナシオン)のタブレットです。初日のオープンすぐに行ったのに、すでにベルナシオンの前には行列ができており(他のメゾンも人だかりですごかった)じきに会場全体にも入場制限がかかるという盛況ぶりでした。

ベルナシオンは私にとってちょっと特別なお店なので、どうしてもこれだけは買いたかったんですよねえ(*´ω`*)

ベルナションタブレットアマンド

今年日本初上陸のこのタブレットは、糖衣がけしたアーモンドが並んだ「アマンダ」という名前の板チョコです。ノワール、レ、イヴォワール(ホワイト)の3択の中、泣く泣く1つだけ選ぶなら・・・と決めたのはノワールです。

アマンドノワールタブレット

帯を外して裏向きにしたところ。これね、もしかして1枚1枚手作業で包んでない・・・?ベルナシオンの文字入りのフィルムとトレードマークのBの文字のシールで包装されています。

大きさはこちらの面で約15cm×7.5cm×1cmくらい。表面に乗ったアーモンドも入れると厚みは1.5cmくらいでしょうか。1枚150g。

ベルナションタブレット

フィルムをはがすと、おいしいカカオの、上等なチョコレートの香りがします。食べる前からこれは確実においしいと分かる( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
写真では伝えきれない、表面のツヤ感もすばらしい( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

アマンドノワール断面図

アーモンドは表面に乗っかっているだけでなく、中にもたっぷりと散りばめられています。

ぼってりと糖衣をまとったアーモンドはガリガリと甘くそして香ばしく、中の細かいアーモンドはキャラメリゼされていてこれまたカリッとした食感を保っています。糖衣やらキャラメリゼやらの甘みが強いけれどもそれをガッチリと受け止めるだけの力をもったカカオの風味がまた素晴らしく、上品なのに田舎のあたたかさを思わせるような絶妙な味わい・・・

もうね・・・なんて言えばいいんだろうなぁこれ・・・

アーモンドとチョコレートの組み合わせなんて、ありきたり過ぎるくらいありきたりなんですけど、こんなに新しくて懐かしい味にできるんだなぁ、と驚かされます。フランスまで行かなくても、これを日本で食べられるなんて、すごく贅沢な気がする。

ベルナシオンは今は3代目が取り仕切っておられるのですが、ベルナシオンがなかったらこんなにチョコレートが好きになった私もいなかったかもしれないわけで。

行列や人ごみは大嫌いだけど、あの列に並んだ甲斐はあったとしみじみ満たされるのでした。

 

【製品情報】
公式サイト>>BERNACHON
ここで買いました>>サロン デュ ショコラ2015 大阪会場

 

 

六花亭チョコレートアソート(ホワイト・ミルク・ビタスィート・モカホワイト・抹茶ホワイト)

昨年、初北海道へ行ったときに買ってきたチョコレートをやっと食べました(´;ω;`)

六花亭板チョコアソート

北海道のおみやげといえば六花亭のチョコレートは定番中の定番。実際、六花亭店内でいろんなものを見ながらウロウロしている間、このチョコレートアソートをまとめて買っていかれる方をたくさん見かけました。

六花亭チョコレート

中身は、ホワイトチョコレート、モカホワイトチョコレート、抹茶ホワイトチョコレート、ミルクチョコレート、ビタスィートチョコレートの5枚入りです。

これ以外にも、定番ホワイトチョコだけが5枚入っているものや、もっとたくさん枚数が入っているものもあったし、1枚ずつバラで買うこともできました。1枚80円也。

北海道土産ホワイトチョコレート

昔は、六花亭のホワイトチョコレートといえば、紙に包んであって、だいたい12×3cmくらいの大きさで、板チョコにひらがなでふきのとう、ふきのとう、と書いてあったのが定番中の定番だったのですが、今はもう当時のものはないそうです。

でもやっぱりあのホワイトチョコの印象を持っておられる方は多いそうで、店員さんはよくたずねられるそうですよ。期間限定で復刻版出してくれないかなぁ。

板チョコアソート大きさ

現在の六花亭の板チョコはこんな形。まくら木をモチーフに、真ん中にROKKATEIの文字が刻まれています。大きさはだいたい5cm×5cm×1cmくらい。

ホワイトチョコひとかけら六花亭

複雑な柄をしていますが、適度な大きさに割りやすくなっています。溝が深いからね。

六花亭ホワイトチョコレート

ふきのとうの描かれた袋に入っているのはホワイトチョコレート。子供のころ、ホワイトチョコが嫌いだったのに、六花亭のホワイトチョコを食べてはじめてホワイトチョコレートのおいしさに目覚めたという、私にとっても思いいれのあるホワイトチョコです。

今さらですが、ホワイトチョコはカカオバターとミルク(そして砂糖)が主成分で、普通のチョコレートに入っているカカオマスというココアの元的な茶色い成分(カカオマスはそれだけ見るとほとんど黒に近い茶褐色ですが)が入っていないのです。

だから、普通のチョコレート以上に、乳製品の質、カカオバターの配合量、その他の油脂を混ぜているかどうかなどで味が大きく左右されます。

六花亭のホワイトチョコレートはもちろんミルク感たっぷりでカカオバターもたっぷりでおいしいです(*´ω`*)余分な植物油脂とか使ってないしね。

六花亭抹茶チョコ

水芭蕉の絵がかかれた袋に入っているのは抹茶ホワイトチョコレート。けっこうしっかり抹茶感が楽しめます。濃厚。

六花亭モカホワイトチョコ

黄色い福寿草の絵が描かれたこちらはモカホワイトチョコレート。チョコレートとコーヒーの相性の良さはいうまでもありませんが、チョコレート自体がモカフレーバーなのもおいしいよね(*´ω`*)

これはホワイトチョコ+コーヒーなので、よりやさしくコーヒーの味わいを楽しめます。

六花亭ミルクチョコレート

はまなしの絵のミルクチョコレート。こちらも植物油脂無添加の、カカオマスとカカオバターを贅沢に使ったおいしいミルクチョコレートです。

六花亭ビタスイートチョコレート

そして最後、きたこぶしの絵のビタスィートチョコレート。先に苦味、あとからゆっくりと酸味が感じられるカカオ感高めの逸品。

六花亭おみやげ

5種類とも、それぞれ「ちゃんとしたチョコレート」な味わいを楽しめます。美味。六花亭がなかったら、もしかしてホワイトチョコレートが苦手なままだったかもしれないと思うと、とっても感謝しています。

あ、でもバラで買ったイチゴ系のは合成香料バリバリでちょっと受け付けませんでした( ꒪ω꒪)
六花亭でも当たり外れはあるらしい。

もうね、北海道のおみやげは全部このアソートでいいと思う。(他にもおいしいお菓子やお店がいろいろあるのは知ってます、ごめんなさい)

 

【商品情報】公式サイト>>六花亭 公式サイト
ここで買えます>>六花亭 公式オンラインショップ

 

 

 

ラプンツェル ココスクリームチョコレート

せっかくのチョコレートがおいしい季節だというのに、体調が悪くてなかなかチョコが食べられません!!!なんというもったいない。私は悲しい!!!

久しぶりに食べたのがこれ。RAPUNZEL(ラプンツェル)のCOCOS-CREME(ココスクリーム)タブレットです。

ラプンツェルココクレーム

ラプンツェルはスイスのBIO(オーガニック)&フェアトレードチョコレートブランドとして有名です。

いろんなフレーバーのチョコレートがあるけど、チョコ×ココナッツは私の大好きな組み合わせ。もうね、おいしくないわけがないよね。

ラプンツェルタブレット

毎度おなじみ、スイスのチョコレートはなぜか白いフィルム包装。大きさはだいたい15cm×8cm×0.7cmくらい。

Rapnzelチョコレート

タブレットの表面には、カカオの絵柄とRAPUNZELのブランド名がかかれています。

ココナッツクリームチョコレート

断面図。ミルクチョコレートの中に、白いココナッツクリームがたっぷり。

ラプンツエルココクレーム断面図

なめらかでミルク感たっぷりのミルクチョコレートに、ココナッツの風味がギュッと詰まったホワイトチョコクリームがたまらんです。最後にココナッツのこまかな粒が残って、あの独特のキュイッとした噛み応えが楽しめます。

久しぶりのチョコレート、おいしかった・・・( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

1月2月は体調を整えて、もうちょっとペース上げてチョコレートを食べたいです!

 

【商品情報】
公式サイト>>RAPUNZEL
ここで買いました>>輸入食材系スーパー

ここでも買えます>>RAPUNZEL COCOS-CREME

 

 

 

CAMILLE BLOCH RagusaNoir(カミーユブロッホ ラグーサノワール)

とある高級系スーパーで目に付いた、ヘーゼルナッツの絵付きのタブレット。しかもスイス国旗模様入り。ノアゼット+スイスでおいしくないわけがない(ФωФ)!!と迷うことなく手にとって購入しました。

カミーユブロッホラグーサノワール

CAMILLE BLOCH(カミーユブロッホ)の Ragusa (ラグーサ)シリーズのNoir(ノワール)です。スイスではけっこう歴史のあるメーカーらしき。

カミーユブロッホパッケージ

箱から出てきたのは普通の銀紙に包まれたもの。

ラグーサノワール

開封。私、何を思ったか1枚のタブレットと信じて疑ってなかったので、ちょっとビックリしましたね。まさか2本のバー状になっていたとはー!!パッケージ見たら確かにそうなってるんだけど、勝手に脳内変換されてたー!!

1本の大きさ

こんなカタチで2本いりです。1本の大きさは約11cm×3cm×1cm。100g入りなので、1本あたり50gということですな。

レグーサ側面

しかもよく見ると、やわらかめのプラリネ系チョコレートに薄くチョココーティングしてあるような感じ。よく見たら「準チョコレート菓子」の表記になってて、つまりカカオ以外の成分の多いチョコレートってことなんですよね。

つまりジャンドゥーヤ系。思いがけずすごい好みのチョコに遭遇した(*゚∀゚)=3

カミーユブロッホノアゼット裏面

ウラを見ると、おーい、もうちょっとゴロゴロとノアゼット入れてくれてもいいんでないのーーー!という感じは否めません。が、4つのブロックに分かれたとき、ヘーゼルナッツ率0%っていうのだけはなかったのでまぁ許そう。(偉そう)

ラグーサノワール60%

1本を4つのブロックで割ってみたところ。断面のヘーゼルナッツがグッときますなあ。

RagusaNoir断面図

折った側の断面を見ると、普通のチョコレートじゃなくてやわらかい感じが伝わるのではないかと。

プラリネ+ごろごろヘーゼルナッツ+カカオ分高め(60%)+スイス製。
これでおいしくなかったらおかしいでしょ、という組み合わせです。実際、久しぶりにヘーゼルナッツチョコで大満足できた感じ!!

(こないだ某大手スーパーで買ったフランスのノアゼットタブレットがなんとなく残念な味だっただけに・・・)

手に取ったときに思っていた形状やタイプとは違ったけど、それ以上に満足でした(*´ω`*)また食べたいー♪

 

【商品情報】
公式サイト>>Ragusa Bloch
ここで買いました>>大阪市内某高級系スーパー

ここでも買えます>>カミーユ ブロッホ ラグーサ ノワール
・・・まさか、時々日用品を買ってるケンコーコムでも売ってるとは思わなかった(笑)今度また何かと一緒に買います!

 

 

東京フード Couverture au lait(クーベルチュールオーレ)

珍しいチョコレートをいただきましたヽ(≧∀≦)ノ

クーベルチュールのミルクチョコレートなんですけど、業務用卸向けで一般には出回っていないそうなんです。

東京フード株式会社さまのCouverture au Lait(クーベルチュール オーレ)です。30年変わらぬレシピで作り続けられていて、2014、2015年とモンドセレクションにも輝いたチョコレートです。

クーベルチュールオーレ00

クーベルチュールチョコレートというと、製菓材料としてのチョコレートというイメージが大きいかもしれませんが(couverture=カバーする、覆うという意味なのであながち間違いでもない)、「総カカオ固形分35%以上、カカオバター31%以上、無脂カカオ固形分2.5%以上、カカオバター以外の代用油脂(植物油脂等)の使用不可」という厳しい規定があるいわゆる「純チョコレート」のことです。加工せずそのまま食べてもおいしいです。

その中で、カカオ固形分の分量や乳脂肪分の量によって、ミルク(レ)、ダーク、ノワールに分かれ、さらに各メーカーそれぞれに独自のブレンド名のついたクーベルチュールがあったりします。
クーベルチュールというと、フランスのヴァローナ、同じくフランスのヴェイス、ベルギーのカレボー、イタリアのドモーリ、スイスのスシャールなどが有名ですねー。

東京フードのクーベルチュールオーレは名前のとおりミルク分の高いクーベルチュールチョコレートというわけです。

クーベルチュールオーレ大きさ

1枚目の写真では大きさが分からないと思うのですけど、市販の板チョコ(ミルク)の中でいちばんおいしい(ちょこ氏認定)明治のミルクチョコレートと比較してみるとその大きさがよく分かると思います。でかいです。さすが業務用。400g入り。

明治のチョコが1枚50gですからね?8倍?

東京フード中身

箱を開けると白い包みに包まれたチョコレートがずっしりと登場。

クーベルチュールオーレ

かわいい!!ブロックごとにCHOCOLATE、CHOCOLATEって書いてある゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚なんてチョコレートらしいんだ!!!

多分、製菓用として使うぶんにはどうでもいい部分だと思うのですが、なんにも書いてないシンプルなだけじゃないところに妙にグッときます。

純チョコレート

写真で見るとあんまり分からないかもですが、迫力の大きさです。これ直径17.5cmのお皿に乗せてるからね?小皿じゃないからね?

ひとかけらの大きさ

ひとかけらでもズッシリと重みがあります。

夏の終わりのこのシーズン、外に置いておくのは気温が不安定なので冷蔵庫に入れてあるのですが、この分厚さなのでいまひとつ食べごろが見極めにくい・・・。まだかまだかと待ちながら、そろそろ・・・とガブリとかじりついてみました。

きちんとカカオの風味、やさしいミルク感となめらかな口どけ、ちゃんと甘いのに後を引きすぎないさっぱりした後味。これはシアワセなミルクチョコレートだ(*´ω`*)

有名なクーベルチュールはいろいろあるけれど、この東京フードのクーベルチュールオーレは確実に日本人ウケするバランスの味わいだと思います。とっても真面目に大切に作られた感じ。

業務用としてしか売ってないなんてもったいない・・・と思ったら、公式サイトでのみ一般人でも購入可能とのこと!・・・これ1枚あったら相当楽しめるし(なんせ400g、普通の板チョコの8倍ですからね♪)製菓用としてチョコレートケーキやガナッシュに使うのはもちろん、純粋にミルクチョコレートとして味わってもいい。

子供ちゃんのお誕生日パーティーとかクリスマスパーティーとかにたくさんのお友達と一緒に食べるのもインパクトありそうだし楽しそうヾ(´∇`)ノ子供にこそ「ちゃんとした味」を知ってほしいですしね~。

以上、東京フードのクーベルチュールオーレ レポートでした!ごちそうさまでした!

 

【商品情報】

公式サイト>>東京フード株式会社 クーベルチュールオーレ

 

 

 

MARIEBELLE(マリベル)チョコレートバー ダークストロベリー

アメリカチョコレートをあんまり知らないちょこがアメリカのタブレットを食べます!こんにちは!

MarieBelle(マリベル)はニューヨークの有名女性ショコラティエであります。特に有名なのはかわいくてカラフルなプリントを施されたボンボンショコラ(Signature Art Ganacheシリーズ)ですが、すみません、高級すぎて手が出ませんでしたッ!!でもいつかは食べてみたい!!

マリベルタブレット

今回入手してみたのは、ダークチョコレート×フリーズドライストロベリーのタブレットです。Chocolate Barと書いてあります。アメリカではタブレットって呼ぶよりバーのほうが一般的なのかしらん。

さて、パッケージからしてかわいらしく乙女感が漂うマリベル。これは「シャトードショコラ」シリーズというそうです。楕円形の魔法の鏡のような小窓から中のチョコレートがちょっと覗いているのがニクイ。

マリベルダークストロベリーチョコレート

箱から出すと、透明のフィルムに包まれたタブレットがするりと出てきます。もっと・・・ふんだんに・・・ドライストロベリーを散りばめてくれてもいいんですよ・・・とも思うのですが・・・

MarieBelleストロベリー

よく見ると、チョコレートの表面がツブツブざらざらしてるでしょ。表面はチョイ少なめだけど、中にはかなりたっぷり入れてあるなこれ、とワクワクします。

あと、袋を開けた瞬間のカカオの香りが!!「いいチョコレート」の香りします!!

マリベル板チョコ表

表面というか、多分この場合は裏面なんだろうなあ・・・モールド(型)の柄はとってもシンプルです。1枚の大きさは約7cm×15mm×0.7cmくらい。

ダークストロベリー断面図

パキパキ割ってみた断面図。かなりいっぱいフリーズドライストロベリー入ってますヽ(≧∀≦)ノ

ひとかけらの大きさマリベル

口に入れるとまず、あーこれおいしいカカオだー(*´ω`*)という幸福感が広がり、それからいちごの甘酸っぱさが現れ、カカオの酸味とほろ苦さとドライストロベリーの甘酸っぱさが一体となってジワッと幸福感が訪れます。

ダークチョコ×フリーズドライストロベリーはもはや定番のひとつですが、これはパッケージ的にも味的にもぜひオトナ女子に食べてもらいたいー。

シンプルだからこそ奥深く、風味豊かで、かつ乙女心をそそるマリベルのダークストロベリーチョコレート。これはまた食べたいです。あ、でもシリーズで他のフレーバーもあるのでまずはそっちを先に・・・!

でも1枚1500円超え(税込で1,782 円)なんですよねえ( ꒪ω꒪)なかなか気軽に買えるお値段ではありませんが、じっくり攻略していきたいです。

 

【商品情報】
公式サイト>> MARIE BELLE(マリベル)
ここで買えます>> マリベル公式オンラインショップ

 

 

Lindt(リンツ)エクセレンスタブレット ココナッツ、カシス

買いだめしたリンツもあと残りタブレット2枚となってしまいましたー。

リンツタブレットカシス&ココナッツ

リンツ エクセレンスシリーズのココナッツとカシスです。エクセレンスシリーズはどれを食べてもおいしいので好きだー゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

リンツココナッツタブレット

まずはココナッツ。おなじみの銀紙に包まれております。よく見ると表面からもココナッツのツブツブ感が見えるのが分かります?

ココナッツたっぷり

見てーーー!すっごくいっぱいココナッツフレークが入ってるんですよ!!!ココナッツ好きにはたまらんっ!

ココナッツフレークにアメ掛けしてあるとのことで、全体的にはけっこう甘めですが、ダークチョコレートのキリッとした感じとココナッツの甘い香りのバランスがよくてモリモリ食べられます。ココナッツのサクサク、キュイッとした食感も素敵。

カシスタブレット

そしてこちらはカシス。パッケージのおもて面にはBLACK CURRANTと書かれています。カシス、ブラックカラント、和名では黒すぐりまたは黒ふさすぐりですが、生のカシスにお目にかかれる機会は滅多にございません。

カシスタブレット断面図

このカシスのタブレット、正確には「カシスアーモンド」なんです。白く見えてるのがアーモンドスライス。

で、このカシスのタブレットの変わってるところが、ドライカシスやフリーズドライカシスが入っているんじゃなくって、カシスをパートドフリュイ(ゼリーやグミのようなものと思ってください)みたいな感じにしたものが入ってるのです。たまにくにゃっとした食感に当たります。広がるカシスの香り、アーモンドスライスのパリ尾パリした食感、濃厚なダークチョコ。

リンツ様ありがとうございます、おいしいです(*´ω`*)

やっぱりリンツのチョコは常に何がしか冷蔵庫に入れておきたい定番安心おいしいチョコだと思います。うん、在庫なくなった、次どれにするかな・・・( ̄∀ ̄)

 

【商品情報】
公式サイト>>Lindt(リンツ)
ここで買いました>>リンツ 公式オンラインショップ

 
 

Lindt(リンツ)スペシャル ピスタチオタブレット

こないだごそっとまとめ買いしたリンツのチョコレート(*´ω`*)

リンツチョコレートいろいろ

今日は真ん中のピスタチオのタブレットを食べてみました。この時期のチョコレートは冷蔵庫の野菜室にしまってあるのですが、ちょうどいい温度に戻すのがなかなか難しいです。

冷たいままパキッと食べてもいいんだけど、常温に近づけて口どけを楽しむのもいいし。でもウッカリすると溶けすぎてしまうという。ぐぬぬ。

リンツピスタチオタブレット

さて、みんな大好きスイスのリンツ。このピスタチオのタブレット食べるのは始めてです。ピスタチオ入りのチョコレート自体けっこう珍しいのでうれしいーヽ(≧∀≦)ノ

Lindtピスタチオ

リンツのタブレットでこういうフィリング系のは初めてかも。このカタチ見るの初めてな気がするから。1枚の大きさは約15.5cm×7.5cm×1.0cm。100g。

ピスタチオ板チョコ

ひとかけらの大きさ。

ピスタチオチョコ断面図

ちょっとやわらかくなりすぎた感が否めない状態になってきてます。汗
外はミルクチョコレート、中はアーモンド風味のホワイトフィリング、そしてピスタチオがまるごと一粒。

アーモンド風味のホワイトフィリングがとってもミルキー&なめらかクリーミーで美味です。そしてその中にカリッとしたピスタチオが。食感が楽しく、鮮やかな緑色も美しく、すてきなアクセントになっています。

んーこれはいいなー(*´ω`*)万人ウケしやすいと思います。さすがリンツ。ちょっと本借りたとかのお礼にこれが付いてきたら「おぬし、できるヤツやな!」と思うに違いない。

 

【商品情報】
公式サイト>>リンツ・チョコレート
ここで買いました>>リンツ・チョコレート オンラインショップ

 

Butlers(バトラーズ) ホールヘーゼルナッツミルクチョコレート

またヘーゼルナッツのタブレットかよ、と突っ込まれそうですが、ええ、またです。でも今日のはちょっと珍しいのです。アイルランドのタブレットなんですよ。私アイルランドのチョコ食べるの初めて(*´ω`*)

Buttersタブレット

Butlers(バトラーズ)は1932年創業のチョコレート会社だそうです。

ヘーゼルナッツミルクチョコ

紙包みの中は昔ながらの銀紙包装。タブレットには細い縞模様。100g、約15cm×7cm×1cm。

ごろごろナッツ

ホールヘーゼルナッツ、と書いてあるだけあって、丸のままのヘーゼルナッツがごろごろ入ってます。

ノアゼットタブレット

割ってみた感じ。めっちゃ暑くてパキッと割れてないのです(´ω` ; )逆にクリーミーさがよーく楽しめるんですけども。

ひとかけらの大きさ

アイルランドのチョコレートは初めてでしたが、なめらかな口どけと、ちょっと喉がイガッとするくらいのミルク感と甘さはヨーロッパ系のミルクチョコらしくて美味。そしてヘーゼルナッツも香ばしくて満足。

これどこで買ったのか覚えてないんだけど、(どこか輸入モノ強い系のスーパーでたまたま見かけて買ったと思われる)アイリッシュウィスキー&ダークチョコのタブレットとかもあるみたいです。チョコレートでアイルランドを堪能できそう(*´ω`*)食べてみたいー

 

【商品情報】
公式サイト>>Butlers(バトラーズ)
ここで買えます>>バトラーズ タブレット/トッテオキーノ 楽天市場店

 

小判チョコレート(金八両)日本食品製造合資会社

小判チョコパッケージ

ちょいと和風のパッケージに包まれたこのチョコレート。おもしろかったので興味本位で買ってみました。

小判チョコ

その名も小判チョコレート。慶長小判の大きさ、重さ、紋様をそのまま再現したチョコレートだそうです。

小判チョコレート

箱を開けると、金色の小判がずらり。こ、これは、袖の下に使うしかないwww

「お代官様のお好きなお菓子をご用意しております」
「どれ・・・ほっほっ、越後屋、気が利くではないか」

みたいなやり取りを繰り広げたい!!!

小判型

ひとつの大きさ。厚みは違うそうですが、慶長小判ってこんなだったのね。

慶長小判

中身もちゃんと?小判プリントになっております。

断面図

断面図。味はごく普通のミルクチョコレートです。
ごく普通の、というか、おみやげ物にありがちなミルクチョコレート系の味です。

猫に小判

小判の下には、小判にまつわることわざが隠されています。いや、いちばん右の欄は「お主も悪よのう お代官様がよく言うせりふ。」と書かれていたので、ことわざとひとくくりにはできませぬ。

味はともかく、このコンセプトはとても好きだw
こういうのでクスッとしてくれる人にお礼や差し入れとしてお届けしたいです。そんで一緒にお代官様と越後屋ごっこをしたいヾ(´∇`)ノ

・・・相当相手を選ばねばならんかもしれません。スーパー義理チョコとしても活躍してくれるかもw

 

【商品情報】
公式サイト>>日本食品製造合資会社(小判チョコレートの情報は無し)
ここで買えます>>小判チョコレート