失敗しない手作りチョコなら「生チョコ」を作るべし~型に流すまで編~

せっかくのバレンタインデー、気持ちをこめて手作りチョコを渡したい!
でもお菓子作りなんてあんまりやったことない・・・という人は
「生チョコ」を作ってみましょう。

生チョコの材料と、生チョコの作り方をそれぞれ3行で説明します。

【材料】
1)チョコレート(できれば植物油脂の入っていないもの)
2)生クリーム(チョコレートに対し、半分量)
3)お好みのお酒

【作り方】
1)チョコレートを細かく刻む。
2)沸騰直前の生クリームを刻んだチョコレートに入れ、なめらかに溶かす。
3)(お好みでお酒を入れて)型に流して冷やし固める。

ああ、こうやって書くととっても簡単だ。
やることはホントこれだけなんですけど、いろいろ気をつけねばならんことがありまする。

チョコを刻む

まずチョコレート。
今回買ったのがたまたま150g入りだったので、150g全部使います。
これを、できるだけ細かく刻む。
写真の感じでもちょっと粗いくらいです。できればもっと細かく。
温めた生クリームの熱でこのチョコレートを溶かすので、
大きいかたまりがあると溶けにくくて後で湯せん等で溶かさないといけなくなります。
それを避けるためにまずここで頑張るべし。

チョコレートは水気にとっても弱いので、
刻む包丁やまな板、入れるボウルなどが濡れていないことを確認してから
この作業をしてください。

生クリーム

生クリームを小鍋で温めます。分量はチョコレートの量の半分。
チョコ:生クリームが2:1です。今回チョコが150gなので、生クリームは75cc。

弱火でゆっくり温めます。
周りがフツフツしてきたら、1回火から外して鍋をゆすって全体の温度を均一に。
もう1度火にかけて、また周りがフツフツしてきたらいい感じ。
刻んだチョコに流しいれます。

生クリームは、コレぐらいの量だとちょっと目を離したすきに
一瞬で沸騰して 鍋からどばっと溢れ出すので要注意です。

生クリーム投入

全体に回しかけるように、チョコレートに注ぐべし。

生クリームとチョコ

全部入れたところ。生クリームを入れたら、 ここですぐに混ぜないで
20秒くらいチョコレートが溶けるのを待ってから 混ぜ始めるのがポイント。

 

 

泡立てたり、空気を入れたりしたいわけではないので(むしろしたくない)
混ぜるのは泡立て器ではなくてゴムべら推奨。

ガナッシュ

うまくいけば、こんなふうになります。
ツヤがあって、チョコの溶け残りがなく、なめらかな状態。

チョコが溶け残っている場合は、40℃くらいのお湯にボウルをつけて チョコを溶かします。
お湯につけっぱなしはよろしくないので、混ぜながら10秒ぐらい湯せんにかけたら
お湯から外して混ぜる、溶け具合を見ながらまた10秒ぐらい湯せんにかける。
上のような状態になるまで、コレを繰り返します。
これをしなくても良いように、最初にチョコをできる限り細かくしておくべし。
(じつは、ほんのちょっとだけチョコが溶け残ったので、弱火の直火に数秒を 2回くらいやった。よい子はまねしないでね。)

荒熱が取れたら お酒を入れたい人はこのタイミングで入れてください。
(多分、この量ならこの時点でもうけっこう冷めてるはず。湯せんしなければ。)
あくまでも香り付けなので小さじ1くらいかな。
入れすぎるとチョコが分離する原因になりかねんので注意。
もちろん、お酒ナシでも全然OKです。

マイヤーズラム

入れるお酒はブランデーやグランマニエ、コアントロー、キルシュなどなどお好みで。
私が好きなのはラム酒。私が作る生チョコはいつもラム酒。
チョコとラムの組み合わせ最強(*´ω`*)
ついでに、ココア飲むときに入れてもおいしいよ!!

お酒を入れてよく混ぜたら、型に流しいれます。

型に流す

このバットは100均で買ってきた。
平たいバットか何かに、クッキングペーパーを引いておきます。
クッキングペーパーがなければラップでも可。
ラップの場合は、できるだけ空気が入らないようにぴっちりバットにはり付けること。
霧吹きでバットを軽く濡らしてからラップを貼るときれいに張れます。
チョコが触れる面に水分が付かないように厳重注意。

なるべく全体が平らになるように流しいれたら、軽く底をトントン叩いて空気を抜きます。

ここまでやったら、あとは固まるのを待つのみ。
冷蔵庫に入れるもよし、寒い部屋に置くもよし。

冷蔵庫に入れる場合は、ほかの物のニオイが付かないように
上に被せ物をしておくこと。
ウチにはさむーーーい部屋があるので、そこに一晩そっと置いておきました。

 

次回、カットから仕上げ編に続く。

 

 

 

失敗しない手作りチョコなら「生チョコ」を作るべし~理由編~

バレンタイン前のこのシーズン、
「本命チョコはどこのブランドがいいのー?」と同じくよく聞かれるのが
「失敗しない手作りチョコの作り方教えてー」というもの。

絶対に失敗しないとは言い切れませんが、
あんまりお菓子を作ったことがなくても失敗しにくいものといったら
やっぱり「生チョコ」でしょうかねー。

「生チョコ」「ガナッシュ」「パヴェ オ ショコラ」。 これ行ってみましょう。

生チョコ

どうして生チョコが失敗しにくいかというと、
1)テンパリングの必要がない
チョコレートを扱う上でいちばん難しくて面倒臭いのがテンパリングです。
テンパリングとは、一行で言うと
チョコレートを溶かして固めるときに行う、温度調整などの作業のこと。
これを適切に行うことで、チョコレートの固まり方、ツヤ、なめらかさを
生み出すことができるのですが、逆に言えばこれに失敗すれば
固まらず(あるいはカチカチに固くなり)、ツヤがなく、ボソボソで、
表面に脂肪分や糖分のブルームの出たチョコレートになります。
作業的には単純なことなので、できなくはないのですが
「失敗したくない」のが前提なら敢えて最初から避ける方が無難かと。
チョコを溶かして、ハートの型に流して、固めてデコる、みたいなのは
一見簡単そうに見えて、じつは上手に作るのはけっこう難しいんですよ。
温度コントロールに失敗するだけじゃなくて、
初心者さんだと湯せんの水が入っちゃう失敗とかもあるので(チョコには水分が大敵)
テンパリングをする必要のない「生チョコ」はとっても気軽に作れる「手作りチョコ」だと思います。

2)仕上げのココアパウダーで大概のアラが消せる
多少見ためが不細工に出来上がっても、仕上げにココアパウダーをまぶせば
それだけでかなりキレイに見えてしまうという不思議。

3)失敗してもリカバリーできないこともない
作る前から失敗してからのこと考えてどうする^^;とも思いますが
たとえば「チョコレートケーキ作ったけど生焼け!(またはカチカチ!)」よりは
修正しやすいのでリスクは少ないかと。

とまあ、ゴタゴタ並べてみましたけど

要はわりと簡単に作れて美味しいってことです(*´ω`*)
→ 型に流すまで編
→ カットから仕上げ編
→ 美味しく作るなら(こだわり)編