DEMEL(デメル)のチョコバンブーはオトナの味のクッキーチョコレート

デメルといえば、ザッハトルテや猫のラベルのチョコレートが有名ですが
私がつい買ってしまうのはこれ。

チョコバンブーという名前の、クッキーをチョコレートコーティングしたお菓子です。

demelチョコバンブー

デメルは、オーストリア・ウィーンにある老舗のカフェ・コンディトライ。
なんと創業1786年、フランス革命の3年前だそうです。壮大です。
「デメルを訪れずしてウィーンを語るなかれ」とまで言われている由緒あるデメル。
いつかは、ウィーンのお店を訪れてみとうございますわー。

デメルチョコバンブー

「チョコバンブー」という名前のとおり竹のように節があるのが分かりますか?
波打つような艶やかなチョコレートコーティング。
なんでもない外見なのに、どことなく品があって素敵です。
ああ、早く食べたい。

新旧チョコバンブー箱

デメルといえば、お菓子の箱の美しさも特筆すべきところ。
右の箱が今年購入したもの、左の箱は何年か前のものです。
(少々光焼けして青っぽくなっていますが、元は深い深い紺色でした)

ラベルは定番で全く変わっていませんが、箱の形状が変わりました。
以前のは深型で、チョコバンブーが縦に入っていました。
今の型の箱になってから、チョコバンブーは横向きになりました。
個人的には前の箱の方が好きだったなー。

チョコバンブー

ほら、この美しいツヤ。ブラボー(*´ω`*)
1本の長さはだいたい9cmちょい、10cm弱くらいです。

チョコバンブー断面

ヘーゼルナッツ入りのサクッとしたクッキーを上等なチョコレートでコーティング。
さらに、クッキーはシナモンと、なんだろうクローブ?か何かのスパイシーな香りがします。
(箱のウラには「香辛料」としか書かれていないので、ちょっと自信ないです・・・)

そのスパイシーな香りのクッキーと、深みのあるスイートチョコレートの味、
ほろほろと崩れるようなサックリした食感と口の中で溶けるチョコレート。

もーーーーーたまらんっス!!!美味!!!!!

ただ、このスパイシー感で好みが両極端にバッサリ分かれるだろうなぁ・・・というお菓子。
そんなに強いスパイスではないけど、苦手な人は苦手かもしれませぬ。
私はリンツァートルテとかも大好物なので チョコバンブーは完全に好みど真ん中です。

もったいなくてモリモリ食べられないのが難点・・・(´ω`;)

 

【商品情報】
公式サイト>>デメル公式オンラインショップ(チョコバンブーのページ)
ここで買えます>>全国有名百貨店等

楽天でも買えます>>【デメル】チョコバンブー

 

 

ROICE’(ロイズ)の板チョコ「ラムレーズン」はレーズンぎっしり大人の味

北海道物産展などでもおなじみのROICE’(ロイズ)。
生チョコやポテトチップチョコなどがとっても人気のようですが、
私はつい板チョコを買ってしまいます。

ロイズの板チョコ

今回は初めて「ラムレーズン」の板チョコを買ってみました!
期間限定(バレンタインだったから?)の「コニャックレーズン」と迷いに迷って
チョコとラム酒の組み合わせが好きなのでラムレーズンにしてみた。
(といっても、私はレーズンがあんまり好きでないのでこれは夫用に買ったんだけど^^;)

ちなみにラムレーズンは347円、コニャックレーズンは525円でした。

ロイズラムレーズン板チョコ中身

中身。開けたらすでにちょっと割れておった(汗)
銀紙包みじゃなくて、ROICE’ CHOCOLATEの文字の入った袋に入っています。

チョコ本体(?)はシンプルな格子状。
ロイズの板チョコは結構厚みがあって、食べ応えがあるところが好きだ!!!

ロイズラムレーズンチョコ

割ってみたところ。
レーズンがかなりギッシリ入ってるのが分かりますか???
これはラムレーズン好きにはたまらんと思う。
こんだけ入ってるので、お酒に弱い人はちょっとふわっと来るかも。
(箱の表記によるとアルコール約1.8%配合になってました)

ロイズのラムレーズン板チョコ

レーズンぎっしりのせいで(おかげで?)、なかなかキレイに割れません(汗)。
レーズンの少なそうなところを狙って食べてみたところ、
ミルクチョコとラム酒の香りがとっても美味!!!
けっこうお酒感は強いので、子供ちゃんには無理かなあ。オトナ向けです。
私はかなりアルコールに弱い体質(お酒の味は好きだけど身体が受け付けない)なので、
ひと欠片で止めておきました。

夫にそっと差し出したら、みるみるもっしゃもっしゃと食べていました。
普段そんなにチョコを食べる方じゃない人なのですが、翌日までに全部なくなっておりました。
かなりおいしかったらしいです(笑)

 

【商品情報】
公式サイト>>ロイズコンフェクトhttp://www.e-royce.com/
ここで買えます>>直営店、北海道物産展等

楽天でも買えます>>【ロイズ】板チョコ(ラムレーズン)

 

 

2013バレンタイン 今、家にこんなにチョコレートがあるんです

2013年のバレンタインデーも終わってしまいましたねー。
皆様、今年のバレンタインはいかがでしたか?

私は基本的にあまりイベント事には関心がなくて、
バレンタインも人様に差し上げたりすることはほとんどないのですが、
この時期、イナカでは普段買えないようなチョコレートが手に入るので
ウハウハでございます。

おかげで、今 家にこんなにチョコレートがあるんですのよ(*´ω`*)

家にあるチョコ
左上から、
・デメルのチョコバンブー
これは毎年買っちゃいます。
ちょっとスパイシーなクッキーにチョココーティングしてある
シンプルかつ美味しすぎてヤバイお菓子です。
デメルといえばザッハトルテが有名ですが、その他のお菓子もおいしいです。

・ドゥバイヨル ラマージュ
完全にジャケ買いならぬパケ買い?したドゥバイヨルのトリュフ。
箱がかわい過ぎるーーーーー!!!
中身は2種類のボンボンショコラが入ってるらしいです。

・ベルナシオン(ベルナション)のパレドール
ベルナシオンのパレドールまさか・・・まさかこれが
手に入るとは思ってませんでした!

ベルナシオンといえば、
私が一目惚れして菓子屋を志した
あの「ガトープレジダン」
スペシャリテとするフランスリヨンの
有名ショコラトゥリです!!

そのベルナシオンの
もうひとつの看板商品
「パレドール」金のお皿でありますよ!!

こんなちっさい箱に3つしか入ってなくて1500円とか
普段の私の金銭感覚ではとても買えないような代物ですが、買っちゃった(*´ω`*)
ぬおお・・・楽しみすぎる・・・っっっ!!!

・フランス産のナッツチョコ2種
これはなんとなく買ったナッツチョコです。
くるみとノアゼットというのが個人的にツボ。多分おいしいに違いない。

・ロイズの板チョコ(ラムレーズン)
ロイズといえば北海道物産展でもおなじみで、ポテトチップのチョコが人気ではありますが
けっこう板チョコがイケてると思います。
今回は、ラムレーズンを買ったのでこれはほぼ夫用。
(私、レーズンはあんまり好きじゃないのです・・・アルコールにも弱いし・・・)

・アルナスマ チョコレートバー スパイスアラビア
世界初、らくだのミルクを使ったチョコレートだそうです。
試食で食べさせてもらった異国情緒あふれるスパイスの香りのチョコに
これは!!!と思って購入。

・ピープルツリーの板チョコ2種
これは普段から時々食べてるものなんですけど、せっかくなので仲間に入れてみた。
おいしいスイスのチョコレートです。
このヘタウマな牛の絵のパッケージにメロメロです。

チョコいろいろ

ああーーー、こんなにチョコレートがあるってなんて幸せなんでせう(*´ω`*)

駄菓子菓子。(←まあ、器用な変換・・・)
もとい、だがしかし。

こんなに家においしそうなチョコレートがあるというのに、
今ちょっと体調を調整中なんで
目の前にあるのに
食べられないんどす!!!!!
なんの罰ゲームかと。拷問やないか・゚・(つД`)・゚・

とりあえず、夫用のロイズあたりからゆっくりレビューしていきますー。

 

 

 

テンパリングなしで作れる手作りチョコ アマンドショコラの作り方【チョコがけ~仕上げまで】

こちらの記事の続きです。
ここからの工程をざっくり3行で説明しますと

1)チョコを溶かす
2)チョコをアーモンドに絡める
3)ココアパウダーをまぶす

と、とっても簡単な内容です。では行ってみましょー。

チョコレート湯せん

今回使ったのは、meijiの普通の板チョコ、ミルクチョコレート1枚です。
適当にパキパキ割って、湯せんにかけます。
湯せんと言っても、沸騰したアツアツのお湯でなく
40度ちょっとくらいのお湯でじゅうぶんです。
かなり熱めのお風呂のお湯くらいの温度です。

溶かしたチョコ

溶け残りがないよう、なめらかな状態にします。
そうこうしているうちに、キャラメリゼしたアーモンドが冷めてきます。
アーモンドが冷めていない状態でチョコがけの工程に入ってしまうと
なかなかチョコが固まらなくて面倒臭いので、きちんと冷めていることを
確認してから進むべし。

小さいボウルにアーモンドを入れて、
溶かしたチョコを大さじ1~2杯分入れてよく混ぜます。

アーモンドにチョコ投入

ボウルにチョコがこびりついてしまいがちなので、
底からゴムベラでこそげ取りながら アーモンドにチョコをからませます。
投入してすぐは、こんな風( ↑ )にネチネチとした感じだったチョコレートが
だんだん固まってきてこんなふう( ↓ )になってきます。

チョコが固まってきたところ

こうなったら、次のチョコを投入してアーモンドに絡める、というのを繰り返して
チョコがけしていきます。

ここで大切なのが、チョコレートの温度。

あんまりチョコが熱すぎると、せっかくアーモンドの周りで固まったチョコが
再度溶けてしまって収集の付かない状態になってしまうので、
チョコレートは「熱すぎず、固まらず」の温度を保つように気をつけます。

溶かしチョコがだんだんボウルのふちから固まってきたなぁ・・・と思ったら
湯せんに2~3秒当ててすぐお湯から外しよく混ぜる、を数回繰り返せばOK。
「お湯につけっぱなし」は避けた方がよいです。

湯せんから外したら、ボウルの外側の水分をきちっと拭き取ることを忘れぬこと。

チョコ投入完了

チョコがけを何度か繰り返すとこんな感じに。

個人的にはチョコレートたっぷりのアマンドショコラが好きなので、
もっと多めにチョコを用意すればよかったです。
このへんはお好みで。

ココアをまぶす

あとは、ココアパウダーをまぶすだけ。
アマンドショコラの完成です。
カップに入れたり、箱に入れたり、缶に入れたり、袋に入れたり、
お好みのラッピングをすればステキなプレゼントに(*´ω`*)

アマンドキャラメリゼショコラ

ボウルにこびりついたチョコレートも、ココアパウダーをまぶす前に
数秒湯せんをかけてアーモンドの方に付くようにしてあげるとよいです。
が、ここで失敗してせっかく固まったチョコまで溶かしてしまったら元も子もないので、
アマンドショコラを取り出した後、
ホットミルクを注いで ボウルにこびりついたチョコレートを溶かし
ホットチョコレートとして おいしく飲んでしまいましょう。
これで後片付けもラクチン。

これなら、アーモンドのキャラメリゼとチョコを熱くしすぎないことだけ気をつければ
わりと簡単にできるので、たくさん配る「友チョコ」なんかにも良いかもです♪

 

 

テンパリングなしで作れる手作りチョコ アマンドショコラの作り方【キャラメリゼまで】

手作りチョコレートの失敗の多くはテンパリングにある!というわけで
バレンタインには手作りチョコを作りたいけどあんまり自信ない・・・という人には
テンパリング不要のチョコレート菓子がオススメです。

というわけで、今日はテンパリングなしで作るアマンドショコラの作り方をば。

アマンドキャラメリゼショコラ

まずざっくり3行で作り方を説明すると、

1)アーモンドをキャラメリゼする
2)溶かしたチョコレートをアーモンドに絡める
3)ココアをまぶす

はい、これだけ。わー、簡単!!!
では行ってみませう。

まず、皮付きのホールアーモンドを素焼きしておきます。
今回は50gくらいの生アーモンドを買って、170℃で15分くらい火を入れました。
アーモンドの粒の大きさやオーブンのクセによって温度や時間は変わってくるので、
様子を見ながら適当なところで止めること。
見た目の色で判断できればよいのですが、分からなければ
少し冷ましてから食べてみるのがよいです。
面倒くさかったら素焼きしてあるアーモンドを買えばよろし。

シロップを作る

大さじ1の水と、大さじ1ちょいの砂糖を鍋に入れて火にかけます。
これっぽっちの量だと、火が強すぎるとすぐに焦げるので注意。
ちなみに、上の写真でシロップがすでに茶色っぽいのは
キャラメル化しているからではなくて、グラニュー糖がなかったので代わりに
きび砂糖を使用しているためであります。

アーモンド投入

沸騰して、泡が大きくやや粘りのある感じになってきたら、
焼いて冷ましておいたアーモンドを投入。

そのまま火にかけながら、よく混ぜていると じきにシャってきます。

シャってきた状態

シャってきたところ。
こうして結晶化することを「しゃる」というのですが、
これが製菓用語なのか、それとも方言なのか分からんです・・・。
カタカナにしてみたけど、どんな字をあてるのかもよう分からん・・・。

この後も、よく混ぜながら火を入れていきます。
結晶化した砂糖がもう一度溶けて、だんだん焦げてくるので
ほどよいところで火からおろして、オーブンシート等にアーモンドを移すべし。
ここはタイミング勝負なポイントなので、とても写真を撮っている余裕はなかったっス。

アマンドキャラメリゼ

こんな感じになればOK。
レシピによっては、ここで無塩バターを少量投入するものもあります。
バターを入れることで、温度を止める・一粒一粒離れやすくする・風味付け
などになりますが、今回はバターなしで。

単に家にバターがなかっただけなんですけど、ナシでも別に大丈夫です。

熱いうちにバラバラに

そのままにしておくと、冷めてきて表面が固まって
アーモンド同士がくっついたままになってしまうので、
できるだけ熱いうちに粒をバラバラにしておきます。
やけど注意!
しばらく涼しいところに置いて、表面のアメを固める&しっかり冷まします。

チョコがけしなくても、もうこの時点でとってもおいしいです。
試しにひとつ味見しようと思っても、ひとつでは済みませんです。

 

長くなるので、チョコがけ編に続きますー。

 

 

 

手作りチョコレート アマンドショコラはテンパリング不要?

通常、手作りチョコレートを作るときには「テンパリング」という
少々厄介な作業が必要になってくるので、
お菓子作りはあんまりやったことがない・・・という人が挑戦するなら
生チョコがええでー
と以前ご紹介しました。

たまたま見た雑誌に、バレンタイン前ということもあって
チョコのレシピの特集が載っていたのですが、
アマンドショコラ(=アーモンドチョコレート、アマンドキャラメリゼショコラ)が
テンパリングなしでもOK!と書いてあったんですよ。

お菓子屋さんで作るとしたら当然のようにテンパリングはすると思うんですけど、
アマンドショコラなら別にチョコレートのツヤ感とか口溶けとか
さほど重要じゃない気がするし、家で作ってちょっと誰かと食べるくらいなら、
そう言われてみればテンパリング無しでもじゅうぶんかも?

というわけで、試しにテンパリングしないでアマンドショコラを作ってみました。

アマンドキャラメリゼショコラ

結果から言うと、テンパリングなしでもイケます!!

まぁ、アーモンドのキャラメリゼとか、
テンパリングは要らないにしてもある程度の温度調節とかは必要なので
生チョコを作るよりはちょっと難度が上がるかとは思います。
うーん、でも、そんなには難しくないと思うよ。

というわけで、テンパリングなしのアマンドキャラメリゼショコラの作り方を
ご紹介いたしましょう~。

 
⇒ テンパリングの要らないアマンドショコラの作り方(キャラメリゼまで)
⇒ テンパリングの要らないアマンドショコラの作り方(チョコがけから仕上げまで)

 

フェレロロシェがおいしすぎて困る件について

フェレロ ロシェ と言われてもピンと来ない人でも
このパッケージを見かけたことがある人は少なくないのではないでしょうか。

フェレロロシェ

フェレロロシェはなんと1946年にイタリアで誕生した歴史あるチョコレートなんだそうです。
私が初めてフェレロロシェを食べたのはまだぴちぴちだった18歳の頃。
ちょうど製菓学校に通っていたころでした。
高校生くらいのときから見たことはあったんだけど、
ほかに比べてちょっとお高い存在だったので食べたことはなかったんですよねえ。
何かのきっかけで初めての日を迎えて以来、
病気かと思うくらい毎日のように食べてました。
うん、病気だったと思います。フェレロロシェ中毒。
いまでも、うっかりすると罹りかねないので注意が必要です。

チョコレート(ジャンドゥーヤ)、ヘーゼルナッツ、ウェハース。
この組み合わせでおいしくないわけがない。

フェレロロシェ02

金色の包みに、FERRERO ROCHERと書いたシール、焦茶のカップ。
金額で言うと、日本で買って1個だいたい50円くらい?
いっぱい入ってるのだと、ときどきかなり安く買えたりするから
もっと安くなるかと思いますけども。
てことは、たぶんイタリアではもっと安くてとっても身近なチョコであろうと思うのですが、
それにしては何でしょうか、この気品。

フェレロロシェ中身

ROCHER ロシェ=岩 という名前が示すとおり、ゴツゴツしてます。
この時点でもうめっちゃツバ出てます。

1粒の大きさは、親指の第一関節と人差し指でマルを作ったくらいのサイズです。
あくまでも私の手が基準です。人様の参考にならなくてごめんなさい。

フェレロロシェ割ってみた

フェレロロシェを初めて食べて以来 十ウン年、カットしてみたのは初めての体験です。

真ん中にヘーゼルナッツ(ノアゼット)が入っていて、
周りにはジャンドゥーヤチョコレート。
ジャンドゥーヤというのは、うーん、簡単に言えば
ヘーゼルナッツ(等)のペーストとチョコレートを混ぜたものといえばいいのかしらん。
むしろ、ナッツ風味のチョコレートと言ったほうがいいのかしらん。
まあそんな感じのものです。おいしいです。(適当やな(汗))
ウエハースの外にも、ヘーゼルナッツの細かいのとチョコレートでコーティングしてあって
ゴツゴツと岩っぽい感じになっています。

もうね、ヤバイ。超おいしい。

ああ、これ見たことあるけど食べたことないわーという人に告ぐ。
次回見かけたら絶対に買うべし。
3個入りから、5個入り、8個入り・・・30個入りくらいまで入り数のバリエーションも豊富なので
最初は3個入りでもいいのですが、
多分もっと食べたくなるので大きめの箱の購入をオススメします。

食べてみて、なーんだ、別においしくないじゃん?と思ったら私に送り付けてください。
責任取って食べますんで。・・・着払いとかにしないでね。

 

【商品情報】
公式サイト>>http://ferrerorocherusa.com/index.php  (←めっちゃ英語でした)
ここで買えます>>大手スーパー、コストコ、カルディなど

安く買うならこちら>>FERRERO ROCHER (フェレロ ロシェ) 30個入り