HERSHEY’S(ハーシー)のキスチョコ いい意味でも悪い意味でもアメリカ!

最近はそのへんのスーパーやカルディでも見かけるハーシーのキスチョコ。
昔はなかなか売ってなかったのに、ずいぶん身近な存在になりました。
今日はアーモンド入りのキスチョコを久しぶりに食べました。

ハーシーズキスチョコ(アーモンド)

HERSHEY’S Kisses milk chocolate with almonds
何にも入ってないプレーンなタイプも売ってます。でもなんかこっちが好き。

キスチョコ

金色の包みと紙テープがかわいい。
子供の頃はこの包みがすごーく素敵に見えたものです。
あ、しまった。何個入ってるか数えるの忘れました。

ハーシーズキスチョコ

包みを開けるとこんな感じ。
この紙テープは包みを広げやすいように入っているものと思われます。
が、入ってなかったり、短いのが入ってたり、2~3本入ってたりもします。まぁご愛嬌。

キスチョコ中身

中身。スライムのような形をしています。
キスチョコといえばこの形ですが、なんでキスチョコって言うんですかね?

キスチョコ断面図

断面図。アーモンドが一粒入っています。
ハーシーズのキスチョコはなんか独特のニオイがします。
初めて食べたときはあんまり好きじゃなかったけど、
何度か食べているうちにだんだんクセになってきたような^^;

そして、味も日本のチョコレートとはちょっと違います。
けっこう砂糖っぽいです。甘い、っていうか砂糖っぽい・・・。
この味を的確に表すにはなんと言えばよいのだろう。

「日本のチョコレートの味を求めて食べるとおいしくないけど、
異国情緒を思いつつ食べるとそこはかとなく美味」な味わいです。
たまーに食べたくなる感じです。

んでもって、中のアーモンドはまるっと1粒入っているものが多いんだけど
割れたのが入っていたり、中には2粒入ってたり、とけっこう適当です。
さすがアメリカだよ。とりあえず入ってないのはなかっただけ立派だと思うよ。

 

【商品情報】
公式サイト>>ハーシーチョコレート
ここで買えます>>大きめのスーパーマーケットなど

ここでも買えます>>ハーシーキスチョコ アーモンド

 

 

 

ブルボン ほろ和菓ごま ほろっと崩れる不思議な食感のチョコレート菓子

黒ごまのアイスクリームとか、黒ごまプリンとか
胡麻系のスイーツってめちゃめちゃ美味しいと思う・・・(*´ω`*)

そんな黒ごまとチョコレートが出会っちゃったというお菓子を食べてみました。

ほろ和菓ごま

ブルボン ほろ和菓ごま です。
チョコっとなごむ、和スイーツ。だそうです。

なんか新しいお菓子出たんだな~とは思ってたんですけど、
このパッケージから「チョコレート菓子」だとは思ってませんでした。
同シリーズで「きなこ」もあったので今度食べてみよう・・・。

個包装

箱の中は個包装になったお菓子が10個入っています。
黒い包みに梅の文様。シックな感じですなー。

ブルボンほろ和菓ごま

袋から出すと、これまた梅型のかわいらしいお菓子が。
なにこれ、カワイイ。
色が黒ごま色で、ちょっと見た感じこんにゃくとかコンクリートっぽいけどカワイイ。

ほろ和菓ごま中身

ちなみに大きさもかわいいのであります。
一口サイズです。

断面

割ってみたところ。
ほろ和菓の名前のとおり、ほろっと割れます。
この断面から「ほろっと感」が伝わるでしょうか。

食べてみると、クッキーのような、黒ごまホワイトチョコレートのような、
なんとも変わった食感と味わいです。
ソフトクッキーのような粉っぽい感じもありつつ、口の中でほろっと崩れ
あれ?でもチョコレート・・・。という非常に表現しがたい感じなのですが
なんだろう・・・不思議においしい。
ごまの風味がけっこう強くて、なのにチョコレートで、でもクッキーで、なのに和っぽくて
うーん、うーん、不思議だ。でもちょっとクセになりそう。

ほろ和菓きなこも期待できそうです(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>ブルボン ほろ和菓ごま
ここで買えます>>全国スーパー、コンビニなど

オトナ買いするなら>>ブルボン ほろ和菓ごま×5入

 

 

LeTAO(ルタオ)のプチショコラストロベリーは女心をくすぐる苺チョコ

LeTAOといえば今やすっかりチーズケーキでおなじみですが、
もともとはチョコレートを得意とするお菓子屋さんだそうです。

ルタオのチーズケーキ、おいしいよね(*´ω`*)でもやっぱりチョコも興味があって
食べてみました。

ルタオプチショコラストロベリー

プチショコラシリーズのストロベリーです。
台形?のプラスチックのケースに入ってるので、このままちょっとしたプレゼントとかにも
良さそうな感じです。

フリーズドライのイチゴをホワイトチョコでコーティングしたお菓子は
他メーカーさんでもあるけれど・・・

いちごチョコ

ルタオのイチゴ入りチョコは赤いんです!かわいいー(*´ω`*)
赤というかピンクというか、こういうイチゴ入りチョコは初めてだわー。
一粒の大きさはけっこう小ぶりの一口サイズです。
無印のホワイトチョコがけイチゴとかは(無選別だから)たまにすごくでかいのとか
入ってるけど、LeTAO のは全体的に小ぶりです。

いちごチョコ断面図

断面。フリーズドライのイチゴがまるごと入ってます。
この表面の赤いのはイチゴパウダーの赤さなんだけど、これがけっこう酸味があります。
なので口に入れると最初は酸っぱくて、噛むとホワイトチョコの甘さがふわっと広がって

酸っぱい!⇒ 甘い! ⇒ 甘酸っぱい~(*´ω`*)

という3段階の美味しさを味わえます。なかなか美味。
おいしいのでもっとたくさん入ってるといいのに。

甘酸っぱくて赤くてかわいいイチゴチョコは女性ウケが良さそうなので
友チョコにも喜ばれると思います^^

 

【ルタオ プチショコラストロベリー商品情報】

公式サイト>>小樽洋菓子舗ルタオ
ここで買えます>>LeTAOオンラインショッピング

 

 

ブルボンのチョコあ~んぱんの変わらない懐かしいおいしさ

ちょっと体調が思わしくなかったので、お菓子を少し控えておりました。
数日振りの甘いもの。
その栄えあるお菓子に選ばれたのはっ!

チョコあ~んぱん

ブルボンの「チョコあ~んぱん」です。
時々無性に食べたくなるチョコレート菓子のひとつです。

これ、昔からあるよね。パッケージのリニューアルなどはされていると思うのですが
おひげのパン屋さんのイラストでおなじみです。

私の子どもの頃からあるということはかなり長い歴史があるお菓子だと思われます。

ちょこあんぱん

裏面の絵柄と中袋。
昔からあるちょこあ~んぱんですが、子どもの頃はあんまり食べたことがなくて、
どちらかというと食べたい憧れのお菓子」的な存在でした。
友達の家でいただいたりして、「美味!」と思った記憶が・・・。
ウチの母のお菓子の選択肢にはチョコあ~んぱんは入っていなかったらしい。

ちょこあーんぱん中身

その憧れのお菓子の中身。

チョコあ~んぱんという名前のとおり、あんパンを模したチョコレート菓子です。
チョコパンなのかアンパンなのか、微妙なネーミングですが
言いたいことは分からんでもない。

ちょこあんぱん断面

チョコあ~んパン断面。
公式サイトによると、チョコあーんぱんは

ソフトなチョコ入りパンだよ!
ちいさくてかわいいひとくちサイズのパンにソフトなチョコレートクリームをたっぷり充填しました。 なめらかなチョコクリームとソフトなパンがマッチしたちいさなパンです。

とのことですが、パン部分はソフトというよりもっさもっさとした食感です。
でもむしろそこがイイから不思議。
チョコクリームだってけっこうチープな味なんですけど、むしろそこがイイ。
ていうかチョコあ~んぱんに豊かなカカオの香りとか求めてない。

ポッキーやきのこの山などがどんどん値上がりしていった中、
今も100円以下で買えるのも嬉しい。内容量だいぶ減ってると思うけど。

 

【商品情報】
公式サイト>>ブルボン チョコあ~んぱん
ここで買えます>>スーパー、コンビニなど

楽天でオトナ買いする>>ブルボン チョコあ〜んぱん

Amazonでオトナ買いする>>ブルボン チョコあ~んぱん

 

伊藤久右衛門の宇治抹茶チョコレートバーはプレゼントにも喜ばれそう♪

なんか無性に抹茶系のお菓子が恋しい今日このごろ。
なんでしょう・・・体がカテキンを欲してるんでしょうか。

伊藤久右衛門抹茶チョコレートバー

京都のお茶屋さん、伊藤久右衛門の宇治抹茶チョコレートバーです。
レトロモダン的な缶入りでカワイイ。小さめの茶筒の大きさです。
大げさにならない ちょっとしたプレゼントにも良さそうな見た目。

抹茶チョコバー

中には個包装になったチョコバーが入っています。5本入り。
中のパケもこじゃれておりますなぁ。

まっちゃチョコバー中身

中身。 とっても抹茶色です。6.5cm弱×2cm弱×1cm弱くらい。
けっこう小ぶりです。
二口でいけるくらいの大きさ。

抹茶チョコ断面図

見た感じ、固めのチョコバーかと思いきや、簡単に手で折れるくらいです。
食感も、口の中でほろっと崩れていくような感じ。
モルトパフやアーモンドの粒々がよいアクセントになっています。
そしてなんといっても濃厚な抹茶の香りと味わい。美味(*´ω`*)

見た目といい、中身といい、外国の方への贈り物にもよいかも~。
いや、いませんけど。 外国人の知り合いとか。

 

【商品情報】
  公式サイト>>京都・宇治 伊藤久右衛門
こちらでも買えます>>宇治茶 伊藤久右衛門 楽天市場店

 

濃厚抹茶味!伊藤久右衛門の宇治抹茶生ちょこれーと

抹茶風味のお菓子って、なんであんなにおいしいのでせう。
抹茶アイスとか抹茶クリームとか抹茶ケーキとか抹茶チョコレートとか。

伊藤久右衛門生チョコ

こちらは京都 伊藤久右衛門の宇治抹茶生ちょこれーとでございます。
和紙のラッピングも素敵。ちょっとしたプレゼントやバレンタイン向けにもよさそうです。

いや、私は自分で買って自分で食べるけど。

抹茶の生チョコ楊枝

高級そうな爪楊枝入り。心憎いサービスです。

ああ、あれか。爪楊枝って言っちゃいけないのか。
黒文字と呼ぶべきなんですかね。

抹茶風味生チョコ

開けてみたところ。すでにおいしそうな香りが漂っております。
5個×4列で20個入りです。
抹茶のパウダーがまぶしてあります。

伊藤久右衛門

ひと粒の大きさは だいたい2.5cmちょい×1.5cm弱×1cmちょい といった感じです。
ものすごいざっくりした測り方。
一口でぱくっといける大きさです。

早速食べてみますと、めっちゃ濃厚な抹茶味!!美味(*´ω`*)

伊藤久右衛門氏抹茶生ちょこれーと

断面図。
外には抹茶の粉末がまぶしてあるので緑色なのはもちろんですが、
中もしっかり緑色です。
石臼で挽きあげた宇治抹茶をふんだんに練りこんであるそうですが
この濃厚な味わいはかなりクセになりそう。
近所に売ってたら週1くらいで食べたい。
幅広い年代に愛されそうな抹茶風味の生チョコです。

 

【商品情報】
公式サイト>>京都・宇治 伊藤久右衛門
こちらでも買えます>>宇治茶 伊藤久右衛門 楽天市場店

 

 

どこから食べる?どっちが頭?魅惑のチョココロネ

チョココロネといえば、昔からある菓子パンの一種で
時折無性に食べたくなるチョコレートパンです。

チョココロネ

今回は最寄のショッピングセンター内にある麻布十番 モンタボーにて購入しました。
ここはいつもけっこうしっかり焼き色が付いていて、私好みのチョココロネです。

ところで皆さんにとって、チョココロネの頭はどっちで お尻はどっちですか?
太い方?細いほう?

どっちから食べる

私は(2)の方が頭で、(1)がしっぽだと思ってました!(お尻じゃないよ、しっぽだよ)
そして、(2)のチョコクリームたっぷりのほうから食べる派です!

世の中には、(1)が頭で(2)がお尻だと思っている人も多いらしいです。
お互いの認識がズレてたら会話にならんやないか。

「ねぇねぇ、チョココロネ、どっちから食べる?」
「私は頭(1)のほうからかな~」
「私も~!やっぱ頭(2)からだよね!実はコロネ持ってるんだー食べよう!」
「ありがとう!いただきまーす!(1から食べる)」
「えっ」
「えっ」        みたいな・・・。(どんな設定や・・・)

また(1)の細い方から食べるという人も少なくないことを知りちょっと驚きました。
食べにくくないか???
細い方から食べる派から見たら太い方から食べるのは食べにくそうなのか???

チョココロネ02

食べ方はともかく、おいしいチョココロネ。
渦巻き型のパンにチョコクリームが入っているという単純な形だけに
お店やメーカーによって味が違うのもまた楽し。

ああ・・・明日も買ってこよう・・・(*´ω`*)