憧れのオトナのお菓子 ブルボン シルベーヌ

大人になって良かったなぁと思うことは、
子供の頃はなかなか買ってもらえなかったお菓子を自分で買えるところ。

・・・小さい。あまりにも小さい。

シルベーヌ

かつては高嶺の花だったシルベーヌだって買えちゃいます。
・・・ていうか、シルベーヌって意外とお酒が効いてるから、子供の頃は食べられなかった
というのもあるんですけど、「高級で憧れのお菓子」であったことには間違いないです。

このシルベーヌ、なんと誕生30周年を迎えたそうですよ!
ロングセラーだね!そういえば、昔は似たようなお菓子がいろいろあったと思うけど
こうして今もそのまま残ってるのってシルベーヌぐらいなのでは?

シルベーヌ中身

袋を開けたところ。プラトレーにお行儀よく並んでいます。6個入り。
甘い香りがたまらんです。

大きさ

この薄紙もなんとなく高級感があるような気がして憧れでした。
ケーキじゃないのにケーキみたい!みたいな。いや、ケーキと言えばケーキなんだけど。

シルベーヌ断面図

シルベーヌ断面図。
ふわっとしたスポンジにクリームがサンドしてあります。
上の丸いチョコの中にはレーズンが入っています。全体的にオトナの味。
市販のお菓子としてはけっこうお酒が効いているので、お子さま向けではないのは確か。
最近はシルベーヌのファミリーパック(ミニサイズがいっぱい入ってるやつ)みたいなのも売ってるけど、あれもお酒が入っているのでしょうか?

ファミリーパックを見ると、シルベーヌがいっぱい入ってるううううーーー!!!
しかもバニラとココアの2種類の味!!!買おうかなっ♪♪♪と毎回思うのですが、
未だ1度も買ったことがありません。
だって、ファミリーパックのシルベーヌは上にレーズンが乗ってないんだもの。
これがなきゃシルベーヌじゃないやないか!!と思ってしまう。
・・・シルベーヌの価値や魅力ってあのレーズンに集約されてるのかしら・・・汗
(かといって、「レーズンチョコ」として売っているものを見ても食指が動かない・・・)

 

【商品情報】
公式サイト>>ブルボン シルベーヌ詳細
ここで買えます>>全国スーパー等

オトナ買いするなら>>ブルボン シルベーヌ 5箱入

 

VALOR(バロール)ミルクチョコレート スペインの定番チョコ

ヨーロッパのチョコレートといえば、スイスにベルギー、ドイツ、イタリア、フランスと
おいしいのが盛りだくさんですよね。
今回、はじめてスペインのチョコレートを食べました。

VALOR(バロール)のミルクチョコレートです。

バロールミルクチョコレート

カルディでたまたま見かけて買ったのですが、バロールは1881年創業と歴史も古く、
スペインでもとっても有名なチョコレート会社だそうです。
デパ地下やスーパー、空港などでもどこでも売っている定番チョコレートのようですよ。

バロール板チョコ

中身。
アルミ箔で包まれたチョコレートは、わりとフラットで繊細な模様が描かれています。
やや溶けかけたものを冷蔵庫に入れておいたせいで、少々見苦しい感じになってます。汗

スペインミルクチョコレート

かなり甘めでミルク感たっぷりの板チョコです。美味。
ややなめらかさに欠けるきがしないでもないけど、それはもしかして保存状態が悪かったせいかもしれません・・・。

公式サイトを見ると、すごく豊富な種類がある模様です。
いろいろ食べ比べてみたい・・・。
いつか、ヨーロッパチョコレート巡り旅行とかしてみたいなー(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>VALOR (スペイン語です・・・汗 下の方で英語版も選べます)
ここで買えます>>カルディコーヒーファームなど

森永小枝チョコレート ミルクキャラメル味

小枝のミルクキャラメル味を買ってみました!
黄色い箱でおなじみの森永ミルクキャラメルはなんと100周年を迎えたそうです。

小枝キャラメル味

100周年を記念したコラボなのかな?
森永の定番チョコレート菓子の小枝がミルクキャラメル味になっちゃいました。

小枝個包装

個包装。4本×12袋入りです。
個人的には、昔のトレーにざっくり入ってたほうが好きだったんですけど、
今は個包装のもの多いよね。
世の中のニーズとしては、こちらの方が主流なのかしらん。

小枝

パッと見た感じはホワイトチョコでできた小枝、という様相です。
でも香りがふんわりとキャラメル。色もやや黄色っぽい?

キャラメル味

食べてみると、食感はいつもの小枝なのにキャラメルの味わいと香りがして
ちょっと不思議な感じ。でもおいしい。
少々香料っぽい香りが気にならんでもないけど、全体的にはまぁまぁです。

でも、この小枝もいいけど、森永のミルクキャラメルのコラボものの中だと
キャラメルクッキーがピカイチだと思う!
あれはちょっとクセになる感じ(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>森永小枝チョコレート 公式サイト
ここで買えます>>全国スーパー、コンビニなど

オトナ買いするならこちら>>森永製菓 小枝ミルクキャラメル味48本×10個入

とろうまっ!湯田牛乳の濃厚チョコレートブリュレ

濃厚に甘いものが欲しいいいぃぃーーー!!!というときに
タイミング良くとってもいいものをいただきました。

チョコブリュレ

湯田牛乳公社のチョコブリュレです。
ホルスタイン柄の箱に入っています。
3種セットでお取り寄せしたからチョコのをあげる、という太っ腹なHさんのおかげで
おいしいものにありつけました。ごちそうさまです。

2つ入り

ふたつ入りです。
冷凍状態なので、箱の裏の解説どおり冷蔵庫で3時間を目安に解凍します。

湯田牛乳チョコブリュレ

解凍したところ。
ココアパウダーがかかった、チョコレートプリンといった様相です。
ブリュレ(brûlée=焦がした)してないのに、チョコブリュレとはこれいかに。
このココアパウダーが焦げ目に見立ててあるという意味なんでしょうか。

チョコブリュレ器

アルミ製っぽい浅型の容器です。ひとつ100g。
同シリーズの2品(クレームブリュレ、チーズクリームブリュレ)はちゃんと
上がキャラメリゼしてあってブリュレになっているそうなので、
単にシリーズとして名前を統一したってことなのかも。

食感

表面は色が濃く、やや固くてどっしり系なのかな?という印象だったのですが
スプーンを入れてみてビックリ、とってもやわらかいです。
とろとろで、チョコレートと生クリームの味が濃厚で、これは美味!!!
原材料も、生クリーム、牛乳、加糖卵黄、チョコレート、砂糖、全卵、ココアパウダー
と、要らない化学成分はなく、安心して食べられます。
表面のココアパウダーは苦味がありますが、全体的には子供ちゃんでも
食べられる味だと思います。
んー美味。また食べたい。なのに、なかなか手に入るところがないのが辛い。

 

【商品情報】
公式サイト>>湯田牛乳公社
ここで買えます>>湯田牛乳 3種のブリュレセット

きのこの山?たけのこの里?どっちが好きですか?

チョコレートのブログを始めた以上、この2つのチョコレート菓子について
語るのを避けるわけにはいくまい。
・・・いや単にたまたま安くなってたからなんだけど。
いつもは両方いっぺんに買うなんてセレブなこと(?)しないし。

きのこたけのこ

というわけで、きのこの山とたけのこの里です。
昔からあって、昔から変わらずおいしいチョコレート菓子です。

きのこ派?たけのこ派?なんて聞かれることもありますが
どうしてもどちらかを選ばなければならないとしたら、私はきのこ派です。
実際、自分の購入率は3:1くらいできのこの山が優勢です。

しかし、きのこの山とたけのこの里はよく似ているようで
それぞれまったく違う系統のお菓子だと思っているので、どっち派?というのも
なかなか難しい質問ですよねえ。

きのこの山

きのこの山は、マイルドなチョコレートとサクッとしたクラッカーの組み合わせ。
チョコレートを先に楽しんだり、チョコレートとクラッカーを同時に楽しんだりできるのも
きのこの山のよいところ。

たけのこの里

対してたけのこの里は、チョコレートとクッキーが渾然一体となった味わいが特徴。
甘いチョコレートと甘いクッキーの組み合わせなので、
疲れているときなどに食べるとめっちゃ癒されます。

私の中では
  きのこの山⇒ チョコレートにクラッカーが付いたお菓子
  たけのこの里⇒クッキーにチョコレートが付いたお菓子
なので、このふたつを比べてどうこう言うのは非常に難しいと思うのです。
どっちもそれぞれおいしいのじゃ。

きのことたけのこ

両方いっぺんに楽しめるなんて、贅沢だわ~(*´ω`*)

最近はアソートパックという魅惑的なものがあるので、
どっちも好き派としてはうれしい限りです。
でもアソートパックは小さい1袋に5個ぐらいずつしか入っていないので
モリモリ袋をあけてしまうところがちょっと難点です・・・。

 

【商品情報】
公式サイト>>meijiきのこの山たけのこの里ブランドサイト
ここで買えます>>全国スーパー、コンビニなど

オトナ買いするなら>>送料無料■明治製菓きのこの山&たけのこの里20箱セット

 

 

ブルボン ほろ和菓きなこ チョコなのか、きなこなのか、不思議にクセになる味わい

先日食べてみた「ほろ和菓 ごま」がけっこうおいしかったので
同シリーズの ほろ和菓子 きなこ を買ってみました。

ほろ和菓きなこ

きなことチョコレートって・・・???と かなり意外な気もするんですけど、
ごま+チョコも意外だけどおいしかったんですよねえ。
きなこと言えば、お団子やお餅、おはぎ・ぼたもちなんかが一般的ですが
意外とヨーグルトとかにも合うし、期待。

きなこ個包装

箱を開けると、個包装になったものが10個入っています。
黒ごまのときは全体的に黒っぽいデザインでシックな感じだったけど、
きなこのほうは優しいイメージです。

ほろ和菓きなこ中身

中身。梅型の一口サイズです。
きなこは色的にも、一見普通のクッキーみたいです。カワイイ。

ほろ和菓断面

割ってみたところ。断面から「ほろほろ感」が伝わるとよいのですが。
これまでにあまりなかったような食感なので、非常に表現しにくいのですけども、
焼く前のクッキー生地を食べた時の感じに似ています。
しっとり系のソフトクッキーのようでもあります。
生っぽさ・粉っぽさがあるようで、でも口の中で柔らかにほどけていくようです。
ホワイトチョコベースに濃厚きなこな味わい。不思議だけど美味。

また買うかもです。あ、でも次はまた ごまの方かなぁ。

 

【商品情報】 公式サイト>>ブルボン ほろ和菓きなこ
ここで買えます>>全国スーパー、コンビニなど

オトナ買いするなら>>ブルボン ほろ和菓きなこ 5入

 

 

Witor’s Bianco Cuore(ウィターズ ビアンコ クオーレ)甘い!クリーミー!サクサク!

以前食べた板チョコがおいしかったWITOR’S(ウィターズ)。
一口タイプのチョコが売ってたので買ってみました。

Witor’s Bianco Cuore(ウィターズ ビアンコ クオーレ)という名前です。

ウィターズ

パッケージの絵を見てからに非常に甘そう。
イタリアのチョコだし、ビックリするぐらい甘いに違いないです。
疲れたときにガッツリ行きたい感じでございます。

ビアンコクオーレ

ポップな感じの個包装。ガサガサとでかいです。
110g入りです。ああ、また何個入ってるか数えるのを忘れてしまった・・・。
だいたい10個前後だったように思われます。

ウィターズ中身

包みを開けてみたところ。
今日は少々暑かったもので、若干表面が柔らかくなっております。
写真撮る前に冷蔵庫に入れておけばよかったなー。

大きさは一口サイズです。日本の一般的な一口サイズよりはやや大きめかな。

witors断面

断面図。
ただでさえ少々やわらかくなってるところを温めたナイフで切ったので
中の白いところが大変クリーミーな感じになってしまっております。

食べてみると、甘い!非常に甘い!!でも美味!
外側はミルクチョコレート、中はホワイトチョコというよりもミルククリーム的な味わいです。
冷やしてから食べてみたところ、「クリーム」というよりはもう少し固くなっていたけど
口の中ですぐに柔らかくなりぶわっと甘さが広がります。
中にクリスプが入っているのですが、それがすっごくサクサクしています。
チョコレートのクリーミーな感じと、サクサクのクリスプの歯ごたえが楽しいです。

かなり甘いので、2~3粒でやめとこうかな、と思える満足感があります。
いや、行こうと思えばもっと食べられますけども。
コーヒーと一緒に食べてるとエンドレスかも・・・。

カルディでは110g入りしか売っていなかったのですが、
コストコでは1kg入りもあるそうです。なにそれ、うらやましい。

 

【商品情報】
公式サイト>>WITOR’S(めっちゃイタリア語。右上で英語も選べます)
ここで買えます>>カルディコーヒーファーム、コストコなど

1kg入りを楽天で買う>>ウィターズ Bianco Cuore 1kg
1kg入りをAmazonで買う>>WITERS BIANCO CUORE 1kg

 

 

ぞうさんのマークがかわいいコートドールタブレット(ミルク)

いろんなチョコレート菓子を食べるけれど、やっぱり板チョコは素晴らしい。
おなじみコートドールのミルクチョコレートです。

コートドール板チョコ

Cote D’Or(コートドール)はチョコレートの本場ともいえるベルギーで
120年以上の歴史を持つブランドです。
それなのにわりと身近な存在。ブラボー。

二枚入り

この象さんの絵がトレードマークのパッケージはけっこう昔から見ますよねー。
板チョコのわりにはまぁまぁのお値段なのですが、2枚入ってるのでけっこうお得。
しかも1枚がけっこう分厚くて食べ応えがあるのです。

コートドール中身

中身。
日本の板チョコと同じく銀紙に包まれていますが、日本の薄ーいアルミとちがって
やや厚ぼったいまさに「銀紙」な感じな包装が好きだ。

ぞうさんのマーク格子状ではなくスティック状に
割れるようになっています。
チョコレートにもぞうさんの絵が。
カワイイ。

なぜ象さんのマークなのかというと、
理想のカカオを求めて辿り着いたのが
「コートドール(金の海岸)」
今のガーナあたりで、アフリカの象徴である 白い象をシンボルマークにしたんだそうです。

・・・単にカワイイからじゃないんですね。
創業者が象が好きだからとかかと思った。

コートドール1本

けっこうミルク感がしっかりしていて、ねっとりした味わいで好み。
ベルギーのミルクチョコレート!!って感じです。
日本の普通の板チョコはかなりクオリティが高いと思うし、日本のチョコがベストな人には
合わないかもしれないけど、ベルギーやスイスのチョコレートのネットリした甘さは
また違ったおいしさで大好きです。

これがわりと身近に手に入るなんてうれしすぎる・・・(*´ω`*)
でもイナカでは種類は限られてるんよねー。ミルクとビターくらいしかない!
ジャンドゥーヤが食べてみたいです。

 

【商品情報】
公式サイト(輸入者)>>コートドール
ここで買えます>>カルディ、大手スーパーなど

ここでも買えます>>コートドール・タブレット 150g ミルク

 

ハートブレッドアンティークの天使のチョコリング(マジカルチョコリング)は罪な存在・・・

最近はお店も多くなったし、時々SCとかの催事でも手に入るようになった
ハートブレッドアンティークの天使のチョコリング。

天使のチョコリングのほうが知られているかもしれませんが
大人の事情によりマジカルチョコリングに改名したようです。

マジカルチョコリング

マジカルチョコリングのSサイズを購入。
お店で見たところSサイズが直径15cmくらい、Mサイズが直径18cmくらいでした。

天使のチョコリング

なかなかいい色に焼けております。
デニッシュ生地はよく焼けてないとおいしくない。合格。(←なんか偉そう)

チョコリング断面

切ってみたところ。
チョコチップが半分溶けて再度固まった感じにたっぷり詰まっています。
生地は外がけっこうバリッとしてていい感じです。

アンティークチョコリング

たっぷりのチョコチップと、ところどころに散りばめられている胡桃の相性がよいです。
デニッシュに使われているのはバターではなくマーガリン(だと思われる)で
重すぎずモリモリ食べられます。
オーブントースターでちょっと温めて食べても美味。
(個人的には温めない方が好きだけど。サンマルクカフェのチョコクロも温めないで欲しい派)

・・・しかしこれは非常に危険だわ。
炭水化物×油脂×糖分たっぷりで非常にカロリーが高そうな味です。
それがたまらんのですけど、うっかり食べ過ぎるとカツ丼並みにすぐ太れそう。

チョコリングのリング

チョコリングの袋の口はこんなカワイイ紙のリングで留められていました。
裏にはおいしい食べ方やおいしく食べられる期間(涼しいところで3日間)などの案内と
チョコリングの売上の一部はユニセフを通して東日本大震災の復興支援と
世界の子供たちのために使われます、という案内が書かれています。

このタグを30枚集めるとチョコリング1個プレゼントだそうですが
30個消費するってけっこうすごいと思う・・・。
集まるまでにめっちゃ体重増えそうですw

 

【商品情報】
公式サイト>>ハートブレッドアンティーク マジカルチョコリング
ここで買えます>>全国アンティーク店舗、ショッピングセンター催事など

ここでも買えます>>マジカルチョコリング&とろなまドーナツ