トルコみやげのピスタチオチョコレートULKER(ウルケル)

はなちゃんにもらったピスタチオチョコレート。
ULKER(ウルケル、ホントはUの上に点々)というメーカーだかブランドだかの
ピスタチオチョコです。(なにせトルコ語なのでよく分からない)
鮮やかな黄緑色のパッケージが素敵。

ulkerピスタチオチョコ

正方形の板チョコと、コンビニとかに売ってそうな箱入りチョコです。
箱入りのほうはピスタチオの写真とCIKOLATAの文字で
多分ピスタチオチョコであろうことは分かるものの、中がどうなってるのか
よく分かりません。
箱を振るとゴソゴソと音がするので板チョコなのかチョコボール的な感じなのか?
と思いつつ開けてみると1枚ずつ個包装になった一口タイプのチョコでした。

ULKER一口チョコ

8枚入り。
中の包みも鮮やかな緑色。

ウルケル一口チョコ中身(ブルーム)

開けてみたら、がっつりブルーム出ちゃってました・・・汗
保存状態が悪かったかなあ。申し訳ない。

一口チョコ断面図

中には、細かく刻んだピスタチオが入ってました。
トルコではきっとピスタチオが、日本でいうピーナッツ的な身近さなんでしょうね~。
千葉八街の落花生、みたいにピスタチオの名産地もありそう。

ウルケルチョコ

板チョコのほうは、8~9cmくらいの正方形でごつっと厚みがあります。
これまたちょっとブルーム出ちゃってました。汗

ピスタチオチョコ断面図

こちらはごろんごろんとピスタチオが入ってます。
ピスタチオらしさが引き立つのはやっぱりこっち(*´ω`*)

いつかトルコも行ってみたいです~。(そしてピスタチオチョコを集めたい)

 

【商品情報】

唯一見つけられたネットで売ってるところ>>トルコ生活雑貨店 Turquoise

 

明治 ダークラムチョコレート

お酒の味は好きなのに身体がアルコールを受け付けないという
少々面倒くさい体質なので、お酒の強いお菓子もあんまり食べられません。
が、私の大好きなラム×チョコの組み合わせを見てしまったら買うしかないじゃない。

明治ダークラムチョコ

なんだかずいぶん青っぽく写ってしまいましたが、紫色のオトナっぽいパッケージです。
最近いろんなシリーズで見かける「パーソナルサイズ」のコンパクトな大きさ。
「やすらぎを感じたいあなたへ」
「熟成された甘く優美な香り」
・・・やすらぎを感じたいよ、私も(*´ω`*)

6スティック入り

箱を開けると、個包装になったスティックが6本入ってます。

ダークラムチョコ中身

スッとした細身の形状のチョコレートが入っております。
開けただけでかなりぷーーーんとラム&チョコの香りがします。
香料っぽさはあるけども、まぁよい香り。

断面図

中にとろり、なタイプとかラムレーズンが入っているようなタイプじゃないので、
割っても普通にチョコレートです。

色から見ても分かるように甘めのミルクチョコ です。
ミルクチョコ×ラムはおいしいけど、もうちょっとダークなチョコでもいいかも。
アルコール分は2.2%ですが、1~2本くらいならなんともないけど
3本くらいでごくわずかにカラダに影響がでます。汗
お酒が平気な人なら(というか普通のオトナなら)多分全然なんともないに違いない。
お子ちゃまにはオススメできません。

 

【商品情報】
公式サイト>>meiji ダーク・ラム チョコレート
ここで買えます>>全国スーパー、コンビニなど

 

 

ピープルツリー プラリネミルクチョコレート(フィリングタイプ)

大好きなピープルツリーのフェアトレードチョコレートの季節です。
乳化剤不使用で溶けやすいから、秋冬しか食べられないだけに
手元にあるとほんとホクホクしてしまいます(*´v`*)

ピープルツリー板チョコ

いま手元にあるのはこの3つ。
フィリングタイプのラム、カプチーノ、プラリネです。
ラムミルクチョコレートの感想はこちら

プラリネミルクチョコレート

今日はプラリネミルクチョコレートを食べてみることにしました。
プラリネというのはチョコレートにヘーゼルナッツのパウダー(またはペースト)を
練りこんだものです。
チョコ+ヘーゼルナッツ。最強の組み合わせ。

フィリングタイプチョコ中身

かわいい図柄の紙を開くと、中は白いフィルムで覆われています。
フィリング(詰め物)の入ったタイプなので、けっこう分厚くてどっしりしてます。
そして、すでにとっっってもいい香りがしていますー!!

フェアトレードチョコ

つややかで美しい表面。 ああ・・・至福(*´ д`*)
早く食べたい気持ちを抑えて、とりあえず断面写真を撮ってみました。

プラリネチョコ断面図

断面図。
茶色いクリーム(といってもトロリとしているわけではありませぬ)が詰まっています。
口の中に入れると、ミルクチョコレートの風味とヘーゼルナッツの香りが
ぶわっっっと広がって、そりゃもうね、美味!!!!!としかいいようがありません。
いやーーーなんでこのシリーズこれまで食べたことなかったんだろ。
もっと早くから知っていればーーー!!!と思うくらいおいしいです。
ヨーロッパ系のミルク感たっぷりのチョコだし、黒砂糖使ってるので
人によっては好き嫌いがあるかもしれませんが、私はメロメロです(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>People Tree(ピープルツリー)
ここでも買えます>>PeopleTree (ピープルツリー) フェアトレード チョコレート

 

 

不二家LOOK2つの栗 ふんわり栗クリームとサクサクモンブランクリーム

チョコと相性のいいものっていろいろあります。
チョコとナッツは言うまでもなく、チョコ×バナナ、チョコ×オレンジ、チョコ×イチゴ味、
チョコ×コーヒー、チョコ×フランボワーズなどなどなど。(無限に続きそう)

その中でも私がけっこう好きな「チョコ×栗」の組み合わせ。
しかも2種類入ってる。
不二家のLOOK2つの栗です。

LOOK2つの栗

こういう期間限定モノは普段あんまり手を出さないようにしているのですが
なんとなく買っちゃいました。

2つの栗パッケージ

2色の包み紙に包まれたチョコ。10枚入りです。
金色の包みのほうが「ふんわり 栗クリーム」、
青色の包みほうが「サクサクモンブランクリーム」だそうです。

FUJUYA

大きさはよくある一口サイズのチョコのあの大きさです。
どちらのフレーバーも同じ「FUJIYA」の文字入り。

二つの栗断面図

断面図。
栗クリームのほうは黄色いクリームが、モンブランクリームのほうは茶色くて
中に細かいクッキーのようなものが入っています。

どちらもかなり人工的な香りがする・・・。
季節物として楽しむぶんにはよいかもですが、正直私は1回で満足だな^^;
どちらかといえば黄色いクリームの「栗クリーム」のほうが好きです。

 

【商品情報】
公式サイト>>不二家LOOK
ここで買えます>>全国コンビニ、スーパーなど

 

 

Nestle(ネスレ)トルコのピスタチオ入りチョコ2種

引き続き、はなちゃんのトルコ土産ピスタチオ入りチョコです(*´v`*)

今日食べたのは、ふたつともNestle(ネスレ)のピスタチオチョコです。
ネスレってどこにでもあるのね。
どこの会社なのかと思ったら、元々はスイスの会社だったんだ Σ(゚д゚ )

nestleピスタチオチョコ

どっちもネスレで、どっちもピスタチオ入りチョコなんですが
商品名がどれなのか(奥のは「damak」が商品名でいいのか?)とか
さっぱり分かりませんです。トルコ語・・・汗

ピスタチオチョコ2種

紙包みの中には、色のトーンとプリントの違う銀紙(いや金紙)に包まれた
チョコが入っているのですが、中身は両方とも「Nestle」模様になってます。
包みは違うけど同じものなのか!?

ネスレチョコ

バラしてしまうともはやどちらがどちらか分かりません。汗

ピスタチオチョコ断面図

でもね、なんとなくですが「damak」のほうがピスタチオがいっぱい入ってて
「damak」のほうがミルク感たっぷりな感じでした。・・・ほぼ変わらん気もするけど。
どっちもおいしかった(*´▽`*)
やっぱ、日本でもピスタチオ入りチョコは売るべきだと思うの。

 

話は変わりますが、先日予約注文しておいたピープルツリーのチョコ
届きましたーーー♪

ピープルツリーチョコ

全種買おうかと思ったところをグッと抑えて、フィリングタイプの3種類を買いました。
これまたじっくり食べたいと思います。
今 家にチョコがいっぱいある・・・(*´ω`*)しあわせ・・・