JEAN-PAUL HEVIN(ジャンポールエヴァン)新宿伊勢丹のバー(カフェ)のケーキ

東京出張の際、新宿伊勢丹B1Fにあるジャンポールエヴァンのカフェに行ってきました!すごく混んでいてすぐには入れない状態でしたが、せっかくの機会なので少し待ってでも入りたい!と並ぶことに。

待っている間にメニューを見せてもらえてじっくり選ぶ時間があったのに、どれもおいしそうで選べない!いろんな種類のChocolat Chaud (ショコラ ショー/チョコレートドリンク)があり、さらにチョコレートケーキが何種類もあり、はたまた期間限定メニューがあり、もうどうしたらいいの!?という状態でした。

ジャンポールエヴァンケーキ01

悩んで悩んで選んだのは、定番のショコラフランボワーズのケーキと紅茶です。

季節限定モノも捨てがたかったけどチョコとフランボワーズの組み合わせが好きすぎるし、初めてのジャンポールエヴァンのケーキなので「定番」の味を味わってみたいという気持ちもあり・・・。

いや、しかし他のもめっちゃおいしそうだった・・・(*´ω`*)

ジャンポールエヴァンケーキ02

東京の地理がまったく分からない私を新宿伊勢丹まで連れて行ってくれたお友達は、こちらの「ピラミッド」をオーダーしていました。うん、これもめっちゃおいしそうで私も候補にしてたひとつ。

ピスタチオ入りのショコラ生地とコニャック風味のガナッシュの組み合わせもどう考えてもおいしそうだもの。

フランボワーズショコラ

私が食べたショコラフランボワーズは、濃厚なカカオの風味のダークチョコレートとフランボワーズの甘酸っぱさのバランスが素敵でした(*´ω`*)この組み合わせ、定番だからこそおいしくなかったらガッカリだけど、期待を裏切らない感じでよかったです。

シンプル&定番ながらも、ビスキュイの中に細かいアーモンドダイスが入っていたり、側面がごく薄くチョコレートがけされていたりと手がかかっているなーという印象。口に入れた瞬間は華やかで濃厚な味わいがぶわっと広がるのに、後味はスッとしていてくどすぎず、なのに余韻にうっとりできる感じ。

ざっくり目視での大きさですが、6~7cm×3~4cm×5cmくらい。

ジャンポールエヴァン氏が自らチョコレートに合うようにブレンドしたという紅茶も、香りがよくてスッキリとしていて確かにチョコレートケーキと相性がよかったです。いつもならチョコレートにはコーヒーを選ぶのですけど、今回は紅茶を選んで正解だった気がします。

バーだけでなくカーヴ(ブティック)も大人気で、スタッフさんが入り口で入店を制限しながらお客さんを案内していました。カーヴ内では製品をゆっくり見て選べるように、4~5組しか入れないようにしているみたいでした。

なかなかにおいしかったので是非にまた行って、つぎは別のケーキを食べてみたいです。いや、でもショコラショーも捨てがたい。フォンダンショコラも食べてみたいし、マカロンとのセットも素敵。ああ、何回行けば満足できるんだろう( ´ω` *).。oO

 

【お店情報】
公式サイト>>ジャン=ポール・エヴァン

 

 

明治The Chocolateザ・チョコレート 香るカカオ&こく苦カカオ

こんなん見かけたので買ってみました。明治のThe Chocolate(ザ・チョコレート)。「香るカカオ」と「こく苦カカオ」の2種類あります。

明治ザ・チョコレート

なんかまだ発売したてらしいです。明治のサイト見ようと思ったら、専用の特設サイト作ってあって、松潤がババーンと出てるので、かなり気合入れて売り出してる模様。(多分テレビとかでCMもバンバンやってるのかな。テレビ見ないんで知りませんが)

ザチョコレート開けたところ

最近流行りの(?)Bean to Bar。カカオ豆を輸入するところから一貫してカカオ豆の仕入れからチョコレートの製造まで一貫して自社で行なうことで、カカオの特色やメーカーのこだわりが反映されます。

んじゃそうじゃない場合はどうしてるの?っていうと、カカオからすでにチョコレート状態になったクーベルチュールチョコレートを仕入れて加工してるわけです。

明治個包装

黄色い方がコクにがカカオ、銀色っぽいほうが香るカカオです。それぞれ7本入り。

香るカカオこく苦カカオ

比べるとちょっと色が違いますね。「香るカカオ」の方は比較的焙煎が浅煎り、「こく苦カカオ」の方は焙煎が深煎りだそうです。

カカオの種類もそれぞれで、「香るカカオ」はブラジルトメアスー産カカオを中心に、「こく苦カカオ」はベネズエラ産カカオを中心にしてあるんだとか。

ショコラトゥリや高級洋菓子メーカーならともかく、大手明治がここまでやってくるとは。さすがチョコレートは明治。

1本の大きさ

1本の大きさ。約7.8cm×1.8cm×0.4cmくらい。2~3口で楽しめる感じ。

ザチョコレート断面図

断面図。非常にシンプルに作られた、チョコレートを楽しむためのチョコレートです。

「香るカカオ」はフルーティーな香りとやや酸味のある華やかな味わい。酸味が強いチョコはマニアにはたまらなくても一般ウケはしにくそうな気がしますけど、香るカカオは酸味といってもそれほど強烈ではなく一般ウケもしやすそう。「カカオの酸味ってこういう感じなんだー」と知ってもらうのにはちょうど良さげな感じです。

「こく苦カカオ」は苦味と甘み、ナッツ系の香ばしさを感じさせる味わい。ダークチョコレートが好きな人ならきっと気に入るんではなかろうか。カカオのパーセンテージは公開されてませんが、多分60%台前半くらいかなぁ・・・それほど濃すぎずバランスのいい感じ。

スーパーやコンビニで買える系の市販のチョコでこれくらいちゃんと味わえるのこだわりチョコって、期間限定だったり、すぐ消えていってしまったりするけど(そういえば同じくこだわり系だった明治のHARELはどこ行った)、チョコレート好きさんが増えたらどんどんこういうきちんとしたチョコレートも普通に売られるようになると思うの。それってとても幸せ(*´ω`*)

というわけで、市販のチョコレートにしてはちょっとお高めかもしれないけど、ぜひ同時に2種類買って食べ比べてほしいチョコレートです。カカオって、こんないろんな風味や表情があるんだ!っていうチョコレートの奥深い世界をチラ見するのに最適です♡

 

【商品情報】
公式サイト>>明治 The Chocolate
(松潤のCMも見れるよ)
ここで買えます>>全国コンビニ・スーパーなど

 

NEWTREE PERLES D’ORANGE(ニュートゥリー パール・ピュアオレンジ)

先日チェリーの板チョコがけっこうおいしかったニューツリーの、なにやらオレンジのチョコボール的なものがあったのでこちらも買ってみました。ベルギー産のフェアトレードチョコレート菓子です。

ニュートゥリーペルレオランジェ

PERLES D’ORANGE、発音がペルレなのかパルレなのか分かりませんが、オレンジの真珠です。なんかオランジェットの丸い版?みたいな気持ちで購入。

パルレドゥランジュ

まんまるではなく、少々いびつな形をしております。パールというよりむしろウサギか鹿のフ…(自粛)
直径1cmくらいの粒々が14粒入り。(25g)

14粒入り

ツヤツヤと黒光りしたダークチョコレートです。

オレンジチョコ断面図

イメージ画像と中身が違うことはよくあることですが、切って見てみたら袋の絵のようなオレンジ色加減はまったくなく、光に透かして見ても黒いです。変に着色料でオレンジ色にされるよりよっぽどマシですが、イメージはだいぶ違います。

そして、オランジェットのようにオレンジの皮そのままじゃなくて、いわばオレンジグミのチョコレートがけでした。グミというお菓子自体がもともとあんまり好きじゃないので、あら・・・これは失敗だったかと思いきや、案外おいしい。

よくよく考えると、グミの何がキライかって合成的な味とニオイなのかもしれません。これはそういうイヤな味とかしないのでアリかも。ねちっと歯にくっつくとこはアレですが。

後味はオレンジピールを食べた後のようなエグみが若干残ります。チョコがけはごく薄いので、チョコレート食べた♡という満足感は薄いものの、意外とおいしかったです。ふむ。たまにはこういうのもアリです。

 


【商品情報】
公式サイト>>NEW TREE
ここで買いました>>安心食材宅配Oisix(オイシックス)

 
 

森永カカオのちから74%

秋冬新商品が出並ぶ時期になりましたねー。でも、個人的には季節限定モノにはあまり惹かれないのと、どうしても香料がキツそうなものが多いのでなかなか新商品には手が出ません。

でもこれも新商品なのかな?初めて見かけたので買ってみました。森永の「カカオのちから74%」です。

森永カカオのちから

毎日おいしく、ダークチョコレート習慣ということなので、カカオポリフェノールを摂りたい人向けのシンプルなチョコレートだと思われます。黒にジグソーパズル柄のカカオ模様が目を引きました。

カカオのちから個包装

個包装10個入り。

カカオのチカラ中身

シンプルながらもスッとした見た目でオトナっぽい感じです。

森永カカオの力大きさ

1枚の大きさ。約3.5cm×2.8cm×0.3cmくらい。

カカオ断面図

わりと薄めに作ってあって、スッと口どけがよいです。74%だけあって、カカオ感はそこそこあるものの、ガツンとした特徴はなくマイルドな感じ。どちらかというと苦味系で酸味はあまり感じられません。後味はサラッとしていてキレはよいです。

箱を良く見たら「カカオの香りを感じながら、苦味・酸味を抑えた後味スッキリと食べやすいダークチョコレート」と書いてあったので、健康のためにカカオ分の高いチョコレートが食べたいけどカカオそのものの酸味や苦味がニガテな人のためにあえて特長を出さずにスッキリ感にこだわって作ってあるのかも。

個人的にはそこには物足りなさを感じてしまうけど、カカオの酸味が苦手な人も少なくないと思うので、これはこれで需要があるのかもー。

 

【商品情報】
公式サイト>>森永 カカオのちから74%(プレスリリース)
ここで買えます>>全国スーパー・コンビニなど

 

 

NEWTREE(ニュートゥリー)CERISE(スリーズ・チェリー)チョコレート

ベルギーのフェアトレードチョコレート、NEWTREEのCERISE(CHERRY)タブレットです。
カカオ66%以上のダーク系とチェリーの組み合わせ。

NEWTREEタブレット

ちょっとオトナな感じのパッケージでございます。

チェリーチョコ箱

平たい箱なので、端から開けるのかと思いきや、まさかの封筒型。オサレ。

ceriseチョコ

NEWTREENEWTREEといっぱいかかれた袋を開けると、これまた1ブロックごとにNEWTREEと書かれたダークチョコレートが入っています。ちょっと写真では分かりにくいかもしれませんが、繊細な葉脈の模様も施されています。

1枚のおおきさはだいたい7.5cm×16.5cm×0.5cmくらい。

ニュートゥリー板チョコ

チェリーの香りとカカオの香り。

ひとかけらの大きさ

ひとかけらの大きさ。まあごく一般的な大きさであります。

newtreeチョコ断面図

断面図。暗くてちょっとよく分からないですねえ。汗
中にフィリングが入っているとかチェリーのツブツブが入っているとかではなく、チェリーエキスが練りこんである模様。

口に入れるとまずチェリーの香りがフワッとただよい、カカオの香りと味わいと混ざりながら溶けていきます。カカオ感高めで、オトナの味。チェリーフレーバーとかだと香料のいやな味がするものが多いなか、これはほぼ気になりません。優秀。

もともとチェリーとチョコの組み合わせは大好き。チェリー×チョコレートのケーキ、フォレノワール(またはシュヴァルツヴェルダーキルシュトルテ)が食べたくなってしまいました(*´ω`*)

 


【商品情報】
公式サイト>>NEW TREE
ここで買いました>>安心食材宅配Oisix(オイシックス)

 

 

xocol(ショコル)原石パプアニューギニア&コロンビア

以前コイン型のチョコレート「美しい鳥 QUETZAL 」を食べて感動したxocolさんのGENSEKI(原石)を入手いたしましたヽ(≧∀≦)ノ

ショコル原石

パウチ袋に入った一風変わったチョコレート。いや、正確にはチョコレートではないんですが。

カカオニブ菓子

原石は「カカオニブ菓子」と表示されています。原材料もカカオ豆、砂糖のみ。焙煎したカカオを砕いたものに糖衣がけしただけのシンプルなカカオを楽しむためのお菓子です。・・・お菓子って言っていいのかな。なんかもっとこう・・・うーん、自分の語彙の少なさがもどかしい。

xocol_genseki

袋を開けると、小石のような見た目の物体がたくさん入っています。

原石つぶつぶ

大きさも不ぞろいで、いろんな形があって、この茶色と白の入り混じった色といい、ホントに小石のような見た目です。

ショコルカカオニブ

この「原石」にはパプアニューギニアとコロンビア産のカカオ豆が使用されている模様。公式サイトによると、他にも種類があるようなので食べ比べてみるのも楽しそうです。

原石断面図

大きめの粒を選んで、割ってみたところ。中はカカオニブ、外の白い部分は糖衣です。おそらく、焙煎してくだいたカカオニブを煮詰めた砂糖の中に投入して結晶化させただけのシンプルな製法だと思われます。

口に入れるとまず砂糖の甘み、そして噛みしめるごとに広がるカカオの味と香り。カカオニブを使ったチョコレートは最近他のショコラトゥリでもよく扱われるようになってきていて、私も大好きなんですが、ここまでシンプルにカカオニブを味わったのは初めてかもしれません。

絶妙な苦味、熟成されたお酒のような深み、ナッツのような香ばしさ、フルーティーとも言える薫り高さ。噛めば噛むほどいろいろな味わいと香りが口の中に鼻の奥に広がります。上等なワインのように、味わいや香りの変化を楽しめます。

一粒だけをじわっと味わうもよし、数粒口に入れてじゃりじゃりと噛みしめるのよし。

ちょっとマニアックな感じなので万人ウケはしないかもしれませんが、カカオ大好き!という人にとってはこれ以上ない至福を味わうことができると思います。ああ、幸せ(*´ω`*)

xocolはいつかぜひ訪れてみたいお店です♡

 


【商品情報】
公式サイト>>xocol(ショコル)
ここで買いました>>安心食材宅配Oisix(オイシックス)

 

 

imprestion(アンプレスィオン)グアナラショコラとオーガニックバニラのケーキ

先日カカオニブ入りのタブレットがおいしかったimpretion(アンプレスィオン)のチョコレートケーキを食べてみました!

グアナラショコラとオーガニックバニラのパウンドケーキです。

アンプレシオンチョコレートケーキ

アンプレシオンは、素材の上質さにこだわったパティスリー。人工的な着色料や合成香料を極力排除してお菓子を作っています。福岡に本店があり、東京にも数店舗展開しているお店です。

そしてグアナラといえば、有名なフランスのチョコレートメーカー「ヴァローナ」のダークチョコレート。

ヴァローナ×アンプレスィオンでどんなお味になるのか、ワクワクしながら食べてみましたヽ(≧∀≦)ノ

チョコレートケーキ

箱を開けると、脱酸素剤を入れてパックされたパウンドケーキが入ってました。そのままだとあまりにもアレなので、開封してフィルムに包まれた状態の写真です。

グアナラショコラケーキ

黒くツヤツヤとして美しい(*´ω`*)そしていい香りです。
大きさをちゃんと測るのんを忘れた・・・私のあいまいな記憶を辿れば、おおよそ5cm×5cm×10cmくらいではないかと。うん、すごくざっくりだけど。

アンプレスィオンケーキ断面図

切ってみると、中はきめ細かくしっとりとしています。

グアナラショコラのケーキ

ダークチョコレートとつぶつぶアーモンドのグラッサージュ、そしてすごくしっとりしたケーキ生地。カカオ感が高く、口どけがよく、後味はスッキリです。濃厚なのに後にネットリした重さが残らず、軽いのにコクがある。カカオとバニラの香りがすーーーっと鼻に抜けていく感じにうっとりします(*´ω`*)

クラシックショコラのようにどっしりずっしりしたチョコレートケーキもいいけど、こういう軽やかなのに味わい深いチョコレートケーキも素敵。

自分用に買うのはちょい贅沢だけど、手土産とかにしたら喜ばれそうです。アンプレスィオンのケイクはチョコレートのもの以外にもすごくたくさん種類があるので、他のも食べてみたいわー。伊予柑のケイクが人気だそうです♡

 


【商品情報】
公式サイト>>imprestion(アンプレスィオン)
ここで買いました>>安心食材宅配Oisix(オイシックス)