ローソンオリジナルチョコレート第4弾!ペカンナッツチョコレート(ココア)&ショコララスクホワイト

もともと何かの振込とかでしかコンビニに行かないほうだったのですが、ローソンのオリジナルチョコレートがけっこう頻繁に新しいのが出るのが楽しみで、ちょいちょいローソンに行くようになってしまいました。

ローソンオリジナルチョコ4弾

今回新しく出ていたのは、ペカンナッツチョコレート(ココア)とショコララスクホワイトの2種類です。ペカンナッツチョコのココア、キタコレ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 前回、ホワイトチョコにキャラメルパウダーをまぶしたペカンナッツチョコが出たときに、シンプルなココアのもあったら絶対買うのに買うのに・・・と思っていた願いが通じたのでしょうか。

ペカンナッツココア

金色の箱を開けると、袋にたっぷりペカンナッツチョコレートが入ってます。35g入り。

ペカンナッツチョコレート

大きさは無選別で大きいのから細かいのまで色々です。

大きさはさまざま

しっかりペカンナッツの形をしたもの、半分に割れたもの、さらにこまかいものなど、いろいろ入ってます。変に大きさ揃えて高価になるより、無選別でも無問題。

ペカンナッツ断面図

割ってみたところ。ペカンナッツはくるみによく似た風味(でもくるみより苦味ひかえめ)のナッツで、チョコレートとの相性はバツグン。ほろにがココアとミルクチョコ、ぺカンナッツの苦味と淡白さのバランスがナッツチョコ好きな私にはたまりません。

くるみチョコもペカンナッツチョコも大好きだけど、なかなか売ってないんですよねえ・・・。

それがコンビニで買えるとか最高ヽ(≧∀≦)ノまた買うよ。ちなみにキャラメルペカンナッツチョコはすでに3回リピート買いしましたw

ホワイトチョコラスク

さて、お次はラスク。箱を開けるとこれまた袋に入ったホワイトラスクが。

ラスクチョコ

こちらは案外大きさ揃えてあります。40g入りで約20枚入り。

ラスク大きさ

1枚の大きさ。およそ3.5cm×3cm×0.7cm。

ホワイトラスク断面図

断面図。前回、ミルクチョコラスクのときもそうだったけれど、しみチョコ系かと思いきや、「ラスク」なんですよね。ほら、パンの耳の部分にはチョコがかかってないし。
ザックザックした食感のパンに、甘めのホワイトチョコがかかっています。かかっているというよりはもうちょっと浸してあるような気もするんだけど。どっちかというと個人的にはミルクチョコの方が好みかも。でもこれはこれでアリ。

ブラックコーヒーと一緒に食べるとついつい食べ過ぎちゃうので危険です( *´艸`)

 

【商品情報】
公式サイト>>ローソン公式サイト(このチョコシリーズについてのページは発見できませんでした)
ここで買いました>>コンビニエンスストア ローソン

 

 

東京チョコレートショー2014@ラフォーレミュージアム原宿に行ってきました!

東京チョコレートショーに行ってきました!
たまたますごくいいタイミングで東京出張があり、仕事前に会ってお話でもー♡と言っていたお友達のMさんが前日に突然「こんなのありますけど行きません?」と誘ってくださったのですヽ(≧∀≦)ノ

えーーーー行く!行くにきまってるーーー!!!

ラフォーレ原宿というイナカモノでも名前を知っているようなオシャレな若者向けのビルに行くのは、少々だいじょうぶなのか・・・?という懸念もありましたが、チョコレートの誘惑には勝てず行ってまいりました(*´ω`*)

東京チョコレートショー2014

11/27~30日開催というタイトなスケジュールによくもまあはまったものです。チョコレートの神様どうもありがとう(*´ω`*)

会場に入るにはチケットが必要です。セブンイレブンで買ってから行くと前売り扱いになって、チョコのおみやげがもらえましたよ♡(手配してくれたのはすべて友人です。感謝ー♡)

会場に近付くと、どんどんチョコレートの甘い香りが漂い始め、まず出迎えてくれるのがチョコレートを使ったアート!

チョコレートショー入り口

この写真じゃなんだかイマイチ分からないかもしれませんが近くによって見てみると・・・

チョコの薔薇アップ

チョコのバラがあああああ!すごく綺麗!
ちなみに素敵なチョコのクリスマスツリーもありましたが、きちんと写真が撮れてませんでした。無念・・・。

と思ったら、私をチョコレートショーに連れて行ってくれたMさんが写真を分けてくれました♡

チョコクリスマスツリー

全部チョコレートでコーティングされたクリスマスツリー!!!
チョコの甘い香りがまわりに漂っています。
こんなの自分の部屋にあったらたまらんー!

暖房付けたら溶けちゃいそうですけどね。汗

でもすっごく素敵!

オーナメントチョコレート
ツリーに飾られたオーナメントももちろんチョコレート尽くし。

丸いのが2色と、オランジェショコラと、シックながらもかわいらしい飾りつけ。

これ欲しい・・・(*´ω`*)

ucoさん

このオブジェ?を作られたのは、uco(ゆうこ)さんというお菓子をモチーフにした作品を制作されているアーティストさん。ゆうこさんのスペースも設けられており、キャンバスにデコペンでフリルを描かれたようなアートなども飾られていました。

お菓子アーティストucoさん

ucoさんの頭にも、素敵なチョコの薔薇が・・・(*´ω`*)ピンボケしててすみませんすみません。

チョコレートショー

さて、チケット制の有料イベントにもかかわらず、すごい人です。チョコレート好きな人って多いんやなぁ( ´ω` *).。oO

オランジェット

魅力的なチョコが所狭しとあちこちに並んでいました。人が多すぎて写真を撮ってる場合じゃないようなブースも多く、ごく一部しかありませんが雰囲気だけでもお伝えできたら。

フォレノワール

このフォレノワールめっちゃおいしそうだったー!!チョコレート生地とグリオット(またはダークスイートチェリー)、生クリーム、そしてチョコレートがフォレノワールの基本的な構造ですが、この組み合わせ大好きなのに、最近フォレノワール作ってるお店にあまり遭遇できない気がする。

りんごチョコ

こんなポップなブースもあり。リンゴ飴ならぬリンゴチョコ?

スノーマン&キリン

とぼけた表情がかわいいキリンと季節柄欲しくなってしまうスノーマン。しかしこれはかわいすぎて食べにくいwww

宝石チョコ

ほんとに宝石のようなチョコレートがあったり・・・

バニラビーンズタブレット

楽天のショーコラでおなじみの横浜バニラビーンズがタブレットをずらりと出していたりしてました。だいたい、Ash Tsujiguchi healthy sweets collection、ケンズカフェ東京、生チョコを一躍有名にしたシルスマリア、パリで活躍中のMORI YOSHIDA、おなじみメリーチョコレート、Patisserie & Cafe De L’immo、バニラビーンズ、PALOMITAS、PETITS DELICES、JOHN KANAYA、パティスリー レザネフォール、Décadence du Chocolatなどなど、そうそうたるパティスリー・ショコラトゥリが出店してるんですよ。けっこうなイベントだわ(*´ω`*)

そして、地元ではテレビで「壁ドンチョコ」が紹介されて話題になっていたそうです。イケメン男子が壁ドンしながらチョコを渡してくれる&食べさせてくれるらしく、「新鮮な壁ドンはいかがですか~^^」と声をかけられたのが面白かったですw

そして!今回のお目当てのひとつ、以前食べて衝撃を受けたショコラトゥリ、Xocol(ショコル)のブースもありましたーヽ(≧∀≦)ノ

ショコル

xocolのブースでしつこく製品をガン見するワタクシ。

ショコル01

以前食べたのは原石美しい鳥
今回はもっと種類あれこれあって、迷いに迷いながらいくつか購入しました。ぬふふ。

その他にも、全部に手を出したいのをグッとこらえて、どうしてもどうしても食べたいものだけを購入してきましたので、また食べたらレポートします!

東京チョコレートショーは11/30日まで。近郊のチョコ好きさんはぜひぜひお出かけくださいねー♡

 

詳細はこちら>>東京チョコレートショー2014

Carletti(カーレッティ)プレッツェルミルクチョコレート

大阪のスーパーの輸入菓子コーナーで見つけたチョコレート。昔、日本でもよく売っていた懐かしいこの形のミルクチョコレート、最近は見なくなってしまいました。いや、ガーナが同じようなん出してるかな。

CarlettiPretzels

Carletti(カーレッティ)プレッツェルミルクチョコレートは、ポーランドのチョコレートです。そういえば私ポーランドのチョコレートを食べたことあったっけ?もしかしたらなかったかもしれない。

カーレッティプレッツェル

箱を開けると、プレッツェルの形に絞られたミルクチョコレートがズラリと並んでいます。つややかで綺麗。2段重ね×紙を挟んでさらに2段になっていて、30個以上入っていそう。75g入り。

プレッツェルチョコレート

そうそう、この形、昔売っていた「マリブのさざ波」というロマンティックな名前の日本のチョコを思い出します。マリブのさざ波を知ってる人は多分同世代。握手。

マリブのさざ波は、茶色い箱に入っていてどこか大人っぽくて、子供心にちょっと憧れのチョコレートでありました。

ひとつの大きさ

1枚の大きさ。だいたい4.2cm×2cm×0.4cmくらい。カーレッティ断面図

中は全くのシンプルなミルクチョコレートです。なめらかで、甘くて、ミルク感強め。ヨーロッパ系のミルクチョコレートの味わいでけっこう好みのタイプです。

そしてこの形、美しいだけでなく口の中で繊細に溶けていく感じが素晴らしい。

マリブのさざ波復刻版出ないかな・・・。(なんとなくガーナリップルは買う気がしない)

 

【商品情報】
公式サイト>>Carletti
ここで買いました>>大阪のスーパー(名前を失念)

 

 

Venchi(ベンチ・ヴェンキ)ブレンド75%フォンデンテエクストラダークチョコレートカカオニブ入り

鮮やかな鳥の絵が目を引くイタリアVenchi(ベンチ・ヴェンキ)のタブレット。75%エクストラダークで、しかもカカオニブが入っているという、ダークチョコ大好きな私には買わずにはいられない板チョコです。

ヴェンチカカオ75%チョコレート

そもそもVenchiのチョコ自体、日本でなかなか見かけないので見かけたら買っちゃうけどね(*´ω`*)シックな黒い包みに南国を思わせる鮮やかな鳥が描かれたパッケージ、金色のチョコレート包み。カッコイイ。

ベンチカカオニブ入り

金色の紙を開くと、ヴェンチの名前がずらり。
こないだ食べたベンチのタブレットもこの模様じゃなかったっけか。

カカオニブ入り

このツブツブ感。わかります?カカオニブがけっこうな量入ってます。

ヴェンチカカオニブ入り

ひとかけらの大きさ。

口に入れると、苦味、甘み、そしてややフルーティーな酸味、ニブのツブツブ感と苦味、ぬおおおおお美味!濃い!!これ好きーーー!!!

イタリアといえばどうしても、ヘーゼルナッツペースト入りのジャンドゥーヤが多い中で、こんな濃厚なタブレットもあるのねーと感動。おいしいよ。でもホントなかなか売ってるとこ見つからないのが憎い。

 

【商品情報】
公式サイト>>Venchi
ここで買いました>>大阪イカリスーパー イタリアンフェア

 

 

ローソンオリジナルチョコレート第3弾!ペカンナッツキャラメル、アソートメント(リスとマロン)、浸み込みチョコ黒豆おかき

ローソンでまた新しいオリジナルシリーズのチョコが出てました。今回はペカンナッツキャラメルと、アソートメントチョコレート(リスとマロン)です!

ローソンオリジナルチョコ3

このシリーズ、コンビニチョコの中ではちょっとお高めではありますが、オリジナリティがあって、しかもどんどん新しいのが出てくるのでけっこう楽しみにしています。

今回は私の大好きなペカンナッツのチョコがあって大興奮ヽ(≧∀≦)ノ

ぺカンナッツ

ペカンナッツ(ピーカンナッツともいいます)は、日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが、私の好きなナッツのひとつです。くるみにちょっと似ていて、くるみより苦味をマイルドにしたような味です。

ペカンナッツキャラメルパウダー

そんなローストペカンナッツにホワイトチョコレートがけしてキャラメルパウダーをまぶしてあるなんてステキすぎる(*´ω`*)くるみとかペカンナッツのチョコってすごくおいしいのに、なかなか売ってないんですよねえ。それがローソンで買えるなんて♡

ペカンナッツ断面図

断面図。ちょっとどことなく胡桃に似てるでしょ?
一粒の大きさは、大きいもので約3cm×2cm×1cmくらい、小さいのは小指の爪ほどのものなど、大きさは無選別で入っています。別に大きさなんて揃ってなくても全然OK。35g入り、おおよそ20粒入りです。

くるみより柔らかくて渋みも少ないペカンナッツに、ホワイトチョコレートが薄くかかっていてキャラメルパウダーがまぶしてあります。・・・以前のローソンオリジナルチョコよりホワイトチョコの質が良くなってる気がする。そしてキャラメルパウダーもイヤなニオイがしない。

これはおいしいーーーーヽ(≧∀≦)ノ また買う。絶対買う。ペカンナッツのチョコがコンビニで買えるなんて嬉しすぎる!

リスとマロン

続いて、アソートメントチョコレート。「リスとマロン」という名前が付いています。

アソートショコラ

左上のリスが栗を抱えたかわいいチョコがマロン風味、右上の白いのがキャラメルアーモンド、左下の斜め模様のがビタープレーン、右の王冠型のがストロベリーです。

1粒の大きさ

一粒の大きさの目安。よくあるモールド系のボンボンショコラの大きさと思っていただければ間違いないかと。

アソートショコラ断面図

それぞれの断面図。

リスの絵がかわいいマロンはミルクチョコレートの中にマロン風味のガナッシュ。ミルクチョコレートの甘さと栗の味わいが秋らしくてなかなかgoodです。

白いドーム型のキャラメルアーモンドはホワイトチョコレートの中にキャラメルとアーモンド風味のガナッシュが。全体的に甘いのですが、キャラメルのまろやかな味わいとアーモンドの香ばしさが後を引くおいしさです。

キャラメルアーモンドが甘甘だっただけに、きりっとビターな味わいが嬉しいビタープレーン。カカオ感のあるビターチョコレートの中に、シンプルなガナッシュが入っています。

そして最後の王冠型ストロベリーチョコレート。市販のイチゴ系チョコは私にとってもう鬼門というか、香料臭がホント苦手なんですが、これ以外と大丈夫。もちろん多少は感じますが、ちゃんとイチゴっぽい。

ローソンチョコ

前回、前々回より今回の新製品は全体的にクオリティが上がっている気がします。このシリーズ人気があるのかな。ローソンさん、チカラ入ってきたな~という感じです。

黒豆おかき

そして、ちょっと変りダネのこんなのも見つけました。「浸み込みチョコ黒豆おかき 抹茶」。和風!!そして黒豆煎餅が大好きな私としてはこれは見逃せません(ФωФ)

しみチョコおかき個包装

中は和紙っぽい個包装になっています。6個入り。

黒豆おかきチョコ

ひとつの大きさ。約3cm×2.5cm×1.5cmくらい。

黒豆おかき抹茶チョコ断面図

断面図。本当におかき&抹茶チョコレートです。不思議。でもおいしい。黒豆好きとしてはもっと黒豆感があってくれてもいいんですけど、残念ながら黒豆は控えめな存在でした。

意外な組み合わせだけど、ちょっとクセになりそう。

今回の新作は個人的には3つとも当たりヽ(≧∀≦)ノ次はどんなのが出てくるんでしょうか。ますますコンビニチョコが進化してくれることに期待です♡

 

【商品情報】
公式サイト>>ローソン公式サイト(このチョコシリーズについてのページは発見できませんでした)
ここで買いました>>コンビニエンスストア ローソン

 

Lindt(リンツ)チョコレート グランデ ミルクヘーゼル&ビターヘーゼル

まぁるいリンドールでおなじみのスイスLindt(リンツ)。
以前リンツの板チョコでビターヘーゼルを買ったらまぁびっくりするくらいナッツごろごろでめっちゃおいしかったので、今回はビターとミルク両方買ってみました。

リンツグランデヘーゼルナッツミルク&ビター

リンツグランデ ミルクヘーゼルとダークヘーゼル。リンツのグランデシリーズは直営店限定アイテムだそうです。カルディとか成城石井とかでリンツの他のタブレットが売ってるのは見るけれどこれは見かけないんですよね。そこらへんで売ってたらめっちゃ買いまくりそう。

リンツグランデミルクヘーゼル

前回ビターの方の感想は書いたので、今日はミルクの方を中心に。見た目は色が違うだけで、ビターと同じくです。1枚の大きさは約18.5cm×8.5cm×1cmくらい。

ヘーゼルナッツたっぷり

これだけごろっごろとヘーゼルナッツが入っている板チョコを私は他にまだ知らない・・・。ヘーゼルナッツ34%と堂々と表示するだけのことはあります。まるいそのままのヘーゼルナッツだけでなく、砕いたヘーゼルナッツも入っていて、どこを食べてもナッツナッツしてます。

ミルク&ビター

ええと・・・下2段がミルク、上2段がビターなんですけど、あんまり違って見えませんね・・・肉眼だとけっこう色が違うんですが・・・汗
写真の腕が未熟で申し訳ございませぬ。

1かけらの大きさ

ひとかけらの大きさ。このひとかけらにいったいどれだけのヘーゼルナッツが入っているのか。ほんと惜しげもなく入ってるので、ヘーゼルナッツ好きにはたまらんです。

ナッツぎっしり

やわらかでなめらかなミルクチョコレート+香ばしいヘーゼルナッツの組み合わせが素晴らしい。いやでも、ビターの方のキリッとしたチョコレートとヘーゼルナッツの組み合わせも捨てがたい。

このビターヘーゼル、ビターといってもけっこう甘めなんですよね。細かく砕かれたヘーゼルナッツがキャラメリゼしてあるせいなのかもしれませんが。

直営店にはたまーにしか行けないし、買うときはもったいぶらず両方買っちゃうのが吉。公式サイトでも買えるけど、送料のこととか考えるとこれまたまとめ買いが吉。結局たくさん買ってしまうのでありました。

 

【商品情報】
公式サイト>>リンツ・チョコレート
ここで買いました>>リンツ ショコラ カフェ 名古屋ラシック店

ここでも買えます>>リンツ・チョコレート オンラインショップ

 

GODIVA(ゴディバ)ダークチョコレートミニプレッツェル

最近、ちょっと高級めのスーパーに行くとGODIVAのチョコが買えるようになってきました。なんか昔はデパ地下のブティックとかじゃないと手に入らなかったのにすごく身近な存在になってきた感じ。まぁお値段は相変わらずそんなに身近な存在でもないですが。

ゴディバプレッツェル

というわけで、成城石井で買ったゴディバダークチョコミニプレッツェルです。ゴディバはいわずと知れたベルギーのチョコレートブランドですが、このダークチョコミニプレッツェルはメイドインアメリカになっています。つまり、ゴディバライセンスでアメリカで作られて、ゴディバジャパンが輸入してる模様。

GODIVA内袋

箱を開けると、金色の袋が入ってます。

ゴディバチョコプレッツェル

袋を開けるとチョコプレッツェルがゴロゴロ。ミニプレッツェルと書いてあるけどもうちょっと大きいものをイメージしていたので、あれ、ちっさいと思いました。

チョコプレッツェル

かわいいサイズのプレッツェルがゴロゴロ入ってます。71g入り。1gって何や。きちんと数えませんでしたが、25個くらい入ってます。

チョコがけ

よーく見ると、ダークチョコの上にミルクチョコレートが斜めにラインがけしてあります。プレッツェル同士がこすれあって白っぽくなっちゃってるので残念ながらあんまり目立ちませんが。

GODIVAチョコプレッツェル大きさ

1粒の大きさ。約2.5cm×2.5cm×0.5cmくらい。

チョコプレッツェル断面図

断面図。ゴリゴリしたプレッツェルに薄くチョコがけしてあります。けっこうプレッツェルがしょっぱいです。これだけしょっぱいならもうちょいチョコは分厚い方が好みだー。プレッツェルの塩味のせいか、チョコレートはダークチョコレートのわりにけっこう甘く感じます。

思ったより全体的に大味で、なんとなく残念な感じ。決しておいしくないわけではないし、これ系好きな人はめっちゃ好きな味かも。

チョコプレッツェルという存在自体に繊細さを求めちゃイカンのかもしれないですけど、ゴディバだけにちょっと期待しちゃいました。んー、多分もう買わないと思う(´・ω・`)バレンタインの義理チョコ用とかにたくさん配るぶんには良いかもー。

 

【商品情報】
公式サイト>>GODIVA
ここで買いました>>成城石井

ここでも買えます>>ゴディバ(GODIVA) チョコレート ミニプレッツェル
 

 

 

VALRHONA(ヴァローナ)ノワールカライブ タブレット

ヴァローナといえば、フランスの有名チョコレートメーカー。世界中の多くのパティスリーやショコラトゥリーで、ボンボンショコラやチョコレートケーキの原材料として使われているクーベルチュールチョコレートを作っている会社です。

ちなみにフランスの、いや世界の最高峰ともいえるパティシエのコンクール「クープ・デュ・モンド」は、ヴァローナ社とM.O.F.のガブリエル・パイアソン氏によって設立されたコンクールです。

つまり、製菓業界ではすごい会社ってことであります。

ヴァローナノアールカライブ

そんなヴァローナのチョコレート、ときどき製菓材料として売っているのは見かけるものの、タブレットで売っているのは初めて見ました。大阪のイカリスーパー恐ろしい。

ヴァローナのチョコレートにはカカオ分や配合などでそれぞれ名前が付いています。カライブ、グアナラ、カラクなどなど。今回買ったのは、カライブのタブレットです。

ヴァローナ

箱の中には金色の銀紙に包まれたチョコレート。ヴァローナのカライブといえばカカオ分66%の比較的ダークなチョコレートです。ていうか、なにこの美しいタブレット。ただのマス目になってないところが憎い。

VALRHONAの文字が輝いております。

カライブ

割るのがもったいないけど割ってみた。全体の大きさは約16cm×7cm×0.8cm。

カライブひとかけら

まず最初に来るのはカカオの苦味。そして甘さがやってきて、やわらかな酸味が鼻に抜けていきます。あああああ、1かけら食べただけで、「チョコレート食べた!!!!」と脳が喜びます!!

いつもだったら、タブレットだとわりと気軽においしいー♡とモリモリ食べちゃう私も、これはチビチビ食べてしまう。濃いです。おいしいです。本物です。こんなん身近に売ってたらヤバイ。

オンラインショップで一部購入できるようですので、興味のある方はぜひ。


【商品情報】

公式サイト>>VALRHONA(ヴァローナ)
ここで買いました>>大阪 イカリスーパー

ここでも買えます>>ヴァローナ オンラインブティック

 

 

ローソンオリジナルチョコレート第2弾 ラスクショコラ(ミルク)

先日ローソンで見つけたオリジナルシリーズに新しいのが出てました。ローソンオリジナルチョコレート第二弾!だそうですヾ(´∇`)ノチョココーナーのいちばん目立つところに陳列されてるので、けっこう目に付きます。

ローソンチョコラスク

今回出てたのはラスクチョコレート。ミルクとストロベリーの2種類がありましたが、市販のストロベリー系のものは人工香料が強いものが多くてちょっとニガテなので、ミルクのほうのみ買ってみました。

チョコラスク中身

箱から取り出すと袋に入ってます。40g入り。大きさはだいたい揃ってるけど、ちょっと大きめだったり小さめだったり、いろいろ入ってます。なので個数でいうと13枚でしたが、箱によって枚数は違いそうです。

ミルクチョコラスク

一口サイズのラスク!な外見。いわゆるしみチョコ系かと思いきや、端のパンの耳の部分はパンの色なのでしみチョコ系ではない様子。っていうことは、乾燥させたパンをチョコに投げ入れて浸したわけではなくて、上からかけたってことなのかな?どういう製法なのか気になる。

チョコラスク横

チョコに投げ入れてたらこの横の部分にもチョコがかかるはずですよねえ。

ひとつの大きさ

ちなみに1枚の大きさは直径約3cmくらい×厚さ1cmくらい。ものによって大きい小さいがあるので、あくまでも目安です。

ラスク断面図

しみチョコ系ほどじゃなく、ラスクにチョコがちょっとしみてる!って感じでザックザックした食感です。でも中のほうまで意外とチョコの色してたり。不思議な感じ。

軽くて食感がいいので、ついモリモリ食べちゃいました。仕事しながらコーヒーと一緒に食べてたらあっという間になくなってしまった・・・。笑

しかし、コンビニのアイテムの入れ替えって早いのねー!と感心してしまいました。また次に行ったら何か新しいのが入ってたりするのかな。たまにしかコンビニに行かないので、ちょこちょこチェックするようにしたいと思います。

 

【商品情報】
公式サイト>>ローソン公式サイト(このチョコシリーズについてのページは発見できませんでした)
ここで買いました>>コンビニエンスストア ローソン