Dari K(ダリケー)トリュフ「スラウェシの宝石箱(プレーン)」

京都にすごいショコラトゥリがあるというのは聞いていました。その名前も知っていました。でも京都かぁー・・・なかなかひょいっと行く場所でもないので、行ってみたいと思いつつ行けずにおりました。

ら、梅田阪急の地下に入ってたー!大阪にもまだ越してきたばかりで、梅田も私にとってはよく分からない土地なのですが、とにかくあったー!!!DARI Kのショップ入ってました!!!

DSC_6027

購入したのは、シンプルなトリュフ「スラウェシの宝石箱(プレーン)」です。DALI Kのなにがすごいかというと、日本ではあまり輸入されていないインドネシアのカカオを、契約農家とともに苗木の段階から関わって最良のカカオ豆を生産輸入、最適な焙煎とカカオからチョコレートへ作り上げる技術とでおいしいチョコレートを世の中に送り出しているんだそうです。

最近流行りのBean to Barどころか、Tree to Barです。すごい。

「Dari」とはインドネシア語で「~~から」という意味、「K」はカカオの産地インドネシアのスラウェシ島がアルファベットのKの文字のような形をしていることから「Dari K」という店名になったんですって。

しかもフェアトレードについてもとても深く考えておられ、ああもうこのへんは公式サイトをぜひぜひ見てみてください。この人すごい人だ。

DSC_6031

直径10cm弱、高さ4.5cmくらいの木のボックス入り。贈り物としても見栄え良し。

DSC_6034

この箱も、インドネシアから。環境への配慮とフェアトレードの意識がここにも見られます。

それより、原材料が生クリーム、カカオマス、てんさい糖、ココアパウダーだけって、これはものすごいシンプルなつくり。

いったんチョコレート(クーベルチュールチョコレート)になったものを生クリームと合わせてガナッシュにするわけじゃなくて、カカオマスをそのまんま砂糖(しかもてんさい糖)と生クリームで合わせてガナッシュチョコレートにしちゃった、んだろうな、この原材料だと。カカオバターすら入ってないという。

DSC_6036

ゴツゴツと無骨な、とはいえ逆にひとつひとつ丁寧にカットを施されたダイヤモンドのように多面体になっているともいえる形です。

ああー、もうすでに香りがたまりません。

DSC_6040

一粒の大きさ。直径2.5~3cmくらい?

DSC_6043

中になにが入っているでもなく、ガナッシュにチョココーティングがしてあるでもなく、まるめたガナッシュにココアパウダーをまぶしただけの本当にシンプルなつくりです。

DSC_6045

口に入れると、圧倒されるほどのカカオの香りと味わい(どちらかというと華やか系)とやわらかな尖ってない甘みが口の中でとろーんと溶けて、ものすごいおいしいです。

後味はスッと消えていって変に口の中に甘さや苦味が残ったりしないのに、余韻がすごい。「今なにかすごく上等なものがカラダの中に入っていった」という余韻。シンプルに見えて、これものすごく手間かかってるはず。いや、工程数はともかく、カカオ作ってる人たちとか、それを収穫して発酵させる時間とか、適切な焙煎とか、そういう手間暇を惜しまずに作られてる感じ。

だいたい、シンプルなトリュフってどこのを食べてもおいしくないってことはありません。(工業製品的なトリュフチョコは除く)シンプルなつくりだからこそ誤魔化しがきかないし、作る側もそれなりに原料には気を使うものだと思いますし。

でもね、えっと、これ、多分ですけど、私が今まで食べたことのあるシンプルなトリュフの中ではダントツ一番でおいしい。

xocolのチョコレートを初めて食べたときと同じくらいの衝撃と感激を味わわせていただきました。いつかきっと、本店にお邪魔してみたいです。

・・・京都ならいけない距離じゃないのに、もともとデブ賞な、おいちょっと待て、私のPCの変換オカシイやろ、もとい、もともとかなりの出不精なのでいつのことになるかわかりませんが、いつかきっとお伺いします。ので、ずっとおいしいチョコレートを作り続けていてください。お願いします。

 

【商品情報】
公式サイト>>DALI K(ダリ ケー)
ここで買いました>>>>阪急百貨店(梅阪)

 

 

 

Lindt(リンツ)リンドール バレンタインギフトボックス22個入11種アソート

みんなリンツのリンドール大好きでしょ?あれ、リンツのショップに行くと好きなのを好きなだけチョイスして買えるんですけど、なんせ店舗数がそんなに多くないのでなかなか遭遇できませんのです。

いろんな味を楽しめるリンドール バレンタインギフトボックス、これならなんと11種類ものリンドールが楽しめるのですよ!!いや、えっと、なんだろうこの自分用に買うこと前提の発言は・・・いえいえ、もちろんバレンタイン用にもぴったり!

LindtバレンタインBOX

だってほら、このオシャレなパッケージ。プレゼントにも最適ではありませぬか。箱の大きさはだいたい9.5x9.5x9cmくらい。両手に乗せて、はい、って渡すのにちょうどいい大きさです。

リンツバレンタインアソート
リンドール バレンタインギフトボックス22個入 11種アソート

リボンを外すと、カラフルなリンドールがぎっしり詰まってますヽ(≧∀≦)ノ

11種類22個入り

11種類が各2個ずつ入ったアソートボックスです。これだけの種類が楽しめるのは嬉しい~!!!ハートのも入ってるところがバレンタインですなー(*´ω`*)

・・・写真ではなぜかカプチーノが2箇所に分かれて転がってますけど気にしないでね。

リンドール

あああ、ピンが合ってない( ꒪ω꒪)キャンディ型に包まれたリンドールの一粒の大きさは直径役2.5cmくらい。

では、断面図いってみましょう。

リンドール断面図
リンドール バレンタイン限定11種アソート

左上から、おなじみのミルク、なめらかビターなダーク、ミルク感たっぷりのクリーミーなホワイト、外側に細かくイチゴのパウダーが入ってるのが分かります?女子ウケ良さそうなストロベリー&クリーム、甘い香りと味わいが魅惑的なキャラメル、キリッとオトナなエキストラダーク、中が白いのが意外だったけど香りがたまらんココナッツ、ホワイトチョコ×ミルクチョコにコーヒーの香りと味わいが絶妙なカプチーノ、もはや定番のマリアージュのオレンジ。

どれもおいしくないわけない。全種類美味。

個人的好みをいうなら、ココナッツとエキストラダークを、濃い目のコーヒーと一緒に、交互に永遠に食べ続けたい感じです。永遠に。

リンドールバレンタイン

さて、あとふたつ、バレンタイン限定の2種類。ハート型のリンドールと、ピンクにハートがプリントされたリンドール。

ハートのリンドール

ハート型のリンドール。

ハート型中身

割ってみたとこ。これ多分、普通のミルクのリンドールが形変わっただけだと思うんですけど、ハートな形してるだけでちょっとキュンとさせるところがニクイ。

バレンタインリンドール

もうひとつのバレンタイン限定リンドール。その名もバレンタイン!!
ミルクチョコレートの中にホワイトチョコのフィリングが入った甘い甘いスイートハートな感じです。甘い恋心をお伝えするのにピッタリ。うん、ごめん、なんかこの1文だけ心の中で棒読みだった気がする。

リンツバレンタイン

リンドール嫌いな人はなかなかいないと思うので、本命バレンタインはもちろんのこと友チョコや自分へのご褒美チョコにチョイスするのもいいと思います。リンドールのアソートは通年あるけれど、このパッケージ&バレンタインリンドールが入ってるのはバレンタイン限定仕様なので、食べたい人はお早めに♡

 

【商品情報】
公式サイト>>Lindt(リンツ)公式オンラインショップ
ここで買いました>>リンドール バレンタインギフトボックス11種アソート(22個入) 

サロンデュショコラ大阪2015&阪急バレンタインチョコレート博覧会に行ってきました

バレンタイン向けの特設イベント目白押しの今、仕事の合間を縫ってはチョコレートを見に行っております。

サロンデュショコラは、パリで開かれているチョコレートの祭典が日本にやってくるということで毎年とっても人気のチョコレートイベントです。大阪では梅田のLUCUAでやっているということで、行ってきました!

サロンドショコラ2015
>>サロン デュ ショコラ公式サイト

パリ発チョコレートの祭典 サロン・デュ・ショコラ。
毎年楽しみにしているのは、私が菓子職人を志すきっかけとなったフランス・リヨンのショコラトゥリ「ベルナシオン(ベルナション)」がやってくるからです。

しかしながら。

ベルナシオン終了

行った瞬間に私の今年のサロンデュショコラは終わった・・・。期間中の再入荷ももうないそうです。。バレドオール1枚、タブレット1枚すらありません。

ああ、無理してでも初日に来るべきであった・・・。

そういうわけで、気を取り直して阪急のバレンタイン特設会場へ行ってきました。

阪急バレンタイン

うめだ阪急バレンタインチョコレート博覧会。大阪市内でも多分1,2を争う規模を誇るバレンタインイベントです。

だいたい、阪急のバレンタインにかける意気込みがおかしい。いい意味でおかしい。

阪急バレンタインカタログ

これ、無料で配ってるカタログなんですが。A5サイズで厚みが1cm以上あります。それだけでどんだけバレンタインイベントに気合入れてるかがよく分かります。

チョコカタログ

上がタカシマヤのアムールデュショコラのカタログ、下が阪急バレンタインチョコレート博覧会のカタログ。タカシマヤも超人気漫画家さんを使って大々的にやっていて写真もとても美しくてお金かかってるなーと思いましたが、阪急のカタログの分厚さたるやタカシマヤの倍ほどもあります。

カタログ分厚さ

ちょっとした岩波文庫よりも厚いとかもうね、ほんと大丈夫なの?

阪急チョコレート売場

売り場は大盛況、ブランド数もアイテム数もすごいです。すごい熱気です。売り子の皆様も、お客さんたちも。

雰囲気だけでも皆様にお伝えしたいと思います!(写真については、撮ってもいいですか?とお聞きして撮らせていただいておりますが、不都合がございましたらご連絡くださいませ。すぐに削除させていただきます)

阪急01

誰かこれ、私にプレゼントしてください。ただいま品切れ中のカラフルでとってもかわいいボンボンショコラ。いろんな味が楽しめそうです。

デメル

ベルギーのデュバイヨル、今年は小鳥BOXは販売されていないとのこと。毎年小鳥シリーズ楽しみにしてたのでちょっと残念でした。でもやっぱり美しくて素敵やけど。

阪急タブレット

いろんな種類のタブレット。産地別だったり、フレーバーものだったり。

阪急02

カラフル&ポップ!りんごのやつ、友チョコにしたいー。

マリベル

マリベルのアーティスティックなチョコレート。素敵。

阪急03

阪急のバレンタイン会場では、BEAN to BARがどのようにして作られていくのかがわかり易く展示されていました。

そして、BEAN to BARのタブレットばかりを集結させたコーナーがババーン!とあります。

カカオハンタータブレット

カカオハンターの小方真弓さんのタブレット。聞いたこともないような名前や産地のものも。

タブレット

産地やカカオ豆の種類、カカオのパーセンテージ、そしてトッピングなどなど、こだわりのタブレットがいっぱいです。全部食べてみたい!!!

阪急タブレット02

こんなにタブレットをズラリと集めているところはなかなかないのではないでしょうか。壮観です。

まだ開催から3日目くらいだったのに、すでに人気商品は品薄だったり欠品していたりしていました。チョコ好きさんはとにかくお早めにおでかけください!!

 

一部アイテムはオンラインショップでも購入できます♡
>>阪急百貨店オンラインショップ