エリカアンギャル×ブラウンライス ビューティーバーカカオ味

これだけチョコレート食べておいてこんなこと言うのもアレなのですが、普段は白砂糖やお菓子をなるべく避ける食生活をしています。甘味はなるべく黒砂糖かてんさい糖、メープルシロップ、ハチミツ、みりんなどで。

市販のチョコに使われてる砂糖はたいてい普通の精製糖なんでなに言ってんのって感じですが、チョコ以外では意外とストイック(に見えるらしいが本人はそんなに気にしてない)な食生活をしています。

・・・健康的な暮らしをしてます!って言ってる人がヘビースモーカーだったのと同じくらい残念な感じがするのは否めない。うん。知ってる。

エリカアンギャルビューティーバーチョコ

そんなわけで、ふだんあんまり普通のお菓子には手を出さないのですが、カラダにやさしくてしかもカカオ風味のビューティーバーなるものを見つけて思わず買ってしまいました。

こういうの持ち歩いてると便利なんですよね。コンビニとかで買える食べ物があまりないもので。

ビューティーバーカカオ

ビューティーバーはナッツやドライフルーツ、玄米フレークなどをぎゅっとまとめたお菓子?です。グルテンフリー。

エリカアンギャルさん

ミスユニバースジャパンの公式栄養コンサルタントだったエリカアンギャルさんがプロデュースしてるそうです。これでワタシもミスユニバースに!!(なれない)

ナチュラル素材

原材料見ても、これなら安心して食べられるよね、ってものしか入ってません。白砂糖不使用、甘味はココナッツシュガー、米あめ、玄米甘酒、そしてドライフルーツ類の自然の甘さを利用しているようです。

ビューティーバー中身

つやっとしたシリアルバーです。いろんなものをギュッと圧縮してまとめた感じ。

ビューティーバーカカオ断面図

見た目だけでいうとザクザクしてそうなイメージだったんですけど、実際はザクザクではなくてネッチリしてます。ネッチリ・・・?なんていったらいいのでしょう。ニチャっとしてる。いや、えーと。噛み応えはあるんだけど、ザクザクしてるわけじゃなくて。ローフード系のバーに多いしっとりもっちりしたあの感じ。

カカオバーひとかけら

ナッツの香ばしさやドライフルーツの甘酸っぱさに、カカオの香りがプラスされてます。すごくチョコっぽい感じではないけど、確かにカカオ感はあります。チョコとしての満足感でいったらもの足りないかもです。あくまでもカカオ風味のシリアルバー。だけど、白砂糖なしで罪悪感なく安心して食べられてカカオも感じられるお菓子としては素晴らしい。

カバンに2本くらい常備しておきたい存在です、これは。

 

【商品情報】
公式サイト>>BROWN RICE
ここで買いました>>エリカ・アンギャル×BROWNRICE

 

Arcadia:アルカディア ビスコイト【フェリシモ幸福のチョコレート2015】

これが今期のバレンタインもの最終ではないだろうか。(その時期に買ったタブレットはまだあるけど)

フェリシモ幸福のチョコレートにて購入した「アルカディア ビスコイト」です。

アルカディアビスコイト

アルカディアはポルトガルのチョコレートショップ。創業1933年、ポルトガルでは最古+もっとも有名なんだそうです。

私ポルトガルのチョコレート食べるの初めてかも(*´ω`*)

アルカディア包装

細長いパッケージは、両方から引き出す形状になっています。

アルカディアビスコイト中身

CHOCOLATE NEGRO と CHOCOLATE DE LATTE。ポルトガル語は分かりませんが、ショコラ ノワールとショコラ レ的な。多分。

ミルク(レ)の方がすっごくミルク色なのに驚きましたです。

アルカディア1本の大きさ

1本の長さは約11.5cm×7.5cm×1.3cmくらい。計70g。

ビスコイトひとかけら

ひとかけらはちょうどいい一口サイズになってます。

ビスコイト断面図

アルカディアのビスコイトはビスコイト=ビスケットを薄く繊細にフレーク状に焼き上げたものがそのまま入ってるのが特長。練りこんであるとかじゃなくて、そのまま入ってます。ビスケットっていうよりフィヤンテーヌみたいな感じ。

そのまま入ってるものだから、シャリシャリ感がすごいです。高級なルマンドかと。・・・自分の語彙の少なさに恥じ入ってるからちょっとだけ待って・・・:;(∩´﹏`∩);: いや、練りこんだ系でもシャリっとするけど、まんま入ってるだけに食感がホント素晴らしいんですよー。

チョコレートの味自体はヨーロッパの標準的な感じです。うまし。ポルトガルのチョコってなかなか手に入らない印象だけど、見かけたら他のメーカーのも食べてみたいです∩(´∀`)∩♪

 
【製品情報】
公式サイト>>Arcadia

ここで買いました>>FELISSIMO フェリシモ(幸福のチョコレート)

 

bubo(ブボ)ジャンドゥーヤ【フェリシモ 幸福のチョコレート2015】

昨年、マカダミアナッツチョコが美味しかったbubo。今年はノアゼットがまるっと入ったジャンドゥーヤが登場してたので、思わず食いつきました。ノアゼット大好きだーーー!!!

buboジャンドゥーヤ

シックな黒いパッケージに紫色のアクセントが大人っぽいです。直径7.7cmくらい、高さ11cmくらいです。190g入り。

ブボふた

フタをあけると、アルミのフタで密封されています。これを開ける瞬間がたまりませんです。

ブボジャンドゥーヤ

あけると、ごろんごろんとヘーゼルナッツ入りジャンドゥーヤチョコレートがヽ(≧∀≦)ノ

ブボノアゼット入り

大きさはけっこうまちまちです。小ぶりなんから大きいのまで。

ブボ一粒の大きさ

これ、わりと標準的な大きさのです。んー、直径2.5cmくらい???

BUBOジャンドゥーヤ断面図

断面図。香ばしくローストされたヘーゼルナッツ(ノアゼット)がゴロンと入ってます。表面はココアパウダー、ちょっとだけ塩感アリ。塩のシャリシャリかなと思いきや、このチョコ層の中にフィヤンティーヌ(薄く焼いたクレープのようなものを砕いたもの)的なものが入っている!!!!!

口に入れた瞬間ココアのほろ苦さ、チョコレートの甘みとフィヤンティーヌのショリショリした食感、香ばしく存在感のあるヘーゼルナッツ。

・・・・・・好きいぃいぃいいいいい!!!!!!

誰かバルセロナに行って、これ大量買いしてきてください(´;ω;`)おいしい・・・おいしいよ・・・
これはまた来年も食べられるのかなぁ・・・

 

【製品情報】
公式サイト>>bubo

ここで買いました>>FELISSIMO フェリシモ(幸福のチョコレート)

 

WEINRICHs ワインリッヒ ミルクチョコレート ヘーゼルナッツ&ラムレーズン

タブレット続きですがええじゃないかええじゃないか。

ドイツのWEINRICHsワインリッヒミルクチョコレート ヘーゼルナッツ&ラムレーズンです。ヘーゼルナッツとラムレーズンとかもう組み合わせだけでずるい・・・ずるいよ・・・(*´ω`*)

ワインリッヒミルクチョコレートナッツウィズラムレーズン

ババーンと1895とかかれていますが、1895年創業だそうです。すごいね。日本で言ったら明治時代、日清戦争が終わったかくらいのときから続いてるってことです。

ワインリッヒタブレット中身

箱を開けると、薄い透明のフィルムに包まれたタブレットがスルッと出てきて、一瞬ビビリました。しかもこっち向きなんだ?

ヘーゼル&ラムレーズンチョコレート

一般的に表(と思われる)の模様はこんな幾何学的なシンプルかつ美しい模様です。タブレットの大きさはだいたい15.5cm×7.5cm×0.9cmくらい。100g。

ワインリッヒ断面図

断面図。ヘーゼルナッツう~(*´ω`*)ラムレーズンはあいにく見えにくいのですが、けっこう存在感のある入り方してます。ラムの香りがたまらん。

ヘーゼルナッツとラムレーズンチョコ

ひとかけらの大きさ。やや小ぶりでお上品な感じ。ヨーロッパ的なミルク感シッカリのミルクチョコレートに香ばしいヘーゼルナッツ、やわらかで香り高く甘酸っぱいラムレーズン。

私ね、ホントはもともとレーズンはあんまり好きじゃないんですけど、これはたまらん。常備食にしたいくらい。しかもこれ、輸入モノタブレットとしてはけっこう安かったような記憶があるんですよ。

ミルクチョコレートとヘーゼルナッツ、ミルクチョコレートとラム、ミルクチョコレートとドライフルーツ、どれも合わないわけがない組み合わせがギュッとおいしくまとまっちゃったワインリッヒのタブレット、これはまた見かけたら買ってしまうに違いないです。

問題はどこで買ったのか覚えがないことである。ど、どこだっけ・・・(´;ω;`)なんかたぶん輸入系強い高級系スーパーだったと思うんだけど・・・

 

【商品情報】
公式サイト>>WEINRICHs
購入場所を思い出せません・・・

ここでも買えます>>ワインリッヒ ミルクチョコレート ヘーゼルナッツ ウィズ ラムレーズン

 

 

ミュゼドショコラ テオブロマ タブレット レ フィグ(リス)

バレンタイン期に買いだめしたチョコを少しずつ出しては楽しむという贅沢なチョコレート生活をしています。

今日はタブレットで、しかもレがいいなーという気分だったのでこちら。

テオブロマタブレットフィグ

毎年パッケージが可愛くてまとめ買いしたくなるテオブロマのタブレット、ショコラ オ レ オ フィグです。本のような装丁、まるまるとしたリス。かわいい・・・(*´ω`*)

テオブロマタブレット種類

このパッケージでずらりと並んでたらヤバイでしょ。よくまぁひとつで買うの我慢できたよ自分。

テオブロマタブレット箱裏

箱の裏は小窓がついてて、中身がちらりとのぞけるようになっています。

タブレットフィグレ

箱から出してみたところ。テオブロマの文字入りの透明のフィルムにつつまれてます。さっきからテオブロマテオブロマ言ってますけど、正式名称はミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマです、たぶん。土屋シェフはパティシエではなくショコラティエという名前を日本に広げた人の一人なんではないでしょうか。

タブレット表

タブレット表面。(あるいはコッチが裏なのかもしれないが。)テオブロマの文字とカカオ、カカオの木がシンボルとして描かれています。

1枚の大きさはだいたい12.5cm×7.5cm×0.6cmくらい。(イチジク部分除く)

ひとかけらの大きさ

ひとかけらにするとこんな感じ。お上品な一口サイズ。

ドライイチジクタブレット

イチジクはわりと大きめのカットでちりばめてあります。

テオブロマいちじくタブレット

ミルクチョコレートとドライイチジクという時点でもうおいしいことは決まったも同然。甘くてねっちりプチプチした食感のイチジクと、スイスのミルクチョコレートを思わせるようなミルク感たっぷりのチョコレートが口の中で一体になって、ほにょーーーーん(*´ω`*)となるおいしさです。

ノワールとフィグの組み合わせもいいけど、こういうレとの組み合わせもいいなぁ。(←単なるイチジク好き)

お店は東京に集中しているので、買うならネット通販…と思ってちらりと公式サイトを見てみたら、マカロンのヒツジの箱がかわいすぎて悶絶です。くわーーー!!欲しい!!!!!

 

【製品情報】公式サイト>> THEOBROMA
ここで買いました>>バレンタイン催事場

通販でも買えます>>テオブロマ公式オンラインショップ

ネギュス チョコキャンディー【フェリシモ幸福のチョコレート2015】

フェリシモ「幸福のチョコレート」は他ではなかなか手に入らないチョコレートがたくさん揃うことでチョコ好きさんたちの間では有名なバレンタイン~ホワイトデー特集です。

その中でも、特に有名なチョコレートのひとつがこちらではないでしょうか。緑の缶が目印の、フランスのトラディショナルなお菓子、ネギュス チョコレートキャンディーです。

ネギュス

私は今年初めて買いました。前からずっと食べてみたいとは思っていたけど、なんせ高いんだもの。買う勇気がなかなか湧かなかったんです。

ネギュスチョコキャンディー

フランスのヌヴェールという小さな町で作られているこのお菓子は、チョコレートキャラメルに飴掛けしたシンプルなお菓子です。が、1902年にできたというのですから、当時はものすごいハイカラなお菓子だったのではないでしょうか。

ネギュスキャンディ

これね、湿気ですぐくっついちゃう。ムリにはがそうとすると見栄えが悪くなっちゃう。ものすごくデリケートです。そりゃ高温多湿の日本じゃそうそう簡単にそのへんで売られてないわな、と思わせるくらいデリケートです。

何粒入っているか数え忘れましたが、190g入りです。缶の大きさは約11cm×3.5cmくらい。

ネギュス大きさ

ひと粒の大きさ。意外と大きいです。チョコレートキャラメルにたっぷりべっ甲飴がかかったような、そんなお菓子です。

でもね、これ、信じられる?

20150406053916

幸福のチョコレート公式サイトから画像をお借りしました。秘伝のレシピを守りながら、こんなちっさい小鍋で、ひとつひとつ飴がけしてるんですよ!!!!!いやマジでビックリする。

こんな風に、ひとつぶひとつぶ大切に作られているなんて。「高くて買えない(›´ω`‹ )」と思っててごめんなさい。この手間を考えたら、全然高くない。

ネギュス断面図

断面図。アメがけっこう固いので、包丁で切ったら白っぽくなっちゃいました…。

口に入れると、まず香ばしいアメ(いわゆるべっこうアメよりちょっと濃い目に煮詰めてある感じ)の甘さが広がります。そこからそのままアメを口の中でゆっくり溶かすもよし、ガリッと噛んで中のチョコキャラメルと混ぜ合わせるのもよし、どっちの食べ方もおいしいです。おいしいです。(2回言った)

アメのカリカリした感じと、チョコキャラメルの味わいとなめらかさと、渾然一体となって口の中で混ざり合って広がる感じは、懐かしさと同時に何ていったらいいんでしょう、もうね、作ってる人にお礼を言いたくなるくらいグッとくるんですよ。

金額としては高い。だけど、価値としては決して高くない。これが食べられて幸せです。来年も食べられるといいな。

 

【製品情報】
公式サイト>>Au Négus
ここで買いました>>FELISSIMO フェリシモ(幸福のチョコレート)