六花亭ストロベリーチョコレート(ミルク)

六花亭のチョコレートといえば、やっぱりこれ!という人も多いのではないでしょうか。六花亭ストロベリーチョコレートです。

ホワイトとミルクの2種類がありますが、ホワイトの方は以前感想を書いたので、今日はミルクの方を中心にお届けしたいと思います。

六花亭ストロベリーチョコレート

まずパッケージ。ホワイトのほうが赤色、ミルクチョコのほうが緑色です。どうしてもホワイトの赤の方が見慣れている感があるわー。

六花亭イチゴミルクチョコ

箱を開けると、袋に入ったストロベリーチョコがごろごろしてます。ミルクチョコの方を数えたら13個入り。ホワイトの方は12個入りでした。

けっこう粒の大きさそろえてあると思うんですけど、どうしても多少の違いが出るので、個数も多少前後するんでしょうね。パッケージには115g入りと書かれています。

ストロベリーチョコレート(ミルク)

ストロベリーチョコレートのミルクチョコ版。どうしてもホワイトチョコ版のほうがメジャー感があるんですけど、相性としてはミルクチョコだって悪いはずがない。

イチゴチョコ大きさ六花亭

大きさはこれくらいの個体差があります。大きめので直径約3cm前後、小ぶりなのだと約2.5cmくらいでしょうか。

ストロベリーチョコ断面図

断面図。フリーズドライのイチゴに、チョコレートがコーティングしてあります。チョコの厚みはだいたい3~5ミリくらい。(部分差・個体差あり)

イチゴの酸味と、ミルクチョコレートの味わいはやっぱり相性がよくて、次々口の中に入れちゃいます。

六花亭ストロベリーチョコホワイト&ミルク

しかも今回は、ホワイトとミルク両方手元にあるわけで。交互に楽しめちゃったりもするという贅沢(*´ω`*)

でも個人的にはやっぱりホワイトのほうを贔屓しちゃいます。特に六花亭のストロベリーチョコのホワイトは、単にホワイトチョコでコーティングしてあるだけじゃなくて、ヨーグルトパウダーやレモンパウダーが入っていてホワイトチョコ自体にも少し酸味があってイチゴとのバランスが素晴らしいと思うのです。

とはいえ、どっちもおいしいー!これを日常食にできるセレブになりたいです!!

 
【商品情報】
公式サイト>>六花亭
ここで買いました>>六花亭 札幌本店

ここでも買えます>>六花亭 ストロベリーチョコ 2種セット

 

 

チョコマロン:ホワイトチョコレートの聖地「六花亭」に行ってきました

生まれて初めて北海道に行ってきました。仕事で。

札幌赤レンガ庁舎

赤レンガ庁舎(旧道庁)とかちらっと見ることができたり。

六花亭札幌本店

何より、ホワイトチョコレートの聖地、六花亭の札幌本店に行くことができて、とても幸せでしたヽ(≧∀≦)ノ

子供のころ、ホワイトチョコレートは好きじゃなかったのですが、あれ何歳くらいのときかなぁ・・・六花亭定番の、あのホワイトチョコの板チョコを食べて初めてホワイトチョコレートのおいしさに目覚めたのです。本店入り口

入り口。あのね、なぜか写真がここまでしかないのよ。店内の写真がないのよ。興奮しすぎて撮るの忘れたのよ。

六花亭

というわけで、今いっぱい六花亭のチョコレート&チョコレート菓子が手元にあります!!(歓喜)

六花亭といえば!

六花亭ストロベリーチョコレート

ストロベリーチョコレート!フリーズドライのいちごをホワイトチョコやミルクチョコでくるんだアレです。ホワイトのほうは過去にレポートを書いたはず。

板チョコ詰め合わせ六花亭

それから、板チョコ!かつて北海道土産の定番だった、あのお花の絵の包みの、ふきのとうって書いてあった、懐かしいホワイトチョコレートの板チョコは今はもうないそうです・・・。

それに変わって、いまは小ぶりのホワイトチョコレート、ミルクチョコレート、ビタースィートチョコレート、抹茶ホワイトチョコレート、モカホワイトチョコレートのミニサイズの詰め合わせがありました!ホワイトチョコだけ5枚入ったパックもあるよ。

マルセイバターサンド

そして、チョコレートじゃないけどやっぱりこれ。マルセイバターサンド。

こういうのも、普段なら物産展とかで何個入りっていうのを買うしかないんだけど、店頭では1個から購入できてしまうのであります!!ほかのもほとんど1個から買えるという贅沢・・・(*´ω`*)

マルセイといえばバターサンドだけかと思っていたけど、キャラメルやビスケットもありました。

ひろびろ六花亭

あと、チョコ系だとこれが目立つ位置に並べられてました。「畑の大地ひろびろ」と「花の大地ひろびろ」。

六花亭チョコマロン

見た目はそんなにパッとしないけど個人的に気になったのがこれ。チョコマロン。ちょうどカラダが栗を欲する時期ですし。

そういうわけで今日はチョコマロンを食べます!

チョコマロン個包装

1パック4個入り。個包装になってるので、おみやげでバラで配るのにも便利。

チョコマロン大きさ

直径約5.5cm、高さが約2.5cm。タイヤみたいだね。

チョコマロン断面図

断面図。しっとりした焼き菓子に、栗餡がたっぷり挟まれています。

この栗餡が!ラム酒の香りたっぷりで!ココア風味のしっとりしたケーキと、周りにコーティングされたミルクチョコレートと相性がバッチリなんですよ!!!

栗餡は白餡に栗ペーストを混ぜ込んだ感じで、どこか和の雰囲気も漂わせつつ、なのにとてもハイカラな仕上がりになっております。これは買ってよかった。むしろもっと買うべきだった。(でもあんまり日持ちがしない系だったのよ・・・)

 

六花亭で買ったものは順番にレポートしていきたいと思ってはおりますが、もしかしたらそのまま食べちゃったり誰かに差し上げちゃったりする可能性もアリです。ちなみにマルセイバターサンドはもう食べましたŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

北海道は初めてだったけど、今度はもっとゆっくりじっくり滞在したいです!

 

【商品情報】
公式サイト>>六花亭
ここで買いました>>六花亭 札幌本店

ここでも買えます>>六花亭 チョコマロン4個入り

 

CAMILLE BLOCH RagusaNoir(カミーユブロッホ ラグーサノワール)

とある高級系スーパーで目に付いた、ヘーゼルナッツの絵付きのタブレット。しかもスイス国旗模様入り。ノアゼット+スイスでおいしくないわけがない(ФωФ)!!と迷うことなく手にとって購入しました。

カミーユブロッホラグーサノワール

CAMILLE BLOCH(カミーユブロッホ)の Ragusa (ラグーサ)シリーズのNoir(ノワール)です。スイスではけっこう歴史のあるメーカーらしき。

カミーユブロッホパッケージ

箱から出てきたのは普通の銀紙に包まれたもの。

ラグーサノワール

開封。私、何を思ったか1枚のタブレットと信じて疑ってなかったので、ちょっとビックリしましたね。まさか2本のバー状になっていたとはー!!パッケージ見たら確かにそうなってるんだけど、勝手に脳内変換されてたー!!

1本の大きさ

こんなカタチで2本いりです。1本の大きさは約11cm×3cm×1cm。100g入りなので、1本あたり50gということですな。

レグーサ側面

しかもよく見ると、やわらかめのプラリネ系チョコレートに薄くチョココーティングしてあるような感じ。よく見たら「準チョコレート菓子」の表記になってて、つまりカカオ以外の成分の多いチョコレートってことなんですよね。

つまりジャンドゥーヤ系。思いがけずすごい好みのチョコに遭遇した(*゚∀゚)=3

カミーユブロッホノアゼット裏面

ウラを見ると、おーい、もうちょっとゴロゴロとノアゼット入れてくれてもいいんでないのーーー!という感じは否めません。が、4つのブロックに分かれたとき、ヘーゼルナッツ率0%っていうのだけはなかったのでまぁ許そう。(偉そう)

ラグーサノワール60%

1本を4つのブロックで割ってみたところ。断面のヘーゼルナッツがグッときますなあ。

RagusaNoir断面図

折った側の断面を見ると、普通のチョコレートじゃなくてやわらかい感じが伝わるのではないかと。

プラリネ+ごろごろヘーゼルナッツ+カカオ分高め(60%)+スイス製。
これでおいしくなかったらおかしいでしょ、という組み合わせです。実際、久しぶりにヘーゼルナッツチョコで大満足できた感じ!!

(こないだ某大手スーパーで買ったフランスのノアゼットタブレットがなんとなく残念な味だっただけに・・・)

手に取ったときに思っていた形状やタイプとは違ったけど、それ以上に満足でした(*´ω`*)また食べたいー♪

 

【商品情報】
公式サイト>>Ragusa Bloch
ここで買いました>>大阪市内某高級系スーパー

ここでも買えます>>カミーユ ブロッホ ラグーサ ノワール
・・・まさか、時々日用品を買ってるケンコーコムでも売ってるとは思わなかった(笑)今度また何かと一緒に買います!