rawmioローミオ 発芽アーモンド・発芽ヘーゼルナッツ・ドライチェリーチョコレート

ローフード(高熱を加えない食品)が一部で流行っていましたが、個人的にはあまり興味がありませんでした。

でも、いつも個人輸入で利用しているi-harbという通販ショップで、美味しそうなものを見つけてしまったので、買ってみました。

rawmioチョコレート

Rawmioの

  • Chocolate coverd sprouted Almonds
  • Chocolate coverd sprouted Hazelnuts
  • Chocolate coverd sweet cherrys

の3種類です。要はアーモンドとヘーゼルナッツとスイートチェリーのローチョコレートコーティングしたもの、ですね。

ローチョコレートというのは、普通のチョコレートがカカオを焙煎して作られるのに対して、カカオをローストせずに作ることによってカカオの栄養素や効能を失わずに作られているとのこと。  ローチョコアーモンドチェリーヘーゼル

左から、アーモンド、チェリー、ヘーゼルナッツです。アーモンドとヘーゼルナッツはsprouted=スプラウテッド、つまり発芽した状態かつ生。発芽玄米ならぬ発芽ナッツです。それぞれ一袋57g入り。

ローアーモンドチョコ

アーモンド断面図。発芽アーモンドもRawつまり生ですので、色がローストされてない白っぽい色ですね。

以前、ローフードが流行り始めたころに生アーモンド食べたことがあったんですけど、個人的にはおいしくなーい!と思いました。でも、これ食べてみたら全然普通に食べられる。おいしい。

大きさはかなりまちまちで、チョココーティングは薄めです。だいたい35個くらい入り。

ダークチェリーローチョコ

こちらスイートチェリー断面図。ドライスイートチェリーの酸味とチョコレートの相性はぴったり。これまた大きさはめっちゃ大小アリです。28個入ってました。

rawヘーゼルナッツチョコ

そしてヘーゼルナッツ。これも生っぽい色ですよね。でも、ローストした香ばしさはないものの、なんだかおいしく食べられちゃう。ローフードがどれくらい体にいいかは知りませんけど、これ、おやつとして普通においしいんですが。約26粒入り。

USDAのオーガニックマーク入り、フェアトレード、ビーガンと、幅広い志向の人が喜びそうです。そして普通においしい。

でもね、これ残念ながら、9月いっぱいまでの夏季は出荷停止なんですよねー。アメリカから送られてくる間に溶けちゃいそうなので、購入OKだったとしてもちょっと躊躇はしますが、買えないとなると欲しくなるのはなぜだろう。

秋になったらまたリピートしたいです。健康志向の人へのちょっとしたプレゼントにもぜひ。

 

【商品情報】
公式サイト>>http://rawmio.com/
ここで買えます>>iHerb Rawmio(アメリカのサイトですが、日本語対応で簡単に購入できます)

 

 

パレドオール 獺祭生チョコレート

獺祭(だっさい)といえば、なかなか手に入らない日本酒として有名ですが、その獺祭2割3分を使った生チョコがパレドオールから発売されたと聞いて、仕事帰りに入手してきました!

獺祭生チョコレート

藤色の箱に銀色の帯。どこか和の高貴な雰囲気のあるパッケージです。箱の大きさはだいたい9cm×10.3cm×2.3cmくらい。

パレドオール獺祭生チョコ

箱を開けたところ。もうね、箱を開けたときからずっといい香りが漂ってくるんですよ(*´ω`*)

獺祭生チョコ

水色のピックもちゃんと付いてます。9粒入り。一粒の大きさはだいたい2cm×2cm×1cm。

獺祭生チョコ断面図

断面図。意外にも、そんなに茶色くないんです。普段なら生チョコでも少しだけ常温に出しておいてから食べるんだけど、冷蔵庫から出したてで美味しく味わえるように作ってあるとのことだったので、冷蔵庫から出してすぐに食べてみました。

ミルキーで口溶けのなめらかな生チョコに、ぶわっと香る日本酒。ワタクシ残念ながら体質的にアルコールがダメなんですが、お酒の味わいはとても好きです。獺祭はあいにく飲んだことないんですけど。

しっかり日本酒なのに、しっかりチョコレート。日本酒とカカオがこんなに相性いいなんて知らなかったなぁ・・・芳醇な香りが入り混じった、とてもオトナの味わいです。

アルコール感は思ったより高くありませんが、いっきに5粒食べたらちょっとフワッときました。

これ、また食べたい・・・限定販売だそうなので、なるべく早めにまたお店に行かねばです。

 

【製品情報】公式サイト>> CHOCOLATIER PALET D’OR
ここで買いました>>ショコラティエ パレ ド オール大阪店

ここでも買えます>>パレ ド オール オンラインストア

 

ベキニョール そばの実チョコレート Chocolat graines de sarrasin

フランス ぺリゴール地方のDomaine de Béquignol 。以前クルミチョコにはまったことがあるのですが、ちょっと変わった「そばの実チョコレート」というのを見つけたので買ってみました。

ベキニョールそばの実チョコレート

そういえば、フランスではそば粉のガレットとかもありますよね。意外とフランス人にとっても蕎麦って身近な食材なのかも。

ソバの実チョコ

ナチュラルなパッケージと赤いアクセントがかわいい。箱の大きさはだいたい7.5cm×5cm×15cmくらい。

そばの実チョコパッケージ

箱を開けると、透明の袋に入ったそばの実チョコレートが出てきます。

ベキニョールチョコ

ころころゴツゴツしたそばの実チョコレート。一箱100g入りで、数えてみたら18粒入ってました。

そばの実チョコレート

一粒の大きさは、多少の差異はあるもののだいたい直径2cmくらい。一口でぱくっと食べられるサイズです。

そばの実チョコ断面図

断面図。ミルクチョコレートにダークチョコをコーティングしたもののまわりに、ローストしたそばの実がギッシリとまぶされています。

この真ん中のミルクチョコレート、ただのシンプルなミルクチョコではなくて、レーズンペーストとぺリゴール名産のくるみが練りこんであるそうです。たしかに、とってもレーズンの香りがするー(*´ω`*)

で、そばの実はカリカリサクサクと香ばしく、全体的におもしろい味になっています。炒ったそばの実といえば、そば茶みたいな香りなんですね。これは日本人だからそう感じるんでしょうけども。笑

でも決してチョコと合わないわけではなくて、むしろおいしいんですよ。不思議。ちょっとクセになる感じ。

でもこれ、通年売っているわけではなさそうで、まったく見かけなくなってしまいました。うーん、たまに無性に食べたくなる系なんだけどなあ。

どこかで見かけたら、ぜひ教えてください。

 

【商品情報】
公式サイト>>Domaine de Béquignol
ここで買いました>>フェリシモ幸福のチョコレート