AUDREY(オードリー)ストロベリーシャンパントリュフ

横浜と日本橋の高島屋でしか買えないAUDREY(オードリー)というイチゴのお菓子専門店がありまして。

そのオードリーが大阪なんばタカシマヤに催事で来ていたので、これは!と思ってGETしました。ちなみにオードリーの人気商品である「グレイシア」というお菓子は売り切れだったほどの人気ぶり。

真っ赤な箱にキュートなお花と青い鳥の模様がカワイイ。
箱のサイズはだいたい6cm×24.5cm×2.8cmくらい。

箱の!裏蓋も!!かわいい!!!

フリーズドライのいちごがたっぷりまぶされたトリュフが5個ずらりと並んでいます。

上の写真よりこちらのほうが色味が正確かも。こんな感じ。

一粒の大きさ。直径3cm弱くらい。

断面図。

上に少しだけベリーのソースが入っているのがお分かりいただけるでしょうか。

口に入れるとまずフリーズドライのイチゴの甘酸っぱさ、そしてけっこうシッカリめのシャンパンの味わいのするガナッシュ、甘酸っぱいベリーのソースが混ざり合って、これはとろける…(私が)

見た目もカワイイし、お味も上品でとても素敵。
オトナの女性へのプレゼントにもピッタリです。

がんばってオトナの女性になるので誰か横浜高島屋か日本橋高島屋で買ってきてください。

 

【商品情報】
公式サイト>>なし

ここで買いました>>なんば高島屋催事

BERNACHON(ベルナシオン)タブレットフーレフランボワーズ

大好きなベルナシオンの、タブレット。

大好きなビター×フランボワーズの組み合わせ。

おいしくないわけがないいいいいい!!!!と食べる前から興奮させられるチョコレート、タブレット・フーレフランボワーズです。(落ち着け

ベルナシオンのタブレットのラッピングはほんとシンプルというか無骨というか。
だがそこがいい。

サイズはだいたい15.5cm×8cm×1cmくらい。
重さはかなりずっしりとしています。

この何気ないけど美しい模様(*’ω’*)きれい

断面図。想像以上にニッチャリしたフランボワーズのジュレともパートドフリュイともコンフィチュールとも言い難いペーストが、想像以上にたっぷり詰まっています。

品の良い正統派のダークチョコレートに、濃厚なフランボワーズの風味が混ざり合って至福としか言いようのない味わいです。

全国のチョコ×フランボワーズのフレーバー好きさんには絶対食べてみてほしい味だし、初めてチョコ×フランボワーズの組み合わせに出会う人にはこのフーレフランボワーズが最初の体験であってほしい・・・!!!と願わずにはいられないくらいおいしいからマジで。

表面(裏面?)はシンプルな格子状なのですが、中身が中身だけにちょっと割りづらいです。豪快にバキっといきましょう。

ああ幸せ(n*´ω`*n)
コーヒーおかわりしました。

 

【商品情報】
公式サイト>>BERNACHON
ここで買いました>>サロンデュショコラ2019

 

 

DAVID CAPY(ダヴィドカピィ)ショコラアソート フレーズ苺

前回のサロンデュショコラで、どうしても欲しかったのに売り切れで買えなかったチョコレートを今年は入手することができました。

DAVID CAPY(ダヴィドカピィ)ショコラアソート フレーズ苺です。

箱からしてもう可愛すぎる。けしからん。

箱のサイズはだいたい12.5cm×12.5cm×4cmくらい。

箱を開けると、7つのいちごちゃんがキュートに収まっています。

一粒の大きさ。

意外と大きくて、3cm×2cmくらい。

断面図。
デュルセイ(ブロンド)のガナッシュをイチゴのチョコレートでコーティングしています。

手間がかかってるなぁこれは…。

しかもですね、写真で見ても分かると思うんですけど、シェル(コーティング)の部分がめちゃくちゃ薄いんですよ。
この部分って、大切な味わいの部分であることはもちろんなんだけど、中のガナッシュをコートして形状をカッチリ固めるためのものでもあるんですよね。

それをここまでうすくして、でも酸味やイチゴの香りはハッキリと主張していて、そのバランスと技術がすごいなぁ、と思うわけです。

じつはダヴィドカピィのチョコレートは初めて食べたのだけど、大好きになってしまいました。
というかこのイチゴチョコをまた食べたい(*’ω’*)

来年も入手できるかしらん。
競争率は高そうですが、また会えることを信じて待ちたいと思います!

 

【商品情報】
公式サイト>>DAVID CAPY(Facebook)

ここで買いました>>サロンデュショコラ2019

ヤンクーヴァー きつねチョコ【フェリシモ幸福のチョコレート】

昨年のフェリシモ幸福のチョコレートから気になっていた、ヤンクーヴァーのきつねチョコ。
今年は手に入れることができました。

淡い水色の箱は、だいたい22.5cm×3cm×2cmくらい。

きつねの絵がめちゃくちゃかわいいのです。

箱を開けると、中からそろりと出てくるキツネたち。

カワイイ!

5個入り、もとい、5匹入りです。

一粒(一匹)はけっこう大きくて、だいたいですが4.5cm×3.5cm×2cmくらい。

断面図。

きつねの形のダークチョコの中にはショリショリ感のあるヘーゼルナッツのプラリネがはいっています。

めっちゃヘーゼルナッツの香りが強くて、塩味が効いてて、単にかわいいだけじゃなく、味わいも本格派。

かわいいので食べるのがもったいないと思いつつ、ぺろりと食べてしまいました。

友チョコにも向いてそうな素敵なチョコでした!

 

【商品情報】
公式サイト>>Yann Couvreur

ここで買いました>> フェリシモ 幸福のチョコレート

 

PHILIPPE BEL(フィリップベル)ミニブッシェプラリネ

サロンデュショコラで入手した、フィリップベルのミニブッシェプラリネです(*’ω’*)

箱の大きさはだいたい16.7cm×4.5cm×3.7cmくらい。
フィリップベルのロゴマークがバーーーンと目立ちます。

箱を開けると、プラスチックケースに収まった球体のチョコレートが!!

4個入りです。
上の部分だけでも超おいしそう…( *´꒳`* )

一粒の大きさ。

だいたい直径3~3.5cmくらいです。

断面図。

上半分は、棒状のアーモンドをキャラメリゼしてチョコレートで固めたもの、下半分はアーモンドとヘーゼルナッツのプラリネをダークチョコレートでコーティングしたものです。

とりあえず、この組み合わせ考えただけでおいしくないはずないですよね!

すごいのが、プラリネのなめらかさと香り高さ。
プラリネがとろりと柔らかく、上のアーモンドのカリカリした食感とのコントラストがすごくおもしろいし、口の中で混ざり合うのがもう何とも言えず至福の瞬間です。

さらに、これだけ上部にアーモンドがたっぷり乗っているのにヘーゼルナッツの香りと味わいが決して負けていないのがすごい。

ナッツ好きにはたまらないショコラです。
一粒が大きめなので豪快にもっしゃもっしゃ食べられるのも満足度高い。

これは来年もあったら自分用にも買いたいし、わりと万人受けしそうなのでプレゼント用にも良さげだと思います。

ああ、ナッツの幸せ・・・(*’ω’*)

 

【商品情報】
公式サイト>> PHILIPPE BEL

ここで買いました>>サロンデュショコラ2019