Witor’s Bianco Cuore(ウィターズ ビアンコ クオーレ)甘い!クリーミー!サクサク!

以前食べた板チョコがおいしかったWITOR’S(ウィターズ)。
一口タイプのチョコが売ってたので買ってみました。

Witor’s Bianco Cuore(ウィターズ ビアンコ クオーレ)という名前です。

ウィターズ

パッケージの絵を見てからに非常に甘そう。
イタリアのチョコだし、ビックリするぐらい甘いに違いないです。
疲れたときにガッツリ行きたい感じでございます。

ビアンコクオーレ

ポップな感じの個包装。ガサガサとでかいです。
110g入りです。ああ、また何個入ってるか数えるのを忘れてしまった・・・。
だいたい10個前後だったように思われます。

ウィターズ中身

包みを開けてみたところ。
今日は少々暑かったもので、若干表面が柔らかくなっております。
写真撮る前に冷蔵庫に入れておけばよかったなー。

大きさは一口サイズです。日本の一般的な一口サイズよりはやや大きめかな。

witors断面

断面図。
ただでさえ少々やわらかくなってるところを温めたナイフで切ったので
中の白いところが大変クリーミーな感じになってしまっております。

食べてみると、甘い!非常に甘い!!でも美味!
外側はミルクチョコレート、中はホワイトチョコというよりもミルククリーム的な味わいです。
冷やしてから食べてみたところ、「クリーム」というよりはもう少し固くなっていたけど
口の中ですぐに柔らかくなりぶわっと甘さが広がります。
中にクリスプが入っているのですが、それがすっごくサクサクしています。
チョコレートのクリーミーな感じと、サクサクのクリスプの歯ごたえが楽しいです。

かなり甘いので、2~3粒でやめとこうかな、と思える満足感があります。
いや、行こうと思えばもっと食べられますけども。
コーヒーと一緒に食べてるとエンドレスかも・・・。

カルディでは110g入りしか売っていなかったのですが、
コストコでは1kg入りもあるそうです。なにそれ、うらやましい。

 

【商品情報】
公式サイト>>WITOR’S(めっちゃイタリア語。右上で英語も選べます)
ここで買えます>>カルディコーヒーファーム、コストコなど

1kg入りを楽天で買う>>ウィターズ Bianco Cuore 1kg
1kg入りをAmazonで買う>>WITERS BIANCO CUORE 1kg

 

 

WITOR’S(ウィターズ)のヘーゼルナッツ入り板チョコ2種類 濃厚で食べ応えアリ!

バレンタイン期に近所のスーパーでGETしたチョコレート。
なんでこんな田舎のスーパーにこんな舶来のチョコレートが???
ちょっと驚きましたです。(売れるのか・・・?)

コストコなんかだと、売ってるかな。
WITOR’S(ウィターズ)というイタリアのメーカーさんです。

WITOR’S

WITOR’S(ウィターズ)のPURO(PURE?)
NOCCIOLATO(ヘーゼルナッツ・ノアゼットだと思われる)
GIANDUIA(ジャンドゥーヤ ミルク)とFONDENTE(ダーク)です。

ヘーゼルナッツごろごろ

けっこうナッツがごろごろと入っててテンションが上がります。
あああ、ノアゼット大好きーーーー!!!
ていうか、イタリア人ってノアゼット好きよね。さすがジャンドゥーヤ発祥の地。
NOCCIOLATOは何て読むんでしょう。ノッチオラート?ノッキオラート?

チョコ厚み
まぁそれはいいとして。

この板チョコ、1枚が150gもあって
かなりどっしりしています。
けっこう厚みがあるのが
お分かりいただけるでしょうか?

ひとかけらが大きいのも
なかなか大胆でよろしい。
とっても食べ応えがあります。
ダークの方の原材料は、
砂糖、カカオマス、ヘーゼルナッツ、ココアバター、乳等を主原料とする食品、
乳化剤(大豆由来)、香料となっています。

ミルクのほうは、
砂糖、ヘーゼルナッツ、ヘーゼルナッツペースト、全粉乳、ココアバター、カカオマス、
乳化剤(大豆由来)、香料となっています。

どちらも、植物油脂無添加なところがイイ!

板チョコ

ビターのほうはカカオの香りがしっかりしてて、濃厚な味わい。美味。
ジャンドゥーヤ(ミルク)は、ごろごろ入ったヘーゼルナッツとチョコに練りこまれたヘーゼルナッツで
ヘーゼルナッツ感たっぷりです。
ミルクのほうがやわらかくて、口どけもすごいなめらかな感じ。
私はミルクの方が好きだなー。(というか、ジャンドゥーヤに目がないから・・・(笑))

これ、近所でいつでも手に入ったら、見るたび買っちゃうであろうくらいおいしいです!!

でもあいにく、バレンタイン期を過ぎたらパッタリと見かけなくなってしまった・・・。
そうよね、イナカなんてそんなもんよねっ・・・・゚・(つД`)・゚・

 

【商品情報】
公式サイト>>WITOR’S(めっちゃイタリア語。右上で英語も選べます)
ここで買えます>>コストコならあるかもしれんけどないかもしれん

アマゾンで大人買い>>WITOR’S PURO

 

 

フェレロロシェがおいしすぎて困る件について

フェレロ ロシェ と言われてもピンと来ない人でも
このパッケージを見かけたことがある人は少なくないのではないでしょうか。

フェレロロシェ

フェレロロシェはなんと1946年にイタリアで誕生した歴史あるチョコレートなんだそうです。
私が初めてフェレロロシェを食べたのはまだぴちぴちだった18歳の頃。
ちょうど製菓学校に通っていたころでした。
高校生くらいのときから見たことはあったんだけど、
ほかに比べてちょっとお高い存在だったので食べたことはなかったんですよねえ。
何かのきっかけで初めての日を迎えて以来、
病気かと思うくらい毎日のように食べてました。
うん、病気だったと思います。フェレロロシェ中毒。
いまでも、うっかりすると罹りかねないので注意が必要です。

チョコレート(ジャンドゥーヤ)、ヘーゼルナッツ、ウェハース。
この組み合わせでおいしくないわけがない。

フェレロロシェ02

金色の包みに、FERRERO ROCHERと書いたシール、焦茶のカップ。
金額で言うと、日本で買って1個だいたい50円くらい?
いっぱい入ってるのだと、ときどきかなり安く買えたりするから
もっと安くなるかと思いますけども。
てことは、たぶんイタリアではもっと安くてとっても身近なチョコであろうと思うのですが、
それにしては何でしょうか、この気品。

フェレロロシェ中身

ROCHER ロシェ=岩 という名前が示すとおり、ゴツゴツしてます。
この時点でもうめっちゃツバ出てます。

1粒の大きさは、親指の第一関節と人差し指でマルを作ったくらいのサイズです。
あくまでも私の手が基準です。人様の参考にならなくてごめんなさい。

フェレロロシェ割ってみた

フェレロロシェを初めて食べて以来 十ウン年、カットしてみたのは初めての体験です。

真ん中にヘーゼルナッツ(ノアゼット)が入っていて、
周りにはジャンドゥーヤチョコレート。
ジャンドゥーヤというのは、うーん、簡単に言えば
ヘーゼルナッツ(等)のペーストとチョコレートを混ぜたものといえばいいのかしらん。
むしろ、ナッツ風味のチョコレートと言ったほうがいいのかしらん。
まあそんな感じのものです。おいしいです。(適当やな(汗))
ウエハースの外にも、ヘーゼルナッツの細かいのとチョコレートでコーティングしてあって
ゴツゴツと岩っぽい感じになっています。

もうね、ヤバイ。超おいしい。

ああ、これ見たことあるけど食べたことないわーという人に告ぐ。
次回見かけたら絶対に買うべし。
3個入りから、5個入り、8個入り・・・30個入りくらいまで入り数のバリエーションも豊富なので
最初は3個入りでもいいのですが、
多分もっと食べたくなるので大きめの箱の購入をオススメします。

食べてみて、なーんだ、別においしくないじゃん?と思ったら私に送り付けてください。
責任取って食べますんで。・・・着払いとかにしないでね。

 

【商品情報】
公式サイト>>http://ferrerorocherusa.com/index.php  (←めっちゃ英語でした)
ここで買えます>>大手スーパー、コストコ、カルディなど

安く買うならこちら>>FERRERO ROCHER (フェレロ ロシェ) 30個入り