XOCOLAT MANUFAKTUR(ショコラマニュファクチュール)タブレット3種

バレンタイン期は、普段出回っていないタブレット類も豊富に手軽に手に入れられるのも嬉しくて、毎年楽しみにしています。

今年はなんとなくフルーツ系のものが食べたくて、選んだタブレットはこれ。

オーストリアのXOCOLAT MANUFAKTUR(ショコラマニュファクチュール)のタブレットです。
FRUICHTCRISPS & SCHOKOLADE とあるように、フルーツクリスプとチョコレートの組み合わせ。

Erdbeer Joghurt(ストロベリーヨーグルト)
Himbeer(ラズベリーダーク)
Banane(バナナミルク)の3種類です。

3つとも、味の組み合わせとしては間違いない感じでしょ。

中身は薄い透明の袋に入っています。
だいたい10cm×10cm×0.8cmくらい。

上からバナナ、いちごヨーグルト、ラズベリー。
それぞれ、フリーズドライのフルーツがいい感じに散りばめられています。

バナナミルクは、サクッとしたバナナが口の中でだんだんとろりとしてきて、それがミルクチョコレートと混然一体となったときのとろける感じが最高(n*´ω`*n)

ストロベリーヨーグルトは、フリーズドライのいちごだけでなく、ヨーグルトパウダーも散りばめられていて、ホワイトチョコの甘さといちご&ヨーグルトの酸味のバランスが絶妙!

ラズベリーダークは、キリッと酸味のあるダークチョコとラズベリーが合わないわけがなく、際限なく食べてしまいそうなおいしさ。

パッケージも美しいし、断面の見た目も楽しいし、好きだわーこれ。
いつでも買えるわけじゃないところがツライけど、そこがまたいいのかも。

来年もまた出会えたら嬉しいです。

 

【商品情報】
公式サイト>>XOCOLAT MANUFAKTUR
ここで買いました>>阪急百貨店 バレンタイン催事場

 

 

angers(アンジェ) 不思議食感 ホワイトいちごチョコ&チョコバナナ

angers(アンジェ)というわりと有名な雑貨のウェブショップがあるんですけども、そこにちょっとめずらしいホワイトいちごチョコがあるんですよ。

ホワイトいちごチョコといえば、フリーズドライのいちごをホワイトチョコでコーティングしたアレが一般的ですけども、チョコレートを含浸してある、つまり、しみチョコ状態なんです。

何年も前に食べたきりなんだけど、アンジェ以外ではまだ見かけたことがなくて、今も売ってるのかなぁ・・・と友人のプレゼントを探しつつサイトをのぞいてみたら、ありました!

しかも、進化してバナナチョコもできてた!!

アンジェいちご&バナナチョコ

ので、両方買ってみました。
(ФωФ)グフフ・・・

白いBOX入り。箱のサイズはだいたい9.7cm×9.7cm×9.2cmくらい。

いちごチョコ&バナナチョコ

箱をあけたところ。

左がいちごチョコ、右がバナナチョコのパッケージです。

パッケージ

各2袋入り。どちらも75g×2袋となっています。

いちごバナナ

中身。
ね、思ってるいちごのホワイトチョコと違うでしょ。

いちごは10個、バナナは8個入ってました。
大きさによって入っている個数は変わりそうです。

フリーズドライいちごチョコ

一粒の大きさ。

ものすごくざっくりですが、2.5cm×2cm×3cmくらい。
多少の大きさのばらつきはあるものの、まるっと1個そのままの形で、かわいいです。 バナナチョコ

バナナ1粒の大きさ。

いちごよりバナナのほうが大きさにばらつきがあるかも。
大きいのだと直径3.5㎝、小さいのだと直径2.5㎝くらい。

断面図

断面図。
いちごも、バナナも、中までチョコがしみてます。

コーン系のお菓子だったり、クッキー的なお菓子(ガルボとか?)だったりの「しみチョコ」は今や珍しくないけど、フリーズドライのフルーツにチョコをしみこませてあるのは、あんまりないような気がします。

フリーズドライのいちごって、普通そのまま食べるとサクッ、キュイッとした食感なんですけど、 これは、なんていったらいいんだろう・・・サクッまでいかないモクッ とした食感とでもいうのか・・・ガルボとかの食感に似ています。

で、最初にいちごの甘酸っぱさがくるんですけど、次の瞬間ホワイトチョコの香りと甘味がぶわっと広がります。
うーん、本当に不思議。

チョコバナナも食感は同じく。
ものすごいバナナの香りそしてチョコ、ぐわっともどってくるバナナ感・・・これまた不思議な味わい。

しみチョコ系によくある、ぬるっとした植物油脂っぽい後味は残るものの、この全体のインパクトは、見た目や物珍しさも含め価値があるのではないかとー。

買うとき、何も考えずにそれぞれ1箱買ったんだけど、いちごとバナナ1袋ずつを1箱にまとめたアソートboxがあったり、ハーフサイズ(箱なし、1袋)があったりするので、プレゼントや味見用、友チョコみたいに何人かに配る用にも使い勝手がよさそうです。

あと、買うとき見逃してたけど、ラム酒風味のホワイトいちごチョコもあるらしいー!
しまった・・・またいつか試してみねばなるまい・・・(´・ω・`)

 

【商品情報】
ここで買いました>>アンジェ ホワイトいちごチョコ/チョコバナナ

 

 

CACAO MARKET(カカオマーケット)バークチョコレートホワイトストロベリー

ニューヨークの人気ショコラティエ「マリベル」のカジュアルブランドにあたるのかな、「カカオマーケット」の美味しそうなチョコを入手しました!

バークチョコレートホワイトストロベリーです。

カカオマーケット

普段自分ではなかなか手に取らないくらい乙女なパッケージです。天使飛んでますやん。

カッチリとした缶でできていて、とても美しいです。また捨てられないやつだわこれ。

バークチョコレートホワイトストロベリー

中には、大小さまざまな大きさに砕かれたチョコが入っております。180g入り。

マリベルカカオマーケット

ホワイトチョコとフリーズドライのいちご、ピスタチオ。なんとも乙女な組み合わせです。白と赤と緑の色のコントラストがかわいくて美しいです。

しかもこの組み合わせ、美味しいに決まってます。

バークチョコレートいちご&ピスタチオ

1.5cmくらいの分厚いチョコをハンマーで叩くように砕いてあります。このカタチは男前。

優しい甘さのホワイトチョコレート、甘酸っぱいイチゴ、コリコリとした食感が楽しいピスタチオ。はぁ、おいしい。イチゴもピスタチオも惜しげもなくゴロゴロと入っていて、食べ応えアリです。文句なくおいしい。

マリベルのチョコは品質や味はもちろんのこと、世界観やパッケージがすごい女子ウケすると思うので、プレゼントにも最適だと思います。・・・あいにく私の周りには乙女よりオッサン女子の方が多いので、ちょっと誰なら喜んでくれるかすぐに思い浮かばないんですけどもね。

 

【商品情報】
公式サイト>> CACAO MARKET by MARIEBELLE
ここで買いました>> 婦人画報のおかいもの

 

 

グリコ Caplicoのあたま いちご味

カプリコいちご味といえば、何故かたまに無性に食べたくなるもののひとつですが、そのカプリコのあたまの部分だけが商品化されたと聞いてさっそく買ってきました。

カプリコのあたま

商品名はそのまま、Caplicoのあたま。分かりやすい。

ジャイアントカプリコいちご味

こちらはおなじみジャイアントカプリコいちご味。このあたまの部分だけを楽しめるなんて、楽しみすぎるではありませんか。

ところでジャイアントカプリコにはちゃんと開け口が付いていて、そこから開くと上の写真のように開封できるのですが、なぜか上の十字になった部分を開くクセが直らない。どうでもいいんですけど、毎回上を開けてから「あ」ってなる。

カプリコの頭中身

さて、カプリコのあたまを開封すると、かわいいハート型のような桜型のような、ピンクの小さなカプリコのあたまがプラケースに並んで出てきます。

かぷりこの頭

30g12個入り。なんか、勝手な想像ではもっと大きくて数少なめだったので、小さい!かわいい!と思いました。

カプリコのあたま大きさ

一粒の大きさ。おおよそ2cm×1.5cm×2cmくらい?形状が形状だけに大きさをはかるのは難しゅうございます。

かぷりこのあたま横

横から見たところ。ジャイアントカプリコのように中にミルクチョコ部分があるのではなく、2層になっている感じ。

ジャイアントカプリコ断面図

ちなみにこちらがジャイアントカプリコの断面図。

カプリコのあたま断面図

カプリコのあたま断面図。

口に入れると、いちごの風味とミルクチョコレートの風味が広がり、まぎれもなくジャイアントカプリコのあたまの味です。

でも。ジャイアントカプリコと同じくエアインタイプではあるものの、ジャイアントカプリコに比べてかなり気泡が小さくてなめらかなので、あの荒いエアイン感とはちょっと違います。

なんだろう、おいしいし、たしかにカプリコのあたまの味なんだけれども、あくまでもカプリコのあたまを模したもの、というか、似て非なるもの、という感じ。

ジャイアントカプリコのあのゴツゴツザクザクしたエアイン感も魅力のひとつだったのか、と逆に気付かされました。

多分私は今後も普通のジャイアントカプリコを買ってしまうと思うなー。完全に好みの問題ですが。

でも、あのあたまの部分だけ商品化しちゃおう、というコンセプトは大好きだ。お口の小さい子どもちゃんとかには大ウケしそう。今後他の味も発売されるのか気になるところです。

 

【商品情報】
公式サイト>>glico カプリコのあたま
ここで買いました>>スーパーお菓子売り場

 

 

六花亭ストロベリーチョコレート(ミルク)

六花亭のチョコレートといえば、やっぱりこれ!という人も多いのではないでしょうか。六花亭ストロベリーチョコレートです。

ホワイトとミルクの2種類がありますが、ホワイトの方は以前感想を書いたので、今日はミルクの方を中心にお届けしたいと思います。

六花亭ストロベリーチョコレート

まずパッケージ。ホワイトのほうが赤色、ミルクチョコのほうが緑色です。どうしてもホワイトの赤の方が見慣れている感があるわー。

六花亭イチゴミルクチョコ

箱を開けると、袋に入ったストロベリーチョコがごろごろしてます。ミルクチョコの方を数えたら13個入り。ホワイトの方は12個入りでした。

けっこう粒の大きさそろえてあると思うんですけど、どうしても多少の違いが出るので、個数も多少前後するんでしょうね。パッケージには115g入りと書かれています。

ストロベリーチョコレート(ミルク)

ストロベリーチョコレートのミルクチョコ版。どうしてもホワイトチョコ版のほうがメジャー感があるんですけど、相性としてはミルクチョコだって悪いはずがない。

イチゴチョコ大きさ六花亭

大きさはこれくらいの個体差があります。大きめので直径約3cm前後、小ぶりなのだと約2.5cmくらいでしょうか。

ストロベリーチョコ断面図

断面図。フリーズドライのイチゴに、チョコレートがコーティングしてあります。チョコの厚みはだいたい3~5ミリくらい。(部分差・個体差あり)

イチゴの酸味と、ミルクチョコレートの味わいはやっぱり相性がよくて、次々口の中に入れちゃいます。

六花亭ストロベリーチョコホワイト&ミルク

しかも今回は、ホワイトとミルク両方手元にあるわけで。交互に楽しめちゃったりもするという贅沢(*´ω`*)

でも個人的にはやっぱりホワイトのほうを贔屓しちゃいます。特に六花亭のストロベリーチョコのホワイトは、単にホワイトチョコでコーティングしてあるだけじゃなくて、ヨーグルトパウダーやレモンパウダーが入っていてホワイトチョコ自体にも少し酸味があってイチゴとのバランスが素晴らしいと思うのです。

とはいえ、どっちもおいしいー!これを日常食にできるセレブになりたいです!!

 
【商品情報】
公式サイト>>六花亭
ここで買いました>>六花亭 札幌本店

ここでも買えます>>六花亭 ストロベリーチョコ 2種セット

 

 

MARIEBELLE(マリベル)チョコレートバー ダークストロベリー

アメリカチョコレートをあんまり知らないちょこがアメリカのタブレットを食べます!こんにちは!

MarieBelle(マリベル)はニューヨークの有名女性ショコラティエであります。特に有名なのはかわいくてカラフルなプリントを施されたボンボンショコラ(Signature Art Ganacheシリーズ)ですが、すみません、高級すぎて手が出ませんでしたッ!!でもいつかは食べてみたい!!

マリベルタブレット

今回入手してみたのは、ダークチョコレート×フリーズドライストロベリーのタブレットです。Chocolate Barと書いてあります。アメリカではタブレットって呼ぶよりバーのほうが一般的なのかしらん。

さて、パッケージからしてかわいらしく乙女感が漂うマリベル。これは「シャトードショコラ」シリーズというそうです。楕円形の魔法の鏡のような小窓から中のチョコレートがちょっと覗いているのがニクイ。

マリベルダークストロベリーチョコレート

箱から出すと、透明のフィルムに包まれたタブレットがするりと出てきます。もっと・・・ふんだんに・・・ドライストロベリーを散りばめてくれてもいいんですよ・・・とも思うのですが・・・

MarieBelleストロベリー

よく見ると、チョコレートの表面がツブツブざらざらしてるでしょ。表面はチョイ少なめだけど、中にはかなりたっぷり入れてあるなこれ、とワクワクします。

あと、袋を開けた瞬間のカカオの香りが!!「いいチョコレート」の香りします!!

マリベル板チョコ表

表面というか、多分この場合は裏面なんだろうなあ・・・モールド(型)の柄はとってもシンプルです。1枚の大きさは約7cm×15mm×0.7cmくらい。

ダークストロベリー断面図

パキパキ割ってみた断面図。かなりいっぱいフリーズドライストロベリー入ってますヽ(≧∀≦)ノ

ひとかけらの大きさマリベル

口に入れるとまず、あーこれおいしいカカオだー(*´ω`*)という幸福感が広がり、それからいちごの甘酸っぱさが現れ、カカオの酸味とほろ苦さとドライストロベリーの甘酸っぱさが一体となってジワッと幸福感が訪れます。

ダークチョコ×フリーズドライストロベリーはもはや定番のひとつですが、これはパッケージ的にも味的にもぜひオトナ女子に食べてもらいたいー。

シンプルだからこそ奥深く、風味豊かで、かつ乙女心をそそるマリベルのダークストロベリーチョコレート。これはまた食べたいです。あ、でもシリーズで他のフレーバーもあるのでまずはそっちを先に・・・!

でも1枚1500円超え(税込で1,782 円)なんですよねえ( ꒪ω꒪)なかなか気軽に買えるお値段ではありませんが、じっくり攻略していきたいです。

 

【商品情報】
公式サイト>> MARIE BELLE(マリベル)
ここで買えます>> マリベル公式オンラインショップ

 

 

ロッテ & DARK(アンド ダーク)ストロベリー カカオの恵み

ロッテから登場のオトナっぽいチョコレート、&DARK(アンドダーク)ストロベリーを食べてみました。

ロッテ&ダークストロベリー

パッケージからしてオトナっぽい。「甘くない、だけじゃない。芳醇カカオとストロベリーが香る本格ダークチョコレート」だそうです。

アンドダークストロベリー

箱の中には金色の銀紙に包まれた板チョコが。オサレなチョコに板チョコって言ったら いかんのか。タブレットって言わないかんのか。しかも金色の銀紙って矛盾してるし。かといって金紙はしっくりこない。

1枚の大きさは約15cm×6cm×0.7cm。12ブロックに分かれています。

&DARK

パッと見た感じは普通のダーク系板チョコであります。1ピースごとにLotteLotteと書かれています。

&ダーク1かけらの大きさ

ひとかけらの大きさ。

&ダークストロベリー断面図

割ってみたところ。つぶっとフリーズドライのイチゴが入ってるの分かりますでしょうか。見た感じツブツブ感は少ないものの、口に入れて噛むとシャリシャリとした食感があります。カカオ50%だそうですが、けっこうしっかりフルーティーさと酸味のあるカカオの香りがあって、市販のチョコレートにしてはなかなか。フリーズドライのストロベリーの酸味と相まって味のバランスは素敵に仕上がっています。

でもやっぱりどうしてもフルーツ系チョコレートの悲しい宿命、人工香料感は否めません。市販のチョコにしてはそれほど酷くはないほうだとは思うけれど。他のバランスやコンセプトががんばってるだけに、むしろどうしても残念に思えてしまう。

みんなはこういう香料が入ってないと逆に物足りないと思うのかしら・・・(´・ω・`)

 

【商品情報】
公式サイト>>Lotte &DARK
ここで買えます>>全国コンビニ・スーパーなど

 

 

森永 大人に贅沢チョコボール「濃い苺」

子供のころからおなじみの森永チョコボール。今ではイチゴ味や期間限定モノなどもあるようですが、昔はピーナッツとキャラメルの2種類が定番でした。

きのこの山とたけのこの里だったらきのこの山!とはっきり言えるけれど(でもたまにはたけのこも食べたい)、チョコボールに関してはピーナッツとキャラメルどっちも捨てがたいなぁ・・・。

大人のチョコボール濃い苺

そんなチョコボールから大人に贅沢なチョコボールが発売されています。濃い苺味。

キョロちゃん

全体的にチョコボールのあのイメージとは違うシックなつくりですが、ちゃんとキョロちゃんがプリントされています。

チョコボールくちばし

箱の開け口もちゃんとクチバシ型。でも色は黄色じゃなくて、赤と金のストライプです。

大人に贅沢チョコボール濃い苺

大人のための贅沢なチョコボール(*´ω`*)

苺チョコボール

ツヤツヤの苺味チョコレートは普通のイチゴ系チョコレートよりずっと濃い色をしています。さすが濃い苺。

大人の濃いいちごチョコ

一粒の大きさは直径1cmちょいくらい。

チョコボール苺断面図

箱の裏の案内どおり、クッキーのツブツブが入っています。

確かに濃い苺味で、クッキーの食感も楽しめて、普通のチョコボールに比べてリッチな感じではありますが、フルーツ系チョコレートの宿命といいますか、合成香料臭がハンパないです。箱を開けた時点ですごいニオイがするしね。

チョコボールを食べるなら、ピーナッツかキャラメルであのチープ感となつかしさを全身で感じて子供にかえったほうがいいよなぁ・・・チョコボールはムリに大人向けになってくれなくてもいいや・・・と思ったのでございました。

 

【商品情報】
公式サイト>>森永チョコボール
ここで買えます>>全国スーパー・コンビニなど

 

 

六花亭 ストロベリーチョコレート(ホワイト)

北海道のお土産の定番、そしてデパートなどの催事で見かけるとちょっと嬉しくなってしまう六花亭。マルセイバターサンドやホワイトチョコレートが有名ですが、フリーズドライのいちごにチョコがけしたアレも人気商品です。

六花亭ストロベリーチョコレート

六花亭ストロベリーチョコレート(ホワイト)です。小花柄?のパッケージと赤い蓋が目印です。

イチゴチョコ包装

フタを開けると、フィルムに包まれたいちごチョコレートがごろごろと入ってます。

フリーズドライいちご入りホワイトチョコレート

わりと粒の大きさが揃ってます。13個入り。表示には115g入りとなってるので、個数は箱によって前後するかもしれません。

六花亭いちごチョコ

ころころとかわいいいちごチョコ。最近ほかのメーカーでもこういう形状のストロベリーチョコレートはありますが、フリーズドライのいちごとホワイトチョコの組み合わせを考え出した人は天才だと思う(*´ω`*)

ストロベリーチョコレート大きさ

一粒の大きさ。ちょっと大きめ一口サイズです。

いちごチョコ断面図

断面図。いちごの赤とホワイトチョコのコントラストが美しい。チョコ部分の厚みは2~3ミリ程度です。

六花亭のストロベリーチョコレートは、甘いんだけどあっさりさっぱりしているのが特徴的だと思います。他メーカーでも似たものはあるけど、六花亭のはヨーグルト粉末やレモン粉末を配合していて味わいが全体的にさわやか。美味(*´ω`*)

これのミルクチョコバージョンがあるのは知っているのですが、まだ食べたことはありません。売ってるのを見かけると、どうしてもコッチを買っちゃうから。

どなたか北海道に旅行に行ったら、私のためにミルクチョコバージョンをお土産に買ってきてくださいw

【商品情報】
公式サイト>>六花亭
ここで買いました>>デパート催事

ここでも買えます>>六花亭 ストロベリーチョコレート

 

 

Divine(ディヴァイン)ストロベリークリスプ入りホワイトチョコレート

イギリスで超メジャーなフェアトレードチョコレート、Divine(ディヴァイン、ディバイン)のチョコを初めて食べました。フェアトレードだから買ったというよりは、パッケージがかわいかったというのと、ホワイトチョコとイチゴの組み合わせに惹かれたからです。

ディヴァイン

クリーム色に金と赤で模様が描かれていて、Divineのvの字はハートになってます。

ディヴァインいちご

パッケージを開けると、外装の紙と銀紙が一緒になって外れてくるタイプ。
しかも中身割れてた・・・しょぼーん。(どうせ割るからよいのですけども)

ホワイトチョコ&いちご

けっこうギッシリとストロベリークリスプが入ってます。
ホワイトチョコの甘い香りがたまりません(*´ω`*)

ひとかけら

けっこう分厚いでしょ。大きさ的にも食べ応えアリ。

ミルク感たっぷりのホワイトチョコの中に、ショリショリした食感のイチゴのクリスプが入ってておいしいです!!甘みの方が強めの「甘酸っぱい」感じ。個人的にはもっとイチゴは酸っぱめでもいいな~と思うけど、けっこうたくさん入ってるので満足感は高いかな。

イチゴ×ホワイトチョコの組み合わせは時々無性に食べたくなるので、これは常備しておきたいかも!でも買ったお店はバレンタイン向けにたまたま置いてあっただけみたいなので、ネット買いせねば・・・。

 

【商品情報】
公式サイト>>Divine Chocolate (英語)
ここで買えます>>DIVINE【ストロベリーホワイト】フェアトレードチョコレート(秋冬限定)