エクチュア(Ek Chuah)フィグショコラ(いちじく入りチョコレート)

大阪で最初にできたチョコレート専門店、エクチュアの定番商品フィグショコラ。
20年ほど前は心斎橋筋にお店があって一度行ったことがある気がするのですが(なんせ20年も前のことなのでうろ覚え)今は松屋町のほうにあるそうです。

これは仕事で大阪に行ったときに大丸の地下で買いました。

エクチュアいちじくチョコレート

シックな黒い楕円形の箱に入ってます。賞味期限長めなのでちょっとしたプレゼントとかおみやげにするにもいいね。

EkChuahフィグショコラ

ふたを開けると、袋に入ったチョコレートとエクチュアのしおりが。チョコレート専門店で1986年創業ってスゴイね。

フィグチョコレート

パッと見アーモンドチョコレートとかみたいな感じですが、フィグ ショコラですから中身はイチジク。ドライいちじくが入ったチョコレートです。

フィグチョコ大きさ

ひとつの大きさ。一般的なアーモンドチョコレートくらい。
でも大きさは均一じゃなくて、けっこうまちまちです。これはけっこう大きい方かな。

フィグチョコ断面図

断面図。干しいちぢくがミルクチョコレートに包まれてます。

けっこういちじくがしっとりしていてやわらかく、ミルクチョコの甘さとドライいちじくのネットリした甘さ+いちじくの種のプチプチ感のハーモニーが素敵です。ただ、このいちじく感は好みが分かれそう。私は大好き(*´ω`*)
一箱80g入りだけど、倍量入っててもいいくらい。

 

【商品情報】
公式サイト>>Ek Chuah(エクチュア)
ここで買えます>>本店、大丸心斎橋店、大阪タカシマヤ

ここでも買えます>>エクチュア チョコレートフィグ

 

 

ショーコラ 口コミ(横浜チョコレート バニラビーンズ楽天店)

楽天で大人気のチョコレートといえば、
「横浜チョコレート バニラビーンズ」のショーコラ。
楽天ランキングにはいつも入ってるし、めざましテレビで紹介されたり、芸能人のお気に入りアイテムとして雑誌に載ったり、何かと話題のショーコラ。
今回初めて買ってみました!(こないだデパートの催事で遭遇したけど、すごい行列で買えなかったのです。ネット通販はいいねぇ・・・)

ショーコラ外箱

今回買ってみたのは、 ショーコラおためしセット7個入りという初めての人向けのオトクなセットです。3種類のショーコラが楽しめて、通常よりもお得な価格&送料無料。

にもかかわらず、きちんと包装された状態で届きました。あら、これなら全然ちょっとしたお遣い物にも良さそうではないですか。ただし、お試しセットには外袋は付きません。

7個いり

箱を開けると、個包装に入ったショーコラが7つ。

これ、おためし用じゃなくて正規品(?)だとひとつひとつがさらに小箱に入ってるらしいです。なので、バレンタインやホワイトデーの「たくさん配り用」にも重宝されているんだとか。

個包装

個包装。それぞれ裏面に種類が書かれています。このお試しセットに入っているのは、マイルドカカオ、リッチミルク、プラリネノワゼットの3種類です。

さて、ショーコラとはどんなお菓子なのかといいますと、

香り高い濃厚なガナッシュを1mmのチョコレートでコーティング。 なめらかな口どけを邪魔することなく、作り立てのおいしさを封じ込めました。 そのガナッシュを挟むのは、バターをたっぷり使ったサクサクのクッキー。 シンプルながら素材にこだわり、高級感あふれるありそうでなかったチョコレートサンド。

とのこと。(同封のしおりより) しかもこのチョコレート、すべてフェアトレードチョコレートを使用しているそうです。

ショーコラ

3種類を出してみたところ。開けちゃうとパッと見では見分けがつきません。

ショーコラ大きさ

4.5cm×4.5cm×1.3cmくらい。指の太さと比べると、けっこう厚みもあるでしょ。

ショーコラ断面図

断面図。左からマイルドカカオ、リッチミルク、プラリネノワゼット。切ってみると中はちょっと色が違ってますね。

甘みのないほろにがココアクッキーのサクサクした食感となめらかで濃厚なガナッシュ、ガナッシュの表面を覆うパリッとしたチョコレート、 全体のバランスがよくて美味!!!なんて言ったらいいんだろう・・・いい意味で「想像通りの味」なんです。見た目から期待する味、甘さ、食感や香り、濃厚さ、そういうのが全部満たされる感じ。
食べると思わず おぉぅ・・・(*´ω`*) ととろけます。

マイルドカカオは濃厚な大人の味、プラリネノワゼットはヘーゼルナッツの香りとコクが素晴らしく、リッチミルクはガッツリ甘くてなめらか。どれもそれぞれの良さがありますが、いちばん気に入ったのはマイルドカカオかな(*´ω`*)いや、ノワゼット好きとしてはプラリネノワゼットも捨てがたい・・・。

コレはまた食べたい!もらったら超うれしい!!
味だけじゃなく包装にもこだわってるので、贈り物にもおすすめです。

 

【商品情報】
公式サイト>>手作り菓子工房ヴァニラビーンズ
今回購入したのはこちら>>ショーコラおためし7個入りセット

 

 

バレンタイン2014 タカシマヤの通販も始まってます!

バレンタインのチョコはどこで買いますか?
実際に各ブランドのショップに行くのも楽しいけれど、一流ブランドが一同に会するデパートや百貨店の特設会場も見逃せませんよね!!!

毎年それぞれどこも気合の入ったチョコレート売場を作ってくれるので、
チョコ好きとしては嬉しい限り。
しかも最近はデパートのネット通販(オンラインショップ)でも購入できたりして
そうあちこちのデパートに行けるわけでもないイナカモノとしてはほんとありがたい(*´ω`*)

全デパートを見て回りたいのはやまやまですが、個人的に要チェックだと思うのは
やっぱりサロン デュ ショコラ開催の伊勢丹とタカシマヤです。

タカシマヤ

>>タカシマヤのバレンタインデー2014

タカシマヤで開催されるバレンタインイベントといえば「アムール デュ ショコラ」。
こちらもサロン デュ ショコラに負けず劣らず熱いんです!!
もちろん両方で被っているブランドも多いのですが、それぞれやっぱり少しずつ違うし
限定アイテムもあったりしておもしろいんですよねえ。
タカシマヤで発売される各ブランドのチョコを一箱に詰め合わせた
オリジナルのセレクションボックスも見逃せません!!

これから1ヶ月、まさにチョコたっぷりの日々になりそう~(*´ω`*)
いや、食べ過ぎるとホント持病に響くんで、食べるのはゆっくりペースですが。
この時期にせっせと集めて、じっくり楽しむのさっ!!

とりあえず、サイト見てニヤニヤしときます。

>>タカシマヤのバレンタインデー2014を見る

 

 

カファレルのジャンドゥーヤチョコレート1865年生まれの名品

こないだ仕事で名古屋に行ったときに、デパ地下の催事で
カファレルが来てたので缶入りのジャンドゥーヤを買っちゃいました。

カファエル

缶は4種類くらいあって、迷ったんだけど下の縦縞がポップなこちらにしました。
ほんとはもっとあれこれ大量買いしたかったんだけど、
時間がなくてとりあえずひとつでも!と手に取ったのがこれ。

カファレル缶

缶をあけたところ。
白い紙の帯にくるまった中にジャンドゥーヤが5粒入ってます。

今はすっかりおなじみになった「ジャンドゥーヤ」で
日本のメーカーも「ジャンドゥーヤ何々」みたいなチョコを売ってますが
1865年にはじめてカファレルが発売したんだそうです。

ウィキペディアによると、

イタリア・トリノの菓子メーカー、カファレル社によって考案されたチョコレート菓子「ジャンドゥイオッティ」である。これはナポレオン政権下での取締りによって不足したカカオを補うために、地元で豊富に採れるヘーゼルナッツを混ぜたことから生まれた。

んだそうな。うーん、そんな歴史があったのね。

ジャンドゥーヤ5色

ビニールを開けて出してみた。カラフルで綺麗。
中身は同じミルクタイプのジャンドゥーヤチョコレートです。
カファレルのジャンドゥーヤには他にもビター、シナモン、カフェなどのお味があります。

ジャンドゥーヤ

開いてみたところ。
この独特の形がトレードマークですよねえ(*´ω`*)
モールド(型)を使わないで作る独自の製法だそうです。

大きさ

一口でぱくっといけちゃう大きさです。もったいなくて二口で食べるけど。
この段階ですでにめっちゃイイ匂いがしてます。

口に入れると、ミルク感たっぷりのチョコレートの味わいの中に
ヘーゼルナッツの味と香りがばーーーっと広がって
はあぁああーーーーーーーん(*´ω`*)
となってしまうおいしさです。
カファレルのジャンドゥーヤにはヘーゼルナッツが30%も入ってるそうな。
まろやかで香り高く、美味!!!

日本でも少しずつ店舗が増えてきている模様。
もっとこのおいしさが広まればいいのに!
バレンタインのプレゼント(本命・友チョコ問わず)にもオススメです。

 

【商品情報】
公式サイト>>カファレル ジャンドゥーヤチョコレート
ここで買えます>>全国カファレル店舗、百貨店催事、公式オンラインショップ

楽天店もあります>>カファレル 楽天市場店

 

ピープルツリーのフェアトレードチョコレート予約開始!

植物油脂、乳化剤無添加のおいしいチョコレート、
故に溶けやすく秋冬限定販売になっている
ピープルツリーのフェアトレードチョコレートの予約受付開始です(≧∀≦)

ピープルツリー

以前書いたピープルツリーのチョコレートの記事はこちら

この季節を待っていたよーーーーー!!!
全種類買い揃えたい…(*´ω`*)
いやでも一気に買うと一気に食べちゃうし…という葛藤をしております。

まだ食べたことない人はぜひ!!
あっ、かわいい牛のミルクチョコおすすめです!!

予約はこちら♪>>PeopleTree (ピープルツリー) フェアトレード チョコレート

 

 

BERNACHON(ベルナシオン・ベルナション)のパレドール 憧れの人に逢ったかのような感動!

今日のワタシはテンションがちょっとオカシイです。

そりゃだってアナタ。
憧れのベルナシオンのパレドールですよ!!パレドール!!!

ベルナシオン

ベルナシオンといえば!
私がパティシエールを志すきっかけになったあの美しいチョコレートケーキ、
ガトープレジダンをスペシャリテとする
フランスリヨンの老舗ショコラトゥリでございますよ!!

このLES PALETS D’OR(ル パレ ドォール)は、
そのベルナシオンの看板商品なのでございます。

パレドール箱
手の感じから箱の大きさ
(いやむしろ小ささ)が
お分かりいただけるでしょうか。
一辺4cmくらいの
ころんとした小さな箱です。
この中にたった3つの
チョコレートが入って1500円。
この高級品め。
いくら海を渡ってきたとはいえ、
一粒500円とかどーなのよ。
普段のワタシならば絶対に買わない。
ワタシの主婦的金銭感覚では買えない。

でも買っちゃったんですー(*´ω`*)
だってまさか日本で手に入るとは思わなかったんですものーーー!
ああーーー!ベルナシオンーーー!!!

ワクワクしながら箱を開けてみます。

ベルナション

ああ、この素っ気なさ。
そのまま ごーーーんとチョコが入れてあるではありませんか。

パッケージの美しさを競い合うかのように、
一粒一粒過剰なほどに丁寧に包んであるショコラも少なくない昨今。
まったく反対の道を行かんとするこの潔さ。男前。

ベルナシオンパレドール

わーーーーい、パレドーーールだーーーーー!!!
意味もなく積んでみたり並べてみたり。

写真だと、ちょっとチョコレートのツヤ感がうまく撮れてませんが
ツヤツヤッというより底光りするかのようなシックなツヤを帯びています。

パレドールトランペの跡

パレドールのウラ。

こ、こ、この3本の筋はもしかして!!!
トランペフォークの跡なのっ!? まさか手仕事!?手仕事!??

えーと、ボンボンショコラの仕上げとして、表面のチョコレートコーティングをする際に
トランペフォーク(あるいはトリュフフォーク、ショコラフォークとも言う)を使って
チョコレートを扱うのですが、この3本の筋はその跡ではないかと思われます。
跡が残らないようにする場合もありますが、わざと跡を残して飾りとする場合もあります。
トランペフォークっていうとこんなの⇒トリュフフォークいろいろ

うっわーーーーー、手作業なんでしょうか!!!(鼻血)
いやもしかして、こういうのもできる便利なモノがあるのかもしれませんけど。

パレドール切ったところ

半分に切ってみたところ。
ちょっとナイフを温めすぎてテカテカしてしまった。失敗・・・。

パリッとした濃厚なダークチョコの中に柔らかで薫り高いガナッシュが入っています。
香り、味わい、口どけ、どれをとっても素晴らしい!!

ぬぉーーーーーーーーん(*´ω`*)至福ーーー!!!

ちょっとワタシでは興奮しすぎてきちんとした感想が言えないわ・・・と思い
ひとつ夫にも食べてみてもらいました。

「とっても上等な味がする・・・美味しい!」

だそうです!もっとなんか言っておくれよ!!!
せっかく一粒あげたんだからさあああ!!

ああ、いつかはリヨンのお店に行ってみとうございます・・・。

 

【商品情報】
公式サイト>>BERNACHON  (←めっちゃフランス語)
ここで買えます(買えました)>>~パリ発、チョコレートの祭典~ サロン・デュ・ショコラ

 

 

ドゥバイヨル2013年バレンタイン限定チョコレートRamage(ラマージュ) 箱が・・・箱がかわいすぎる!!!

バレンタイン期に購入したDEBAILLEUL (ドゥバイヨル、デュバイヨル)
ボンボンショコラ。

これ、完全にジャケ買い?パケ買い?
とにかく箱に一目惚れして買っちゃったものです(≧∀≦)カワイイ!!!

ドゥバイヨル箱

いや、もちろん、ドゥバイヨルといえばベルギーの有名店なので
どんなチョコがあるのかな~♪と思って近寄ったんですよ。

そしたらそしたら、すっごいかわいい箱の詰め合わせが売ってるではありませんか!!

キャーーーかわいいーーー(≧∀≦)と興奮してたら、
販売のおねえさんがあれこれ試食させてくれた上に
ドゥバイヨルのバレンタインは毎年デザインの違うBOXの限定アイテムが出て
この箱をコレクションされてる方もいらっしゃるんですよー♪と教えてくれました。

いくつか種類があって迷ったんだけど、この鳥柄でいちばん大きい箱のものを
購入しちゃいました(*´ω`*)

【ドゥバイヨル 2013バレンタイン限定品 Ramage(ラマージュ)】
Ramage(ラマージュ)とは、フランス語で“小鳥のさえずり”という意味だそうです。
4羽の青い鳥と、植物のモチーフ、さりげなく散らされたハートの形の実(花?)。
とってもロマンチック~♪ (というガラではないんですが、私・・・)

ドゥバイヨルショコラ

箱を開けると、かわいい2種類のプリントのボンボンショコラが
9つ並んでいます。

えーなんなのもう!かわいすぎるっ!!!!!

ドゥバイヨル中身

近年、こういうかわいらしいプリントを施したチョコレート、多くなりましたね~。
あんまりどぎつい色のはちょっとアレだけど、
見た目にもかわいらしくて眺めているだけでうっとりです(*´ω`*)

うん、いや、眺めてるだけじゃなくて も ち ろ ん 食 べ ま す けどね。

ドゥバイヨルボンボンショコラ

入っているのは2種類のチョコレート。

Dの文字に鳥と植物がデザインされたほうは、ダークチョコレートにライムの香りのガナッシュ。
ピンク地に白いハートとCHOCOLATの文字がかわいいほうは、
ミルクチョコレートにコーヒー風味のガナッシュだそうです。

ライム&ダークチョコレート
ライム&ダークチョコレートのほう。
切ってみました。

深みのある味わいのダークチョコと
ライムのさわやかな酸味が
とっても相性がよくて美味です!
うん、これ、このくらいのダークチョコ
だからこそ!って感じ。
チョコレートの持つ酸味とライムが
合うーーーーー!という感じです。

中のガナッシュはやわらかくて
口の中でとろけるよう。
そこへ、ダークチョコの香りと味。美味。美味。 

コーヒー&ミルクチョコレート
こちらはコーヒー風味のガナッシュ&
ミルクチョコレートの組み合わせ。
ハートをカットするのはちょっとだけ
しのびない気がしたけど切ってみました。

ほろ苦いコーヒー風味のガナッシュと
ミルクチョコレートの甘さが
これまたバランス良くて素敵(*´ω`*)

ああーーーおいしいよおいしいよ。
箱はかわいい系なのに、中身はとってもオトナな感じでした! 

夫にも分けてあげたところ(←なにこの上から目線www)
ライムのほうはちょっと変わってるけど意外とおいしい、と言っていたけど
コーヒーのほうはちょうどコーヒー飲んでるときだったのでコーヒー感はいまいち
分かんなかったみたいです。チッ。

さて、この箱を何に使おうか・・・(*´ω`*)
私もドゥバイヨルの限定箱コレクターになってしまいそうです。

 

【商品情報】
公式サイト>>DEBAILLEUL (ドゥバイヨル)
ここで買えます>>片岡物産オンラインショップ
輸入販売元がトワイニング、バンホーテン、モンカフェなどでおなじみの
片岡物産さんみたい。じつはゴディバも片岡物産さんなんですよねー。

 

 

2013バレンタイン 今、家にこんなにチョコレートがあるんです

2013年のバレンタインデーも終わってしまいましたねー。
皆様、今年のバレンタインはいかがでしたか?

私は基本的にあまりイベント事には関心がなくて、
バレンタインも人様に差し上げたりすることはほとんどないのですが、
この時期、イナカでは普段買えないようなチョコレートが手に入るので
ウハウハでございます。

おかげで、今 家にこんなにチョコレートがあるんですのよ(*´ω`*)

家にあるチョコ
左上から、
・デメルのチョコバンブー
これは毎年買っちゃいます。
ちょっとスパイシーなクッキーにチョココーティングしてある
シンプルかつ美味しすぎてヤバイお菓子です。
デメルといえばザッハトルテが有名ですが、その他のお菓子もおいしいです。

・ドゥバイヨル ラマージュ
完全にジャケ買いならぬパケ買い?したドゥバイヨルのトリュフ。
箱がかわい過ぎるーーーーー!!!
中身は2種類のボンボンショコラが入ってるらしいです。

・ベルナシオン(ベルナション)のパレドール
ベルナシオンのパレドールまさか・・・まさかこれが
手に入るとは思ってませんでした!

ベルナシオンといえば、
私が一目惚れして菓子屋を志した
あの「ガトープレジダン」
スペシャリテとするフランスリヨンの
有名ショコラトゥリです!!

そのベルナシオンの
もうひとつの看板商品
「パレドール」金のお皿でありますよ!!

こんなちっさい箱に3つしか入ってなくて1500円とか
普段の私の金銭感覚ではとても買えないような代物ですが、買っちゃった(*´ω`*)
ぬおお・・・楽しみすぎる・・・っっっ!!!

・フランス産のナッツチョコ2種
これはなんとなく買ったナッツチョコです。
くるみとノアゼットというのが個人的にツボ。多分おいしいに違いない。

・ロイズの板チョコ(ラムレーズン)
ロイズといえば北海道物産展でもおなじみで、ポテトチップのチョコが人気ではありますが
けっこう板チョコがイケてると思います。
今回は、ラムレーズンを買ったのでこれはほぼ夫用。
(私、レーズンはあんまり好きじゃないのです・・・アルコールにも弱いし・・・)

・アルナスマ チョコレートバー スパイスアラビア
世界初、らくだのミルクを使ったチョコレートだそうです。
試食で食べさせてもらった異国情緒あふれるスパイスの香りのチョコに
これは!!!と思って購入。

・ピープルツリーの板チョコ2種
これは普段から時々食べてるものなんですけど、せっかくなので仲間に入れてみた。
おいしいスイスのチョコレートです。
このヘタウマな牛の絵のパッケージにメロメロです。

チョコいろいろ

ああーーー、こんなにチョコレートがあるってなんて幸せなんでせう(*´ω`*)

駄菓子菓子。(←まあ、器用な変換・・・)
もとい、だがしかし。

こんなに家においしそうなチョコレートがあるというのに、
今ちょっと体調を調整中なんで
目の前にあるのに
食べられないんどす!!!!!
なんの罰ゲームかと。拷問やないか・゚・(つД`)・゚・

とりあえず、夫用のロイズあたりからゆっくりレビューしていきますー。

 

 

 

テンパリングなしで作れる手作りチョコ アマンドショコラの作り方【チョコがけ~仕上げまで】

こちらの記事の続きです。
ここからの工程をざっくり3行で説明しますと

1)チョコを溶かす
2)チョコをアーモンドに絡める
3)ココアパウダーをまぶす

と、とっても簡単な内容です。では行ってみましょー。

チョコレート湯せん

今回使ったのは、meijiの普通の板チョコ、ミルクチョコレート1枚です。
適当にパキパキ割って、湯せんにかけます。
湯せんと言っても、沸騰したアツアツのお湯でなく
40度ちょっとくらいのお湯でじゅうぶんです。
かなり熱めのお風呂のお湯くらいの温度です。

溶かしたチョコ

溶け残りがないよう、なめらかな状態にします。
そうこうしているうちに、キャラメリゼしたアーモンドが冷めてきます。
アーモンドが冷めていない状態でチョコがけの工程に入ってしまうと
なかなかチョコが固まらなくて面倒臭いので、きちんと冷めていることを
確認してから進むべし。

小さいボウルにアーモンドを入れて、
溶かしたチョコを大さじ1~2杯分入れてよく混ぜます。

アーモンドにチョコ投入

ボウルにチョコがこびりついてしまいがちなので、
底からゴムベラでこそげ取りながら アーモンドにチョコをからませます。
投入してすぐは、こんな風( ↑ )にネチネチとした感じだったチョコレートが
だんだん固まってきてこんなふう( ↓ )になってきます。

チョコが固まってきたところ

こうなったら、次のチョコを投入してアーモンドに絡める、というのを繰り返して
チョコがけしていきます。

ここで大切なのが、チョコレートの温度。

あんまりチョコが熱すぎると、せっかくアーモンドの周りで固まったチョコが
再度溶けてしまって収集の付かない状態になってしまうので、
チョコレートは「熱すぎず、固まらず」の温度を保つように気をつけます。

溶かしチョコがだんだんボウルのふちから固まってきたなぁ・・・と思ったら
湯せんに2~3秒当ててすぐお湯から外しよく混ぜる、を数回繰り返せばOK。
「お湯につけっぱなし」は避けた方がよいです。

湯せんから外したら、ボウルの外側の水分をきちっと拭き取ることを忘れぬこと。

チョコ投入完了

チョコがけを何度か繰り返すとこんな感じに。

個人的にはチョコレートたっぷりのアマンドショコラが好きなので、
もっと多めにチョコを用意すればよかったです。
このへんはお好みで。

ココアをまぶす

あとは、ココアパウダーをまぶすだけ。
アマンドショコラの完成です。
カップに入れたり、箱に入れたり、缶に入れたり、袋に入れたり、
お好みのラッピングをすればステキなプレゼントに(*´ω`*)

アマンドキャラメリゼショコラ

ボウルにこびりついたチョコレートも、ココアパウダーをまぶす前に
数秒湯せんをかけてアーモンドの方に付くようにしてあげるとよいです。
が、ここで失敗してせっかく固まったチョコまで溶かしてしまったら元も子もないので、
アマンドショコラを取り出した後、
ホットミルクを注いで ボウルにこびりついたチョコレートを溶かし
ホットチョコレートとして おいしく飲んでしまいましょう。
これで後片付けもラクチン。

これなら、アーモンドのキャラメリゼとチョコを熱くしすぎないことだけ気をつければ
わりと簡単にできるので、たくさん配る「友チョコ」なんかにも良いかもです♪

 

 

手作りチョコレート アマンドショコラはテンパリング不要?

通常、手作りチョコレートを作るときには「テンパリング」という
少々厄介な作業が必要になってくるので、
お菓子作りはあんまりやったことがない・・・という人が挑戦するなら
生チョコがええでー
と以前ご紹介しました。

たまたま見た雑誌に、バレンタイン前ということもあって
チョコのレシピの特集が載っていたのですが、
アマンドショコラ(=アーモンドチョコレート、アマンドキャラメリゼショコラ)が
テンパリングなしでもOK!と書いてあったんですよ。

お菓子屋さんで作るとしたら当然のようにテンパリングはすると思うんですけど、
アマンドショコラなら別にチョコレートのツヤ感とか口溶けとか
さほど重要じゃない気がするし、家で作ってちょっと誰かと食べるくらいなら、
そう言われてみればテンパリング無しでもじゅうぶんかも?

というわけで、試しにテンパリングしないでアマンドショコラを作ってみました。

アマンドキャラメリゼショコラ

結果から言うと、テンパリングなしでもイケます!!

まぁ、アーモンドのキャラメリゼとか、
テンパリングは要らないにしてもある程度の温度調節とかは必要なので
生チョコを作るよりはちょっと難度が上がるかとは思います。
うーん、でも、そんなには難しくないと思うよ。

というわけで、テンパリングなしのアマンドキャラメリゼショコラの作り方を
ご紹介いたしましょう~。

 
⇒ テンパリングの要らないアマンドショコラの作り方(キャラメリゼまで)
⇒ テンパリングの要らないアマンドショコラの作り方(チョコがけから仕上げまで)