Dari K(ダリケー)トリュフ「スラウェシの宝石箱(プレーン)」

京都にすごいショコラトゥリがあるというのは聞いていました。その名前も知っていました。でも京都かぁー・・・なかなかひょいっと行く場所でもないので、行ってみたいと思いつつ行けずにおりました。

ら、梅田阪急の地下に入ってたー!大阪にもまだ越してきたばかりで、梅田も私にとってはよく分からない土地なのですが、とにかくあったー!!!DARI Kのショップ入ってました!!!

DSC_6027

購入したのは、シンプルなトリュフ「スラウェシの宝石箱(プレーン)」です。DALI Kのなにがすごいかというと、日本ではあまり輸入されていないインドネシアのカカオを、契約農家とともに苗木の段階から関わって最良のカカオ豆を生産輸入、最適な焙煎とカカオからチョコレートへ作り上げる技術とでおいしいチョコレートを世の中に送り出しているんだそうです。

最近流行りのBean to Barどころか、Tree to Barです。すごい。

「Dari」とはインドネシア語で「~~から」という意味、「K」はカカオの産地インドネシアのスラウェシ島がアルファベットのKの文字のような形をしていることから「Dari K」という店名になったんですって。

しかもフェアトレードについてもとても深く考えておられ、ああもうこのへんは公式サイトをぜひぜひ見てみてください。この人すごい人だ。

DSC_6031

直径10cm弱、高さ4.5cmくらいの木のボックス入り。贈り物としても見栄え良し。

DSC_6034

この箱も、インドネシアから。環境への配慮とフェアトレードの意識がここにも見られます。

それより、原材料が生クリーム、カカオマス、てんさい糖、ココアパウダーだけって、これはものすごいシンプルなつくり。

いったんチョコレート(クーベルチュールチョコレート)になったものを生クリームと合わせてガナッシュにするわけじゃなくて、カカオマスをそのまんま砂糖(しかもてんさい糖)と生クリームで合わせてガナッシュチョコレートにしちゃった、んだろうな、この原材料だと。カカオバターすら入ってないという。

DSC_6036

ゴツゴツと無骨な、とはいえ逆にひとつひとつ丁寧にカットを施されたダイヤモンドのように多面体になっているともいえる形です。

ああー、もうすでに香りがたまりません。

DSC_6040

一粒の大きさ。直径2.5~3cmくらい?

DSC_6043

中になにが入っているでもなく、ガナッシュにチョココーティングがしてあるでもなく、まるめたガナッシュにココアパウダーをまぶしただけの本当にシンプルなつくりです。

DSC_6045

口に入れると、圧倒されるほどのカカオの香りと味わい(どちらかというと華やか系)とやわらかな尖ってない甘みが口の中でとろーんと溶けて、ものすごいおいしいです。

後味はスッと消えていって変に口の中に甘さや苦味が残ったりしないのに、余韻がすごい。「今なにかすごく上等なものがカラダの中に入っていった」という余韻。シンプルに見えて、これものすごく手間かかってるはず。いや、工程数はともかく、カカオ作ってる人たちとか、それを収穫して発酵させる時間とか、適切な焙煎とか、そういう手間暇を惜しまずに作られてる感じ。

だいたい、シンプルなトリュフってどこのを食べてもおいしくないってことはありません。(工業製品的なトリュフチョコは除く)シンプルなつくりだからこそ誤魔化しがきかないし、作る側もそれなりに原料には気を使うものだと思いますし。

でもね、えっと、これ、多分ですけど、私が今まで食べたことのあるシンプルなトリュフの中ではダントツ一番でおいしい。

xocolのチョコレートを初めて食べたときと同じくらいの衝撃と感激を味わわせていただきました。いつかきっと、本店にお邪魔してみたいです。

・・・京都ならいけない距離じゃないのに、もともとデブ賞な、おいちょっと待て、私のPCの変換オカシイやろ、もとい、もともとかなりの出不精なのでいつのことになるかわかりませんが、いつかきっとお伺いします。ので、ずっとおいしいチョコレートを作り続けていてください。お願いします。

 

【商品情報】
公式サイト>>DALI K(ダリ ケー)
ここで買いました>>>>阪急百貨店(梅阪)

 

 

 

NEWTREE PERLES D’ORANGE(ニュートゥリー パール・ピュアオレンジ)

先日チェリーの板チョコがけっこうおいしかったニューツリーの、なにやらオレンジのチョコボール的なものがあったのでこちらも買ってみました。ベルギー産のフェアトレードチョコレート菓子です。

ニュートゥリーペルレオランジェ

PERLES D’ORANGE、発音がペルレなのかパルレなのか分かりませんが、オレンジの真珠です。なんかオランジェットの丸い版?みたいな気持ちで購入。

パルレドゥランジュ

まんまるではなく、少々いびつな形をしております。パールというよりむしろウサギか鹿のフ…(自粛)
直径1cmくらいの粒々が14粒入り。(25g)

14粒入り

ツヤツヤと黒光りしたダークチョコレートです。

オレンジチョコ断面図

イメージ画像と中身が違うことはよくあることですが、切って見てみたら袋の絵のようなオレンジ色加減はまったくなく、光に透かして見ても黒いです。変に着色料でオレンジ色にされるよりよっぽどマシですが、イメージはだいぶ違います。

そして、オランジェットのようにオレンジの皮そのままじゃなくて、いわばオレンジグミのチョコレートがけでした。グミというお菓子自体がもともとあんまり好きじゃないので、あら・・・これは失敗だったかと思いきや、案外おいしい。

よくよく考えると、グミの何がキライかって合成的な味とニオイなのかもしれません。これはそういうイヤな味とかしないのでアリかも。ねちっと歯にくっつくとこはアレですが。

後味はオレンジピールを食べた後のようなエグみが若干残ります。チョコがけはごく薄いので、チョコレート食べた♡という満足感は薄いものの、意外とおいしかったです。ふむ。たまにはこういうのもアリです。

 


【商品情報】
公式サイト>>NEW TREE
ここで買いました>>安心食材宅配Oisix(オイシックス)

 
 

NEWTREE(ニュートゥリー)CERISE(スリーズ・チェリー)チョコレート

ベルギーのフェアトレードチョコレート、NEWTREEのCERISE(CHERRY)タブレットです。
カカオ66%以上のダーク系とチェリーの組み合わせ。

NEWTREEタブレット

ちょっとオトナな感じのパッケージでございます。

チェリーチョコ箱

平たい箱なので、端から開けるのかと思いきや、まさかの封筒型。オサレ。

ceriseチョコ

NEWTREENEWTREEといっぱいかかれた袋を開けると、これまた1ブロックごとにNEWTREEと書かれたダークチョコレートが入っています。ちょっと写真では分かりにくいかもしれませんが、繊細な葉脈の模様も施されています。

1枚のおおきさはだいたい7.5cm×16.5cm×0.5cmくらい。

ニュートゥリー板チョコ

チェリーの香りとカカオの香り。

ひとかけらの大きさ

ひとかけらの大きさ。まあごく一般的な大きさであります。

newtreeチョコ断面図

断面図。暗くてちょっとよく分からないですねえ。汗
中にフィリングが入っているとかチェリーのツブツブが入っているとかではなく、チェリーエキスが練りこんである模様。

口に入れるとまずチェリーの香りがフワッとただよい、カカオの香りと味わいと混ざりながら溶けていきます。カカオ感高めで、オトナの味。チェリーフレーバーとかだと香料のいやな味がするものが多いなか、これはほぼ気になりません。優秀。

もともとチェリーとチョコの組み合わせは大好き。チェリー×チョコレートのケーキ、フォレノワール(またはシュヴァルツヴェルダーキルシュトルテ)が食べたくなってしまいました(*´ω`*)

 


【商品情報】
公式サイト>>NEW TREE
ここで買いました>>安心食材宅配Oisix(オイシックス)

 

 

ピープルツリー カプチーノミルクチョコレート(フィリングタイプ)

ピープルツリーのフィリングタイプチョコレート「カプチーノ」を食べてみました。
これでフィリングタイプは制覇したことになりますな。

ラムミルクチョコレート
プラリネミルクチョコレート

ピープルツリーカプチーノ

このカプチーノはミルクチョコレートの中に、
コーヒーパウダーとヘーゼルナッツパウダーを練りこんだチョコフィリングが
入っています。
コーヒーとミルクチョコレート。そしてヘーゼルナッツ。
もうね、おいしいに決まってるよね。

ピープルツリーフィリングタイプ

形状は毎度おなじみのシンプルなタイプ。
チョコとコーヒーのいい匂いがふわーーーんと漂ってきて、たまらんです。

カプチーノチョコ断面図

断面図。
濃い色のフィリングなので、ほとんど分かりませんねえ。汗

食べてみると、意外とコーヒー味がシッカリビターで
甘いミルクチョコレートと合わさって絶妙な味わいです。なにこれおいしい。
3種類を買ったときは正直ラムとプラリネが本命で、このカプチーノは
他の2種類買ったならコレもついでに買っとくか、くらいの位置づけだったんですが、
これは今後単品でも買っちゃうレベル。
いや、ラムとプラリネもおいしすぎるのでセットで買っちゃいますけどね。

 
【商品情報】
公式サイト>>People Tree(ピープルツリー)
ここでも買えます>>PeopleTree (ピープルツリー) フェアトレード チョコレート

 

ピープルツリーのフェアトレードチョコレート(板チョコ)はちょっとしたプレゼント・義理チョコにも!

地球食のチョコレートと同じく、私が大好きな板チョコ
「ピープルツリー フェアトレードチョコレート」です。

何が好きって、このパッケージ。

ピープルツリーチョコレート

牛が、ウシがかわいいぃいぃぃぃぃいいい!!(*´ д`*)

このヘタウマな牛の絵を初めて見た時、
もうズキュゥゥゥゥゥゥゥンとハートを射抜かれました。
カワイイ。好みど真ん中ストライク。
右のカカオの絵も、何気ないけどとっても味があるではありませんか。

この絵を描いているのは、大神慶子さんというイラストレーターさんだそうです。http://keikooogami.com/
ああ、どの絵もカワイイ。キモカワイイ。(←誉めてます。)大好き。

この牛がかわいいカワイイと言っていたら。
お友達のオリジナルキャンドル作家 池田貴美子さん(ステキ女子)の
Amie(アミ)キャンドルのロゴを作ったのもなんとこの大神さんなんだとか!
http://ameblo.jp/amie9331/ ←こちらのいちばん上の「Amie」というロゴ

うおおぉぉぉおおーーーAmieのロゴかわいいなーーーとは思ってたのよ!!
こんな素敵なご縁があって、大神さんにお願いしたんだそうです。
なんかもう・・・色々素敵すぎる・・・(*´ω`*)

ピープルツリーの牛

この牛があまりにも愛おしすぎるので、このチョコを食べた後は
毎回包みを取っておいて、しおりを作っています。
せっかく作って「カワイイ・・・(*´ω`*)」と満足してもいろんなところで無くしてくるので、
食べては作り、なくしては食べ・・・という感じ。

牛が牛がと言ってますが、このピープルツリーフェアトレードチョコレートは
パッケージがかわいいだけでなく、味もとってもおいしいんです。
今回手元にあるこのミルクとオーガニックビター以外にも
ヘーゼルナッツ、オレンジ、ホワイト・クリスピー、レーズン&カシューナッツ、シナモン、
ビター・レモンピールなどなど、いろんなフレーバーがあるんですよ。

ピープルツリーチョコ中身

中身。 シンプルな白いフィルムに包まれています。
チョコレートも、シンプルな模様。
外紙の裏に、薄い文字でフェアトレードについて書かれています。

フェアトレードって、とってもいい取り組みだと思うんだけど
あんまりそれを前面にババーンと押し出されるとちょっと気恥ずかしいというか。
このチョコは、フェアトレードについてきちっと表示しつつも、
主張が控えめであるところがイイ。
これなら、見た目的にも味的にも価格的にも、気軽に買えて
自分でおいしく食べられるのはもちろんのこと
ちょっとしたお礼のプレゼント(友達に本やCDを借りたお礼とか)や
バレンタインの義理チョコ・友チョコとしてもピッタリだと思います。

ピープルツリー板チョコ

50gとやや小ぶりなサイズなので、気軽にもしゃもしゃ食べてしまう。
植物油脂や乳化剤を使っておらず、チョコレートらしいストレートな味が楽しめます。
その代わり、温度にデリケートで溶けやすいので、秋冬だけの限定販売です。
時期的に、もうそろそろ買えなくなるかも。

ピープルツリー牛
それにしてもこの牛の絵は反則。
見たら買ってまうやないか。

カワイイ。 ああカワイイ(*´ω`*)

(でも友達にあげたら、この牛に対する
反応は微妙だった・・・。
好き嫌いが分かれるのかも・・・。)

【商品情報】
公式サイト>>People Tree(ピープルツリー)
ここでも買えます>>PeopleTree (ピープルツリー)楽天店 フェアトレード チョコレート