Comptoir du Cacao(コントワ ドゥ カカオ)クロスティン

木箱がかわいいComptoir du Cacao(コントワ ドゥ カカオ)を初めて知ったのはフェリシモの「幸福のチョコレート」でしたが、ここ近年はデパートのバレンタイン催事場でも見かけるようになりました。

食べるのは初めてかもー?

コントワドゥカカオはフランスのパリ、サンジェルマンにお店を構えるショコラトゥリーです。
サロンドショコラで優秀賞に選ばれたり、ミシュランのショコラティエベスト10に選ばれたりと、現地でも注目されているお店なんだとか。

このパッケージ、華やかなバレンタインのチョコレートの中で逆に目立つんですよね。素朴だけどオシャレでかわいい。

コントワドゥカカオといえば、いろんな種類が楽しめるアソートが人気のようですが、今回購入したのはクロスティンが3種類入ったボックスです。

クロスティンの箱の大きさはだいたい18cm×10.5cm×5cmくらい。
けっこう大きいのです。
アソートの方は一回り?二回り?小さいサイズでした。

フタを開けると、フィルムでピッチリと封がされています。
そのままごそっと出てくるかと思った。笑

ミルク、ホワイト、ダークの3種類がきれいにおさまっています。
140g入りで、各7~8個入り。

一粒の大きさ。
大小の差は多少ありますが、だいたい揃ってます。

ものすごくざっくりだけど、3.5cm×3cm×2cmくらい。

「クロスティン」は「クリスピー」という意味だそうです。

いわゆるチョコレートフレーク的なものなんですが、日本でおなじみの森〇チョコフレークはコーンフレークであるのに対して、こちらのフレークは小麦粉でできています。
コーンのチョコフレークがサクサクという食感だとしたら、これはザクザクという感じ。

それぞれ、ホワイトはココナッツの粒々、ミルクには塩キャラメルのフレーバー、ビターには割と存在感のあるオレンジピールが入っていて、ザクザクした食感が楽しいうえに味のアクセントも楽しい。
大人のチョコフレークです(n*´ω`*n)

今のところ、コントワドゥカカオもバレンタイン期しか日本では手に入らない模様。
また来年会えるのが楽しみです。

 

【商品情報】
公式サイト>>Comptoir du Cacao
ここで買いました>>高島屋バレンタイン催事場

 

 

 

CHOCOLATE ARTS(チョコレートアート) トリュフアソート【幸福のチョコレート2017】

1箱で数種類の味が楽しめるチョコレートは、なんだかんだいって楽しい。

カナダのショコラトリー推しだった今年の幸福のチョコレートで選んだ、4種類の味が楽しめるトリュフアソートを食べました。

CHOCOLATE ARTS(チョコレートアート)は、バンクーバーの人気店とのこと。

黒い箱にオレンジ色の帯のシンプルなパッケージです。
箱の大きさはだいたい13cm×9cm×3.5cmくらい。

箱を開けたところ。
シンプルな黒い箱と思いきや、内側は赤い模様が入っていてオシャレ。

しかもしかも、このトリュフの包み・・・普通は紙カップ的なものに入ってるじゃないですか。
それが、ひとつひとつこんな風に包まれているなんて!!初めて見たこんなの!!!!

4種類×各4個入りで計16個入り。

それぞれの種類ごとに紙の色が違います。

一粒の大きさはだいたい直径2.5cmくらい。

断面図。

どの色がどの種類だったか書いておいた紙をなくしてしまったんですけど、フレーバーは

はちみつシナモン
コーヒー&カルダモン
アールグレイ
ソルトキャラメル

の4種類です。(多分左上からこの順番だったような・・・曖昧・・・)

どれもセンターのガナッシュはわりとやわらかで、なめらかな舌触り。
私の記憶が確かであれば、茶色の包みのはちょっとお酒が効いていたような。大人の味。

シナモンやカルダモンを使ったスパイス系って好みが分かれるところだと思うんですけど、強すぎず、でもいい感じのバランスで味わえるので、わりと受け入れられやすいんじゃないかな。

味もなんだけど、個人的には本当にこのパッケージのインパクトがすごかったです。
はぁ、うつくしい・・・(n*´ω`*n)すてき・・・

 

【商品情報】
公式サイト>>CHOCOLATE ARTS
ここで買いました>>フェリシモ 幸福のチョコレート

 

 

VAN SOEST(ファンスーストゥ)ドリームロック【幸福のチョコレート2017】

ナッツ系のチョコレートが食べたい気分だったので、今年のバレンタインストックの中からこちらをチョイスしてみました。

フェリシモの幸福のチョコレートでゲットした、VAN SOEST(ファンスーストゥ)のドリームロックです。

ファンスーストゥはオランダ、アムステルダムにある女性オーナーによるショコラトリー。

ダークブラウンとミントグリーンの色使いがおしゃれです。
箱の大きさはだいたい22.5cm×6.5cm×3cmくらい。

ふたを開けると、大きなチョコレートがごろんごろんと5つ入っています。

これね、ココアパウダーがまぶしてあって、緩衝の紙が入ってるだけで特にフィルムでパックしてあるとかじゃないから、箱開けるときにココアがぶわっとこぼれるの要注意でした(´ω` ; )

いやでもいい香り~。

ごろんごろん、いびつなカタチがかわいい。

大きさも多少ふぞろいではありますが、大きいのでだいたい3.5cm×3cm×2.5cmくらい。
小さめのだと、これよりひとまわり小さいかな?

断面図。

風味豊かなプラリネに、刻んだナッツ類(ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、ピーカンナッツ)がゴロゴロと入ってます!
割とぶ厚めのコーティングチョコと、ほろ苦いココアパウダーも美味。

いやー、ナッツぎっしり、たしかな満足(n*´ω`*n)
今日はナッツチョコの気分~!!!と騒いでいた脳の欲求も大いに満たされました。

大きいので、1粒でかなり満足できちゃう。
でもできればもうちょっとだけ食べたいという気持ちと闘いつつ・・・

 

【商品情報】
公式サイト>>VAN SOEST
ここで買いました>>フェリシモ 幸福のチョコレート

 

 

 

coconama(ココナマ) マンゴー【幸福のチョコレート2017】

今年の「フェリシモ 幸福のチョコレート」2つめです。

カナダ推しだった今年のカタログの中で、フルーツ系ならこれ食べてみたい!と思ったcoconama(ココナマ)のマンゴー。

ココナマはカナダに移り住んだ日本人のショコラティエのお店で、カナダの魅力を取り入れたチョコレートづくりで現地の人からも愛されているんだとか。

シンプルなクラフトボックスの大きさはだいたい8cm×12cm×3cmくらい。

フタを開けると、小分けになったチョコがお行儀よく並んでいます。

小分けの個包装になってたのはちょっと予想外。
でも、これならみんなで分けて食べたり、ちょっとずつ食べたりするのにいいですね。

パッケージを開けたところ。
マンゴーの香りがするっ!!

一粒の大きさ。
多少のばらつきがあるのでキッチリとサイズが揃ってるわけではありませんが、おおよそ1.8cm×1.8cm×1.5cmくらい。
ぱくっと一口サイズです。

口に入れると、マンゴーの香りがほわっと広がって、マンゴーの酸味と甘みだぁ・・・と思っているうちにホワイトチョコが顔を出し、またマンゴーになって、チョコの余韻を残しつつ消えていく感じ。

濃厚なのにさわやかで、モリモリ食べられる味です。
生チョコ的な口どけも素敵。

マンゴー好きとしては、もっとマンゴー感が強く残ってくれてもいいです!とも思うんだけど、そしたらチョコ感がなくなってしまいそうだし、これが絶妙なバランスなのかもしれません。

世の中にはたくさんのフレーバーチョコがあるけれど、ボンボンショコラのフィリングとかでなくマンゴーを前面に押し出したチョコレートはもしかしたら初めて食べたかも(n*´ω`*n)

おいしかったです!

 

【商品情報】
公式サイト>>COCONAMA CHOCOLATE
ここで買いました>>フェリシモ 幸福のチョコレート2017

 

 

SOMA(ソマ)チョコレートセレクション 【幸福のチョコレート2017】

今年もこの季節がやってきました!

フェリシモの「幸福のチョコレート」は、毎年世界中のおいしいチョコレートを日本に紹介してくれています。
幸福のチョコレートで日本初上陸したブランドが、何年か後にはデパートのバレンタインコーナーで扱われていたりするからすごい。

今年の幸福のチョコレートはカナダ推しだったので、これまでほぼ食べたことがないカナダのチョコレートをいくつか注文してみました(n*´ω`*n)

そのうちのひとつがこれ、トロントで2003年から愛されているSOMAのチョコレートセレクションです。

パッケージもかわいいー!8.8㎝×7.8cm×3.5cmくらいの大きさの箱です。

仕切りのイラストもかわいいではないか。ココはご主人がショコラティエ、奥様がイラストレーターなんだそうです。

けっこうボリューム感のある大きさ。
左上のピスタチオが乗ったまあるいので、直径2.8cmの高さ1.5cmくらい。

大きさの目安。
こんなアーモンドをぶすぶす刺してあるようなの、絶対手作業ですやん・・・。

断面図。左上から時計回りに、ピスタチオクランチ、アーモンドクラスター、バターキャラメルフィユティーヌ、ピーカンバタークランチです。

ピスタチオのは刻んだピスタチオだけじゃなくてシャリシャリのフィヤンティーヌも入ってて食感も楽しいし、アーモンドはキリッとしたダークチョコと香ばしいナッツのバランスと中のプラリネのバランスが最高だし、キャラメルは意外と柔らかくて噛んでると周りのフィユティーヌのショリショリと一緒にとろけてくるし、個人的に大好きなピーカンナッツは下のカリッとしたトフィーが甘いんだけどすごいおいしくて、かなり満足。

すごく手間がかかってて繊細なんだけど、あたたかみがあってカジュアル、という不思議な感じでした。
カナダのチョコレート、けっこう好きかもー!

ほかにもいくつか幸福のチョコレートで普段手に入らないチョコをGETしたので、食べるのがたのしみです(n*´ω`*n)

さて、後日談ですが、幸福のチョコレートではバレンタイン便、ホワイトデー便がありまして。
かつ、カタログには載っていないウェブ限定のアイテムがありまして。

ホワイトデー便でこちらのピーカンバタークランチ4つ入りを買っちゃいました(*’ω’*)

ピーカンナッツとバタークランチ、美味・・・。
ちょっと甘すぎるといえば甘すぎるんですけど、それがまたなんとも言えず美味・・・。

【商品情報】
公式サイト>>SOMA Chocolatemaker
ここで買いました>>フェリシモ 幸福のチョコレート2017

 

ベキニョール そばの実チョコレート Chocolat graines de sarrasin

フランス ぺリゴール地方のDomaine de Béquignol 。以前クルミチョコにはまったことがあるのですが、ちょっと変わった「そばの実チョコレート」というのを見つけたので買ってみました。

ベキニョールそばの実チョコレート

そういえば、フランスではそば粉のガレットとかもありますよね。意外とフランス人にとっても蕎麦って身近な食材なのかも。

ソバの実チョコ

ナチュラルなパッケージと赤いアクセントがかわいい。箱の大きさはだいたい7.5cm×5cm×15cmくらい。

そばの実チョコパッケージ

箱を開けると、透明の袋に入ったそばの実チョコレートが出てきます。

ベキニョールチョコ

ころころゴツゴツしたそばの実チョコレート。一箱100g入りで、数えてみたら18粒入ってました。

そばの実チョコレート

一粒の大きさは、多少の差異はあるもののだいたい直径2cmくらい。一口でぱくっと食べられるサイズです。

そばの実チョコ断面図

断面図。ミルクチョコレートにダークチョコをコーティングしたもののまわりに、ローストしたそばの実がギッシリとまぶされています。

この真ん中のミルクチョコレート、ただのシンプルなミルクチョコではなくて、レーズンペーストとぺリゴール名産のくるみが練りこんであるそうです。たしかに、とってもレーズンの香りがするー(*´ω`*)

で、そばの実はカリカリサクサクと香ばしく、全体的におもしろい味になっています。炒ったそばの実といえば、そば茶みたいな香りなんですね。これは日本人だからそう感じるんでしょうけども。笑

でも決してチョコと合わないわけではなくて、むしろおいしいんですよ。不思議。ちょっとクセになる感じ。

でもこれ、通年売っているわけではなさそうで、まったく見かけなくなってしまいました。うーん、たまに無性に食べたくなる系なんだけどなあ。

どこかで見かけたら、ぜひ教えてください。

 

【商品情報】
公式サイト>>Domaine de Béquignol
ここで買いました>>フェリシモ幸福のチョコレート

 

 

パスティッチェリア フレーニ アーモンド&オレンジ

ナッツ系チョコが好き、オランジェットが好き。

てことは、ナッツとチョコとオレンジピールがひとつにギュッとまとまったチョコがあったら、おいしいに違いないですよね。

と思ってつい買ってしまったのがこちら。
イタリアミラノで1914年創業のパスティッチェリアフレーニのアーモンド&オレンジチョコレートです。

パスティッチェリアフレーニー

透明のケースに、金色の文字で店名が入ったサテンのリボン。シンプルだけどおしゃれなパッケージです。

アーモンド&オレンジ

箱を開けると、そのまま豪快にごろんごろんとチョコが入ってます。

フレーニーアーモンドチョコ

ゴツゴツとしたロッシェのような、チョコとアーモンドとオレンジピール混ぜてスプーンで分けたよ!的な素朴な作りです。170g入り。何個入ってたか数えるの忘れてしもうた・・・( ꒪ω꒪)

アマンド大きさ

大きさも、見た目もかなりまちまちです。

大きさその2

これとか、かなり大きい方かな。でっかいのは長辺5cm、厚み2cmを超えます。

フレーニーアーモンド断面図

断面図。アーモンドとオレンジピールがこれでもか!と入ってます。想像どおりの味でおいしくて満足(*´ω`*)

でもよく考えたら、想像通りおいしいってすごく大変なことなんですよね。オレンジピールってちょっとアレなお店だとすごく残念な味だし、アーモンドだって香りや香ばしさが全然なくてがっかりすることだってあるし。

もちろんチョコレートの品質だって重要で、オレンジピールとアーモンドに負けないだけでなくバランスよく包み込むようなブレンドがベストだし。

そう思うと、これは非常にシンプルでベーシックな組み合わせで、かつ超素朴な作り方なのに、素材選びから大切に実直に作られてるんだろうなーとか思わされるわけです。

イタリアのチョコといえばジャンドゥイオットやクレミノと遭遇することが多いけども、こういうのもおいしいんだなー(*´ω`*)また食べたいです。

 

【商品情報】
公式サイト>> Pasticceria Frattelli Freni
ここで買いました>> フェリシモ幸福のチョコレート2016

 

 

FRAN’S(フラン)ダイジェスト

アメリカのチョコ続きですが、フランのダイジェストアソートBOXを。フランのチョコレートを食べたのは去年が初めてですが、アメリカのチョコの存在を見直すきっかけにもなってくれた存在です。

フランダイジェスト

オバマ大統領もお気に入りというフランのチョコレートは、1982年シアトルの小さなお店から始まり、いまやホワイトハウス御用達となっているそうです。

少し光沢のあるこげ茶色の箱に、サテンのピンクのリボン。THE GIFTという感じで素敵。

Frans Chocorate

10種類14個入り。真ん中のは2段重ねになってます。

フランボンボンショコラ

10種類、ではあるものの、四角いほうはプレーンキャラメルと塩キャラメルなので、大きな味の変化はないかも。

一粒の大きさ

一粒の大きさ。アメリカのチョコというとごろりと大きいイメージだったんですが、フランスのボンボンのように小ぶりです。もういい加減アメリカ=巨大でひたすら甘いというイメージは捨て去ったほうがいいのかもしれない・・・。

市販のお菓子に関しては、これまでのイメージどおりだとは思いますが。

ソルトキャラメル

ソルトキャラメル断面図。包丁で切ったらあまりにもスパッと切れてしまって、中身のキャラメルが固そうに見えちゃいますが、冷蔵庫から出したてでも余裕で噛めるくらいやわらかです。

このソルトキャラメルはフランの代表作だそうですよー。

キャラメルショコラ

美しくはないけどちょっとやわらかさがわかるかな?という写真。ネットリと口の中に広がるキャラメルと薄くかけられたチョコレートの風味が絶妙で美味。

あ、でもキャラメルソルトでこれまでいちばんおいしいと思ったのはアンリルルーかな。いや、ファブリスジロットのもおいしかったな。

アーモンドショコラ

こちらはオレゴン州産のアーモンドを三つ寄せたチョコレート。ナッツ+チョコの組み合わせはホントにおいしいんですけど、このアーモンド、多分すごくいいアーモンドだと思う~(*´ω`*)香りも歯ごたえもいい感じ。ダークとミルク、2種類楽しめます。

フランのチョコは少々お高いけど、来年も何がしか食べたいな~。いつか本場のお店にもお邪魔してみたいです!

 

【商品情報】
公式サイト>>FRAN’S Chocolates
ここで買いました>>フェリシモ 幸福のチョコレート2016

 

 

EH Chocolatier チェリーダークチョコレート

アメリカのチョコレートって以前はほんとに興味が持てなかったんですけど、最近は甘いだけじゃないおいしいチョコがいろいろあることを知りました。

今回は、アメリカボストンで女性二人の共同オーナーがチョコレートを作っているEH Chocolatierのチェリーチョコレートをいただきました(*´ω`*)

EHchocolatier

シンプルな白い箱。ちょっと下が狭まった台形なところがオシャレです。箱の大きさはざっくり11cm×7cm×5cm。

EHチョコレートチェリーダーク

箱をあけたところ。ショップカードが入ってました。

チェリー&カカオニブチョコレート

ちょっと色飛んじゃってておいしそうに見えませんが( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )ごろごろとしたロッシェ型のチョコレートが14~5粒入ってます。90g入り。

チェリーたっぷりチョコレート

ロッシェといえばだいたいナッツ系(アーモンドが多いかな?)をこんなふうにゴツゴツとした形に寄せてあるものが多いと思うんですけど、このチョコレートはドライチェリーとキャラメリゼしたカカオニブを固めてあります。

たっぷり惜しげもなく使ってあるドライチェリーの酸味と、ほろ苦くてカリカリしたカカオニブ、カカオニブの飴掛けの甘さ、そしてそれらをまとめ上げるどっしりしたダークチョコレートのカカオの風味。酸味と甘みと香りと食感、どれもバランスが素晴らしい(*´ω`*)

アメリカのお菓子は甘いだけ、という認識は本当に過去のものなんだなぁ・・・と思わされます。まあ、このチェリーの贅沢な使いっぷりとかの大胆さはちょっとアメリカンちっくで素敵なんですけども。

今後もアメリカのチョコレートを開拓していきたいと思います。

 

【商品情報】
公式サイト>> EH Chocolatier
ここで買いました>>フェリシモ 幸福のチョコレート

 

ショコラノゼット クルミ【フェリシモ幸福のチョコレート2016】

昔はそうでもなかったのに、年々クルミが好きになります。そんな私が見た瞬間グッときてしまったのが、ショコラノゼットのクルミチョコレートです。

こちらもフェリシモ幸福のチョコレートの通販で購入しました。

ショコラノゼットくるみ

ショコラノゼットはフランス ストラスブールでチョコ作りから販売までひとりでやっている小さなお店だそうです。

プラスチックの細長いパッケージにオレンジ色の鮮やかなリボン。

くるみショコラ全体像

全体像を撮ろうとすると、こんなに長いのです。縦25cm×横3.3cm×高さ2cmくらい。クルミの乗った四角いボンボンショコラが7つ入っています。

ショコラノゼットノワ

これね、この光沢!すごいと思う!!職人技ですね。
くるみだって、まったくカケのない状態できれいに皮がむいてあって。

フェリシモ幸福のチョコレートショコラノゼット

すごくシンプルなのに、ついウットリとみとれてしまうくらいです。
チョコレートは光沢が命なんですよ!!

一粒の大きさ

一粒の大きさ。フランスのチョコレートにしては大きめです。
3cm×3cmの正方形に高さ1cm(くるみを含めると2cm)くらい。

クルミチョコ断面図

断面図。艶やかなダークチョコレートのコーティングの中身は、ナッツの風味たっぷりのプラリネでした。クルミのほろ苦さとダークチョコレートの味わいとシャリシャリ感の残るプラリネのバランスが素敵。

このシャリシャリ感、溶け切ってない砂糖(飴)的な感じなんだけど、最近のプラリネってこういうのが流行りなのかしらん。以前はなめらかさこそ命!っていうのが主流だったように思うのですけど、最近は少し食感を残すようなプラリネ(ジャンドゥーヤ)が増えてきているように感じます。

ともあれ、これはおいしいチョコレート(*´ω`*)一粒が大きくて満足度も高い。ストラスブールのチョコレート職人さん、ごちそうさまでした♡

 

【商品情報】
公式サイト>>なし ショコラノゼットのFacebook
ここで買いました>>フェリシモ 幸福のチョコレート2016