Comptoir du Cacao(コントワ ドゥ カカオ)クロスティン

木箱がかわいいComptoir du Cacao(コントワ ドゥ カカオ)を初めて知ったのはフェリシモの「幸福のチョコレート」でしたが、ここ近年はデパートのバレンタイン催事場でも見かけるようになりました。

食べるのは初めてかもー?

コントワドゥカカオはフランスのパリ、サンジェルマンにお店を構えるショコラトゥリーです。
サロンドショコラで優秀賞に選ばれたり、ミシュランのショコラティエベスト10に選ばれたりと、現地でも注目されているお店なんだとか。

このパッケージ、華やかなバレンタインのチョコレートの中で逆に目立つんですよね。素朴だけどオシャレでかわいい。

コントワドゥカカオといえば、いろんな種類が楽しめるアソートが人気のようですが、今回購入したのはクロスティンが3種類入ったボックスです。

クロスティンの箱の大きさはだいたい18cm×10.5cm×5cmくらい。
けっこう大きいのです。
アソートの方は一回り?二回り?小さいサイズでした。

フタを開けると、フィルムでピッチリと封がされています。
そのままごそっと出てくるかと思った。笑

ミルク、ホワイト、ダークの3種類がきれいにおさまっています。
140g入りで、各7~8個入り。

一粒の大きさ。
大小の差は多少ありますが、だいたい揃ってます。

ものすごくざっくりだけど、3.5cm×3cm×2cmくらい。

「クロスティン」は「クリスピー」という意味だそうです。

いわゆるチョコレートフレーク的なものなんですが、日本でおなじみの森〇チョコフレークはコーンフレークであるのに対して、こちらのフレークは小麦粉でできています。
コーンのチョコフレークがサクサクという食感だとしたら、これはザクザクという感じ。

それぞれ、ホワイトはココナッツの粒々、ミルクには塩キャラメルのフレーバー、ビターには割と存在感のあるオレンジピールが入っていて、ザクザクした食感が楽しいうえに味のアクセントも楽しい。
大人のチョコフレークです(n*´ω`*n)

今のところ、コントワドゥカカオもバレンタイン期しか日本では手に入らない模様。
また来年会えるのが楽しみです。

 

【商品情報】
公式サイト>>Comptoir du Cacao
ここで買いました>>高島屋バレンタイン催事場

 

 

 

HENRI LE ROUX(アンリルルー)ヴォヤージュ・オ・ジャポン

2017年はアンリルルーの40周年、アンリルルーの日本での展開から10周年だそうです。

その節目の年にあたる今年のアンリルルーのテーマは「Voyage au Japon(日本への旅)」。
京友禅の老舗とコラボのパッケージも美しくて、思わず手が伸びました。

御車に四季の花を散りばめた花車と、アンリルルーのシンボルマークでもあるブルターニュ地方のコロンバージュのデザインを組み合わせた箱。
うつくしい・・・(n*´ω`*n)

直径11.5cm、高さ2.7cmくらい。
もうひとサイズ大きいのもありました。

6個入り。
中身のプリントも七宝に青海波に和花と、日本的なモチーフが使われています。

艶やかで、美しいー・・・(n*´ω`*n)

大きさはそれぞれまちまちです。
青海波模様の「ユズ・バジリック」はだいたい3cm×3cm×0.7cmくらい。

断面図。

左から順番に、
ユズ・バジリック(ゆずとバジル)
ゴマ(ゴマ入りプラリネ)
CBS(キャラメルブールサレ)
キョウト(レモンとほうじ茶)
サラジンヌ(ソバの実)
ユズ・マント(ゆずとミント)
の6種類です。

保守的で貧相なつまんない味覚しか持ってないので、奇抜な組み合わせって実はあまり好きでなかったりするんですけど、どれもおいしくて幸せでした!

たとえばユズ・バジリックなんて絶対自分からは選ばないと組み合わせなのに、バジルが柚子ともチョコレートとも合っててすごくビックリしたー。

他のゆず×ミントやレモン×ほうじ茶とかの組み合わせもそうなんですが、ちゃんとそれぞれの香りや味わいがあるのに、それが主張しすぎずチョコレートに身を任せていて、でも繊細な余韻にウットリさせられるような。

これってCBS、いわゆる塩キャラメルを作り出したアンリルルーならではの絶妙さではないかと思うのです。
塩キャラメルの塩加減も、塩が入りすぎてても少なすぎても残念じゃないですか。

ちなみにボンボンショコラのCBS、久しぶりに食べて、ついウッカリ気が遠くなるくらいおいしかったです(n*´ω`*n)

 

【商品情報】
公式サイト>>HENRI LE ROUX
ここで買えます>>アンリ・ルルー公式オンラインショップ

 

 

LADUREE(ラデュレ)ラング・ド・シャ ノワール・エ・レ

いわゆる乙女的なお店はまぶしすぎて普段なかなか近寄れないのですけども、何を思ったのかフラリとラデュレのお店に寄ってみました。

ラデュレといえばマカロンが有名ですが、バレンタイン期だからなのか、それとも普段からあるのか、チョコレートもありました。

ボンボンショコラにしようか、オランジェットにしようか、と見ていて、ふと目に留まったのがこれ。

ラング・ド・シャ ノワール・エ・レです。
ラングドシャとチョコレートの組み合わせ、おいしくないわけないじゃないですか。

淡い水色にエンボス加工の黒猫さんが舌を出している乙女ちっくな箱の大きさは、だいたい13.5cm×9.5cm×3.3㎝くらい。

このラング・ド・シャ ノワール・エ・レは、普段からある定番商品だそうですが、通常はリボンが斜め掛けしてあって、Lのチャームが付いているのはバレンタイン限定とのこと。

箱をあけたところ。

チョコがけしたラングドシャがぎっしりと詰まっています。148g入り。

写真だと分かりづらいんですけど、ノワール、レ、ノワール、レと交互に入っていて、1枚だけレが多く入ってました。

左がノワール、右がレ。17枚入り。

1枚の大きさ。だいたい9cm×2.5cm×0.5cmくらい。

断面図。

サックサクのラングドシャが、ノワール(ダーク)、レ(ミルク)それぞれのチョコレートでコーティングされています。
想像以上にサックサクで、ショートニングとか使ってるのかな?と思うくらい。でも原材料を見ると使われてなくて、バターの風味もたっぷりなんですよねえ。

ちなみにラデュレはフランスのメゾンなので、フランスで作られて空輸されているか現地レシピで国内生産かと思ったら、原産国はスイスになっていました。

ラングドシャとチョコレート、この組み合わせでおいしくないわけないし、2種類の味が楽しめるので飽きない~(n*´ω`*n)
ついもう1枚・・・と手が出てしまいます。

これは味的にも見た目的にも、素敵女子へのプレゼントにかなり使えそう・・・。
ラデュレのお店に立ち入るのは個人的にはちょっと勇気が必要ですが、今後はちょいちょいお世話になるかもしれません。

ショーケースのケーキも超絶かわいかった・・・。

 

【商品情報】
公式サイト>>LADUREE(ラデュレ)公式サイト
ここで買いました>>ラデュレ 新宿店

 

 

Jean Michel Mortreau(ジャンミッシェルモルトロー)タカシマヤ限定アソルティモンBOX

「世界でいちばん、やさしいショコラを。」というジャン=ミッシェル・モルトローのチョコレートは、日本に店舗がないためバレンタインの時期にしか手に入りません。(ごく一部、期間限定で公式サイトで通販アリ)

オーガニック農家に生まれ、オーガニックな食材に囲まれて生まれ育ったジャン=ミッシェル氏の作るショコラは、オーガニックカカオを使用しているのはもちろん、その他の素材もオーガニックにこだわられています。

ジャンミッシェルといえば黒に赤のシックな色合いがおなじみなのですが、今年はタカシマヤのバレンタイン限定アソルティモンBOXを選んだら、こんなかわいらしいピンクの箱に入っていました。

ジャンミシェルモルトロー

マグネット開閉式のボックスを開けると、中には6つのボンボンショコラが。

ジャンミシェルモルトロータカシマヤ限定アソルティモン

3種類のフルーツガナッシュと3種類のプラリネのボンボンショコラ、計6個入りです。チョコレートの光沢が美しくてウットリ(*´ω`*)

JeanMichelMortreau

いやぁ、きれいだなーーー。

四角いショコラはプラリネ入り、円柱型のはフルーツガナッシュ入りです。プラリネ入りの四角いショコラはドミニカ産のカカオ使用、丸いフルーツガナッシュ入りのショコラはペルー産のショコラ使用です。

ジャンミッシェル一粒の大きさ

一粒の大きさの目安。丸いのはだいたい直径2.5cm×高さ1.5cm、四角いのはだいたい2cm四方×高さ1cmくらいです。

ジャンミッシェルボンボンショコラ断面図

各断面図。箱に入ってる左から順番に。

上段左:ヘーゼルナッツの香ばしいプラリネにフルールドセル(塩の華)を合わせたもの。この絶妙なバランス、すごいなー。
上段中:少し酸味があってフルーティーなペルー産カカオに、甘酸っぱいフランボワーズの果実感たっぷりのピューレが入ってます。うましー!これもうひとつ食べたいッ!!上段右:アーモンドプラリネとドミニカ産カカオの、シンプルでありながらもこれ以上の相性はないのではないかと思わされてしまうハーモニー。
下段左:パッションフルーツのさわやかな酸味と、フルーティーなカカオがぴったりの組み合わせ。このガナッシュ、乳製品を使ってないんだそうな。何でできてるんだ。
下段中:これまたシンプルなノワゼットのプラリネとノワールショコラの組み合わせ。文句ないです。おいしいです(´;ω;`)泣ける。
下段右:ちょっとめずらしい?パイナップルのガナッシュを包んだボンボンショコラ。アナナス(パイナップル)って、酸味と甘みのバランスとか華やかな香りが素晴らしいと思うんですけど、それをチョコにギュッと閉じ込めたらこうなりました的な感じ。

どれもいちいち「ぬわー・・・」とか「ふぉーーー」とか言葉にならない声をあげながら食べるしかありませんでした。おいしいです。おいしいです。(2回言った)

ジャンミッシェルはまた来年も買うよ・・・(´;ω;`)
あ、あと今年タブレットも買っちゃったからそっち食べるのもたのしみであります(*´ω`*)

 

【製品情報】
公式サイト>>JeanMichelMortreau
ここで買いました>>タカシマヤバレンタイン催事場

 

 

FABRICE GILOTTE(ファブリスジロット)Pure ピュア

前から気になっていたファブリスジロットの缶入りのチョコレート。ついに入手しちゃったぜしちゃったぜ。

ファブリスジロットPure

約16cm×4.5cm×4cmのスッキリとした缶に、黒いゴムがぐるぐるっと巻いてあるシンプルなパッケージ。オトナっぽくておしゃれです。

スライド式缶

スライド式の蓋を開けると、中には円形の薄いチョコレートが。

ダーク&ミルク

ダークとミルクと2種類入っているのですよー∩(´∀`)∩♪各15枚入り。しかも、しかもだ。このダークとミルク、それぞれの中にそれぞれのフィリングが入っているのですよ!

ファブリスジロットピュア

とてもシンプルだけど端整なお顔立ち。うむ。美しい。

ピュア大きさ

1枚の大きさは直径約3.5cmくらい。で、厚みが真ん中らへんで3~4ミリという薄さなのです。

ピュアダーク

こっちがダーク。薄いダークチョコレートの中に入っているのは濃くておいしいヘーゼルナッツペースト。なにこの組み合わせ。最高じゃないですかっ!!

ピュアミルク

こちらがミルク。中からはクリーミーな塩キャラメルがとろり。くっっっ・・・この組み合わせも、素晴らしい・・・。

ダークとミルク、どちらの組み合わせも本当にバランスがよくて素敵なんですが、常温でとろーりと食べるのもおいしいんですが!

さらにちょっと冷蔵庫入れておいてチョコをパリッとさせてから食べるとこれまたっ!薄いチョコレートがパリッ、中からクリームがとろっ、な感じでとろけます。私が。

好きな味の組み合わせ、それぞれを引き立たせながらどれもがキリッと主張してくる感じ、薄くて繊細なつくり・・・どこをとっても好きだッ!!!

オサレでカッコイイので、バレンタインはもちろん殿方へのプレゼントにもぜひ。

 

【製品情報】
公式サイト>>FABRICE GILLOTTE
ここで買いました>>FGあべのハルカス店

 

 

JEAN MICHEL MORTREAU(ジャン・ミッシェル・モルトロー)セレクション

板チョコではけっこう増えてきた、オーガニックや乳化剤不使用のチョコレート。おいしくて、しかもカラダにも環境にも良さそうなので見かけるとつい買ってしまいます。

今年のバレンタイン会場で、はじめてオーガニックのボンボンショコラに出会いました。フランスのオーガニックに特化したショコラティエ、JEAN MICHEL MORTREAU(ジャン・ミッシェル・モルトロー)氏のショコラです。

JeanMichelMortreau

赤と黒のコントラストがくっきりと美しいパッケージ。ボンボンショコラにもビオの波がやってきたよー!

ジャン=ミッシェル・モルトロー氏は2代に渡るオーガニック農家という「オーガニック」であることが当たり前な環境で育ったことから、こういうチョコレートが生まれたそうです。

「世界でいちばんやさしいショコラを。」「私はショコラティエである前に、オーガニックを愛する一人です」そんなモルトロー氏が作るショコラ。うっとり。

ジャンミッシェルモルトロー

4つの味が楽しめるアソートボックスです。
3種類のノワールと1種類のレ。

オーガニックボンボンショコラ

とても何気ない作りではありますが、端整な、そしてどこか柔らかな雰囲気をかもし出しています。美しい。

1粒のおおきさ

1粒の大きさは約2cm×2cm×1cm。

断面図

断面図。左から、プラリネノワゼット、ガナッシュフルールドセル、プラリネピスタチオミルク、キャラメルフルールドセル。

もうね、いちいち感想書くの面倒になるくらい、じっくり味わって楽しみたいチョコレートです。

塩キャラメル入り

特にこのキャラメル・フルールドセルの塩キャラメルのとろとろ感とダークチョコレートのキリッとしたバランスは素晴らしい。私がとろとろになるっちゅうねん。

こんなチョコレート作ってる人がいるんだーと嬉しくなってしまうチョコでした。

日本にはまだ店舗がなく、バレンタイン時期のみ販売されていた模様。うう、希少。今現在は下記オーガニックショップでタブレットのみ販売されています。

 

【製品情報】
公式サイト>>JEAN MICHEL MORTREAU(ジャン・ミッシェル・モルトロー)
ここで買えます>>Biocle(ビオクル)100%オーガニック宅配便

 

 

ROY(ロワ)トラディショナル フレンチチョコ【フェリシモ幸福のチョコレート】

今年のバレンタインで一番高価なお買い物だったのがこちら。フェリシモ幸福のバレンタインで「ロワ様」と呼ばれている有名ショコラトゥリのボンボンショコラアソルティモンでございます。

ROY(ロワ)

ことチョコレートに関しては金銭感覚が異常になってしまう私でも、さすがにここまでは出せないわー・・・と思いつつ数年。ついに買ってしまった。

だってね、1粒300円台、ギリ400円までならまだ分かるんですよ。材料にこだわり手間もかけ、しかも海を渡ってきたりすりゃそこまでは。
でもそれ以上となると、いまひとつ出す気になれないというか、分不相応というか、そこまで出しておいしくないわけがないからそのレベルよりちょっと下でお値段以上のものに出逢う喜びを味わいたいというか。

でも今年は。今年の私はやっちまいました。怖いね、「自分にご褒美」という魔法の、いや呪いの言葉って。怖いものナシになったときの「キヨブタ(清水の舞台から飛び降りる)」のハードルの低さって。

ロワ箱を開けたところ

1948年創業、パリ16区内で地元のマダムたちから愛され続けてきたお店だそうです。もうね、フランスに旅行に行ったつもりくらいの気持ちで開けますよ。

フランス的ボンボンショコラ

うぉおおおおおおおおお、お美しいいいいいーーーーーー!!!!!!!!

この比較的小ぶりなチョコレートがギッシリ並べられてキュッと収まった感じ、チョコレートの光沢感、何よりひとつひとつのチョコレートの表情が半端ないオーラを放っています!

The フランスのボンボンショコラ!!!って感じ。ホンモノ。

6種類入りアソート

全部で16個入り。

箱のサイズはだいたい14.5cm×8.5cm×2cmくらい。片手サイズですよ。それでお値段が税込9000円超とか、普段だったら絶対買ってない。怖い。脳内麻薬怖い。

16個入りですが、種類は6種類入りとなっております。

種類別

ね。6種類。

いやしかし、端整な顔立ちしてるなーーーこれは。

ロワ1粒

1粒の大きさはこれぐらい。だいたい2cm×2cm×1cmくらいでしょうか。

ベルギーとかのボンボンショコラに比べると、ひとまわり、いやふたまわりくらい小ぶりでしょうか。そして四角い。モールド(型)系のチョコじゃない。そんで、形がそれぞれ違ってもみちっと箱に収まってる。すごくフランスの、まさにトラディショナル フレンチチョコ。

小心者なので、いちばん数が多く入っているものから。ちなみに、これが何風味的な案内や栞は入っていなかったので、もしかしたら味の詳細の表現は間違ってるかもしれません。自分の舌にそこまで自信ない。

フィヤンティーヌ・ノワール

ダーク系のプラリネにフィヤンティーヌ入りのガナッシュを、濃い目のダークチョコレートでコーティングしてあります。カカオ感と、ナッツの香ばしさと、フィヤンティーヌのショリショリ感がたまらん。

カフェ

これも4個入ってる。表面の光沢の美しさが写真ではきちんと写ってないとこがつらいです。コーヒー風味のガナッシュをダークチョコレートでトランペ。これだけ薄く、艶やかに、金箔を中央に、チョコがけしてあるとかすごい。

フィヤンティーヌ・レ

ノワールがふたつ続いたので、レに行ってみました。1個目のフィヤンティーヌプラリネのミルク版です。こっちも美味。美味。

ダークガナッシュ

表面のゴツゴツが美しいノワールのボンボンショコラ。これは非常にシンプルなガナッシュだと思うんですけど、お酒ちょっと入ってる?でも何か特定できない。

レ・ガナッシュ

こちらのシンプルな顔立ちのレも、シンプルなガナッシュにお酒。何酒だ。何酒なんだろう。分からなくてくやしい。でもおいしいことは間違いない。何味なのか考えるのに集中すると、味わってほわーーーんってなれなくなるのでそれももったいなくて途中で追求するのを止めました。

ジャンドゥーヤ&フィヤンティーヌ

そして、箱の中央に鎮座していたひし形のこれ。やっぱ凝っていたか。2層になってます。上は甘めのジャンドゥーヤ、下は濃いめのガナッシュ(多分プラリネ、一番最初のと同じ感じ)フィヤンティーヌ入り。

・・・ロワ「様」と呼ばれているのが分かった気がします。このチョコレートは大切に扱われて然るべきだし、このショコラトゥリは尊敬を集めて当然です。

金額だけ考えると、チョコレートに対してあり得ない金額を払ったと思うけれど、これを食べて私はフランスのショコラトゥリを訪れて本気の職人の技を見たような気持ちになったので、対価としては決して高くはないと思います。・・・もう2度と買えないかもしれんが。

思い切って買ったテンションのおかしかった自分に、ちょっとだけ感謝。笑
今日はバレンタインデーです。皆様、素敵なチョコレートライフを♡

 

【製品情報】
公式サイト>>ROY
ここで買いました>>FELISSIMO フェリシモ(幸福のチョコレート)

 

 

 

ネギュス ヌガティン

年末からちょっと体調不良&引越が重なって、なかなかゆっくりチョコレートを楽しむ余裕がありませんでした。いや、meijiの板チョコとか食べてたけど。やっぱ市販のそのへんで買える 板チョコの中ではmeijiのミルクチョコレートはかなりイケてると思います。

さて、では久しぶりの更新はフランスのチョコレート菓子、ネギュスのヌガティンを。

ネギュスヌガティン

缶入りのこちら、フェリシモのお取り寄せで買いました。ネギュスといえばフェリシモでは緑缶が毎年大人気だそうですが、なんせお高いのでこれまで手を出したことはありません。

でも今回、初登場のオレンジ缶、しかも大好きなヌガティンとあっては、食べてみたいという衝動を抑え切れませんでした(´ω` ; )

ネギュス缶大きさ

缶の大きさ、分かりますでしょうか。直径約11cm、高さ約3cm。これで6千円越えとか、普通の神経では買えません(´;ω;`)チョコに関してはホント私金銭感覚おかしい。

ヌガティン

ふたを開けると、つややかでコロンとまあるいヌガティンのチョコレートがけがギッシリ詰まっています。フランスはNEVERS(ヌヴェア、ヌヴェール)という街の名物的伝統菓子だそうです。

ヌガティン一粒

一粒の大きさ。直径約2cm、厚さ約1.5cm。けっこうおっきい。

ヌガティーン断面図

断面図。細かく砕かれたアーモンドが飴でギュッと固められたヌガティンにミルクチョコレートコーティングした、シンプルだけど手がかかってるお菓子です。

アーモンドの香り高いヌガティンはサクサクというかゴリゴリというか、噛み応えあるけどもっしゃもっしゃ食べられる食感。そしてコーティングのミルクチョコレートと相まって、なんともいえないおいしさです。

いまどきこんなの売れるのか!?と思うくらいトラディッショナルな感じ。仕立てのいいスーツを着た品のいい好青年(よりもっと年齢層上かも)のようなイメージ。

一粒がかなり甘いので、2つも食べたらかなり満足なのに、んーでもあと一粒・・・と思っちゃうおいしさです。でもこれ、ガツガツ食べちゃうのはMOTTAIMAI。ちびちびと残りを楽しみたいです。

 

【商品情報】
公式サイト>>捜索中 なかなか見つかりません
ここで買いました>>FELISSIMO フェリシモサイト内検索で「ネギュス」

 

 

ベキニョールクルミチョコ(プティペリゴール) フェリシモ幸福のチョコレート2014

フェリシモ幸福のチョコレート2014で購入したチョコレート、最後のひとつです。
ベキニョールのクルミチョコレート。

プチペリゴール

金色の箱がまぶしい~!
これ、以前食べたことのあるプティペリゴール ゴールドの大入り版のようです。

プチペリゴール中身

箱を開けたところ。
個包装もゴールド、ゴールド!!23個入ってます。

くるみチョコ

中身。
フランス産の大粒のクルミをキャラメリゼして、ダークチョコで包んだものにココアパウダーがまぶしてあります。

フェリシモの販売ページによると

クルミってなぜかフランスの人たちにとって、すごいこだわりのあるものみたいなんです。クルミとマロングラッセの「カケ」が許せないみたいです。「ひとつのカケもないうんぬんかんぬん。」って言う説明の言葉をよく耳にします。
このベキニョールはまさにクルミにこだわったメーカーです。たいへん小さな村で工場はこのベキニョールしかなく、みんなでベキニョールのクルミチョコを作ってるそうです。クルミ命って感じです。

となっていました。何もそこまで・・・別に多少欠けてたって構わないのに・・・と思ったけど、ふと考えてみると日本でも欠けや破れのない明太子やからすみ、かずのこは重用されていることを考えると同じなのか。

くるみチョコ大きさ

ひと粒の大きさ。こうしてみるとけっこう立派なくるみですよね。

くるみチョコ断面

チョコレートコーティングは厚すぎず、薄すぎず。
ほろ苦いココアパウダーとダークチョコレートとくるみの風味、キャラメリゼの甘さが絶妙なバランスです。おいしいー(*´ω`*)次々食べたくなっちゃう。

ナッツ系は大抵すきだけど、ノアゼットと並ぶくらいくるみも好きかも。
なかなか売ってないところもまた憎いです。

 

【商品情報】
公式ページ>>http://www.bequignol.fr/
ここで買いました>>FELISSIMO フェリシモ幸福のチョコレート

ここで買えます>>プチ ペリゴール ゴールド (←楽天)

 

 

LA MAISON DU CHOCOLAT(ラ メゾン デュ ショコラ)ボンボンショコラ

昨日 某勉強会で、ごん君がマカオ土産に買ってきてくれたLA MAISON DU CHOCOLAT(ラ メゾン デュ ショコラ)のチョコレートをみんなでいただきました。

メンバーみんな、私がチョコブログをやってることを知っている集まりだったので、食べる前に「写真撮りなよー」と勧めてくれてありがたく撮らせてもらってきました。みんな優しすぎる(´;ω;`)

メゾンドショコラ箱

ガッチリとした、重厚な感じの箱。

ショコラ箱ひきだし型

ひきだし式!ひきだし式ですよ!!

LaMaisonDuChocolat

中から出てきたのは、端整なたたずまいの美しいボンボンショコラ。

パンフレット

マカオなので、パンフレットも英語&中国語になっていてオリエンタルな雰囲気です。
でもチョコレートはProduct of Franceでフランスからやってきている模様。

メゾンドショコラ

メゾンデュショコラ

シンプルながらも美しい、ショコラの数々。

メゾンドショコラボンボン

一粒の大きさ。2粒ほどいただきましたが、どれも味わい深く美味。
プレーンなのとかフルーティーなの(フランボワーズのガナッシュか何か)とかいろんな味があって素敵でした(*´ω`*)

メゾンショコラ小箱

さらに、ごん君がコッソリくれたおみやげ。
(ここに書いた時点で全然コッソリどころか世界に向けて発信してしまったが)

4個入り

キュッと4粒詰まった、素敵なアソートボックスです。やばい。もったいない。

ボンボンショコラ

フランスのボンボンショコラは、見た目すごくシンプルでやや小ぶりなんだけど、食べるとうわーーーお(゜∀゜)って感じなものが多いですが、メゾン デュ ショコラのチョコレートもそんな感じです。

断面図4

各断面図。
左上、ダークなチョコの中にカリカリッとしたものが入ってます。カカオニブかな?
右上、ミルクチョコ&プラリネにパフが入ってて食感が楽しい!
左下、ミルクプラリネにショリショリとしたフィヤンティーヌのようなものが入ってる♪
右下、ゴツゴツとした見た目の正体はアーモンド。ビターな外のチョコと中の甘みのバランスが絶妙(*´ω`*)

とっっっってもおいしくいただきました。
ごん君、ごちそうさまでした♪

 

【商品情報】
公式サイト>>LA MAISON DU CHOCOLAT