GODIVA(ゴディバ)抹茶トリュフ

唐突に抹茶系のチョコが食べたくなったときに、成城石井で見つけて即買いしたのがこちら。ゴディバの抹茶トリュフです。最近はこんなスーパーとかでもゴディバが買えるなんて。ミニバーとかチョコプレッツェルなんかも売ってました。

ゴディバ抹茶トリュフ

同じ形のパッケージで、何種類かありました。と思って公式サイトを見たら、これ、ゴディバの店舗に行くとプラのカップに入って売ってるアレと同じ系っぽいです。

ゴディバ個包装

中身はポップなキャンディ包みのチョコレートが5つ。

抹茶トリュフ中身

こんなポップな作りでも、中身はちゃんとゴディバの顔してます。

ゴディバトリュフ大きさ

ひと粒の大きさ。

抹茶トリュフ断面図

そして断面図。甘めのミルクチョコレートの中に、抹茶風味のクリーミーなフィリングがたっぷり入ってます。ミルクチョコが甘いのを、抹茶がキリッと引き締めてる感じで美味(*´ω`*)
でも個人的には、もっと抹茶感が濃くても良いように思いました。全体のバランスとしては良いんだけど、意外とアッサリしてるんです。

特に「抹茶系が食べたい!! 」という衝動が強い時に食べたから余計にそう思ったのかも。このシリーズは見かけたらちょいちょい買っちゃいそうです。

 

【商品情報】
公式サイト>>GODIVA(ゴディバ)
楽天店でも買えます>>ゴディバ(GODIVA)ラッピングトリュフ 抹茶5粒

 

 

BERNACHON(ベルナシオン・ベルナション)のパレドール 憧れの人に逢ったかのような感動!

今日のワタシはテンションがちょっとオカシイです。

そりゃだってアナタ。
憧れのベルナシオンのパレドールですよ!!パレドール!!!

ベルナシオン

ベルナシオンといえば!
私がパティシエールを志すきっかけになったあの美しいチョコレートケーキ、
ガトープレジダンをスペシャリテとする
フランスリヨンの老舗ショコラトゥリでございますよ!!

このLES PALETS D’OR(ル パレ ドォール)は、
そのベルナシオンの看板商品なのでございます。

パレドール箱
手の感じから箱の大きさ
(いやむしろ小ささ)が
お分かりいただけるでしょうか。
一辺4cmくらいの
ころんとした小さな箱です。
この中にたった3つの
チョコレートが入って1500円。
この高級品め。
いくら海を渡ってきたとはいえ、
一粒500円とかどーなのよ。
普段のワタシならば絶対に買わない。
ワタシの主婦的金銭感覚では買えない。

でも買っちゃったんですー(*´ω`*)
だってまさか日本で手に入るとは思わなかったんですものーーー!
ああーーー!ベルナシオンーーー!!!

ワクワクしながら箱を開けてみます。

ベルナション

ああ、この素っ気なさ。
そのまま ごーーーんとチョコが入れてあるではありませんか。

パッケージの美しさを競い合うかのように、
一粒一粒過剰なほどに丁寧に包んであるショコラも少なくない昨今。
まったく反対の道を行かんとするこの潔さ。男前。

ベルナシオンパレドール

わーーーーい、パレドーーールだーーーーー!!!
意味もなく積んでみたり並べてみたり。

写真だと、ちょっとチョコレートのツヤ感がうまく撮れてませんが
ツヤツヤッというより底光りするかのようなシックなツヤを帯びています。

パレドールトランペの跡

パレドールのウラ。

こ、こ、この3本の筋はもしかして!!!
トランペフォークの跡なのっ!? まさか手仕事!?手仕事!??

えーと、ボンボンショコラの仕上げとして、表面のチョコレートコーティングをする際に
トランペフォーク(あるいはトリュフフォーク、ショコラフォークとも言う)を使って
チョコレートを扱うのですが、この3本の筋はその跡ではないかと思われます。
跡が残らないようにする場合もありますが、わざと跡を残して飾りとする場合もあります。
トランペフォークっていうとこんなの⇒トリュフフォークいろいろ

うっわーーーーー、手作業なんでしょうか!!!(鼻血)
いやもしかして、こういうのもできる便利なモノがあるのかもしれませんけど。

パレドール切ったところ

半分に切ってみたところ。
ちょっとナイフを温めすぎてテカテカしてしまった。失敗・・・。

パリッとした濃厚なダークチョコの中に柔らかで薫り高いガナッシュが入っています。
香り、味わい、口どけ、どれをとっても素晴らしい!!

ぬぉーーーーーーーーん(*´ω`*)至福ーーー!!!

ちょっとワタシでは興奮しすぎてきちんとした感想が言えないわ・・・と思い
ひとつ夫にも食べてみてもらいました。

「とっても上等な味がする・・・美味しい!」

だそうです!もっとなんか言っておくれよ!!!
せっかく一粒あげたんだからさあああ!!

ああ、いつかはリヨンのお店に行ってみとうございます・・・。

 

【商品情報】
公式サイト>>BERNACHON  (←めっちゃフランス語)
ここで買えます(買えました)>>~パリ発、チョコレートの祭典~ サロン・デュ・ショコラ

 

 

ドゥバイヨル2013年バレンタイン限定チョコレートRamage(ラマージュ) 箱が・・・箱がかわいすぎる!!!

バレンタイン期に購入したDEBAILLEUL (ドゥバイヨル、デュバイヨル)
ボンボンショコラ。

これ、完全にジャケ買い?パケ買い?
とにかく箱に一目惚れして買っちゃったものです(≧∀≦)カワイイ!!!

ドゥバイヨル箱

いや、もちろん、ドゥバイヨルといえばベルギーの有名店なので
どんなチョコがあるのかな~♪と思って近寄ったんですよ。

そしたらそしたら、すっごいかわいい箱の詰め合わせが売ってるではありませんか!!

キャーーーかわいいーーー(≧∀≦)と興奮してたら、
販売のおねえさんがあれこれ試食させてくれた上に
ドゥバイヨルのバレンタインは毎年デザインの違うBOXの限定アイテムが出て
この箱をコレクションされてる方もいらっしゃるんですよー♪と教えてくれました。

いくつか種類があって迷ったんだけど、この鳥柄でいちばん大きい箱のものを
購入しちゃいました(*´ω`*)

【ドゥバイヨル 2013バレンタイン限定品 Ramage(ラマージュ)】
Ramage(ラマージュ)とは、フランス語で“小鳥のさえずり”という意味だそうです。
4羽の青い鳥と、植物のモチーフ、さりげなく散らされたハートの形の実(花?)。
とってもロマンチック~♪ (というガラではないんですが、私・・・)

ドゥバイヨルショコラ

箱を開けると、かわいい2種類のプリントのボンボンショコラが
9つ並んでいます。

えーなんなのもう!かわいすぎるっ!!!!!

ドゥバイヨル中身

近年、こういうかわいらしいプリントを施したチョコレート、多くなりましたね~。
あんまりどぎつい色のはちょっとアレだけど、
見た目にもかわいらしくて眺めているだけでうっとりです(*´ω`*)

うん、いや、眺めてるだけじゃなくて も ち ろ ん 食 べ ま す けどね。

ドゥバイヨルボンボンショコラ

入っているのは2種類のチョコレート。

Dの文字に鳥と植物がデザインされたほうは、ダークチョコレートにライムの香りのガナッシュ。
ピンク地に白いハートとCHOCOLATの文字がかわいいほうは、
ミルクチョコレートにコーヒー風味のガナッシュだそうです。

ライム&ダークチョコレート
ライム&ダークチョコレートのほう。
切ってみました。

深みのある味わいのダークチョコと
ライムのさわやかな酸味が
とっても相性がよくて美味です!
うん、これ、このくらいのダークチョコ
だからこそ!って感じ。
チョコレートの持つ酸味とライムが
合うーーーーー!という感じです。

中のガナッシュはやわらかくて
口の中でとろけるよう。
そこへ、ダークチョコの香りと味。美味。美味。 

コーヒー&ミルクチョコレート
こちらはコーヒー風味のガナッシュ&
ミルクチョコレートの組み合わせ。
ハートをカットするのはちょっとだけ
しのびない気がしたけど切ってみました。

ほろ苦いコーヒー風味のガナッシュと
ミルクチョコレートの甘さが
これまたバランス良くて素敵(*´ω`*)

ああーーーおいしいよおいしいよ。
箱はかわいい系なのに、中身はとってもオトナな感じでした! 

夫にも分けてあげたところ(←なにこの上から目線www)
ライムのほうはちょっと変わってるけど意外とおいしい、と言っていたけど
コーヒーのほうはちょうどコーヒー飲んでるときだったのでコーヒー感はいまいち
分かんなかったみたいです。チッ。

さて、この箱を何に使おうか・・・(*´ω`*)
私もドゥバイヨルの限定箱コレクターになってしまいそうです。

 

【商品情報】
公式サイト>>DEBAILLEUL (ドゥバイヨル)
ここで買えます>>片岡物産オンラインショップ
輸入販売元がトワイニング、バンホーテン、モンカフェなどでおなじみの
片岡物産さんみたい。じつはゴディバも片岡物産さんなんですよねー。