六花亭チョコレートアソート(ホワイト・ミルク・ビタスィート・モカホワイト・抹茶ホワイト)

昨年、初北海道へ行ったときに買ってきたチョコレートをやっと食べました(´;ω;`)

六花亭板チョコアソート

北海道のおみやげといえば六花亭のチョコレートは定番中の定番。実際、六花亭店内でいろんなものを見ながらウロウロしている間、このチョコレートアソートをまとめて買っていかれる方をたくさん見かけました。

六花亭チョコレート

中身は、ホワイトチョコレート、モカホワイトチョコレート、抹茶ホワイトチョコレート、ミルクチョコレート、ビタスィートチョコレートの5枚入りです。

これ以外にも、定番ホワイトチョコだけが5枚入っているものや、もっとたくさん枚数が入っているものもあったし、1枚ずつバラで買うこともできました。1枚80円也。

北海道土産ホワイトチョコレート

昔は、六花亭のホワイトチョコレートといえば、紙に包んであって、だいたい12×3cmくらいの大きさで、板チョコにひらがなでふきのとう、ふきのとう、と書いてあったのが定番中の定番だったのですが、今はもう当時のものはないそうです。

でもやっぱりあのホワイトチョコの印象を持っておられる方は多いそうで、店員さんはよくたずねられるそうですよ。期間限定で復刻版出してくれないかなぁ。

板チョコアソート大きさ

現在の六花亭の板チョコはこんな形。まくら木をモチーフに、真ん中にROKKATEIの文字が刻まれています。大きさはだいたい5cm×5cm×1cmくらい。

ホワイトチョコひとかけら六花亭

複雑な柄をしていますが、適度な大きさに割りやすくなっています。溝が深いからね。

六花亭ホワイトチョコレート

ふきのとうの描かれた袋に入っているのはホワイトチョコレート。子供のころ、ホワイトチョコが嫌いだったのに、六花亭のホワイトチョコを食べてはじめてホワイトチョコレートのおいしさに目覚めたという、私にとっても思いいれのあるホワイトチョコです。

今さらですが、ホワイトチョコはカカオバターとミルク(そして砂糖)が主成分で、普通のチョコレートに入っているカカオマスというココアの元的な茶色い成分(カカオマスはそれだけ見るとほとんど黒に近い茶褐色ですが)が入っていないのです。

だから、普通のチョコレート以上に、乳製品の質、カカオバターの配合量、その他の油脂を混ぜているかどうかなどで味が大きく左右されます。

六花亭のホワイトチョコレートはもちろんミルク感たっぷりでカカオバターもたっぷりでおいしいです(*´ω`*)余分な植物油脂とか使ってないしね。

六花亭抹茶チョコ

水芭蕉の絵がかかれた袋に入っているのは抹茶ホワイトチョコレート。けっこうしっかり抹茶感が楽しめます。濃厚。

六花亭モカホワイトチョコ

黄色い福寿草の絵が描かれたこちらはモカホワイトチョコレート。チョコレートとコーヒーの相性の良さはいうまでもありませんが、チョコレート自体がモカフレーバーなのもおいしいよね(*´ω`*)

これはホワイトチョコ+コーヒーなので、よりやさしくコーヒーの味わいを楽しめます。

六花亭ミルクチョコレート

はまなしの絵のミルクチョコレート。こちらも植物油脂無添加の、カカオマスとカカオバターを贅沢に使ったおいしいミルクチョコレートです。

六花亭ビタスイートチョコレート

そして最後、きたこぶしの絵のビタスィートチョコレート。先に苦味、あとからゆっくりと酸味が感じられるカカオ感高めの逸品。

六花亭おみやげ

5種類とも、それぞれ「ちゃんとしたチョコレート」な味わいを楽しめます。美味。六花亭がなかったら、もしかしてホワイトチョコレートが苦手なままだったかもしれないと思うと、とっても感謝しています。

あ、でもバラで買ったイチゴ系のは合成香料バリバリでちょっと受け付けませんでした( ꒪ω꒪)
六花亭でも当たり外れはあるらしい。

もうね、北海道のおみやげは全部このアソートでいいと思う。(他にもおいしいお菓子やお店がいろいろあるのは知ってます、ごめんなさい)

 

【商品情報】公式サイト>>六花亭 公式サイト
ここで買えます>>六花亭 公式オンラインショップ

 

 

 

六花亭ストロベリーチョコレート(ミルク)

六花亭のチョコレートといえば、やっぱりこれ!という人も多いのではないでしょうか。六花亭ストロベリーチョコレートです。

ホワイトとミルクの2種類がありますが、ホワイトの方は以前感想を書いたので、今日はミルクの方を中心にお届けしたいと思います。

六花亭ストロベリーチョコレート

まずパッケージ。ホワイトのほうが赤色、ミルクチョコのほうが緑色です。どうしてもホワイトの赤の方が見慣れている感があるわー。

六花亭イチゴミルクチョコ

箱を開けると、袋に入ったストロベリーチョコがごろごろしてます。ミルクチョコの方を数えたら13個入り。ホワイトの方は12個入りでした。

けっこう粒の大きさそろえてあると思うんですけど、どうしても多少の違いが出るので、個数も多少前後するんでしょうね。パッケージには115g入りと書かれています。

ストロベリーチョコレート(ミルク)

ストロベリーチョコレートのミルクチョコ版。どうしてもホワイトチョコ版のほうがメジャー感があるんですけど、相性としてはミルクチョコだって悪いはずがない。

イチゴチョコ大きさ六花亭

大きさはこれくらいの個体差があります。大きめので直径約3cm前後、小ぶりなのだと約2.5cmくらいでしょうか。

ストロベリーチョコ断面図

断面図。フリーズドライのイチゴに、チョコレートがコーティングしてあります。チョコの厚みはだいたい3~5ミリくらい。(部分差・個体差あり)

イチゴの酸味と、ミルクチョコレートの味わいはやっぱり相性がよくて、次々口の中に入れちゃいます。

六花亭ストロベリーチョコホワイト&ミルク

しかも今回は、ホワイトとミルク両方手元にあるわけで。交互に楽しめちゃったりもするという贅沢(*´ω`*)

でも個人的にはやっぱりホワイトのほうを贔屓しちゃいます。特に六花亭のストロベリーチョコのホワイトは、単にホワイトチョコでコーティングしてあるだけじゃなくて、ヨーグルトパウダーやレモンパウダーが入っていてホワイトチョコ自体にも少し酸味があってイチゴとのバランスが素晴らしいと思うのです。

とはいえ、どっちもおいしいー!これを日常食にできるセレブになりたいです!!

 
【商品情報】
公式サイト>>六花亭
ここで買いました>>六花亭 札幌本店

ここでも買えます>>六花亭 ストロベリーチョコ 2種セット

 

 

チョコマロン:ホワイトチョコレートの聖地「六花亭」に行ってきました

生まれて初めて北海道に行ってきました。仕事で。

札幌赤レンガ庁舎

赤レンガ庁舎(旧道庁)とかちらっと見ることができたり。

六花亭札幌本店

何より、ホワイトチョコレートの聖地、六花亭の札幌本店に行くことができて、とても幸せでしたヽ(≧∀≦)ノ

子供のころ、ホワイトチョコレートは好きじゃなかったのですが、あれ何歳くらいのときかなぁ・・・六花亭定番の、あのホワイトチョコの板チョコを食べて初めてホワイトチョコレートのおいしさに目覚めたのです。本店入り口

入り口。あのね、なぜか写真がここまでしかないのよ。店内の写真がないのよ。興奮しすぎて撮るの忘れたのよ。

六花亭

というわけで、今いっぱい六花亭のチョコレート&チョコレート菓子が手元にあります!!(歓喜)

六花亭といえば!

六花亭ストロベリーチョコレート

ストロベリーチョコレート!フリーズドライのいちごをホワイトチョコやミルクチョコでくるんだアレです。ホワイトのほうは過去にレポートを書いたはず。

板チョコ詰め合わせ六花亭

それから、板チョコ!かつて北海道土産の定番だった、あのお花の絵の包みの、ふきのとうって書いてあった、懐かしいホワイトチョコレートの板チョコは今はもうないそうです・・・。

それに変わって、いまは小ぶりのホワイトチョコレート、ミルクチョコレート、ビタースィートチョコレート、抹茶ホワイトチョコレート、モカホワイトチョコレートのミニサイズの詰め合わせがありました!ホワイトチョコだけ5枚入ったパックもあるよ。

マルセイバターサンド

そして、チョコレートじゃないけどやっぱりこれ。マルセイバターサンド。

こういうのも、普段なら物産展とかで何個入りっていうのを買うしかないんだけど、店頭では1個から購入できてしまうのであります!!ほかのもほとんど1個から買えるという贅沢・・・(*´ω`*)

マルセイといえばバターサンドだけかと思っていたけど、キャラメルやビスケットもありました。

ひろびろ六花亭

あと、チョコ系だとこれが目立つ位置に並べられてました。「畑の大地ひろびろ」と「花の大地ひろびろ」。

六花亭チョコマロン

見た目はそんなにパッとしないけど個人的に気になったのがこれ。チョコマロン。ちょうどカラダが栗を欲する時期ですし。

そういうわけで今日はチョコマロンを食べます!

チョコマロン個包装

1パック4個入り。個包装になってるので、おみやげでバラで配るのにも便利。

チョコマロン大きさ

直径約5.5cm、高さが約2.5cm。タイヤみたいだね。

チョコマロン断面図

断面図。しっとりした焼き菓子に、栗餡がたっぷり挟まれています。

この栗餡が!ラム酒の香りたっぷりで!ココア風味のしっとりしたケーキと、周りにコーティングされたミルクチョコレートと相性がバッチリなんですよ!!!

栗餡は白餡に栗ペーストを混ぜ込んだ感じで、どこか和の雰囲気も漂わせつつ、なのにとてもハイカラな仕上がりになっております。これは買ってよかった。むしろもっと買うべきだった。(でもあんまり日持ちがしない系だったのよ・・・)

 

六花亭で買ったものは順番にレポートしていきたいと思ってはおりますが、もしかしたらそのまま食べちゃったり誰かに差し上げちゃったりする可能性もアリです。ちなみにマルセイバターサンドはもう食べましたŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

北海道は初めてだったけど、今度はもっとゆっくりじっくり滞在したいです!

 

【商品情報】
公式サイト>>六花亭
ここで買いました>>六花亭 札幌本店

ここでも買えます>>六花亭 チョコマロン4個入り

 

六花亭 ストロベリーチョコレート(ホワイト)

北海道のお土産の定番、そしてデパートなどの催事で見かけるとちょっと嬉しくなってしまう六花亭。マルセイバターサンドやホワイトチョコレートが有名ですが、フリーズドライのいちごにチョコがけしたアレも人気商品です。

六花亭ストロベリーチョコレート

六花亭ストロベリーチョコレート(ホワイト)です。小花柄?のパッケージと赤い蓋が目印です。

イチゴチョコ包装

フタを開けると、フィルムに包まれたいちごチョコレートがごろごろと入ってます。

フリーズドライいちご入りホワイトチョコレート

わりと粒の大きさが揃ってます。13個入り。表示には115g入りとなってるので、個数は箱によって前後するかもしれません。

六花亭いちごチョコ

ころころとかわいいいちごチョコ。最近ほかのメーカーでもこういう形状のストロベリーチョコレートはありますが、フリーズドライのいちごとホワイトチョコの組み合わせを考え出した人は天才だと思う(*´ω`*)

ストロベリーチョコレート大きさ

一粒の大きさ。ちょっと大きめ一口サイズです。

いちごチョコ断面図

断面図。いちごの赤とホワイトチョコのコントラストが美しい。チョコ部分の厚みは2~3ミリ程度です。

六花亭のストロベリーチョコレートは、甘いんだけどあっさりさっぱりしているのが特徴的だと思います。他メーカーでも似たものはあるけど、六花亭のはヨーグルト粉末やレモン粉末を配合していて味わいが全体的にさわやか。美味(*´ω`*)

これのミルクチョコバージョンがあるのは知っているのですが、まだ食べたことはありません。売ってるのを見かけると、どうしてもコッチを買っちゃうから。

どなたか北海道に旅行に行ったら、私のためにミルクチョコバージョンをお土産に買ってきてくださいw

【商品情報】
公式サイト>>六花亭
ここで買いました>>デパート催事

ここでも買えます>>六花亭 ストロベリーチョコレート