京都・宇治中村藤吉本店 濃いめの抹茶チョコレート

先日、お友達のnokoさんから抹茶チョコをいただきました。京都宇治中村藤吉本店というお茶屋さんの抹茶チョコレートだそうです。初めて知るお店!期待!!

京都宇治中村藤吉本店

お茶屋さんの抹茶チョコは総じて抹茶が濃くておいしいので嬉しい(*´ω`*)真っ赤でどこかモダンシックな袋がいい味出してて期待が高まります。

中村藤吉本店濃いめの抹茶チョコレート

いただいたのは「濃いめの抹茶チョコレート」。イイ。濃いめ最高。

中村藤吉歴史

中村藤吉本店は創業安政元年、百五十余年も続く老舗のお茶屋さんです。安政元年っていつや。黒船来航、安政の大獄、幕末に近いな。

しかし100年ちょっとくらいじゃまだまだ、という扱いをされるのが京都という土地柄だとお聞きしたことがあります。さすが京。おそろしい。

濃いめの抹茶チョコ中身

箱の中には、丸に十の登録商標の包み紙に包まれたチョコが6枚。

登録商標

レトロだけどむしろ斬新だわ。抹茶チョコ好きさんへのプレゼントはもちろん、外国人にあげたら喜ばれそう。あ、でも、十字架ではないのよ、と説明が要るかも。

抹茶チョコひとつの大きさ

ひとつの大きさは約3.5×3.2×0.5cmくらい。

濃いめの抹茶

あけてみますと、たしかに色が濃い!もちろん着色料を使っていませんから、お抹茶の緑色です。濃いヽ(≧∀≦)ノ

中村藤吉抹茶チョコ

断面図。このしっとりした割れ方、いいですなあー。

濃い目の抹茶チョコレート断面図

口に入れてみると、抹茶感が濃いです!濃いめの抹茶チョコレートの名に恥じることない濃さであります!濃いだけじゃなく、口どけもよく、抹茶チョコレート食べたぁー(*´ω`*)というこの満足感。やっぱお茶屋さんの抹茶チョコレートは素晴らしいです。nokoさん、ごちそうさまでした♡

中村藤吉本店は初めてでしたが、公式サイトを見ると他にもおいしそうな抹茶スイーツがいっぱい。。。アレもこれも食べてみたい。ぐぬぬ。

京都にはたくさんお茶屋さんがありそうなので、まだまだ知らない抹茶チョコレートもたくさんありそうです。ここオススメ!というのがあったらぜひ教えてくださいヾ(´∇`)ノ

 

【商品情報】
公式サイト>>京都・宇治 中村藤吉本店
ここで買えます>>中村藤吉本店 オンラインショップ

 

 

 

 

 

伊藤久右衛門 定番宇治抹茶生チョコレートと濃茶のしらべ比較

甘いものそんなに得意じゃない人でも、抹茶アイスは好きだったり、抹茶チョコはけっこうイケたりするみたいです。老若男女、日本人なら惹かれずにはいられないのが抹茶系のお菓子。

京都のお茶屋さん「伊藤久右衛門」の抹茶スイーツは特に有名ではないでしょうか。

以前にも伊藤久右衛門の抹茶生チョコレートは食べたことがあって、濃厚でおいしい!と思っていましたが、あれ、なんか2種類あるでないの。

伊藤久右衛門生チョコ

伊藤久右衛門 宇治抹茶生ちょこれーと(華やぎ箱)と、宇治抹茶生チョコレート「濃茶のしらべ」。どちらも京都の石臼引き宇治抹茶を贅沢に使った抹茶の生チョコレートです。

宇治抹茶生チョコレート華やぎ箱

こちらの方が、伊藤久右衛門で一番人気の宇治抹茶生チョコレート。以前食べたのとパッケージは違いますが、中身は同じものです。バレンタイン限定ラッピングなんですねー(*´ω`*)

ハートを連想させる赤い掛け紙と、吉祥結びの組紐。ちょっとオトナっぽい感じです。

華やぎ箱パッケージ

箱そのものも、単なる真っ白じゃなくてさりげなくお花の模様が入っています。

抹茶生チョコ

箱を開けたところ。赤と白、そして緑色のコントラストがまぶしいぜ。

箱を開けたところ

そうそう、中身はたしか前のパッケージもこんなでしたよね。ちゃんと黒文字(楊枝)も付いてるところが嬉しいです。

16粒入り

見てからに濃厚そうなお抹茶色。16粒入り。

宇治抹茶生チョコ

1粒のサイズは約3×1.5×1cmくらい。

伊藤きゅうえもん生チョコ断面

中までしっかりお抹茶が練りこんであることが分かるこの断面図の色。・・・たまに抹茶系チョコとかで色も香りも味も薄いのに当たっちゃうと心底ガッカリするけど、伊藤久右衛門の抹茶生チョコレートは期待を決して裏切りません。

すごく滑らかな口どけでスッととろけながら、抹茶の余韻を濃厚に楽しませてくれます。

義理チョコで配るのにも最適な5個入りの小さいサイズも準備されてるのが心憎いです。しかも、まとめ買いするとお得になるという嬉しいシステム。パッケージも高級感アリなので、今年バレンタイン係になっちゃったよ・・・という人は要チェックです。
>>宇治抹茶生ちょこれーと お配り向け5個入り

この抹茶生チョコでも充分に濃厚な抹茶チョコを楽しめるのに、さらに濃いのか?と期待させてくれるのがこちら、宇治抹茶生チョコレート 濃茶のしらべ

濃茶のしらべパッケージ

伊藤久右衛門の抹茶チョコレートの中で最も濃厚だというこの濃茶のしらべ。名前からしてもう濃厚そう、パッケージも高級そう。箔の入った和紙と、真っ赤な紐が鮮やかです。

桐箱入り抹茶生チョコ

そして中はなんと桐箱入り!これはめっちゃ本気モードですね。
・・・誰が?いや、作ってる伊藤久右衛門さん側も、プレゼントとして準備する側も。

濃い茶の調べ箱を開けたところ

桐箱のふたをそっと開けると、薄紙に包まれたチョコと濃茶のしらべのしおりが入っています。

いとうきゅうえもん高級抹茶チョコ

薄紙を開いたところ。黒文字が入っているのはもちろん、円柱型の生チョコがきちんと端整に並んでいます。美しい。

12粒入り

パッケージを外したところ。12個入り。もうね、めっちゃ抹茶の香りがぷんぷんですよ。

濃茶の調べ

直径が約2cm、高さが約1.8cmくらい。お上品な一口サイズでございます。

濃厚抹茶生チョコ断面図

断面図。こちらもしっかりお抹茶色。

しかし、口に入れると普通バージョンの抹茶生チョコより断然抹茶感が濃い!普通バージョンでもしっかりお抹茶の味わいと香りが楽しめるのに、それよりもさらに濃い!!もちろん口どけはいいのです、だけど最後にじゃりっと抹茶が残るくらいに濃厚な抹茶感。

抹茶スイーツ好きにはこれはたまりません(*´ω`*)美味ー!パッケージに違わぬ高級感と濃厚さ、まさに「濃茶」です。こんなに抹茶使っちゃっていいのかね。お茶屋さんだからいいのか。

通常バージョンの「宇治抹茶生ちょこれーと」も、どこに出しても恥ずかしくない、どなた様にも喜んでいただける生チョコです。バレンタインにはもちろんのこと、ちょっとした贈り物やお礼にお渡しするのにも最適です。

が、あの人はホントにお抹茶大好きよね、とか、これでもか!という抹茶感を味わわせたい、とか、いつもよりもう一歩思いを込めて、というときにはぜひ「濃茶のしらべ」を。

・・・誰かにプレゼント用として買うときは、自分用にもついでに購入しておくことをオススメしたいと思います( ̄∀ ̄)

 

【商品情報】
公式サイト>>伊藤久右衛門 web本店
バレンタイン向け特集ページ>>伊藤久右衛門 2015バレンタイン特集