KEN’S CAFE TOKYO(ケンズカフェトーキョー)特撰ガトーショコラ

先日の東京チョコレートショー2014で、私がいちばん最初に購入したのがこちら。

ケンズカフェ東京の特撰ガトーショコラです。以前、東京出張の際に食べてみたいと思って調べていたら、ちょうどお休みと重なっていていつかは!と思っていたんですよね(*´ω`*)

ケンズカフェガトーショコラ

KEN’S CAFE TOKYOは、ガトーショコラのみを販売しているお店。ガトーショコラだけでお店が成り立つなんて、どれほどおいしいんだろう(*´ω`*)と思うではありませんか。

ケンズカフェトーキョー

これは、私をチョコレートショーに連れて行ってくれたMさんが撮ってくれたケンズカフェのショーケース。(私は買うのに夢中で写真撮ってませんでしたwww)

本当にガトーショコラしか売っていません。いちばん下の段にある銀色の包みは、ケンズカフェのために配合されたというイタリアドモーリ製グランクリュショコラ「KEN’S」だそうです。イタリアの一流チョコレートメーカードモーリ社にオリジナルブレンドチョコレートを作らせるなんて、それだけでもすごいですよね。

特選ガトーショコラ

箱を開けると、焼き型に入れられたときの紙包みそのままのガトーショコラがこんにちは。

紙をはずしたところ

小さいんだけど、どっしりと重みがあります。

特選ガトーショコラ原材料

原材料は、チョコレート、無塩バター、卵、グラニュー糖の4つのみ。小麦粉すら入ってないとは・・・。しかも、この4つの原料それぞれにものすごいこだわりが詰まっています。

チョコレートはさっきも言ったようにイタリドモーリ社のオリジナルクーベルチュール、バターはさわやかな酸味と軽やかさが特徴のカルピスバター、卵は抗生物質は不使用で天然ものの飼料を与えた鶏の昔の味たまご。

正直、箱の大きさを見ると「この大きさで3000円かぁ・・・けっこうするな・・・」と思うんですけど、これだけの材料を揃えてるとなると子のお値段も致し方ないかと。

チョコレートケーキ

冷蔵庫から出したての特撰ガトーショコラにナイフを入れてみると、重い!ホントにずっしり感がすごいんですー(*´ω`*)

ガトーショコラ切り口

切ってみたところ。このギッチリ感、どっしり感、伝わるでしょうか。

おいしい食べ方

ケンズカフェの特選ガトーショコラは、3つの食べ方を楽しむことができます。

冷蔵庫から出してそのまま。常温に戻して。レンジでちょっとだけ温めて。それぞれの食べ方でまた全く違う表情を見せてくれるとのことだったので、すごく楽しみでした。

冷たいガトーショコラ

まずは、冷蔵庫から出してすぐ。このほろっとした断面、ギュッとした感じ、そして口に入れるとなめらかにとろける具合、ガトーショコラ(チョコレートケーキ)というよりももはや濃厚な生チョコのようです。

カカオの味わいがきっちりしながらも上品な甘さにまとまっていて、どっしりしていて重いはずなのにもっと食べたくなる感じヽ(≧∀≦)ノ

常温にしても見た目はほぼ変わらなかったので写真はありませんが、常温にすると少し口の中でほろっと崩れるような、そしてしっとりなめらかに溶けていくような、冷蔵庫から出したてとは違う食感を楽しむ事ができます。

そして!レンジでチンしたらこれまたすごい!!

とろとろガトーショコラ

フォンダンショコラのように真ん中がとろけて、濃厚なカカオの味が口の中にブワッと広がります。フォンダンショコラというよりも、どろっどろのショコラショーを飲んでいるかのよう。

フォンダンショコラみたい

溶けたチョコレートが口の中でねっとりと広がって、思わず私もねっとりと溶けてしまいそうです。危険。これは危険。

これは贈り物にしても恥ずかしくないどころかとっても喜ばれるガトーショコラだと思います。地方発送もしてくれるそうですが、2本以上購入だと送料無料になるので、誰かと共同で2本以上買うのがおすすめ。

 

【商品情報】
公式サイト>>KEN’S CAFE TOKYO
ここで買いました>>東京チョコレートショー2014

 

 

東京チョコレートショー2014@ラフォーレミュージアム原宿に行ってきました!

東京チョコレートショーに行ってきました!
たまたますごくいいタイミングで東京出張があり、仕事前に会ってお話でもー♡と言っていたお友達のMさんが前日に突然「こんなのありますけど行きません?」と誘ってくださったのですヽ(≧∀≦)ノ

えーーーー行く!行くにきまってるーーー!!!

ラフォーレ原宿というイナカモノでも名前を知っているようなオシャレな若者向けのビルに行くのは、少々だいじょうぶなのか・・・?という懸念もありましたが、チョコレートの誘惑には勝てず行ってまいりました(*´ω`*)

東京チョコレートショー2014

11/27~30日開催というタイトなスケジュールによくもまあはまったものです。チョコレートの神様どうもありがとう(*´ω`*)

会場に入るにはチケットが必要です。セブンイレブンで買ってから行くと前売り扱いになって、チョコのおみやげがもらえましたよ♡(手配してくれたのはすべて友人です。感謝ー♡)

会場に近付くと、どんどんチョコレートの甘い香りが漂い始め、まず出迎えてくれるのがチョコレートを使ったアート!

チョコレートショー入り口

この写真じゃなんだかイマイチ分からないかもしれませんが近くによって見てみると・・・

チョコの薔薇アップ

チョコのバラがあああああ!すごく綺麗!
ちなみに素敵なチョコのクリスマスツリーもありましたが、きちんと写真が撮れてませんでした。無念・・・。

と思ったら、私をチョコレートショーに連れて行ってくれたMさんが写真を分けてくれました♡

チョコクリスマスツリー

全部チョコレートでコーティングされたクリスマスツリー!!!
チョコの甘い香りがまわりに漂っています。
こんなの自分の部屋にあったらたまらんー!

暖房付けたら溶けちゃいそうですけどね。汗

でもすっごく素敵!

オーナメントチョコレート
ツリーに飾られたオーナメントももちろんチョコレート尽くし。

丸いのが2色と、オランジェショコラと、シックながらもかわいらしい飾りつけ。

これ欲しい・・・(*´ω`*)

ucoさん

このオブジェ?を作られたのは、uco(ゆうこ)さんというお菓子をモチーフにした作品を制作されているアーティストさん。ゆうこさんのスペースも設けられており、キャンバスにデコペンでフリルを描かれたようなアートなども飾られていました。

お菓子アーティストucoさん

ucoさんの頭にも、素敵なチョコの薔薇が・・・(*´ω`*)ピンボケしててすみませんすみません。

チョコレートショー

さて、チケット制の有料イベントにもかかわらず、すごい人です。チョコレート好きな人って多いんやなぁ( ´ω` *).。oO

オランジェット

魅力的なチョコが所狭しとあちこちに並んでいました。人が多すぎて写真を撮ってる場合じゃないようなブースも多く、ごく一部しかありませんが雰囲気だけでもお伝えできたら。

フォレノワール

このフォレノワールめっちゃおいしそうだったー!!チョコレート生地とグリオット(またはダークスイートチェリー)、生クリーム、そしてチョコレートがフォレノワールの基本的な構造ですが、この組み合わせ大好きなのに、最近フォレノワール作ってるお店にあまり遭遇できない気がする。

りんごチョコ

こんなポップなブースもあり。リンゴ飴ならぬリンゴチョコ?

スノーマン&キリン

とぼけた表情がかわいいキリンと季節柄欲しくなってしまうスノーマン。しかしこれはかわいすぎて食べにくいwww

宝石チョコ

ほんとに宝石のようなチョコレートがあったり・・・

バニラビーンズタブレット

楽天のショーコラでおなじみの横浜バニラビーンズがタブレットをずらりと出していたりしてました。だいたい、Ash Tsujiguchi healthy sweets collection、ケンズカフェ東京、生チョコを一躍有名にしたシルスマリア、パリで活躍中のMORI YOSHIDA、おなじみメリーチョコレート、Patisserie & Cafe De L’immo、バニラビーンズ、PALOMITAS、PETITS DELICES、JOHN KANAYA、パティスリー レザネフォール、Décadence du Chocolatなどなど、そうそうたるパティスリー・ショコラトゥリが出店してるんですよ。けっこうなイベントだわ(*´ω`*)

そして、地元ではテレビで「壁ドンチョコ」が紹介されて話題になっていたそうです。イケメン男子が壁ドンしながらチョコを渡してくれる&食べさせてくれるらしく、「新鮮な壁ドンはいかがですか~^^」と声をかけられたのが面白かったですw

そして!今回のお目当てのひとつ、以前食べて衝撃を受けたショコラトゥリ、Xocol(ショコル)のブースもありましたーヽ(≧∀≦)ノ

ショコル

xocolのブースでしつこく製品をガン見するワタクシ。

ショコル01

以前食べたのは原石美しい鳥
今回はもっと種類あれこれあって、迷いに迷いながらいくつか購入しました。ぬふふ。

その他にも、全部に手を出したいのをグッとこらえて、どうしてもどうしても食べたいものだけを購入してきましたので、また食べたらレポートします!

東京チョコレートショーは11/30日まで。近郊のチョコ好きさんはぜひぜひお出かけくださいねー♡

 

詳細はこちら>>東京チョコレートショー2014