作ろう!きのこの山 自分で作って食べるきのこの山セット

お友達のヨーコさんから、こんな素敵なものをいただきました(≧∀≦)
なんと!自分できのこの山やアポロを作って食べられるキットです!
なにこれ、楽しそう!!!

きのこの山キット

どっちから作ろうかまよって、まずはきのこの山を作ってみることにしました。

今日は写真がいっぱいあるので、めっちゃ縦長なブログです。
めっちゃスクロールしないといけないですけど、ご了承くださいまし。

きのこの山セット中身

箱を開けると、中に入っているのは3色のチョコペンと
きのこの軸(足?)になるべきクラッカー、きのこのモールド(型)が入っています。
下のプラトレーに見えるのがきのこのモールドです。

きのこモールド

ふつうのきのこの山だけでなく、バリエーションいろいろのきのこを作れるセットです。
「いつもの」「おおつぶ」「ナミナミ」「たけのこ!?」「ふたご」「こつぶ」
「きのこもよう」「ぺたんこ」などなど。

お湯で溶かす

作り方は簡単、お湯でチョコペンを溶かして型にチョコをしぼって
クラッカーをさして冷やし固めるだけ。
3色あるので、どんな色の組み合わせにしようか楽しみながら作れます。
これ絶対、子供はよろこぶぞっ!!!

プレスリリースによると、ターゲット層は幼児から小学校低学年とその家族。
オバチャンいい歳なんですがひとりで大喜びで作ってました。すみません。

チョコを注いだところ

作り方そのものは簡単なんだけど、
チョコを入れる量(クラッカーをさすのでちょっと少なめが望ましい)の調節と、
けっこうチョコが固くなってくるのが早くて急いで作らないといけないのが
意外と難しかったです。

冷蔵庫で30分

型に入れてクラッカーをさしたら、冷蔵庫に入れて待つこと30分。

いつもの

で   き   た  !!!
ふつうのきのこの山です。
下のほうがちょっと不細工なところが手作り感満載です。

ふたご

これ、いちばん最初にチョコを絞って完全に量を間違えてあふれたやつ。
ホワイトとピンクを2層にするはずだったのに、ほぼホワイトになってるし。
ピンクはあふれた状態で固まってますwww

きのこ模様

きのこ模様。
これはたしかいちばん最後に絞ったやつで、だいぶチョコが固くなりはじめてた。
しかも、型から抜くとき失敗して無残な感じに。

私の力作はこちら!!!
↓↓↓

毒キノコ

ど  う  見  て  も  毒  キ  ノ  コ wwwww
こんなきのこの山は売ってても食べてはいけない気がする!

いろいろきのこ

こんな感じでいろいろ作れました。
おもしろーーーーーい!!!
味は「テンパリングしてない(準)チョコレート」(簡単に溶かして固めるだけ)なので、
市販のきのこの山のほうがおいしいかもしれないけど、
この楽しさは買ってくるだけじゃ味わえないよねー(*´▽`*)

きのこの軸クラッカー

ちなみにクラッカーはけっこうたくさん入っているので
市販のチョコペンとか買ってこればもう1回楽しめそうです。
私はそのまま美味しくいただいちゃいましたけど。
・・・きのこの山のクラッカーだけを食べる機会もそうはあるまい。
なんか不思議な気持ちでした!(笑)

 

【商品情報】
公式サイト>>きのこの山・たけのこの里公式
ここで買えます>>全国スーパーお菓子売場など
(でも売ってるとこイナカではまだ見たことないんです・・・)

 

きのこの山?たけのこの里?どっちが好きですか?

チョコレートのブログを始めた以上、この2つのチョコレート菓子について
語るのを避けるわけにはいくまい。
・・・いや単にたまたま安くなってたからなんだけど。
いつもは両方いっぺんに買うなんてセレブなこと(?)しないし。

きのこたけのこ

というわけで、きのこの山とたけのこの里です。
昔からあって、昔から変わらずおいしいチョコレート菓子です。

きのこ派?たけのこ派?なんて聞かれることもありますが
どうしてもどちらかを選ばなければならないとしたら、私はきのこ派です。
実際、自分の購入率は3:1くらいできのこの山が優勢です。

しかし、きのこの山とたけのこの里はよく似ているようで
それぞれまったく違う系統のお菓子だと思っているので、どっち派?というのも
なかなか難しい質問ですよねえ。

きのこの山

きのこの山は、マイルドなチョコレートとサクッとしたクラッカーの組み合わせ。
チョコレートを先に楽しんだり、チョコレートとクラッカーを同時に楽しんだりできるのも
きのこの山のよいところ。

たけのこの里

対してたけのこの里は、チョコレートとクッキーが渾然一体となった味わいが特徴。
甘いチョコレートと甘いクッキーの組み合わせなので、
疲れているときなどに食べるとめっちゃ癒されます。

私の中では
  きのこの山⇒ チョコレートにクラッカーが付いたお菓子
  たけのこの里⇒クッキーにチョコレートが付いたお菓子
なので、このふたつを比べてどうこう言うのは非常に難しいと思うのです。
どっちもそれぞれおいしいのじゃ。

きのことたけのこ

両方いっぺんに楽しめるなんて、贅沢だわ~(*´ω`*)

最近はアソートパックという魅惑的なものがあるので、
どっちも好き派としてはうれしい限りです。
でもアソートパックは小さい1袋に5個ぐらいずつしか入っていないので
モリモリ袋をあけてしまうところがちょっと難点です・・・。

 

【商品情報】
公式サイト>>meijiきのこの山たけのこの里ブランドサイト
ここで買えます>>全国スーパー、コンビニなど

オトナ買いするなら>>送料無料■明治製菓きのこの山&たけのこの里20箱セット

 

 

明治アグロフォレストリーチョコレート(ミルク)

日本の板チョコは全体的にとってもおいしいので
どれを買ってもあんまりハズレないんですけど、買うときは

原材料に「植物油脂」が入っていないもの

を選べば間違いないです。
本来、チョコレートに植物油脂は不必要。
なのになぜ油脂分としてカカオバター(ココアバター)だけでなく
植物油脂を入れるのかといいますと、

・ 口どけやデザイン(かたち)を重視したチョコレートを作りやすくするため。
・ 夏でも溶けにくいチョコレートを作るため。
(カカオバターは融点が低いため、溶けやすいのでそれを補うため)

というのが主な理由かと思います。
でも、そのぶんチョコレートの風味は薄まってしまうんですよね。

何年か前までは、一般的に売られている板チョコの中にも
植物油脂が含まれているものが多く売られていましたが、
最近は入っていないものも見かけるようになってきました。

※後日談・・・
今日スーパーで売っている板チョコを舐めるように見てきたら、
いわゆる「普通の板チョコ」の中で植物油脂が入っていないのは
meijiのミルクチョコレートだけでした。ロッテや森永は入ってた。
明治も、ミルクチョコレート以外の板チョコ(ブラックやハイミルクなど)は
植物油脂入りでした。

meijiアグロフォレストリーチョコレート

さらに、カカオ豆の産地やカカオの配合率にこだわったチョコレートも
増えてきましたね。
チョコレート好きにはうれしい限りです。

このmeijiアグロフォレストリーチョコレートは、
ブラジルトメアスー産限定カカオ豆を使用したチョコレート。

【原材料名】
砂糖、全粉乳、カカオマス(ブラジルトメアスー産カカオ豆100%使用)、ココアバター、脱脂粉乳、乳化剤(大豆を含む)、香料

バランスがよくておいしい板チョコです。
ごく一般的な板チョコよりも少々小さくて、少々お高いけどもね。

少し前まではイオンで買えたんだけど、最近見かけなくなりました・・・。
また置いてほしい・・・。

【商品情報】
公式サイト>>meijiアグロフォレストリーチョコレート
ここで買えます>>スーパー、コンビニなど(最近見かけなくなった・・・)

ネット通販なら>>
楽天 アグロフォレストリーチョコレートミルクBOX ×5個
Amazon  アグロフォレストリーチョコレートミルク 40g×10枚