GODIVA(ゴディバ)ダークチョコレートミニプレッツェル

最近、ちょっと高級めのスーパーに行くとGODIVAのチョコが買えるようになってきました。なんか昔はデパ地下のブティックとかじゃないと手に入らなかったのにすごく身近な存在になってきた感じ。まぁお値段は相変わらずそんなに身近な存在でもないですが。

ゴディバプレッツェル

というわけで、成城石井で買ったゴディバダークチョコミニプレッツェルです。ゴディバはいわずと知れたベルギーのチョコレートブランドですが、このダークチョコミニプレッツェルはメイドインアメリカになっています。つまり、ゴディバライセンスでアメリカで作られて、ゴディバジャパンが輸入してる模様。

GODIVA内袋

箱を開けると、金色の袋が入ってます。

ゴディバチョコプレッツェル

袋を開けるとチョコプレッツェルがゴロゴロ。ミニプレッツェルと書いてあるけどもうちょっと大きいものをイメージしていたので、あれ、ちっさいと思いました。

チョコプレッツェル

かわいいサイズのプレッツェルがゴロゴロ入ってます。71g入り。1gって何や。きちんと数えませんでしたが、25個くらい入ってます。

チョコがけ

よーく見ると、ダークチョコの上にミルクチョコレートが斜めにラインがけしてあります。プレッツェル同士がこすれあって白っぽくなっちゃってるので残念ながらあんまり目立ちませんが。

GODIVAチョコプレッツェル大きさ

1粒の大きさ。約2.5cm×2.5cm×0.5cmくらい。

チョコプレッツェル断面図

断面図。ゴリゴリしたプレッツェルに薄くチョコがけしてあります。けっこうプレッツェルがしょっぱいです。これだけしょっぱいならもうちょいチョコは分厚い方が好みだー。プレッツェルの塩味のせいか、チョコレートはダークチョコレートのわりにけっこう甘く感じます。

思ったより全体的に大味で、なんとなく残念な感じ。決しておいしくないわけではないし、これ系好きな人はめっちゃ好きな味かも。

チョコプレッツェルという存在自体に繊細さを求めちゃイカンのかもしれないですけど、ゴディバだけにちょっと期待しちゃいました。んー、多分もう買わないと思う(´・ω・`)バレンタインの義理チョコ用とかにたくさん配るぶんには良いかもー。

 

【商品情報】
公式サイト>>GODIVA
ここで買いました>>成城石井

ここでも買えます>>ゴディバ(GODIVA) チョコレート ミニプレッツェル
 

 

 

GODIVA(ゴディバ) オランジェ

夏はなぜかオランジェットが食べたくなります。いや、冬も食べたいけど。

チョコとオレンジのバランスは各お店によっていろいろなんですが、私いまのところ一番好きなバランスはやや太めのオレンジピールと厚ぼったいチョコレートのゴディバのオランジェです。

ゴディバオランジェット

金色の箱に入った美しいたたずまい。

オランジェット中身

箱を開けると、中には袋にごろごろっとオランジェットが詰まっています。115g入り。16本入ってましたが、大きさによって多少本数は前後しそうです。

オランジェ

大きいの小さいのあり、まっすぐなの曲がったのあり、奔放な感じ。斜めに細くあしらわれた飾りのチョコレートが美しいです。なんとなくイモムシっぽさを感じさせなくもないですが。曲がってるやつとか特に。

1本の大きさ

1本の大きさ。他メーカーと比べると、太めで短めだと思います。

オランジェット断面図

断面図。太めのオレンジピールに厚めにかかったダークチョコレートのバランスが素晴らしい。オレンジが華やかで、チョコの味わいもしっかり楽しめるのでこの太さと厚みが大好きです。

でも久しぶりに食べたら、最後の最後にほんの少ーーーし0香料臭が残るような感じがしました。前からこんなだったかなあ・・・。ほとんど分からないくらいなので、気にせずもりもり食べてれば気付かないかもという程度なので許容範囲といえば許容範囲なのですが。

なかなかこの太くてチョコが厚ぼったいオランジェットは他にないので、余計なことはしないでおいしいオランジェットを作ってほしいです。私の味覚or嗅覚がおかしいのかしら。違ってたらとてもごめんなさい。

それでも多分また買っちゃうけど(*´ω`*)やっぱりこのバランスは捨てがたし。

【商品情報】
公式サイト>>GODIVA(ゴディバ)
ここで買えます>>ゴディバ各店、ゴディバ(GODIVA)オンラインショップなど

 

 

GODIVA(ゴディバ)タルトグラッセ 抹茶&ホワイトチョコレート

ゴディバタルトグラッセ

前回に引き続き、GODIVA(ゴディバ)のアイスケーキ、タルトグラッセです。今日は抹茶&ホワイトチョコレートの方をいただきます。

抹茶&ホワイトチョコ

箱を開くと、前回のラズベリー&ダークチョコレートと同じくカップに入った状態で抹茶&ホワイトチョコレートのタルトグラッセが入っております。

タルトグラッセ中身ケース

前回カップ状態のところを撮ってなかったので、一応載せときます。けっこうカッチリしたプラカップに入ってますよ。特に下側のカップは固い。

抹茶ゴディバ

濃い緑色が鮮やかな抹茶&ホワイトチョコレート。早速断面を見てみましょう。

タルトグラッセ抹茶断面図

ゴディバタルトグラッセ 抹茶&ホワイトチョコレート断面図。
売場で「抹茶&ホワイトチョコレート」としか見なかったので、上段が抹茶味、下がホワイトチョコレート味なんだろうなーと思っていたら、栞をよく見たら違ってました。

ホワイトチョコレートと宇治抹茶のアイスクリームと、ミルクオレンジレモンアイス、間にはミルクチョコレートをうっすらサンド、だそうです。

タルトグラッセ抹茶

抹茶のほろ苦さとホワイトチョコの甘さ、ミルクチョコのパリパリ感、ミルクオレンジレモンアイス、ほろほろのタルト生地という非常に複雑に入り交じった味わいです。

おいしい。んだけど、なんかピンとこない。おいしいけど、全体的にボンヤリしているというかなんというか。

なんかものっすごい偉そうな言い方ですけど、ゴディバだったらもっとできるでしょ!って感じ。自分のためにはもう買わないかな。でも、人様のお宅に訪問するときにお土産に持っていったりするにはこれからの季節喜ばれそうなので、そういう使い方はするかもしれませんです。4種類の味があって、食べ比べながらどう?ってキャッキャするのも楽しいしね。

と思ったけど、人様のお宅を訪問する機会なんて滅多にない引きこもりの私にそんなチャンスはあるのだろうか。

 

【商品情報】
公式サイト>>GODIVA
ここで買えます>>ゴディバ各店、【送料込】ゴディバ(GODIVA)タルトグラッセ6個(オンラインショップではバラ売りなし)

 

 

GODIVA(ゴディバ)タルトグラッセ ラズベリー&ダークチョコレート

godivaタルトグラッセ

GODIVA(ゴディバ)のアイスケーキ、タルトグラッセ。アイスケーキと呼ぶにはなんかちょっと申し訳ない気もするのですが、4種類のうち2種類をGETしてきました。
ラズベリー&ダークチョコレートと抹茶&ホワイトチョコレートの2種類です。

今日はまずラズベリー&ダークチョコレートのほうを。同封されていた栞によると

ダークチョコレートのほろ苦さと、ラズベリーの甘酸っぱさが上品な味わい。タルト生地にしきつめたアイスクリームとシャーベットの間にダークチョコレートをはさみました。

となっています。

箱を開けたところ

箱を開けると、かっちりしたプラケースにしっかり収められています。

タルトグラッセダークチョコレート&ラズベリー

プラケースから出したところ。
紙ケースも邪魔なので外しちゃいましょう。

ゴディバアイスケーキ

上にかかったチョコレートグレーズの光沢がなんとも美しくて素敵(*´ω`*)

ゴディバアイスケーキ断面図

あまり美しくないですが断面図。
とろりとしたチョコレートグレーズと、ダークチョコレートのグラス(アイスクリーム)、薄くサンドされたダークチョコレートとラズベリーのソルベ、そしてほろほろのタルト生地。

ゴディバタルトグラッセ

ダークチョコレートというわりにはカカオ感より甘みも強くて、でも甘酸っぱいラズベリーとの相性は大変よろしくてよい感じです。でも、ダークチョコレートのほうがすごく溶けやすくて、下のラズベリーのソルベの方はかなり溶けにくくてシャリシャリしておりまして(ソルベというよりピュレを固めたような感じ)、いそいで食べなきゃいかんような、でももうちょっとラズベリーが柔らかくなるのを待ちたいような、微妙な感じでした。

とろとろのチョコレートアイスとシャリシャリのラズベリーソルベ、その間に挟まれた薄いダークチョコレートのパリパリ感の食感の違いを楽しむものだと言われたら、うーんそういうものかな、とも思わなくもないんですけどね。

抹茶&ホワイトチョコレートにも期待(*´ω`*)

 

【商品情報】
公式サイト>>GODIVA
ここで買えます>>ゴディバ各店、【送料込】ゴディバ(GODIVA)タルトグラッセ6個(オンラインショップではバラ売りなし)

 

 

GODIVA(ゴディバ)抹茶トリュフ

唐突に抹茶系のチョコが食べたくなったときに、成城石井で見つけて即買いしたのがこちら。ゴディバの抹茶トリュフです。最近はこんなスーパーとかでもゴディバが買えるなんて。ミニバーとかチョコプレッツェルなんかも売ってました。

ゴディバ抹茶トリュフ

同じ形のパッケージで、何種類かありました。と思って公式サイトを見たら、これ、ゴディバの店舗に行くとプラのカップに入って売ってるアレと同じ系っぽいです。

ゴディバ個包装

中身はポップなキャンディ包みのチョコレートが5つ。

抹茶トリュフ中身

こんなポップな作りでも、中身はちゃんとゴディバの顔してます。

ゴディバトリュフ大きさ

ひと粒の大きさ。

抹茶トリュフ断面図

そして断面図。甘めのミルクチョコレートの中に、抹茶風味のクリーミーなフィリングがたっぷり入ってます。ミルクチョコが甘いのを、抹茶がキリッと引き締めてる感じで美味(*´ω`*)
でも個人的には、もっと抹茶感が濃くても良いように思いました。全体のバランスとしては良いんだけど、意外とアッサリしてるんです。

特に「抹茶系が食べたい!! 」という衝動が強い時に食べたから余計にそう思ったのかも。このシリーズは見かけたらちょいちょい買っちゃいそうです。

 

【商品情報】
公式サイト>>GODIVA(ゴディバ)
楽天店でも買えます>>ゴディバ(GODIVA)ラッピングトリュフ 抹茶5粒

 

 

本命チョコにはゴディバ!!をオススメする理由 GODIVAのブランド力はすごいっ!

バレンタインデーが近づくと、
限定チョコレートなどが一気に出回るようになったり
普段イナカにはない有名店のチョコレートが手に入ったりと
ついウキウキソワソワしてしまいます。

本命チョコ、義理チョコ、友チョコなどなど、いろいろありますが
やっぱりいちばん熱が入るのが本命チョコですよね!!

長いお付き合いの彼氏だったり、好みを熟知しているご主人だったら
お相手のお好きなものや昨年とは違うお店のものを贈るのも素敵なのですが、
まだ付き合い始めて間もなかったり、
このバレンタインデーにチョコを渡して告白する!!!なんていう場合
「どんなチョコがいいと思う?」「どこのがおいしいの?」
という相談を受けることもしばしば。

そんな時、私は
・地元の有名&おいしいパティスリーのチョコレート
または
・ゴディバのチョコレート
をオススメしています。


GODIVA(ゴディバ)バレンタインコレクション

ゴディバ以外にも、おいしくて有名なショコラトゥリはたくさんありますよね。
お好きなお店があれば、そこのチョコレートを贈るのもイイと思います^^

ではなぜ、私がゴディバをオススメしているのかというと、

圧倒的な知名度の高さ

これです。
中にはとってもチョコレートに詳しい男性もいらっしゃいますが、
あんまりチョコレートのことやチョコレートのお店を知らない方のほうが
圧倒的に多いと思うんです。

たとえば、ピエールマルコリーニやサダハルアオキ、
ジャンポールエヴァンにピエールエルメって何???という男性でも、
ゴディバの名前は聞いたことがあったり、
ゴディバ=高級チョコレートというのをご存知だったりするんですよ。

まぁ、男性の中には、チョコレートそのものに興味がない方もいらっしゃるので
100%ウケるかどうかは分かりませんが、ゴディバのチョコレートなら
「自分のために上等なものを選んでくれたんだな」
と思ってもらえる可能性が高い、というわけです。

ただし、ゴディバのチョコレートは贈答品としても使われることが多いので
「質のいい義理チョコ」と勘違いされてしまう可能性も無きにしもあらずです。
メッセージカードやプチプレゼントと一緒に渡すことで
グッと本命アピールができると思います^^

バレンタイン限定のかわいらしいデザインや特別なフレーバーの
チョコレートがたくさんあるので、きっと想いの伝わる一品が見つかりますよ♪


ここで買えます>>GODIVA(ゴディバ)