BVLGARI IL CIOCCOLATO(ブルガリ イル・チョコラート)オランジェット&オレンジチョコレート

ブルガリのチョコレートといえば、一粒で1,000円、1,500円もする超高級ボンボンショコラなので、さすがに自分のために買うことはこれまでの人生で一度もなかったのですが、オランジェットならば買えないお値段ではない!というわけで、最近オランジェットばかり食べていますがまたしてもオランジェットです。はい。

通常の細長いオレンジピールにチョコ掛けしたものと、輪切りのオレンジにチョコ掛けしたもの2種類がありました。

どちらかにしようと思ったんですけど、どうしても両方食べてみたくて両方買ってしまった・・・。

オレンジチョコレートは、5枚入り。
箱の大きさはだいたい8cm×8cm×4.5cmくらい。

多少の大きさの違いはありますが、だいたい直径6cmくらいのオレンジにダークチョコがかかっています。

そしてこちらはオレンジピールチョコレート、いわゆるオランジェットです。

カッチリしたプラスチックのケースに入っています。

箱のサイズはだいたい5cm×5cm×8cmくらい。

中身は太さ・長さともきれいにそろっていて、約6.5cmくらいの長さです。

オレンジチョコレートは、しっかり甘くてムチムチとしたオレンジをダークチョコがキリっと引き締めています。

オランジェットについている粒々はカカオニブです。
甘すぎず華やかな香りのオレンジの皮、キリリとしたダークチョコレート、そしてカリっとしたカカオニブの食感と苦みが非常に大人っぽい!

どちらもおいしいのですが、自分の好みで言えば断然オランジェットのほうが好きです!!!
カカオニブが付いてるタイプは珍しいし、全体のバランスもすばらしい(*’ω’*)

ブルガリのチョコラートのお店はどこにでもあるという感じではないですし、希少価値もあるので、もらったりしたらすごく特別感があると思います。
オシャレ女子はもちろん、渋い男性へのプレゼントにも使えそうです。

 

【商品情報】
公式サイト>>BVLGARI IL CIOCCOLATO(ブルガリ イル・チョコラート)
ここで買いました>>ブルガリ イルチョコラート 松屋銀座店

 

DelRey(デルレイ)オランジェット

デルレイといえば、ダイヤモンドモチーフのボンボンショコラが有名なドイツのメゾンなのですが、オランジェットを買いました。最近オランジェット愛が強すぎて困る。

箱の大きさはだいたい9.7cm×9.7cm×4.8cmくらい。
ダークブラウンに明るい緑色が映える大人っぽいパッケージです。

デルレイのオランジェット、なんとミルクとダークの2色入りなんですよ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

オランジェットといえばダークチョコが主流なので、これはちょっと珍しいですよね?

ミルクとダーク各6本ずつ入っています。計12本入り。
比較的長さや太さがそろっている方だと思います。

1本の長さは7cm弱くらい。

断面図。

チョコレートは薄すぎず分厚すぎずな感じ。
ミルクもダークも、比較的あっさりとしていてモリモリ食べられる系オランジェットです。

ミルクチョコとオレンジピールは、もしかしたら初めてなんじゃないかと思うくらいなかなか遭遇しないのですけど、定番ビターとの組み合わせに比べてマイルドな感じになって、悪くはなかったです。

でもやっぱりビターのほうがキリっとしていて好きかな(*’ω’*)オトナなのでw

箱のサイズ感、ミルクとダークの2種類の味が楽しめる点など、プレゼントにしても喜ばれると思います!

 

【商品情報】
公式サイト>>DelRey(デルレイ)
ここで買いました>>デルレイ 銀座ショコラトリー

 

 

 

La Maison du Chocolat(ラ・メゾン・デュ・ショコラ)オランジェット

フランスパリの有名メゾン「La Maison du Chocolat(ラ・メゾン・デュ・ショコラ)のオランジェット、初めて食べるので写真を撮りました!!

国内なら東京と大阪にいくつか店舗があるので、買いやすくなりましたねー(*’ω’*)

50g入りの小箱のサイズは、だいたい4cm×8cm×3.5㎝くらい。

(こんな小さい箱なのにけっこうなお値段である・・・)

ふたを開けると、わりとぎっしりと入っています。

今回買ったのは、13本入っていました。

つややかでよい香り~(n*´ω`*n)

1本の大きさ。

太さはだいたい揃ってるけど、長さは若干ばらつきがあります。
といっても、5.8cm~6.5cmくらい。

メゾンデュショコラのオランジェットは、オレンジの華やかな香りが特徴的です。

苦味は少なめかな。

さわやかなオレンジの香りと、キリっとしたカカオがバランスよく、後味はすっきりしているのに余韻がたっぷりで幸福感ある・・・。

紅茶を淹れて2本、コーヒーを淹れて3本、みたいな感じで、丁寧に味わいたくなるオランジェットでした。
メゾンデュショコラはブランドとしても(ゴディバほどではないかもしれないけど)知っている人が多いので、プレゼントとかにもきっと喜ばれるはず!

でも個人的に自分でもまた食べたいです(*’ω’*)だれか私にプレゼントしてくれてもいいです(*’ω’*)

 

【商品情報】
公式サイト>>La Maison du Chocolat
ここで買えます>>ラ・メゾン・デュ・ショコラ公式オンラインショップ

 

 

アトリエうかい プレミアムショコラ小箱(ラングドシャ)

缶入りクッキーが大人気のアトリエうかい。
そのアトリエうかいのチョコレートクッキーを入手してきました。

話題のクッキーもかわいいけど、これも素敵なデザイン(*’ω’*)
紙箱です。だいたい7.5㎝×16㎝×4.5㎝。

2種類入ってます。
左がラング・ド・シャ ノワゼット、右がショコラフランボワーズです。

ラングドシャのほうが一回り大きいのですけども、ショコラフランボワーズのほうは厚みがあります。

ラング・ド・シャ ノワゼット。直径5㎝くらい。

ヘーゼルナッツの風味たっぷりで美味。

断面を見ると、なんと薄いラングドシャが中央にも入っていて、3層になっているのです。
そのおかげで、サックサク感がすごい。

ショコラ フランボワーズはだいたい直径3.5㎝。
厚みが1㎝くらいあります。

(けっこう気温が高くて、コーティングのチョコがてらっとしてきている・・・)

断面図。

サクほろっとしたココアクッキーに甘酸っぱいフランボワーズのジャム?かジュレ?が乗っていて、チョコでコーティングしてあります。

ラングドシャのほうもだけど、手間がかかってる・・・。
そしておいしい・・・。

インスタ映え系のお店だと思っててすみませんでした。
ほんとにおいしかったです。
缶クッキーがやたら有名だけど、もともとちゃんとしたレストランだものねえ。

6個入りでサイズも小さめなので、ちょっとしたお礼とかプレゼントにも喜ばれそうです。
もらったら嬉しいやつ(*’ω’*)

ただし、チョコがデリケートなので夏場の長時間持ち歩きはおすすめできない。

 

【商品情報】
公式サイト>> アトリエうかい
ここで買いました>> JR品川駅エキュート内売店

 

 

美実PLUSハイカカオくるみ&きなこチョコくるみ

普段あまり寄らないナチュラルローソンに立ち寄ったときに見つけたクルミチョコが結構好みだったので記録。

ナッツ+チョコはだいたいおいしいに決まってるのですけど、アーモンドやピーナッツやマカダミアナッツに比べて、くるみやノアゼットのチョコは売ってることが少ないので、見かけるとすぐ手に取ってしまいますなあ。

美実PLUS(びみプラス)ハイカカオくるみときなこチョコくるみ。

袋の大きさは、だいたい15.5cm×12㎝くらい。
よく売ってる飴ちゃんの袋と同じくらい或いはちょっと小さいくらいです。

粒の大きさは不ぞろいで、大きいのから小さいものまで。
一袋40g入りで、それぞれ13~14粒くらい入ってました。

一粒の大きさの目安。
これはくるみの形がほぼそのままなので、中でも大きめのサイズです。

断面図。チョコはそんなにボッテリと厚くもなく、かといって薄すぎず。

でもねえ、このハイカカオのほう、カカオ分70%というだけあって、かなりチョコ感が高いので、くるみの味のクセに全然負けてなくてめっちゃ満足感あるのです(*’ω’*)めっちゃ気に入ったー!

こういうのってココアがまぶしてあるのが多いけど、それがないのでモフっとならないのも良い♡

きなこチョコくるみのほうは、
お、きなこ味だー!→ くるみ・・・すごくくるみ・・・→あ、後味はきなこだ・・・
と口に入れた瞬間から飲み込むまで印象が移り変わりました。

小さめの粒のだとバランスよく「きなこくるみチョコ」になるのですけど、粒が大きいのはくるみが勝ってる感じです。
いや、くるみ大好きなのでおいしいけど。

何気なく買ったのに、おいしくて好きになりました。
これを買うためにナチュラルローソンまで行ってもいいレベル。(ほかのとこでも売ってるかもですが)

また買う。

 

【商品情報】
公式サイト>>福楽得 美実PLUS
ここで買いました>>ナチュラルローソン

 

 

Nicolas Bernardé(ニコラベルナルデ)サブレブルトン

サロンデュショコラのムックを見て、これは絶対買う!!!と思っていたのがこのNicolas Bernardé(ニコラベルナルデ)のサブレブルトンです。

サブレブルトンというのは、フランスブルターニュ名物のサックサクのサブレのこと。
バターたっぷりのおいしい焼き菓子です。

そのおいしい焼き菓子+チョコ+ジャンドゥーヤ+ノアゼット。
大好きなものばっかりですやん!!!

絶対おいしいに違いない。絶対にだ。

パッケージもオシャレです。
箱の大きさはだいたい16.5㎝×5㎝×4.8㎝くらい。

中にサブレ、ジャンドゥーヤとチョコの2層になっており、上にノアゼットが乗っています。

ひとつの大きさはだいたい3.5㎝×3.5㎝×2.8㎝くらい。
けっこう大きくて、ごろん!としています。

断面図。
サブレのホロっとした感じが伝わるとよいのですが。

チョコでコーティングされたサブレの上に、なめらかでヘーゼルナッツの風味たっぷりなジャンドゥーヤとカリっとしたノアゼット。
ああああああ、なんという幸せな味でしょう(n*´ω`*n)

この組み合わせでおいしくないわけないんですけど、想像どおりの、想像以上のおいしさが口の中に広がります。

しかもしかも、このサブレが塩バター風味なので甘さがキュッと引き締まって、後味が甘ったるくなく、けっこう食べ甲斐のある大きさなのに何個でも食べられそう・・・危険・・・。

しあわせです、しあわせ。
語彙を奪われる幸福感です。

近所に売っていたら週1以上のペースで買う。
残念ながら日本未出店なので、また来年会えるかどうかというところです。

また食べたい。
また食べたい。

 

【商品情報】
公式サイト>>Nicolas Bernardé(ニコラベルナルデ)
ここで買いました>>サロンデュショコラ2018

 

 

INTUITIONS by Jérôme De Oliveira(アンテュイション バイ ジェローム ドゥ オリヴェラ)ショコラアソート ガナッシュ

2018年、サロンデュショコラのカタログでひときわ目立ち、ananのチョコレート特集ほかさまざまなメディアで取り上げられていたのがこちら。

INTUITIONS by Jérôme De Oliveira(アンテュイション バイ ジェローム ドゥ オリヴェラ)です。

ピーコックグリーンとミントグリーンのしずくがいっぱいのデザイン。
サロンデュショコラの公式サイトで見たときから、今年は絶対これを買う!!!と思っていました(*’ω’*)

8個入りのこのサイズは、ガナッシュ、プラリネ、キャラメルの3つのシリーズがあります。
うおおおおぉ全種類食べたい!と思ったのですが各4,968円というお値段をお財布が許してはくれなかったので、泣く泣くガナッシュを選びました。

24個入りのBOXなら全部入ってます。11,880円…( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )高ぇ…

はぁあぁぁぁ、美しいね(n*´ω`*n)
4種類のボンボンショコラがすっきりと収まっていて、見るだけでウットリ。

きれいなので真上から撮ったところ。

ガナッシュのボックスには、

  • プレーン(無印)
  • ティー(赤)
  • ジンジャー(黄色)
  • カフェ(ミルクチョコにビターチョコ)

の4種類のフレーバーが入っています。

一粒の大きさはだいたい4㎝×2.5㎝×1.6㎝くらい。

このしずく型、特注で型を作って意匠登録したオリジナルデザインとのこと。

断面図。ガナッシュをダーク、ミルクのチョコレートでコーティングしています。

この繊細な形なのに、意外とコーティングのチョコが薄め。
先っぽが折れたり欠けたりしないよう、大切に扱われてるんだろうなあ・・・。

パリッとしたコーティングの中には、それぞれコーヒー、紅茶、ジンジャー、プレーンの風味のすっごいなめらかなガナッシュが入っていて、口の中でとろりと溶けます。

どれも強すぎないのにでもしっかりとそれぞれの味わいが楽しめてとても美味(n*´ω`*n)しかもガナッシュほんとなめらかで素晴らしい。

味の好みとかって体調や年齢によって変化するものだと思うけど、以前大好きだった「え、こんな組み合わせ初めて!斬新~!」系のチョコがここのところあんまり楽しめなくなってきててですね。

最近の私は、あんまり奇抜な組み合わせのマリアージュや何種類もの味を組み合わせた複雑な味わいよりも、比較的シンプルな、肩の力を抜いてもじっくりと味わえるようなものが好きなので、そういう意味でも非常に好きなタイプでした。

これは!ほかのも食べたいし!!もっと食べたいやつ!!!

でも日本未出店なので、そう簡単には食べられないのです( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
来年もまたサロンデュショコラで会えるといいなぁと思います。

 

【商品情報】
公式サイト>>INTUITIONS by Jérôme De Oliveira
ここで買いました>>サロンデュショコラ2018東京会場

 

 

DariK(ダリケー)カカオが香るチョコレートトリュフ&ジューシーオランジェット

チョコレートのベストシーズンだというのに、体調を崩してほとんどチョコレート食べてません( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
チョコイベントにもほぼ行けてないぞ(´;ω;`)

唯一出かけたサロンデュショコラ(雪の日)で買ってきた大好きなダリケーのチョコレートを今日は2種類食べました。

左の縦長の箱がジューシーオランジェット、右の箱がカカオが香るチョコレートトリュフです。

トリュフからまいりましょう。

ちょっとてっぺんがハゲちゃってました( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )保管が悪かったか・・・

6種類のトリュフが入ったこちら、昨年はトリュフ型ではなくパヴェ型(8個入り)だったものだと思われます。
形は変わったけど、箱を開けた時の香り高さは今年もすばらしいー!!

左上から

  • スラウェシ・プレーン
  • 抹茶
  • 初摘みプレーン
  • ほうじ茶
  • オレンジ
  • ラムレーズン

の6つのフレーバー入りです。

一粒はだいたい直径3㎝弱。
大きめのごろんとしたサイズです。

オレンジとラムレーズンの断面図。
どちらも去年もあったフレーバーですが、うんんんまい( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

すごく細かくしたオレンジの皮やラムレーズンが練りこまれています。

スラウェシプレーンと初摘みプレーンを食べ比べてみると、スラウェシのほうは酸味がありながらもとってもクリーミーなのに対し、初摘みのほうはすごく華やかな酸味とフルーティーな味わいがあって、同じプレーンでもこんなに味わいが違うのかー!とウットリ。

プレーン2タイプはなぜか写真がないー!

こちらはほうじ茶&抹茶。
惜しげもなくちゃんとたっぷりお茶の風味がギュッと詰まってる!

ダリKのチョコはここ数年続けて買ってるのですが、いま一番好きなブランドのひとつです。

チョコを褒めたたえるのに、香りとかくちどけとか濃厚とかフレーバーのマリアージュとかいろいろな言葉があると思うのですけど、ダリKの何がすごいってのど越し。
濃厚なのにスルッとのどを通っていって、サラッとしているのに強烈な余韻を味わえます。

ダリKよりもオシャレなチョコも高価なチョコもたくさんあるけど、ダリケーのチョコののど越しは他とは全然違うのです。

生チョコ系だから、というよりは、ものすごくよいカカオをものすごくよい状態で体内に取り入れているから、という感じ。

今年は初めて、オランジェットも買ってみたヾ(´∇`)ノ

わりと大きさ太さがそろったのが8本入ってます。
だいたい6.5㎝ちょい。

オレンジは細め、チョコはうすめ。
個人的なオランジェットの好みとしては、オレンジは太くチョコは厚めが好きなので、好みのタイプとは正反対ではあるのですが、ダリケーのオランジェット、すごくおいしいです!

なんというか、オレンジがすごくやわらかくてフンワリしているので、チョコは薄めだけどベストバランスな感じ。
強すぎないので何本でも食べられそうなくらいです。

ダリケーのだから絶対おいしいだろうと思ってはいたけども、本当においしかったしなんなら倍量入っててほしい・・・。

ごちそうさまでした!

 

【商品情報】
公式サイト>>DARI K
ここで買いました>>サロンデュショコラ 東京会場

ここでも買えます>>DARI K 公式オンラインショップ

 

 

Patchi(パッチ)AUDACEミルクチョコレートヘーゼルナッツ入り

ドバイのおみやげにPatchi(パッチ)のチョコレートをいただきました(n*´ω`*n)

ドバイ土産としては定番のひとつだそうですが、初めてもらったよーーー!(周りにそんなにドバイ行ったことある人いませんしね)

Milk chocolate with hazelnutというわけで、ヘーゼルナッツ入りミルクチョコレートのタブレットです。

パッチは、「ドバイのゴディバ」とも呼ばれる高級チョコレートショップだそうです。
アラブ圏やヨーロッパにはショップがあるようですが、日本にはまだ上陸していないので、なかなかお目にかかれる機会がありません。

パッケージの裏。

上部は開いていて、中の包み紙が見えます。
オシャレだね。

表記は英語、フランス語、そしてアラビア語。読めぬ。

中の包みはコーティングしてある紙でした。

中身。
シンプルだけどカッコイイ。

サイズはだいたい10.7cm×10.7cm×0.8cmくらい。
100g。

断面図。
砕いたヘーゼルナッツが散りばめられています。

これまで中東のチョコレートってほとんど食べたことなかったのでは・・・。
多分、ラクダミルクのアルナスマくらいだと思う・・・。

ミルクチョコレートはカカオの主張よりもミルクのなめらかさが際立ったやさしい味です。
後味もわりとアッサリとしています。
砂漠があったり、夏はめっちゃ暑かったりする地域だから、こういうさっぱり系が愛されるのかも。

ヘーゼルナッツがけっこうたくさん入ってるので、食感も楽しい。

アッサリしているぶん、モリモリと食べられるので危険ではあります。
おいしくいただきましたヽ(•̀ω•́ )ゝごちそうさまでした!

 

【商品情報】
公式サイト>>Patchi(パッチ)
日本未上陸

 

ピープルツリー 抹茶チョコレート&チョコデザートバー抹茶

すっかり秋らしくなってきて、秋冬限定のチョコレート解禁の時期になりました。
ラミーとかバッカスとかメルティキッスとかね。

私が毎年楽しみにしているのは、ピープルツリーのフェアトレードチョコレートです。

この牛の絵が大好きすぎて、食べたあと包み紙でしおりを作ってしまうくらいなのですが、ピープルツリーのチョコレートはパケがかわいいだけでなく中身もほんとおいしいのです。

ピープルツリーはフェアトレード製品(衣類・雑貨・食品など)を扱っているブランドで、チョコレートもカカオをはじめ有機&フェアトレード原材料にこだわって作られています。

フェアトレードとかオーガニックとかを置いといても、「乳化剤・代替油脂不使用のスイス産」ていうだけでもおいしそうでしょ(n*´ω`*n)
※デザートバーはヒマワリ油使用です

ただし、フレーバーによっては黒糖を使っているものもあるので、初めて食べる人はちょっとクセがある風味だと感じるかもです。

で、今年の新作がこれ。
抹茶フレーバーのタブレットとデザートバーが出たのでさっそく買いましたとも!

まずはピープルツリーフェアトレードチョコレート「抹茶ホワイト・ライスキノアパフ」から。

着色料を使っていないのに、けっこうしっかりと抹茶色をしています。

裏を見ると、つぶつぶのパフが見えます。
米粉とキノア(キヌア)のパウダーでできているとのこと。

口に入れたときは抹茶の風味が比較的軽やかで、あ、これはさっぱり系の抹茶チョコかな、と思いきや、最後のほうにしっかりと抹茶の苦みが感じられて、抹茶チョコ好きとしてもかなり満足感高いです。

サクサクとしてライスキノアパフの食感も楽しい。

フェアトレードチョコデザートバー「抹茶ミルク」。
外はミルクチョコレートがかかっています。

断面図。タブレットよりちょっと濃い抹茶色をしています。

抹茶部分はちょっとフンワリとしていて口溶けがよく、しっかりと抹茶味。
これめっちゃ好みだわーーーーー(*’ω’*)!!

もともと抹茶チョコに目がないというのもありますが、2種類とも大満足でした。
これは見かけたら必ず買ってしまうやつや・・・。

ピープルツリーのチョコはオーガニック食品屋さんや雑貨屋さんでよく売ってるのでぜひ。

パッケージがかわいいので、バレンタインの友チョコにも喜ばれます\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

【商品情報】
公式サイト>>People Tree(ピープルツリー)
ここでも買えます>>ピープルツリー楽天店 フェアトレード チョコレート